神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年06月14日 [日々の事]

🎥 Support the CE5 film so people around the world learn how to make peaceful contact!🌟🎥世界中の人たちがどのように平和的なコンタクトをすれば良いか学べるように、CE5の次の映画をサポートして下さい🌟

🎥Support the CE5 film so people around the world learn how to make peaceful contact: CE5 film.com🌟
https://ce5film.com/
🎥世界中の人たちがどのように平和的なコンタクトをすれば良いか学べるように、CE5の次の映画をサポートして下さい:CE5 film.com🌟

Video message from JCETI.
https://vimeo.com/342434694/178750b79c
↑6月のJCETI:グレッグ君のメッセージビデオ(14分)↑
 (ETを攻撃する地球製の巨大衛星画像あり。7〜8分の間位)


New Movie Trailar: "Close Encounters of the Fifth Kind: Contact. Consciousness. And the Human Future"
https://vimeo.com/342746625?ref=fb-share&1&fbclid=IwAR2Jf-xuydXBKVaN1Sk5AbpxO5-b-hAl_2k2N8dJUKsJzYfz16AkDgcp8Uk 
新作映画『第五接近遭遇(CE-5):意識、そして人類の未来』

We can apply here for Dr. Greer's Japanese seminar!💖
グリア博士の日本でのセミナーをここからお申込みいただけます!💖
https://www.jceti.org/2019-7-6/?fbclid=IwAR19q4n9TFLIxYYEy1xCuSIC7WTXo37W7ZZCeDiifDuE9gpl_svI715C1Qs

Video message from Dr. Greer.
https://vimeo.com/rynopro/review/328476548/010ed29d7a
グリア博士からのメッセージビデオ

Here's what Dr. Greer would like you to know.
The mainstream media in the US has been featuring stories about military and pilot encounters with what seem to be ET vehicles.
Most of these articles have a decidedly negative spin. They are saying that the UFOs are a threat and a violation of our national security etc. etc. Dr. Greer predicted this in 1999: The spinning of Disclosure by dark forces to convince the public of a threat as a prelude to war and increases for spending for the military industrial complex.
グリア博士から、あなたに知って欲しい内容がここに書かれています。米国の主流メディアは、ETたちの乗り物のようなものと、軍隊やパイロットたちが遭遇している話しを流しています。(※私、Shizueもよく見かけます。)これらの記事の多くには、ほぼ明らかにマイナス的な話しにつなげる意図が見られます。メディア関係者たちは、UFOの存在が、国家安全保障にとって、脅威、あるいは違法などのように、語る事があります。1999年頃に、グリア博士はこの件について、既に予測をしていました:「戦争は必要であり、回避できないもので、やむおえないものだ」と考えさせ、軍産複合体のために支出させる意図があります。

You may want to watch Dr. Greer’s UNLV workshop re the Cosmic False Flag.
https://www.youtube.com/watch?v=VL0Rpy0Dhhs&list=PLnrEt2fIdZ0YaGWxWEIKPW_F3akz_eQ5d
(Knowledge is power: This means by knowing of these nefarious plans, we can avert them!)
あなたはグリア博士のUNLVワークショップで行われた宇宙の偽旗作戦の内容を知る必要があるかもしれません。(※上記のURLからビデオが見られます。)
(真の知識は力になります:これを知ることで最悪の計画を見抜き、回避できる事を意味しています!)


and read his article: When Disclosure Serves Secrecy.
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/when-disclosure-serves-secrecy/
グリア博士の記事を読んでください。:ディスクロージャーが秘密を暴露する時。

(Ending the secrecy surrounding the UFO/ET subject is a laudable goal. It is long overdue. It would transform the world in ways both simple and profound. And yet it is fraught with danger.)
(Evil steps in when good people do nothing. This is a lesson taught through thousands of years of human history. We stand at the beginning of a new time, and a new world awaits us. But we must embrace it, and help create it. For if we are passive, others will have their way- at least in the short run.)
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/when-disclosure-serves-secrecy/
(UFO/ET問題を取り囲む隠蔽状態を終わらせることは何よりも最優先されなければなりません。既に長い間、問題解決の期限は超過しています。もしもこれを一丸となり、目標とするなら、根底から、あらゆる問題は解決に向かいますが、それには危険を伴います。)
※全文の日本語訳は、一番下に記載しました。


Both will help you understand how Disclosure information can be used for very negative purposes.
The acceptance of ET civilizations visiting the planet makes it all the more important that we reach out to these civilizations in peace.
Close Encounters of the Fifth Kind: Contact. Consciousness and the Human Future will do exactly that.
Via a compelling film we plan to show how to make contact. Why reaching out in peace through consciousness works scientifically and why it is SO very important to do so.
いずれにせよ(上記の情報を知っておくことは)ディスクロージャーと題する他の情報が、非常にネガティブな目的のために使われる現実がある事を、あなたが理解するのを手助けします。それは惑星を訪問するET文明の受容において、私達が彼らの安らかな文明とまじわるために、とても重要なことなのです。

Please support this film and help us reach our goal so that we can make sure at least 1% of the planet knows and understand the important of Universal Peace and how to get there.
(Your contributions are aggregated so feel free to donate multiple times and you will reach a higher level of incentive gifts.)
Be a part of this transformation.
Support Close Encounters of the Fifth Kind:
Contact. Consciousness and the Human Future.
どうぞ、この映画をサポートし、私達が、惑星の少なくとも1%が、宇宙平和をどのように理解するか、その重要な道案内を提供するために、この目標に到達するのを手助けして下さい。(例え、あなたが何度かに分けて、細かく寄付をしても、私達は各自の総合の数字を出す事ができますので、気軽に寄贈して下さい。それは、あなたへの高いレベルでの誘発的な贈り物に達するでしょう。)
この変化の一部であって下さい。第五接近遭遇をサポートしてください:
コンタクト。意識と人類の未来。


From Sirius Disclosure
https://siriusdisclosure.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

When Disclosure Serves Secrecy.
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/when-disclosure-serves-secrecy/
ディスクロージャーが秘密を暴露する時。

by Steven M. Greer M.D.
Copyright 1999.
スティーブン・M・グリア博士.
転写禁止1999.


Ending the secrecy surrounding the UFO/ET subject is a laudable goal. It is long overdue. It would transform the world in ways both simple and profound.
And yet it is fraught with danger.
UFO/ETの問題を取り囲む秘密を終わらせることは何よりも最優先するべき目標です。それは既に長い間、期限を超過しています。それは根本的な難題から、世界を簡単に変えるものです。
しかし、それには危険を伴います。


The covert projects which have been running UFO related programs for nearly 60 years are not interested in a disclosure which upsets their apple cart. They want such a disclosure to transform their apple cart into a freight train. And they potentially have the power and connections to do it.
約60年間、UFO関連のプログラムを実行してきた隠されたプロジェクトは、りんごの籠(かご)をひっくり返すような、ディスクロージャーを好ましく思っていません。彼らは、そのりんごの籠(かご)を、貨物列車に変えて欲しく、彼らはそうするために、潜在的に力とのつながりを利用します。

There are multiple scenarios attending the disclosure of the UFO subject- and not all of them have the best interests of humanity at heart. Elsewhere, in the new book Extraterrestrial Contact: The Evidence and Implications I write about the kind of disclosure the world needs. An honest one. An open one. One which replaces secrecy with democracy. A disclosure which is peaceful, scientific and hopeful.
UFO問題のディスクロージャーに関わる複数のシナリオが存在します。そして、彼ら全員が、心の底で、人間を良いものと思っているわけではありません。また、新しい著書、『地球外生命体とのコンタクトにおいて』では、世界に必要な部類の情報開示として、その証拠や意味などを、私は正直、かつオープンに、書き記しました。それは(隠された秘密=民衆が知らないテクノロジーなど)、民主主義とすり替えるもので、平和的、科学的、かつ希望のあるディスクロージャーです。

But then there is the disclosure the powers that be would like to see: Manipulated. Calculated to consolidate power and engender fear. Configured in such a way that chaos and a deepening need for Big Brother is carefully inculcated into the masses. We have seen the plans and it is not a pretty picture.
しかし、もう一方のディスクロージャーは別のところから発信され、それは完全に操作されています。パワー(資金・権力・特権的立場など)を使い、恐怖を生み出すように、計算されて作られています。カオスとビッグ・ブラザーの深まるニーズが、庶民の生活に、慎重に教え込まれる方法で計算、設定されています。私達はその計画を知りましたが、それは良いものではありませんでした。

I write this as a warning. A warning that the wolves in sheep clothes are very cunning indeed. And have almost limitless resources. Most who work with them do not even know they are wolves. Indeed, it is likely that many of the wolves have been convinced that they are sheep.
私は警告としてこれを書いています。羊の皮をかぶったオオカミが、実にずる賢いかという警告です。彼らは、ほぼ限界のない、膨大な資源を持っています。彼らと共に働く多くの人たちは、彼らがオオカミである事を知りません。実に、オオカミの多くが、羊である彼らを「羊」だと確信している事はありえます。

The UFO matter is not so much a mystery as a matter deliberately obfuscated and mystified. Confusion and a lack of clarity serves the larger covert goal of keeping it off the long-range radar of society while power and plans are consolidated quietly. And the one thing more dangerous to society than all this secrecy is a planned, contrived disclosure run by the keepers of the secrets.
UFO問題は意図的に隠され、迷路のミステリーというよりは、むしろ『解くべき問題(終了させなければならない問題)』なのです。パワーとその計画が静かに強化されている間、社会が、それに気づくのを防ぎながら、隠されている大きなゴールに向かっている今、混乱する社会の中で、明快さを欠如させるという目的は、既に実現しています。そして、このような秘密よりも、社会に最も危険なものは、秘密のキーパーにつながる予定である、不自然なディスクロージャーです。

For years such plans have been made – to be unfurled at just the right time. During a time of great expectation. Of social confusion. Perhaps of millennial madness?
I have personally met with a number of people who are very involved with such plans. I do not speculate here. Be aware: The disclosure of UFO reality is being planned very carefully. It will assiduously follow a scheme to spin the subject in just the right way – the only way which will further redound to the glory and power of the secret-keepers. It will be a false disclosure – one born out of the age-old bane of human existence: selfishness and greed. Greed for power. Greed for control. Greed for domination.
何十年もの間、このような計画は実行され、今も続いています - まさに適切な時間に繰り広げられ…。大きく何かに期待を抱いている間に。社会が混乱する中で…。おそらくミレニアムの狂気に値するかもしれません。私は個人的に、そのような計画に没頭している多くの人々と会ってきました。私はここで、詳細を述べませんが、どうか、気づいていてください:UFO問題の現実のディスクロージャーは、非常に慎重に計画されています。それは熱心に、まさに適切な方法で、主題(経済・環境・医療・健康・エネルギー問題など)を動かしながら、計画の達成につなげ、さらに、秘密の管理者の栄光とパワーに貢献するであろう唯一の方法がとられています。そして、それは誤ったディスクロージャーになります。人間が存在している古代から、災いが誕生する時というのは:わがままと貪欲さ、パワー欲。コントロール欲、支配欲です。

We must be mature and informed on such matters. Only a vigilant and informed public can see through such deceit – and correct it should such a plan be unfurled. Every citizen needs to know that great good can come from the truth being known. But the mature citizen must also recognize that the ‘truth’ can be spun and spun again – until the goals of those who crave secret and overt power are met.
私達は大人として成熟しているかもしれません。この問題について成熟している人々に告白したことがあります。知らされた大衆だけが、そのような偽りを用心深く、透かして見抜くことができます。もしも、このような計画が万が一繰り広げられているなら、どうかそれを修正して下さい。すべての一般市民は、「これは善だ」と「理解できる真実」から「実行可能なことだ」と知る必要があります。しかし、成熟した一般市民も、「真実」なるものが、再び回転してしまうことがあると認めなければなりません。秘密が存在し、明らかにパワーを切望している人々のゴールが達せられる日まで。

Consider: One scenario for disclosure is that the UFO and Extraterrestrial subject is acknowledged in a way which is scientific and hopeful. Excessive secrecy which lacks executive branch and congressional oversight is ended. Humanity begins to entertain open contact with other civilizations, with peaceful engagement as the goal. Technologies which are currently suppressed are allowed to be disseminated: Pollution ends. An economy of abundance and social justice is firmly established. Global environmental destruction and mind-numbing world poverty become a faint memory. Zero-point based energy devices transform the world. Electro-gravitic devices permit above ground travel without paving over the world’s precious fertile farm land. As an ET once told Colonel Philip Corso, “Its a new world, if you can take it…”. This is the disclosure which we are working for.
考察:ディスクロージャーの1つの筋は、UFOと地球外生命体のテーマが、科学的、かつ希望的な方法であるという点です。議会の監修を欠くように管理された、過度な隠蔽状態(洗脳状態?)は終わらせることができます。私達は人間として、ゴールとする平和的な結びつきによって、他の文明とのオープンなコンタクトを始める必要があります。現在抑制されているテクノロジーは、公開されることを許可されるでしょう:あらゆる汚染も終わります。豊かさと社会の正当な経済は堅く設立されます。グローバルな環境破壊と、退屈でつまらない世界の貧困状態は、遠い昔のかすかな記憶になるでしょう。ゼロポイント・エネルギーの機器が世界を変えます。

But the disclosure envisioned above could have happened in 1950. It did not – Why? For such a disclosure would lead to the total transformation of the status quo. Centralized energy systems would be obsolete. Oil would be useful only for lubricants and synthetics. The geo-political order of today would be a thing forgotten: Every country and people on Earth would have such a high degree of progress and advancement that all nations would have a seat at the global table. Power would need to be shared. Peaceful acknowledgment of life from elsewhere would make the Earth seem like the very small, organic homeland which it is. The vast trillion dollar global military – industrial sector would be reigned in. And a universal spirituality might dawn…
実のところ、上記で予測されていたディスクロージャーは1950年に起こったかもしれません。しかし実現しませんでした。なぜか?上記のようなディスクロージャーは、現在の全体性の形を変形させるであろうと考えられるからです。しかし現在のように集中するエネルギーシステムは時代遅れです。石油は潤滑油や、合成物質にとっては有益です。今日、必要とされている地政学的な問題は、たやすく解決するでしょう:地球上のすべての国と人々は、高度な進歩と環境を得て、すべての国家が、1つのテーブルに座席を持つに至ります。パワーは共有する必要があるでしょう。他の場所(他惑星)の生命体たちから、平和な地球の状態を確認され、地球は非常に小さな、有機的な母国のように認識されるようになります。現在の、産業上に君臨する1兆ドルの広大なグローバル軍隊産業や、一般の聖職者たちも理解し始めるかもしれません。

But remember, there are hugely powerful interests who dread this scenario. For them, it is the end of the world as they know it. The end of centralized, elite power. The end of a controlled geo-political order which today leaves nearly 90% of the people of Earth barely one step out of the stone age. And they do not wish to share the power they wield.
しかし忘れてはいけないのは、この道筋を嫌う、強大な存在たちがいるという事です。その解決の道筋は、彼らの世界観の終わりであると、彼らは理解しています。彼らの世界観は、エリート・パワーが集中する世界観です。それは今日、石器時代から続く、90%の地球の人々に施されている地政学的観点です。彼らは自身が独占するパワーを、多くと共有することを望みません。

Now, let me describe the ‘disclosure’ which would make these covert control programs happy. This is the false or contrived ‘disclosure’ which has only one clear goal: The further consolidation of their power and their paradigm. It has to do with fear, not love. With war, not peace. With division and conflict, not unity. It is the dominant paradigm – but it is slipping away slowly. And a carefully orchestrated disclosure of the ‘facts’ of the UFO and ET subject could secure their power. This is the disclosure which is to be dreaded. This is the disclosure to watch out for. This is the disclosure which is already occurring.
どうか私に、隠されている制御プログラムを、幸福に変えるであろう「ディスクロージャー」について、説明させて下さい。これは、ほんの1つの明確なゴールを持つ、間違いない、思慮を持つ「ディスクロージャー」です:パワーと方法論が併せられるのは、愛情ではなく恐怖と関係しています。平和ではなく、争いに付随しています。一つにつながる意識ではなく、衝突と分散(分離)です。それは支配的な方法論 – ですが、それはゆっくりとすり抜け、UFOとET問題の「事実」に、慎重につながり(もう一つの)ディスクロージャーは彼らのパワーを確保することに役立ったのです。それは恐怖につながるディスクロージャーであり、警戒すべきディスクロージャーで、現在、既に実行されているディスクロージャーです。

My meetings over the past 9 years with covert operatives who have worked on UFO related programs have introduced me to some characters right out of a spy novel – and then some. Whether in private high tech industry, at the Pentagon or at a midnight meeting in a private mansion, a theme has emerged. It is one of immense, though currently hidden, power. It transcends government as we know it (at this point the government of ‘We the people…’ has been made irrelevant on this issue). And the theme has two main strands – the eventual covert militarization of the ET subject and a weird covert religious strain which can only be viewed as bizarre.
UFO関連のプログラムに取り組んだ隠れたスパイたちと、この9年間の私のミーティングは、まさにスパイ小説から何人かの登場人物を私に紹介しました - 私的なハイテク産業が続く中、国防総省や、私邸の真夜中のミーティングに関係なく、その主題テーマは明らかでした。それは、現在も隠されていますが、巨大な氷山の一角であり、私達が知っている政府の姿を超越しています。(私達の政府は、この問題から、切り離され、無関係になりました。)そして、主なテーマは2つの主要な糸でつながっています – それは奇妙であるとみなされるET問題と、隠されている怪しげな宗教の最終的な軍隊化です。

Here, we find some very strange bed-fellows indeed. War mongers and militarists in cahoots with industrialists who share a certain bizarre eschatological bent: A dark view of the future, featuring an extraterrestrial Armageddon – or at least the threat of it. Such a theme supports retrograde and fanatical religious causes as well as deeply covert military-industrial plans to expand the arms race into space.
In fact, the big players in the so-called ‘civilian UFO community’ are tied into such beliefs and agendas. It strains credulity, I admit, but here is what we have found by penetrating these operations.
ここで、私達は何人かの実に奇妙な仲間と出会いました。一定の奇妙な終末論の傾向を共有する会社経営者と、戦争商売人と、軍国主義者たちです。:地球外生物には、ハルマゲドンや、脅威をもたらす可能性があるという、暗い未来予測を持つ特徴が、彼らにはありました。このテーマは、軍の拡大競争を、宇宙戦争につなげる、隠された軍隊産業の労働計画と同様、狂信的な宗教的要素をサポートしています。実のところ、いわゆる「民間のUFOコミュニティ」における大きなプレーヤーは、このような信念と課題の中で縛られています。到底、信じ難いことかもしれませんが、ここで、私達が、これらの操作計画に侵入したことで、発見できたものがあると私は確信しています。

From a military-industrial perspective, the disclosure of choice is one which frames the UFO/ET issue in a threatening manner. If a threat from space can be established (as President Reagan liked to say) then the entire world can be united around the need to fight such a threat. This would ensure trillion dollar plus military – industrial spending well into the next century, and beyond. If you think the cold war was costly, wait until you see the price tag for this ‘protection’ from the ‘threats’ in space: The trillions spent on the cold war will look like a blue light special.
軍隊産業の視点から見ると、選りすぐりのディスクロージャーは、脅すような方法で、UFOやET問題を作り上げていきます。宇宙からの脅威が設定されるならば(レーガン大統領が好んでいたような)、全世界がそのような脅威と戦う必要があるという課題において、連結することができます。これは1兆ドルを超える軍隊を保証するでしょう - 次の世代に入っても、軍隊産業への支出は続きます。あなたが、冷戦が高くついたと思えるなら、あなたが宇宙の『脅威』から『保護』されるための値段を明らかに計算できるまで、待ってください:冷戦に使われた1兆ドルは、特別な青い光のように見えるでしょう。

Retrograde and fanatical religious groups, similarly, have great vested interests in fulfilling the promise of Armageddon. An eschatological paradigm, well enshrined in the belief systems of those running covert UFO projects, is supported by the portrayal of a cosmic conflict in the heavens. Voila! We have the necessity of spinning the UFO/ET issue in the evil invading aliens (translates in religious terms as demons) direction. Indeed, this has already been accomplished, courtesy of the ‘civilian UFO community’ and the tabloid media (swhich at this point is virtually all media…).
ハルマゲドンの約束を果たすために、狂信的宗教団体も、大きな既得権を同様に持っています。隠されたUFOプロジェクトを実行する彼らの信念(思想)システムには、用意された終末論の方法が、上空での宇宙の衝突の描写によってサポートされています。振り返ってみてください!私達には、侵略してくるエイリアンという形で、UFO/ET問題をとらえる傾向があります。(宗教用語でも「悪魔」として翻訳されます)既に実行されていますが、『民間のUFOコミュニティ』の思想は、タブロイド誌にとりざたされています(メディアが事実上のスイッチとして機能しています…).

Additionally, there is a subtext which can only be viewed as thinly veiled racism. You will note that part of the ‘new myth’ regarding UFOs involves the ‘good ETs’ , which invariably are described as ‘Pleidians’ who are ‘handsome’ white, blue-eyed Aryan appearing types. Naturally, those ‘evil, bad ETs’ are darker, shorter, look funny and smell funny. Please. Such clap-trap would have us trade age-old human racism for an extraterrestrial variety. This nonsense and propaganda could only make Hitler proud.
さらに(宇宙人に)、薄いベールをかけたようなサブテキストもあります。
あなたは、UFOについての『新しい神話』の一部が、『よいETたち』(常に、ハンサムタイプで、白く、青い目のアーリア人のような『プレアデス人』と言われる)に関係していることに気を留めます。また、『凶悪な悪いETたち』では、暗く、滑稽で、変な臭いが漂うかのように設計されています。こういった誠実性に欠ける発言は、私達に、地球外に存在する膨大な多様性の数と、長年続く人間種を、すり替えてしまいます。このナンセンスな宣伝は、ヒトラーを誇り高くさせるだけでした。


In one lengthy meeting with a multi-billionaire, I was told that he gave great support to UFO activities which propel the so-called ‘alien abduction’ subject into public awareness because he wanted humanity to unite around fighting this ‘alien threat’. Later, this very influential figure informed me that he believed these demonic ETs were the cause of every setback in human history since Adam and Eve. Sound familiar?
パーフェクトな億万長者との1つの長いミーティングの中で、彼は私に、人類が、この『宇宙人たちの脅威』と戦うことを周囲に結束させて欲しいために、一般庶民の認識の中に、いわゆる『宇宙人による誘拐』というテーマを推進する、UFO活動家に、この話しを与えたのだと告げました。後に、この強大な力を持つ人物は、これらの「悪魔のようなETたち」が、アダムとイブの時代以来、人間の歴史上、あらゆる妨げの原因になっていると思っていたことを、私に知らせました。「まさか…」と思いますか?

Military interests, which are heavily involved in covert projects which hoax ET events, such as human military- related abductions, have a shared goal of demonizing the UFO/ET phenomenon. Doing so lays the foundations for the fear and dread necessary for an organized opposition to all things ET. And this subserves the longterm need to provide a rationale for an expanding global military even should world peace emerge. In fact, under this scenario, ‘world peace’, or strictly speaking peace on Earth, could be secured by the world uniting, eventually, against the ‘threat from space’ referred to by resident Reagan. (By the way, personally I believe Reagan was the victim of disinformation specialists who surrounded him and who manipulated him into the statements he made on this subject.)
軍隊関連が作り上げる誘拐などのETイベントをサポートする、隠されたプロジェクトとつながる人々の興味は、UFO/ET現象を、悪魔化するという共通するゴールを持っています。そうすることで、すべての組織化された人々は、ETへの恐怖に抵抗するために、必要な基盤を築きはじめます。そして、これは、全世界に広がる軍隊たちにとって、「世界平和」というテーマが掲げられ(戦いの)論理的根拠を、長期的に必要であると思わせる事に貢献するのです。(ところで、私は個人的に、レーガンが、この話しに取り囲まれ、出した声明の中において、彼は操られ、意図的誤報専門家の犠牲者になったのだと信じます。実のところ、このシナリオの下で、「世界平和」、あるいは、厳密に言えば、「地球の平和」は、レーガンによって作られた、「宇宙からの脅威」から守られたのです。)

