神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年08月25日 [日々の事]

✒Understand the truth about the mainstream media and why UFOs, ET visitation and acquired technologies are blacklisted topics📰✒UFOや、実際に起こっているETの訪問、そして実際に地球上で使用されている高等テクノロジー関連が、なぜ、ブラックリストに載せられているのかを理解して下さい📰

✒Understand the truth about the mainstream media and why UFOs, ET visitation and acquired technologies are blacklisted topics📰
From Dr. Steven Greer.

https://ce5film.com/ https://siriusdisclosure.com/
✒UFOや、実際に起こっているETの訪問、そして実際に地球上で使用されている高等テクノロジー関連が、なぜ、ブラックリストに載せられているのかを理解して下さい📰
スティーブン・グリア博士

https://ce5film.com/ https://siriusdisclosure.com/

Learn the truth in Dr. Greer's paper, Media Play.
Excerpts from the paper:

グリア博士の論文『メディアプレイ』の真実を知っておいて下さい。
論文から一部を抜粋:


★"Conventional Wisdom has it that we live in a free and open society with a free press, which plays the role of a key check and balance on government secrecy and abuse."
★"This and other fantasies, foisted on a gullible public, have enabled runaway, illegal, secret projects to get away with murder, and they are now on the verge of planetoid – the killing of an entire planet."
★"The Big Media is vertically and horizontally integrated into a large corporate and quasi-governmental matrix of shadowy interests and corrupting influences. In no way is the major media in America free, nor has it been for decades."
★"The truth is that we have free media - so long as it is inconsequential."
Read Dr. Greer's paper:

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/media-play/
★「一般社会の通念上では、知る必要のある重要な項目を知らせる役割を果たす出版の自由によって、私達は自由、かつ、公平でオープンな社会の中に住んでおり、政府の裏に潜む秘密や、情報操作から、バランスを取り戻している…と考えられています。」
★「騙されやすい一般市民に押し付けられた様々なファンタジーは、暴走し、違法な秘密プロジェクトが好き勝手にする事を可能にし、彼らは今、全ての惑星を殺しかねないほど…小惑星ほどの力を持ちつつあります。」
★「巨大メディアは闇の利益を巨大企業に堕落的な影響を与え、特定の人々に垂直、かつ均等に組み入れ、腐敗させています。自由国家のアメリカではそれが主要媒体となり、それは、ここ数十年に起きた話ではないのです。」
☆「本来、私達にはフリーメディアがあるのです― それは取るに足らないほど長い期間。」
グリア博士の論文を読んで下さい:

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/media-play/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Media Play”
by Steven M. Greer MD.
April 2004.

『情報媒体』
スティーブン・グリア医学博士
2004年4月。


Conventional Wisdom has it that we live in a free and open society with a free press, which plays the role of a key check and balance on government secrecy and abuse. This and other fantasies, foisted on a gullible public, have enabled runaway illegal secret projects to get away with murder, and they are now on the verge of planeticide – the killing of an entire planet.
一般社会の通念上では、知る必要のある重要な項目を知らせる役割を果たす、出版の自由によって、私達は自由、かつ、公平でオープンな社会の中に住んでおり、政府の裏に潜む秘密や、情報操作からバランスを取り戻していると信じています。騙されやすい一般市民に押し付けられた様々なファンタジーは、暴走し、違法な秘密プロジェクトが好き勝手にやる事を可能にし、彼らは今、全ての惑星を殺しかねないほど…小惑星ほどの力を持ちつつあります。

The truth is that we have free media – so long as it is inconsequential. That is, freedom of the press exists so long as it is exercised within a certain sphere of influence that does not reach a critical mass of significance. Sure, you can say and write anything – so long as it does not get placed in front of the masses in an honest way. The quaint notion of a free press, serving as the Fourth Estate and watching vigilantly over the interests of The People is one of the great lies perpetrated by the government, and by the corporate media itself. Every insider knows this is a lie.
本来、私達にはフリーメディアがあるのです― それは取るに足らないほど長い間。つまり、それが、意義の臨界質量に達しない、一定の勢力範囲の中で行使される限り、報道の自由は存在します。確かに、あなたは、一般庶民に正直な話しが表に出ない限り、何でも言ったり、書いたりする事が自由に出来るのだと思うでしょう。自由な出版活動は、四権(行政・立法・司法・報道)に役立ち、用心深く、そして興味を見張る古典的概念は、政府や巨大企業メディアの中で常に使われてきた、大きな嘘の1つです。すべてのインサイダー(内部の人間)は、これが嘘であると知っています。

Big Media must be distinguished from the media in general, insofar as the former is utterly corrupted and the latter is sequestered into spheres of limited influence and significance. Mass retail media – the nightly news, CNN, The NY Times, The Washington Post, Newsweek, Time and the like are less free on anything of real significance than the media of many third world countries – or even communist China.
前者が完全に堕落し、後者が制限された枠の中で隔離される限り、巨大メディアは一般メディアと分けなければなりません。小分けされたメディア、つまり「ナイティニュース、CNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ニューズウィーク、タイム」こういった多くの第三世界(発展途上国)のメディアは、本当の意味で、共産主義の中国でさえも、全く自由な状態ではないのです。

We know, because we have beta tested the system. (More on this later.)
The implications of this corruption cannot be overestimated. In the world today, the corrupt, dumbed-down and controlled Big Media is the central reason for significant investigations being killed, illegal secrecy persisting and major scientific breakthroughs being suppressed.

私達はシステムをテストしたため、それを知っています。(後で説明するものよりも多くの事を。)
現在の腐敗状態が意味する事は、どれだけ評価しても、評価し過ぎるという事はありません。今日の世界において、堕落したものや、レベルダウンしたもの、それは殺され続ける制御された巨大メディアの中核にあり、それが重要な調査の理由です。


Without the cooperation, compliance and corruption of Big Media, the shadowy programs that keep the world burning could in no way prevail. In fact, when recently asked by a member of Congress how these illegal operations persist and flourish, I had to tell him it was the primarily due to the fact that Big Media give them a free pass.
巨大メディアの協力や、服従、腐敗なくして、世界を炎上させ続ける秘密プログラムは広がり続ける事は出来ないのです。実のところ、最近議会のメンバーに、「これらの違法な操作がどのように続けられるのか?そして繁栄するのか?」と尋ねられた時、私は、彼に、まず始めに、巨大メディアが「フリーパス」の権限を与えられるために多額の金があてがわれているという事実を言う必要がありました。

Years ago, while at a gathering in New York City with Laurence Rockefeller and a few other influential people in the city, Bob Schwartz, a noted journalist who had been on the Board of Time Life (before it was Time Warner, or AOL Time Warner etc, etc) flat out told me that the Big Media “…had become scribes taking dictation from the right hand of the king…” rather than really functioning as a free press and the Fourth Estate. He proceeded to tell me how he had given his friend Mike Wallace of CBS’ 60 Minutes a number of government documents on UFOs, and that Mr. Wallace wanted to pursue the story, but ultimately dropped it due to pressure from ‘somewhere’.
数年前、ローレンス・ロックフェラーとのニューヨーク市での集まりや、都市にいる数名の有力な人々、そしてボブシュワルツは、私に人生をかけ、巨大企業について、出版の自由や四権(行政・立法・司法・報道)の本当に役目を果たす事について、それは事実上、「…王の右手から口述を取る筆記者になった…」と、懸命に説明し(その前にタイム・ワーナーやAOLタイム・ワーナーもいましたが)彼は、自分の友人にどのようにUFOに関する多くの政府文書(CBSの60分のマイク・ウォレス)を与えたのかを私に説明し続け、ウォレス氏は、そのまま話し続ける事を望んでいました。しかし最終的には「どこか」から、抑圧を受けたため、その話しは中断せざるおえなくなりました。

Now, Big Media will tell you that the UFO matter is closed, that the Air Force looked into UFOs and ended Project Blue Book with a report from the Condon Committee that essentially said there was nothing to study. This is one of the Big Lies and can be proven to be so. But every Big Media outlet in the US holds to this line, notwithstanding overwhelming evidence to the contrary – and the fact that we can now prove that Dr. Condon himself corrupted the study and was on the payroll of the shadowy projects keeping the matter secret!
さて、巨大メディアは、コンドン委員会からのリポート内容により、『UFO問題は打ち切り、本質的には、何も学ぶ事はない。』『空軍は終わりを迎えたUFOプロジェクトを調査した。』と、あなたに伝えるでしょう。これは大きな嘘の1つだと理解する事が出来ます。しかし米国のすべての巨大メディアは、その反対に(正しい)証拠が抑圧されているにもかかわらず、この情報ラインを崩してはいないのです – 現在はコンドン博士の偽造研究は秘密プロジェクトに雇われていたものだと私達は突き止めています!

Essentially, America has no free press of any significance when it comes to real investigative reporting, government secrecy or serious technology breakthroughs dealing with energy and propulsion systems that could replace Big Oil. The Big Media is vertically and horizontally integrated into a large corporate and quasi-governmental matrix of shadowy interests and corrupting influences. In no way is the major media in America free, nor has it been for decades.
本当のエネルギーを扱う調査報道、秘密政府、または重大なテクノロジーのブレークスルーを起こせる推進システム(大手石油産業をフリーエネルギーに替えるシステム)に関して、本質的に、意義のある出版の自由を、アメリカはまったく持っていません。巨大メディアは堕落させる影響を持つ巨大企業から、特殊法人的な形で、まんべんなくレベルダウンさせる情報を組み入れます。アメリカは少しも自由な主要媒体を持っておらず、数十年というレベルではなく、大昔から自由はありませんでした。

In the late 1990s I met with a senior reporter for the Washington Post, whose beat included government, military and national security issues, who told me that he was sitting on rather explosive files on a number of issues (hint: we were talking about secret underground facilities and certain genetic experiments that are ongoing). When I asked him when they would run that story he winked and said, “Oh Dr. Greer, you know that nothing important is ever printed in the Washington Post. We will never print that kind of story and, if anything, we will work to debunk it if it appears anywhere else…” When I asked him, “Well what about the Fourth Estate – our free media being a check and balance on government and extreme secrecy that is out of control?” he said, “You know that doesn’t exist anymore…” We had a drink and went on our way.
1990年代の末期、私はワシントン・ポストの取材を受けるために、シニアのレポーターと会い、多くの問題(秘密の地下の設備施設や進行中の一定の遺伝学的な実験、および政府、軍隊、国家安全保障局の問題)について話し合いました。私が彼に、その話をいつ彼らは実行するだろうかと尋ねた時、彼は目を瞬きさせて、こう言いました。「あぁ、グリア博士、重要な話しがワシントン・ポストでは、ずっと報道されていない事をあなたは知っているでしょう。私達は決してその種の話を表に出す事はなく、どちらかといえば、他のメディアで騒がれる時、それを暴露するために動くのですよ。」…と。「様々な情報をチェックしているフリーメディアや、コントロール不能状態にある政府、秘密プロジェクト上でバランスを取る(力のある)四権等について、改善の余地はありますか?」と、私は彼に尋ねました。彼は「あなたは、それがもう存在していないと知っています…。」と言いました。その後私達は一杯飲んで帰ったのです。

Senior government officials, members of Congress and top Pentagon officials with whom I have met have cited media infiltration, corruption and ridicule as the main reason they steer clear of certain areas. Why look into super-secret UFO related projects if you will only be shellacked by the Big Media as Senator Moon Beam?
政府の高官や、議会のメンバー、そして私が会った国防総省のトップたちは、一定のエリアを避ける主な理由として、浸透するメディアの腐敗と嘲笑から避ける事だと言いました。巨大メディアによって、競馬競争(ムーンビーム)上にある上院議員というセラミックで覆われただけの存在たちは、なぜ、特別プロジェクトの秘密にあるUFO関連問題を調査するのでしょうか?

Of course, many people in the media never look into these issues since they have blindly accepted the party line and bought into the ridicule and disinformation surrounding the subject. A lack of independent investigation, and a prevailing prejudice, prevents most journalists from even giving a cursory look into these controversies. A senior editor for the Boston Globe once told me that they would never run a story on UFOs “…even if you put a dead ET on my desk…” since such topics were the stuff of the low-end tabloids. (I guess 24/7 coverage of titillating details of sexual escapades and lurid murders are ok, however.) Persistent ridicule and a glib dismissal of ‘conspiracy’ theorists and ‘UFO believers’ are about as far as most journalists get. The facts are seldom investigated, and on the rare occasion when they are, the story is blocked.
もちろん、彼らが盲目的に基本的な政策を受け入れ、中心的な情報を取り囲む「嘲笑」と「その意図的誤報」を受け入れてから、メディア関係者の多くは、決してこれらの問題を調査しようとしなくなりました。独立している調査機関は、有力情報が不足しているため、ほとんどのジャーナリストは、こういった議論に顔を突っ込む事さえ出来ないのです。ボストン・グローブのシニアエディターは、以前、私に、そういった話題がローエンドのタブロイド紙に書かれていたため、彼らは決してUFO関連の話題を「…例えETの死体が私の机の上に置かれたとしても…」する事はないだろうと言っていました。(私は、知性をくすぐるような、四六時中続けられる報道範囲を調べましたが、奇妙な殺人に関しては報道するものの)続く「嘲笑」や「共謀」、「理論家とUFO信者たちの口達者な話し合い」は、多くのジャーナリストが到着する限界地点なのです。こういった問題がある間は、事実はめったに調査される事はなく、もしもあったとしても、それは非常に稀な事であり、ブロックされてしまいます。

It is also an open secret that the intelligence community has infiltrated and used the media for decades. What is not acknowledged is the extent to which the Big Media are controlled by corrupt interests that are the antithesis of freedom. It is a pervasive problem that is subtly managed very quietly controlled by corrupt interests that are the antithesis of freedom.
情報機関関係者たち(世界各国に設置されているインテリジェンス・コミュニティー)が、数十年以上もの間、メディアに侵入し続け、そのやり口は「公然の秘密」なのです。巨大メディアが「認めない話し」は、不正利益(賄賂)によって、自由の正反対である「堕落する話し」に置き換え、コントロールされるのです。

It is a pervasive problem that is subtly managed very quietly, but anyone who has gotten close to the truth on a really Big Story that these interests want kept secret know what happens.
それは、とても微妙な形に管理されていますが、「何が本当に起きているのか知っている人たち」にとって、真実の話しから突き放されてしまう状態となり、この「秘密にされてしまう」ことで、「考えるべき事態から興味をそらされてしまう」状態を招き、事実、それは大変な問題なのです。

Such journalists walk into the mother of all buzz saws, and learn very quickly how un- free the Big Media really is. Into The Buzz saw, with a foreword by Gore Vidal, is a book that recounts the experiences of a number of journalists who came across a story that ‘they’ did not want out – and who found out how ruthless media suppression really is.
こういったジャーナリストたちは、あらゆる「電動のこぎりの母体」の中に入っていくように、巨大メディアが本当にどれほど自由でないかを非常に迅速に学ぶのです。「電動のこぎり」の中には、ゴア・ヴィダル氏(1925〜2012年のアメリカの小説家、劇作家、評論家、俳優、政治活動家)による書籍によって「彼ら(メディア)」が望んでいなかった話しに出会った多くのジャーナリストたちの実体験が記載されています。 - そして誰がどれだけ残酷で抑圧的な事態と出会ったのかという事も。

The crown jewel of secrecy is the collection of projects that deal with advanced technologies, energy systems, propulsion systems – and UFO matters – that, once disclosed, would end the need for oil, gas, coal or nuclear power. The corruption and secrecy surrounding this issue is like none other – it is in a class of its own. The media can only cover the subject either in a cavalier or dismissive way – or through direct disinformation and ridicule. No honest investigative report has ever appeared, over time, on this subject in any Big Media outlet – not in over 50 years of secrecy. Why?
秘密プロジェクトの中核は、先端技術、エネルギーシステム、推進システムを扱うプロジェクトのコレクションになっています。- そしてUFOの存在は重要なのです - 一度でもUFOの実態が明らかにされるなら、石油、ガス、石炭(化石燃料)、または原子力を一切必要としなくなるからです。この問題を取り囲む腐敗した秘密プロジェクトは、誰とも共存する事無く、自身のあり方を確立しています。巨大メディアたちは(仲間というわけではなく)真実の話しを追い払うような形で、意図的誤報と嘲笑を作り出し、大切な課題を覆い隠す仕事を押し付けられているだけなのです。今まで、正直な調査員のリポート情報も表に出た事はありません。どのような巨大メディアであっても服従させるのです。50年以上続く秘密プロジェクトの中で。それはなぜなのか?

Because they are not allowed to do it. And if they did, it would mark the end of their career and possibly their lives. It is not an overstatement to say that I have spoken to mainstream journalist who evince palpable fear when the matter is brought up.
巨大メディアたちが、正直である事を許されないからです。仮に彼らが正直に最重要で大切な課題を表に出すならば、彼らのキャリアは終わりを迎えます。私が話す事は、明白な恐怖を話してくれた主流ジャーナリストから実際に聞いた話で、大げさに言っているわけではないのです。

Of course, because of sensational cases of ‘investigative reporting’ like Watergate, Monica-gate and the like, the public believe the media is this fierce watch dog guarding the interests of the people and courageously ferreting out the truth. If only.
もちろん、ウォーターゲート事件、モニカゲート、およびそのような‘調査報道’のセンセーショナルなケースでは、一般大衆は、メディアが人々の興味をガードしており、真実を勇敢に探り出す凶暴な番犬であると信じるだけです。

Sure, Big Media can have 24/7 coverage of trivial matters like a President’s private sex life (NEWS FLASH: Powerful men are known to have affairs and may even – gasp – lie about it!). Or a bungled and clumsy break-in at the Watergate. But the really big stories are never printed, the research is not allowed, and the truth is only whispered about privately, and carefully.
確実に、巨大メディアは四六時中、大統領の私的な性生活のような些細な問題の報道をつかむ事が出来ます。(ニュース速報:力を持つ人物なら、仕事を与えるからと言い、嘘を言わせる事も出来るのです!)。または政治的スキャンダルでやり損なった、不器用な不法侵入もおこなえるでしょう。

Shills in the Big Media are the central reason why the truth about many matters of great importance will never be told. Sure they will tell you about a titillating scandal, or about a tax cut, or a bombing. But get close to stories related to real power, and these Big Media hacks run the other way.
巨大メディアに潜入している「さくら」の存在理由は、多くの重大な話題について、決して真実が表ざたに報道されないための中心的な存在です。確かに、彼らは感情をくすぐるようなスキャンダルや減税問題、あるいは爆撃などについて、あなたに伝えるでしょう。しかし、本当の「パワーと関連した話し」の近くに寄りそってみて下さい。すると、巨大メディアは他の方法で動き出し、ハッキングし出すのがうかがえます。

The proof?
In May of 2001, The Disclosure Project (www.DisclosureProject.org) held a major international press conference at the National Press Club in Washington DC. Hosted by legendary White House reporter Sarah McClendon, the event featured over 20 top-secret government, military, intelligence and corporate witnesses to UFO events and projects. No flakes amongst these: The witness testimony presented ranged from Brig. General to Colonels to a top FAA official. The National Press Club ballroom was packed with media from around the world and the event was – briefly – reported on CNN, BBC, Fox and many other outlets.

その証明ですか?
2001年の5月、ディスクロージャープロジェクト(www.DisclosureProject.org)は、ワシントンD.C.のナショナル・プレス・クラブで、国際的な主要記者会見を開きました。伝説となったホワイトハウスのリポーター、サラ・マックレンドンにより主催されたこのイベントは、UFO問題のプロジェクトに関わる20以上のトップシークレットである極秘政府、軍隊、知能集団、および企業に所属する証人の証言を表に出しました。これらに類似する断片はありません:証人たちの証言は一般市民、大佐、FAA役員のトップに及びました。FAAのトップの話しはよく知られているでしょう。ナショナル・プレス・クラブでの、この時の快進撃は、世界中のメディアで話題になり、CNN、BBC、フォックス、その他大勢の報道機関関係者らによって、容易に世界に広まりました。


This two-hour event was the most watched live press event on the Internet and eventually over 1 million people saw the event on the net. We called for a full investigation into illegal covert programs dealing with UFOs and covert energy and propulsion projects. Congressional hearings were requested and the media were asked to fully investigate the matter. Tens of thousands of people wrote members of Congress and the US President asking for full, open, honest hearings at which some of the over 400 military and government-connected witnesses identified by The Disclosure Project could testify. (The reader may read the testimony of over 5 dozen of these witnesses in the book Disclosure or view their testimony at www.DisclosureProject.org).

この時の2時間ものイベントは、インターネットでも最も見られているライブイベントでもあり、最終的には100万人以上を超える人々がネット上で、このイベントを見たのです。私達はUFOを扱う違法プログラムや、隠されたエネルギー問題、推進プロジェクトの完全な調査を求め、おこないました。議会の公聴会も要求され、メディアたちは、この問題を十分に調査するように頼まれたのです。数万人の人々が、ディスクロージャープロジェクトで知った400人以上を超える軍隊、そして政府と繋がっている証人たちの証言と議会を知り、完全にオープンな形で、正直なヒアリングを求めている米国大統領のメンバーにも手紙を書きました。
(上記は著書「ディスクロージャー(5ダース以上の証人たちの証言)」を読むか、www.DisclosureProject.orgで、その証言を知る事が出来ます。)
※参考までにこちらの著書をお読み下さい。

https://www.jceti.org/disclosure-book/
※参考までにこちらのビデオもどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=UzJnZqpFzN0

Interestingly, the first hour of the event was externally electronically jammed by “someone outside the Press Club”, according to Internet hosting company Connect Live. (Sources later confirmed that this was an electronic warfare jamming of the broadcast.)
興味深いのは、イベントの始まりに「プレスクラブ外の誰か」によって、外面的に電子的妨害を受けた事です。インターネットホスティング会社によると、それはライブで接続されたものだという事です。(後に、この妨害となったソースは、放送電子戦による故障であったことが確認できました。)

Senior producers at two Big Media networks, who had been briefed in advance and were planning major exposes in their newsmagazine programs, later told me that they were not allowed to go forward with their investigations or broadcast the programs. When I asked why, they simply said, “They just won’t let us do it.” And when I ask who are ‘they’, I was told, “Dr. Greer, you know who they are…”

ニュースマガジンプログラムの中で重要な話しを暴露する計画をしていた2つの巨大メディアのネットワークに所属するシニアプロデューサーは、これについて事前に私に概要説明をしてくれていました。番組を放送する事は許されなかったそうです。私がその理由を尋ねた時、「彼ら(秘密プログラム)は私達の行動を完全に阻止するだろう。」と言いました。私は「彼ら」とは誰なのかと尋ねると、彼は「グリア博士、あなたは、彼らが誰であるかを既に知っています。」と言ったのです。

Indeed.
Here, smoking gun evidence, official government documents and dozens of credible, corroborated, top-secret witnesses were presented to the world’s major media – and Big Media did virtually nothing. On major stories, involving controversial matters, I am told the New York Times requires three points of corroboration. Here, dozens were presented, from men and women with impeccable credentials and high national security clearances – and they were not anonymous sources, but presented with name, rank and serial number! But the coverage was brief (just enough to allow for ‘plausible freedom of the press’, I am told by insiders) and then quickly taken down. And no Big Media entity was allowed to do serious follow-up investigations. And none have occurred up to this date.

本当に。
ここで、決定的な証拠として、公の政府の文書や、確証されている数十の信頼のおける極秘証言は、世界中の主要メディアに伝えられているのです - そして巨大メディアは事実上何もしなかったのです。重大な話題を表に出すためには、ニューヨーク・タイムズでは3つのポイントの確証を必要としているそうです。ここに国家安全保障局の高い質を持つ男女たちから、完璧な証明書がダース量で、名前、ランク、特定番号をつけて、提供された情報があります!しかし報道では、「もっともらしい報道の自由」を考慮するのに、正に十分な形で、短く、迅速に書き留められて終わってしまいました。そして巨大メディアに属する人々は、重大な内容について、調査を、再びおこなう事は、一切許されませんでした。


Such ‘editorial discretion’ has been abused hundreds of times to keep big stories out of the major media. People do not realize it, but we already live in an extremely controlled and closed society that is micro-managed by an elite few – all the while looking populist, democratic and open. As I write this a few miles from Thomas Jefferson’s home, Monticello, I can feel him spinning in his grave…
こういった「編集」の手際は、重要な話しを主要メディアから締め出すために、何百回も乱用されているのです。多くの人はそれを理解していませんが、少数のエリートによって、細かく管理されている、極めてコントロール可能な閉鎖的な社会の中に、私達は今、住んでいるのです – 表面上は「人民主義的な政治家」によって、オープンに見えますが。私はトーマス・ジェファーソンのモンティセロの家から、数マイル離れた場所で、これを書いていますが、私は彼が自身の墓の中で、ただ利用されている状態である事を感じる事が出来るのです…。

Meanwhile, it is up to us to get the truth out, notwithstanding the overwhelming force and corruption of the Big Media. It is almost too late – but not quite. With a Herculean effort, we might yet get the facts out before the public before the control freaks run the entire biosphere into the ground and we end up, Mad Max-like, fighting over the last barrel of oil in endless oil wars.
その間にも、私達は、巨大メディアの圧倒的な力や腐敗力にも関わらず、真実を表に出す事が、私達の責任であるのです。かなり無理があると思うかもしれません - けれどもまったくそうではありません。私達は超人的努力を駆使し、無限に続く石油産業戦争の最後の戦いをおこない、支配意欲旺盛な人々が、全ての生物圏を破壊し、人類の最後が訪れる直前に、私達は真実を一般市民に提示する事が可能になるかもしれません。映画「マッド・マックス」風に、終わりのない石油産業戦争、最後の戦いの中で。
(※マッド・マックス:1979年公開のオーストラリアでヒットした、凶悪犯との闘いを描いたアクション映画。メル・ギブソンの出世作とも言われるシリーズ映画です。)


Perhaps someone in Big Media will step up to the plate and do the matter justice. But more likely, we need to identify a financial sponsor to start what I am calling “The Disclosure Network” via satellite. With adequate funding, we could begin real investigative reporting on issues that really matter – and renew the promise of a free press.
おそらく、巨大メディアの誰かが、舞台に上がり、問題の公正化を計るかもしれません。しかし、それよりも、おそらく私達が衛星経由で「ディスクロージャーネットワーク」と呼ぶものを始めるために、(情報業界の)資金の出資国を明らかにする必要があるでしょう。適正な出資によって、私達は、本当に、重要な問題についての本当の調査報道を開始する事が出来るのです - そして出版の自由の約束を新たにする事が出来るでしょう。

Until then, spread the word and get the truth out. Ultimately, if the people will lead the leaders will follow. Time is getting short for the corrupt corporate Big Media to regain its role as the Fourth Estate. And the earth cannot take another 50 years of ecological abuse, geopolitical instability born out of the injustice of poverty, and more oil wars. It is up to us to change course and create the sustainable civilization necessary for peace. For without peace there can be no future – and peace is impossible without truth, an open society and justice. There is time to act, but we must act now.
その時まで、この言葉を広め、真実を表に出して下さい。最終的に、人々が導くならば、リーダーはついて行かざるおえないのです。やがて堕落した企業による巨大メディアは、言論界や、四権(行政・立法・司法・報道)の本来の役割を取り戻せる所まで到着します。地球はあと、50年もの生態学的な虐待や、乏しい不正から誕生した地政学の不安定さ、および、より多くの石油戦争に耐える事は出来ないのです。進路を変更し、平和である事に必要な、持続可能な文明を作成する事は、私達の責任なのです。というのは、平和なくして未来はありえないからです - そして平和は真実、開かれた社会であり、公正なくしては実現不可能なのです。行動すべき時というものはありますが、私達は今、行動しなければならないのです。

Steven M. Greer MD.
スティーブン・グリア医学博士。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dr. Greer was introduced by a Japanese TV program in old days.
(This TV show is dubbed in Japanese.)
https://www.youtube.com/watch?v=GH3tWYbSB6g 
グリア博士は昔、日本のテレビ番組で紹介されました。
(この番組は日本語吹き替えです。)

https://www.youtube.com/watch?v=GH3tWYbSB6g 

NEWS


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop