神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2017年04月10日 [日々の事]

日本では肉食は忌避されたり、歴史を通して多くの時代に公的に禁止されていました。

今日のテーマ:「日本では肉食は忌避されたり、歴史を通して多くの時代に公的に禁止されていました。」
日本人が牛肉を食べる慣習は、明治時代に始まりました。(1868〜1912年) 牛肉料理は、諸外国によって明治天皇に勧められたようです。たぶん、それは貿易関係でしょう。そして日本の最初の牛肉料理の店は1880年に始まりました。その老舗店「今半」は東京の日本橋にあります。当時、その「今半」は、一般市民から非常に忌み嫌われたようです。(何と驚いた事に、お店は石を投げつけられ、高い塀を作り、回避したようです…。石を投げる方も狂乱的ですが、高い塀を建てるのも凄いですね…。)明治時代まで、日本の一般市民の間では肉食は禁止だったからです。(ところで明治時代は日本のサムライが政治的な理由によって撲滅させられた時代でもあり、コンクリートの道路や車道が日本で普及した時代でもあります。)以上の理由から「肉食」は日本人には実は必要ないのです。実の所「肉食」は日本人の精神レベルを下げてしまうのです。(ちなみに現在、世界的に周波数操作もおこなわれているため、特に日本人は、肉食や農薬・化学肥料・化学物質・重金属と言った、周波数や免疫力や精神性や意識を下げてしまうものは、なるべく体内に入れない努力をしましょう。)
Today’s theme: about “In Japan, meat-eating was a taboo or was officially prohibited in many eras throughout the history”.
The habitual practice that a Japanese eats beef began in the Meiji era. (1868-1912) Beef cooking seemed to be recommended to the Emperor Meiji by many different countries. Probably it would be relations of the trade. Then, the Japanese first beef cooking restaurant began in 1880. There is that restaurant (long-established restaurant "Imahan") in Nihonbashi of Tokyo. That restaurant "Imahan" seemed to be disliked very much in those days by Japanese citizen. Because until the Meiji era, meat was prohibition in Japan citizen. (By the way, Japanese Samurai was disappeared by political pressure in the Meiji era. And many concrete pavement and roadway spread in this era in Japan.) For the above-mentioned reason, “the act of eating meat” is not necessary for a Japanese. In fact, "the act of eating meat" only lowers spiritual level for Japanese.


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop