オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
ブログ
[最近の記事]
2020/02/26
📰Today’s News. “If they’re asking about aliens, they must be real.” ☀📰今日のニュース。『もしも彼らが宇宙人について聞きたがっているのなら、それは本当だからなのでしょう。』☀
Here’s Why Gallup Polled Americans About UFOs for the First Time in Decades
If they’re asking about aliens, they must be real.

https://www.vice.com/amp/en_us/article/n7j4bb/why-gallup-polls-americans-about-ufo-aliens?__twitter_impression=true&fbclid=IwAR1O7KHZ2-23_du-W3-CJRjtF-h4yFOyJlHxn3pzjYlYbT3Z86P_NYDk7gY
ギャラップが数十年ぶりに、何故、UFOについて、アメリカ人に世論調査をしたのかについて書かれています。もしも彼らが宇宙人について聞きたがっているのなら、それは本当だからなのでしょう。
https://www.vice.com/amp/en_us/article/n7j4bb/why-gallup-polls-americans-about-ufo-aliens?__twitter_impression=true&fbclid=IwAR1O7KHZ2-23_du-W3-CJRjtF-h4yFOyJlHxn3pzjYlYbT3Z86P_NYDk7gY

A group of protestors march in front of the General Accounting Office (GAO) on March 29, 1995, to raise awarness about an examination being conducted by the GAO for documents about a weather balloon crash at Roswell, N.M. in 1947. The protestors believe the balloon was a crashed UFO. (JOSHUA ROBERTS/AFP via Getty Images)
1947年に起きた、ニューメキシコ州でのロズウェル事件で、気象観測の気球が衝突したのだという(偽造の)文書について、GAOで実施された調査では、真実を知りたいと思っている抗議者たちのグループは、1995年3月29日、検査所(GAO)の前でデモを起こしました。抗議者たちは、その「気球」は、実は、破壊されたUFOだったのだと確信しています。(ゲティの画像経由から得たジョシュアROBERTS/AFPでのデモ行進画像が掲載されています)

In 2019, the public opinion polling company Gallup decided to directly ask the American public about their experiences with UFOs again, for one simple reason: semi-credible evidence of their existence was back in the news.
2019年、ギャラップに投函されている世論調査では、アメリカの一般大衆は、再びそのUFOについて、真実を話して欲しいと要求しました:UFOの存在について、半ば信用できる証拠は、このニュースによって、再びぶり返されたのです。

"Between the 'Storm Area 51' phenomenon and the New York Times articles about the Navy changing its protocols for pilots reporting unidentified things in the air—there was news of pilots seeing bizarre planes traveling at at hyperspeed—maybe we're at the point where some of this is getting more credence," Lydia Saad told VICE, recalling what she was thinking at the time.
「嵐のエリア51」での現象と、おそらく未確認飛行物体について報告するパイロットが話す内容(超ハイスピードで移動する奇妙な飛行物体を目撃したパイロットのニュース)を説明する海軍に関して、ニューヨーク・タイムズの中にあった記事の内の、いくつかが、その核心を得るポイントとなったため、リディア・シード氏は、その頃を思い出しながら、VICEに話しました。

Saad is the director of U.S. Social Research for Gallup, and she oversees polls about a lot of things that don’t involve aliens. But in 2019, she advocated for asking about them again, reasoning that the amount of UFO news flooding the atmosphere might have changed people's opinions. (She's not a believer herself, she said: "I'm boring.") The company conducted two surveys, in June and August of that year. They found that a majority of Americans—60 percent—think UFO sightings can be explained by human activity or natural phenomena. But a full 33 percent think otherwise, saying they believe some UFO sightings can be attributed to alien visitation.
シード氏は、ギャラップの米国社会調査のディレクターであり、エイリアン以外の話しの多くの事柄について、投函内容をチェックしています。しかし、2019年、彼女は、大気中に現れるUFOに関するニュースの増加が、再びそれについて知りたいと思う人々の気持ちに変化が起きたのだと論じました。調査所はその年の6月と8月、2回、調査を実施しました。(彼女は、自分をUFOを信じるタイプではなく、「よくいるタイプの人間」なのだと語っていました。) アメリカ人の大多数である約60%が、UFOの目撃は人間が意図的に作った現象として説明出来るかもしれないと気付いています。しかし、その他の約33%の人々は、UFOの目撃例のいくつかは、実際に宇宙人が訪問したのだろうと考え、違った意見を持っていました。