Under this scenario, currently being gamed and ‘disclosed’ courtesy of the trial balloon UFO ‘community’, we would get peace on Earth – in exchange for interplanetary conflict. One step forward, ten steps back. Wonderful.
Such a false and contrived ‘disclosure of the truth’ regarding UFOs and ETs would, then, subserve agendas held by powerful covert interests in both the military-industrial sector and those of a strange collection of religious fanatics, who pine for Armageddon — and the sooner the better.
このシナリオでは、現在、観測気球のUFO『コミュニティ』が勝負をかける、『明らかにされる』好意で、私達は地球で平和を得ています – それも、惑星間の対立と引きかえに…です。それは1歩進んで、10歩下がり…。見事なものです…。UFOやETに関する、こういった、誤った、不自然な『真実のディスクロージャー』は、宗教的熱狂者の奇妙なコレクションとして、あるいは、軍隊産業界とつながる、強力に隠された存在による課題に役立ち、ハルマゲドンを早急に切望します。

Lest the reader think such a strange amalgam of militarists and cult-like religious interests are unlikely, remember the weird views of the Third Reich. Or more recently, the views of one US Department of the Interior cabinet secretary during the Reagan years named James Watt. It was he who, not knowing a microphone was still on and recording his comments, stated in the 1980s that we did not need to worry about all these environmental problems since Armageddon was coming soon and the world would be destroyed anyway…This bizarre view, held by a man who shaped and applied policy for the Interior Department of the US Government, was later reported in the general media. At the time a comical footnote perhaps. But what does it say about the degree to which such beliefs may be shaping covert UFO policy — and specifically disclosure plans? We have found that such views — bizarre as they may seem to most — are heavily represented in covert policy development on the UFO subject.
真実を見つける時は、軍国主義者とカルト風の宗教の奇妙な利益は、ありえないと思わないように。第三帝国の怪しい視点があることを覚えておいてください。また、最近、レーガン時代の、米国内務省閣僚のある人物の見方では、ジェームズ・ワットの名前を挙げました。1980年代、マイクロフォンのスイッチがオンだったということを知らず、彼のコメントを記録せずに、ハルマゲドンがすぐに来たので、私達がすべての環境問題について心配する必要はなかったと述べたのは彼であり、世界はいずれにしろ破壊される…と、米国政府の内務省のために方針を決定し、後に、この奇妙な見方は、一般メディアで報告されました。この時、おそらく滑稽な脚注だったでしょう。しかし、そのような思想が、隠されたUFOの方針を形づくっているかもしれず、特にディスクロージャーの計画上で…です。私達は、そういった見解を見つけ、彼らのほとんどが、隠されたUFOの方針のテーマに関わっている事がわかります。

And most disconcerting of all: This strange mixture of military cosmic saber-rattling and bizarre religious beliefs are the dominant forces shaping both the ‘civilian UFO community’ and the planned eventual ‘spin’ on UFO disclosure. Let the buyer beware.
To the rational and intellectual, such views seem ridiculous. Why, you might ask, would anyone want a cosmic war in space, an Armageddon and the destruction of the Earth? To comprehend this, you have to get inside the head of people who hold such beliefs – people like James Watt. In his case, why worry about a little bit of deforestation, air pollution and areas of dead oceans if the entire world is going to be destroyed in a couple of years anyway?
そして、大部分のすべてを当惑させます:軍隊の宇宙武力による威嚇的な誇示の奇妙な混合と奇妙な宗教的信仰は『民間のUFOコミュニティ』と、計画された最終的な動きの両方を形成する、UFOディスクロージャーにおける、支配的な力です。
買い手に用心して下さい。理性的で、知識人にとって、そのような見解は、笑い話しのようでもあります。あなたは『誰が宇宙戦争や、ハルマゲドン、そして地球の破滅を望むのか?』と尋ねるかもしれません。それを理解するには、あなたが、こういった思想を持つ人々の頭の中に入る必要があります。例えば、ジェイムズ・ワットのような人物です。彼のケースで言うなら、なぜ、全世界がほんのわずかの2〜3年で破壊されようとしているなら、今、森林伐採、大気汚染、海洋汚染の地域について悩む必要があるのか?なのです。


But the thinking goes further than this. Because such fanatical thinking has within it the concept that as a result of the Armageddon we will see the return of Christ- and with it the good people’s salvation. Now, people are free to believe what they want. But what we have found is a deliberate influencing of covert policy on UFOs by such beliefs. Some of these people want Armageddon – and they want it ASAP.
Strictly speaking, the militarists and war-mongers, itching to ‘kick some alien butt’ as it was said in the movie Independence Day, may actually only want a pretext to justify their existence and get the world to eventually spend huge sums of money on a perceived (if contrived) threat from space.
しかし、考察はこれより遠くへ行きます。こういった狂信的な思想が、ハルマゲドンの結果を見るという概念が内にあるため、キリストの復活を望む概念も、狂信的思想の中に存在し、善良な市民は救済を求めるのです。人々は、自身が望むものを信じることができますが、私達が見つけたものは、こういった信念体系による、UFOの隠された政策の故意的な影響に慎重になることです。彼らの一部は、ハルマゲドンを望んでいます。しかも早急に…。厳密に言えば、軍国主義者と戦争をけしかける人々は、映画『インデペンデンスデイ』に出ていたように、『エイリアンのケツを蹴りたくてうずうずしている』し、実際、彼らのことを正当化して欲しいと望み、結局のところ、宇宙に巨額の資金を提供することしかできなくなります。

But in some cases – high up on the food chain of the covert entity running UFO secrecy – the two views meet. A place where militarism and eschatology merge. Where Star Wars and Armageddon join.
In tracing the history of both the UFO civilian community and the covert policy-making group concerned with UFOs, we have found a growing penetration of the latter into the former. So much so that at this point there are projects which ostensibly are innocent civilian initiatives but which in reality are totally controlled and financed by ‘cut-outs’ from ultra-secret projects.
しかし場合によっては – UFOの秘密の隠された実体たちの食物連鎖のかなり高い所にいる2グループの競合は、軍国主義と終末論が結合する場所、スターウォーズや、ハルマゲドンが存在するところで、出くわすことになるでしょう。UFO事情に関係する民間のUFOコミュニティと、隠された政策グループの両方の歴史を追跡している間、私達は前者の中に後者に進む侵入力を見つけました。表面的には純真な一般市民のイニシアティブでありながらも、現実には、極秘のプロジェクトから『カットアウト』され、資金提供を受ているプロジェクトによって完全にコントロールされています。

Moreover, our careful penetration of such projects yielded the disturbing finding that deep-cover black project operatives are working closely with alleged civilian researchers, journalists and UFO glitterati. CIA and military intelligence operatives are working with civilian ‘think tank’ heads, alongside very wealthy business people who are eschatologists, and being advised by ‘civilian’ technologists and scientists – who are themselves proponents of bizarre religious belief systems involving the end of the world and ETs…
また、私達のそのような慎重なプロジェクトの参入者たちは、暗い極秘プロジェクトのスパイが、民間の研究者、ジャーナリスト、およびUFO関連の有名な人と、密接に働いている事に気付き、妨害を企てました。CIAと軍事情報工作のスパイは、終末論者であり、『民間の』科学技術者たちによって、忠告される、非常に裕福な実業家と並び、一般の『シンクタンク(頭脳集団)』で働く、世界とETの終わりを企てる奇妙な宗教的信仰システムの支持者です。

Thus, the new ‘chosen ones’ have been assembled. They are planning your disclosure on the UFO/ET subject. They are owned by the money whores and power brokers doing the bidding of the secret entity which runs UFO projects to begin with. And it all looks like a civilian initiative. So innocent. So well-intended. So ‘scientific’. And by the way, the sky is falling courtesy of ET and we need your money and your souls to defend against it.
このように、新しい『選ばれし者たち』は集められ、組み立てられています。彼らはUFO/ETのテーマにおける、あなたのディスクロージャーを計画しています。まず第一に、それらはUFOプロジェクトを運営する秘密の実体に資金提供される経済売春婦と黒幕によって、所有されています。それは、民間人の、まったく無実な発足者のように見受ける事もでき、良かれと思って行動しています。また、非常に『科学的』でもあります。ところで、(この美しい)空はETたちの好意でもあり、私達は、あなたのお金と、あなたの魂によって、この空を守って欲しいのです。(※宇宙戦争の勃発を未然に食い止めて欲しいという意味でもあり、平和的な他惑星に迷惑をかけないで欲しいという意味でもあり、本来の道を歩んで欲しいという意味でもあり、他の多くの意味もあります。)

Do not be deceived. You need to be awake to the darker scenarios which some would like to thrust upon the world. And you need to know that there are alternatives. If a ‘disclosure’ is unleashed on the world which is xenophobic, militaristic and terrifying, know that it comes from the spinmeisters of secrecy- regardless of how respectable the person or group may appear to be.
どうか、騙されないで下さい。あなたは、暗いシナリオを世界に押しつけるいくらかの人々に気づいている必要があり、あなたには、選択肢があるという事を知る必要があります。宇宙人嫌い(宇宙人や人間に興味がなく)で、軍国主義的で、恐ろしい世界につなげるために『ディスクロージャー』が放たれるならば、それが、どれほど、立派であるような人物であれ、グループであれ、関係なく、秘密のスポークスマン(政党や候補者のマイナスの世評を与える存在)である事を知っておいて下さい。

And remember: Part of this disclosure plan involves the use of UFO look-alike devices made by humans in an attack on Earth or military assets of Earth. This would be a well-orchestrated use of advanced human technologies to hoax an ET attack- all for the purpose of disclosing the truth with the desired military-oriented spin. In such a scenario, most of humanity will be deceived into believing the threat from space has arrived – and that we must fight it at all costs. This is nothing more than long-term social security for the military-industrial complex. There must be people who can expose this fraud.
そして、覚えておいて下さい:このディスクロージャーの計画の一部は、地球へ攻撃を与える人間によって製造されるUFOそっくり装置の使用、あるいは、地球上の軍隊の資産の使用に関係しています。これはET攻撃をかつぐ高度な人間のよく作られたテクノロジーであり、作られた軍隊によって、真実が明らかになります。そのようなシナリオの中で、人々のほとんどは、騙され、宇宙から脅威が到来したと信じるかもしれません。(←この計画が現在実行され、あらゆるものが操作されています。)そして私達は、何とか、そういった人々の偽旗作戦と戦わなければならなくなります。これは軍隊産業複合体のための長期の社会保障にすぎません。この詐欺を暴露できる人々が必要なのです。