"This group is potentially sympathetic to those who want to uncover what the government knows about alien landings, once and for all," Saad wrote at the time.
シード氏は、「このグループは、宇宙人の着陸について、政府が知っているのだという事を、世界にハッキリと知らせて欲しいと望む人々なのだ」と、記事に書きました。

Those numbers were particularly high in the West, where 40 percent of residents believed some UFOs can be attributed to aliens, compared to 32 percent of residents in the East and South, and 27 percent in the Midwest. People in the West were also slightly more likely—20 percent—to say they'd seen UFO themselves, versus 12 percent in the East and 15-16 percent elsewhere.
その数字は西欧で特に高く、住民の約40%は、東方面と南方面の住民の32%、中西部の27%に比べ、UFO現象のいくつかは、宇宙人に由来すると信じる事が出来ると考えています。西側に住む人々の約20%の人々は、UFOを見たと言います。東側に住む人々の約12%、その他の地域に住む人々の約15〜16%の人々も、そのように考えていました。

Saad hesitates to say precisely why that regional difference exists, but she does have some theories. "The home of Area 51 conspiracy is the West, so perhaps there's more talk and awareness," she said. She also proposed another theory, laughing: "They have better visibility in some of those Western states than we have out East. It's hard to see the stars out here in Connecticut."
シード氏は、なぜ、地域によって、意見の格差が生じるのか、正確な事は言えませんでしたが、彼女はいくつかの理論を述べました。彼女は「エリア51は西欧にあるため、たぶん、多くの話しや、認識があるのでしょう」と言います。また、笑いながら、「彼らは、私達が外側の世界の東にいるより、現状の状態のいくらかを知っているのでしょう。ここ、コネチカットでは、スターを玄関まで見送るのは難しいですから。」と語りました。

"I wouldn't want to say conclusively," she added.
The polls related to a question that has a long and somewhat delicate history at Gallup: As part of their mission of tracking public opinion over time, researchers have to figure out when so-called fringe beliefs become un-fringe enough to ask about. Gallup was created in 1935, which means it’s had a front row seat for some of the hottest hysterias and most fervent public policy debates of the 20th century. Three years after they opened their doors, Orson Welles' War of the Worlds aired; Gallup found that about 70 percent of those surveyed knew it was a play, while another, highly unsettled 30 percent thought they were listening to a real alien invasion.

「私は、明確にそれについて、話したくはないのです。」と彼女は付け加えました。ギャラップには、長い間、繊細な歴史を持つ問題に関する投函があり:時間と共に世論調査を行い、任務の一部として、研究者たちは、いわゆる周囲にある理念体系を理解する必要があると考えます。ギャラップは1935年に作られました。(20世紀、最もホットなヒステリティックな話題や、熱心な社会政策の真っ只中にあった事を意味します。) その扉が開かれた3年後、オーソン・ウェルズの世界戦争が放映されたのです;ギャラップは、調査内容の約70%は作られた演技的数値であり、その他の30%は、本当に恐ろしい宇宙人の侵略があるのだと思っている人がいる事に気付きました。

Gallup also periodically does a survey about paranormal beliefs—the last time was in 2005—which covers people's feelings about things like ghosts and ESP. It also asks pretty routinely about a few, conspiracy-tinged topics, like whether Americans believe there was more than one shooter involved in JFK's assassination. All of it, in Saad's estimation, has shown that the American public is receptive to the unknown. "A certain percent of people believe in a lot of things," as she put it. "People aren't straitlaced or very literal. There's quite a lot of openness out there to things that we cannot see."
2005年、ギャラップでは人々の意識に幽霊やと超能力等の超常現象を好む現象があった事を周期的に調査しています。アメリカ人がJFK(ジョン・F・ケネディ)の暗殺事件に関する複数名の暗殺者がいた事を信じるかどうかについて、その共謀着色された話題についても定期的に調べています。シード氏の意見としては、おおよそ、アメリカの一般庶民は、未知のものを受け入れる姿勢にある傾向があるとの事です。彼女は、「ある一定の人々は、様々な事を信じている」のだと言います。「彼らは厳格でも、文字通りに堅物でもありません。世間は目に見えない物に関して、受け入れる姿勢があるようです。」

That's especially true for UFO's, one of the oldest, most popular "alternative" belief systems there is. UFOs entered the broader public awareness around the 1940s, with the mysterious "foo fighters" that hung in the sky during World War II, the Roswell incident, and a string of UFO sightings across the country throughout the ‘50s, ‘60s and ‘70s—some of which, the CIA finally acknowledged in 1993, might have been government agents flying secret spy planes.
UFOに関しては特にその姿勢が顕著に見られ、最も古くからの信念形態が見られます。1940年代、UFOは一般市民の意識の中に広く取り入れられ、最終的には、CIAが第二次世界大戦や、UFOの目撃事件「ロズウェル事件」の、奇妙な「foo戦闘機」など、50年代、60年代、そして70年代にかけて、国中いたる所で、秘密偵察機を操縦している行政官庁がいたのではないかと1993年、認識されたのです。

The first time Gallup polled Americans about what they then called "flying saucers" was in 1966, when 91 percent of the people they polled said they'd never seen one. (Five percent said they'd seen one; and four percent hadn't heard the term "flying saucer.") In 1996, the company tried again: "Have you, yourself, ever seen anything you thought was a UFO (unidentified flying object)?" Disappointingly, 87 percent of participants said no, while a more interesting 12 percent said yes, and 1 percent, intriguingly, said they weren't sure or refused to answer.
当時「空飛ぶ円盤」と呼ばれる物体について、ギャラップがアメリカ人に世論調査した1966年の当初、人々の約91%は、一度もそれを見た事がないと言っていたのです。1996年、再び調査したところ: 5%の人々が、空飛ぶ円盤を見た事があると言い、そして、4%の人々は、「空飛ぶ円盤」という言葉さえ、聞いた事がなかったようでした。「あなたは自分自身、これまでに、UFO(未確認飛行物体)だと思うものを見た事がありますか?」と聞くと、回答者の87%が「いいえ」と答えた一方、興味深いのは、12%が「はい」と答え、その他1%の人々は「よくわからない」と、回答を避けていました。

The pollsters put the saucers to rest for the time. More than 20 years went by. And then things got publicly, visibly weird, to the point where the Navy created a new protocol for pilots to report sighting, and the Pentagon has had to acknowledge they have top-secret video of a particularly infamous UFO incident that occurred off the coast of San Diego in 2004, between Navy pilots aboard the USS Nimitz and something that looked like an enormous Tic Tac, moving in baffling ways.
世論調査機関は、時の経過を見るために、間を置きました。そして20年以上が経ちました。その後、パイロットが照準を合わせたと報告するように、USSニミッツの海軍が新しいプロトコルを作成するところまで、状況は公然と、目に見えて怪しくなり、国防総省は2004年のサンディエゴ沖でのUFO活動の極秘の最高機密ビデオを所有している事を認める必要が出てきたのです。

Saad said Gallup will likely only keep polling Americans about UFOs on a "very occasional" basis, since they're not a "core topic" like politics or economics. Gallup is admirably careful about phrasing: The June 2019 poll doesn't ask if people who have seen a UFO believe it was piloted by an alien, only if they've ever seen one. "They might think it's a drone or a military jet," she said. That's why the company conducted a followup poll in August, to clarify what people believed the craft might be; at that point, they discovered 33 percent of those surveyed thought some of the UFOs might be the result of alien visitation.
シード氏によると、そういった話しが、政治的、または経済論のような「中心的な話題」にないため、ギャラップは、おそらく「時々」、UFOについて、アメリカ人に世論調査を行うだけなのだろうと語りました。ギャラップは、公的に知らせる事に関し、非常に注意深くなっています:2019年の6月の世論調査では、UFOを見た人々が、これまでに見た事のあるものが、宇宙人が操縦していたものだと信じる人はいませんでした。「彼らは、それを、無人機や、戦闘機であると考えているのだと思います」と彼女は言います。そのようなわけで、多くの人々は、テクノロジーの独占が起きているのかもしれないと考え、それをクリーンな状態にするため、8月、再度、調査を実施しました;その結果、調査した33%の人々が、UFOのいくつかは宇宙人が訪れた際のものかもしれない考えていた事に気づきました。

For the people who had seen a UFO, she added, they didn't do a followup question asking what it might be: "It was… a little too deep in the weeds," she said, after a slight pause. "And you won't get enough people for that to be a reliable estimate in a single survey. You'd need to double that to feel you're getting a margin of error up there that was reportable."
彼女は、UFOを見た人々に、それは一体何なのかを再度追及しなかったのだと付け加えました:「それは雑草の中の、あまりにも深い所にあるのでしょう。」と、彼女はわずかに無言を続け、語りました。「そして、そういう理由で、1回の調査が信頼できるのかどうかという事に関して人々は考えないのでしょう。」 「報告可能な上記のわずかな違いに関し、明らかにする必要があるのでしょう。」

But she also believes there's enormous value in asking about "alternative" belief systems, particularly since they can often reveal they're not so alternative after all. With the JFK assassination, for instance, a majority of people surveyed over the last 30 years tend to believe there was more than one shooter.
しかし、彼女はまた、それらは特に、選択肢にない事を明らかにできるため、「他の」信念システムについて問うことに、大きな価値があると確信しています。例えばJFKの暗殺事件では、ここ30年間での調査結果は、大多数の人々が、複数の暗殺者がいた事を信じる傾向にあるのです。

"When you get into the Kennedy assassination, you're intersecting not just with kooky conspiracy theories," Saad said, "but the fact that people don't trust the government to tell the truth. That's been an ongoing dimension of public opinion."
In the end, Saad said, "Being exposed to polling—it makes you empathetic to the public." Everyone, she said, "has their reasons" for holding a so-called alternative belief, be it personal experience, distrust of the government, or something else. "If you meet one person who believes in something for odd reasons, it doesn't mean that's everybody. I'm more interested in learning what people believe and probing why."

「ケネディの暗殺事件の話しでは、怪しげな陰謀論だけに限った事ではなく、政府が真実を語らないという説には関係するでしょう。」と、シード氏は語りました。「しかし、実のところ、それは人々が政府を信用していないという事実です。それは進行中にある、世論の動きの中にあるのです。」 シード氏は最後に、「それは一般市民の気持ちに共感して理解できるような流れなのでしょう。」と語りました。
皆さん、彼女は、個人的な経験や、政府への不信感、あるいは他の物事があるにしても、いわゆる他の信念形態が維持されるのには、「何か理由があるのだろう」と話していました。
「変わった理由で何かを信じている誰かにあなたが出会った場合、それがみんなにも当てはまるとは限りません。私は人々が学び、信じている何かを徹底調査することに興味があるのです。」


📰Today’s News. “If they’re asking about aliens, they must be real.” ☀📰今日のニュース。『もしも彼らが宇宙人について聞きたがっているのなら、それは本当だからなのでしょう。』☀
  • 全て普庶ヲ

引き寄せのクリスタルマクロ鶴間9つの特徴

女性専用エステティックサロン
Esthetic salon for woman only

女性専用エステティックサロン

(※1回〜予約OK🌻上質オーガニックエステ🌺)
※画面左上のスケジュール表をクリックして、
 営業日と「空」をご確認の上、
 お気軽に、お越し下さいませ👩💖
 セレブ愛用の安心化粧品使用♪

詳細情報

キャッサバ粉の天然酵母パン教室
Natural yeast and cassava flour

古代スペルト小麦の天然酵母パン教室

(※1クラスから参加OK🌻自由単発制🌺)
※画面左上のスケジュール表をクリックして、
 開催日と残席数をご確認の上、
 お気軽に、お越し下さいませ👩💖
 すべてがオススメ講座のお得なクラスです♪

詳細情報

食べるエステの料理教室
Esthetic food qualification

食べるエステの料理教室

(※1クラスから参加OK🌻自由単発制🌺)
※画面左上のスケジュール表をクリックして、
 開催日と残席数をご確認の上、
 お気軽に、お越し下さいませ👩💖
 すべてがオススメ講座のお得なクラスです♪

詳細情報

国際基準のヨガ&ピラティス2時間クラス
エステドリンク&テキスト付
International standard Yoga&Pilates

ヨガ&ピラティスクラス

(※1クラスから参加OK🌻自由単発制🌺)
※画面左上のスケジュール表をクリックして、
 開催日と残席数をご確認の上、
 お気軽に、お越し下さいませ👩💖
 すべてがオススメ講座のお得なクラスです♪

詳細情報

  • Facebook
  • Twitter

PageTop