But why should we wait for these darker scenarios to be unleashed on an unsuspecting world?
Here is another idea: Why don’t ‘we the people’ unite and launch a disclosure which resembles the first one described above. An honest one. One which leads to peace, not war. To a sustainable and beautiful world, free of pollution and brimming with abundance, of all types. One which reaches out into the unknown, instead of firing particle beam weapons into the darkness of space.
しかし、なぜ私達は、これらの暗いシナリオに疑いをもたない世界で、『誰かが何とかしてくれる』と、待たなければならないのでしょうか?もう一つ、考えがあります:私達はなぜ、はじめに説明したようなディスクロージャーとつながり(せめて確認し)、スタートしないのでしょうか?正直で、平和(戦争の逆)をもたらすもの、あらゆるタイプの汚染がなく、豊かさにあふれ、持続可能で、美しい世界と。粒子ビームの武器を宇宙の暗闇に撃ち込む代わりに(日本では馴染みがありませんが、海外ではすでに知られています)、未知へと手を伸ばすものに…。

Additionally, we welcome those who can come forward with first hand knowledge of the machinations referred to in this paper and who wish to expose such madness to contact us. The one thing the darkness of secrecy cannot tolerate is a spotlight shining right on it. And the more of us holding the light, the better.
Evil steps in when good people do nothing. This is a lesson taught through thousands of years of human history. We stand at the beginning of a new time, and a new world awaits us. But we must embrace it, and help create it. For if we are passive, others will have their way- at least in the short run.
私達は、この論文の中で記した影のプロジェクトに関して、直接の知識を提供することができ、こういった狂気を暴露したいと志願し、連絡をしてくる人々を歓迎します。秘密の暗闇が受け入れられないものは、頭上に輝くスポットライト、や光、そして、より良い状態で暮らす私達です。心良い人々が何もしなければ、悪が支配権を握ったままでしょう。これは数千年以上もの人間の歴史を通して教えられた教訓です。私達は新しい時代の始まりに立たされています。そして新たな世界は私達を待っています。私達はこの事実を理解し、次の時代を作るために手伝わなければなりません。私達が受け身のままならば、彼らと同じ道を歩まなければならないでしょう…少なくとも比較的短期間で…。

Steven M. Greer M.D.
スティーブン・M・グリア博士。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dr. Greer TONIGHT on Jimmy Church's radio show: Fade to Black.
What will be discussed?
ジミー・チャーチのラジオ番組に、今夜、グリア博士が出演しました:
何が主題になるでしょうか?


Dr. Greer will be on Jimmy Church’s show – Fade to Black –for 2 hours tonight – Monday June 17 starting at 10:30 eastern.
https://jimmychurchradio.com/
グリア博士はジミー・チャーチのラジオ番組(2時間)に出演−(アメリカ)6月17日(月)10:30〜。

The topic of discussion will be the recently leaked memo of notes by businessman Eric Davis with Admiral Tom Wilson.
Dr. Greer is referenced in the memo as he briefed Admiral Wilson in 1997 when Wilson was J2 – that is Head of Intelligence for the Joint Chiefs of Staff.
主な内容はトム・ウィルソン監督と実業家エリック・デイビスによって、最近漏洩した内容について話されています。
ウィルソンがJ2にいた1997年、彼がウィルソン監督に内容を説明した当時、グリア博士はその内容を記録しました。–それは統合された参謀本部の知能集団のヘッドだったのです。


Read the transcript of the leaked memo.
https://siriusdisclosure.com/wp-content/uploads/2019/06/Leaked_Notes_Eric_Davis_2002.pdf
This memo is illuminating as it confirms what Dr. Greer has been saying for years regarding Unacknowledged Special Access Projects and also on page 15 confirms that many “alleged abductions” are not ET.
漏洩した記録内容を読んで下さい。
https://siriusdisclosure.com/wp-content/uploads/2019/06/Leaked_Notes_Eric_Davis_2002.pdf
グリア博士が「非認可・特別アクセスプロジェクト」において、何年もの年月を費やし、何を伝えていたのかを確認すると同時に、記録内容の15ページに、「疑わしい誘拐作戦」の多くが、ETではないことが確認できます。

For background you may want to:
Purchase “Unacknowledged”
Book
https://sirius-disclosure.myshopify.com/collections/books/products/unacknowledged-the-companion-book
e-book
https://sirius-disclosure.myshopify.com/collections/ebooks/products/unacknowledged-the-book
参考として、上記の本が役に立つでしょう:映画「非認可」書籍版

Watch Dr. Greer’s comprehensive workshop on False Flag operations.
https://www.youtube.com/watch?v=VL0Rpy0Dhhs&t=37s
グリア博士のビデオ「偽旗作戦」に関するワークショップを見て下さい。

宇宙船


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop