神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年08月31日 [日々の事]

📖 Dr. Greer’s paper, “The Imperative of Consciousness”✒📖グリア博士の論文『意識の命令法』✒

📖 Dr. Greer’s paper, “The Imperative of Consciousness”✒
📖グリア博士の論文『意識の命令法』✒

From Dr. Steven Greer.
スティーブン・グリア博士から

Learn more in Dr. Greer’s paper, “The Imperative of Consciousness,” available in the Papers section of
https://siriusdisclosure.com/?fbclid=IwAR3eJ0_hM8nQ3arn7BfgLAdjhwntaPg1I5mFoQwFbtlysHc9DjPeYjV-v-M
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/ 
グリア博士の論文で多くを学んで下さい。『意識の命令法』下記セクションから入手可能です。
https://siriusdisclosure.com/?fbclid=IwAR3eJ0_hM8nQ3arn7BfgLAdjhwntaPg1I5mFoQwFbtlysHc9DjPeYjV-v-M 
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/ 

When it comes to ETs, there is no doubt that we are dealing with beings who are capable of reading, by both telepathic and conventional means, our true intentions and motivations, and who can sense the “spirit of our endeavor”.
ETについて、私達は、テレパシーや、従来の方法、そして私達の真の意図や、動機づけによって読み取る事が可能であり、「私達の努力の心」を感知することの出来る生命体を扱っているにちがいありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Imperative of Consciousness.

『意識の命令法』

Steven M. Greer, MD
スティーブン・グリア博士
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/the-imperative-of-consciousness/?fbclid=IwAR1YuuRCbUb-RQyAogd53Lku5G4KjeRKC0iuYVeMja3-Ti8LmSFmZ671Y2c 
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/ 

When we speak of interacting with ETI (Extraterrestrial Intelligence), we are, after all, talking about reaching out to advanced conscious intelligent beings, and not the mere observation of some natural phenomenon or biological process. For this reason, careful consideration must be given to not only our view of ETI’s intentions, but more importantly, to our own intentions and attitudes.

私達がETI(地球外知的生命体)と対話することについて語る時、それは、ある自然現象、または生物学的なプロセスの、単なる観察的な視点ではなく、高度な意識を持つ知的生命体に手を差し出すことについて話しています。そのようなわけで、私達の慎重な考察としては、ETIの意図を理解するだけでなく、より私達自身の意図と態度について、慎重に配慮する必要があります。

The human tendency – well evidenced by both military and civilian reactions to ETS (Extraterrestrial Spacecraft) – for xenophobic, violent and even paranoid reactions to the new and unknown must be addressed and rectified.
真新しく、未知な存在である、宇宙人種たちと、彼らのETS(地球外の宇宙船)に対する、激しく、偏執病的反応さえ見受けられる『人間の恐怖の傾向』は、軍隊や一般市民の双方において、その反応が証明され、記録されていますが、これは修正し、正さなければなければなりません。

The human predisposition to view anything which we do not understand or control as intrinsically hostile and threatening must be overcome. The blind quest for personal gain, profiteering and an inclination towards viewing ETS/ETI in predominantly ‘acquisition’ framework needs to be altered.
私達の本質とは、見るものを何でも『敵対し、威嚇的になる』と思わせられている、現在の(意識の)コントロールは、(情報開示し)壊していかないといけません。盲目的な人々は、個人的な利益や、暴利を貪り、主に『獲得』のようなニーズとして話しを変えてしまい、そういった目でETSやETIを見てしまう傾向にあります。

If we are motivated by a desire to ‘out-smart’ ETI and acquire their technology and energy source, then our efforts will fail. If we approach ETI with greed, fear, assumed hostility and suspicion, then we shall expend our efforts in vain.
私達が『打ち負かすべき』ETIがいると思わされ、その欲望によって動機づけられ、彼らのテクノロジーとエネルギー源を獲得するなら、私達の努力は(善からぬ方向へ進み)失敗へと向かうでしょう。私達が、貪欲さや、恐怖、敵意、疑惑をもって、ETIに近づくならば、私達は自身の努力を無駄に費やす事になるでしょう。

There is no doubt that we are dealing with beings who are capable of reading, by both telepathic and conventional means, our true intentions and motivations, and who can sense the “spirit of our endeavor”. Success requires that the spirit of our endeavor be one of scientific openness, the search for truth, altruism, selflessness, harmlessness and non-covetousness.
私達は、従来の方法である、テレパシーという形で、真の意図と動機づけを読み取る事が可能であり、私達は『私達の努力の気持ち』を感知する事の出来る生命体を、今、扱っているのです。『私達の努力の心』は、『科学(真理、利他主義、無欲、無欲な探求、無害的意識)』において開放する必要があり、そうする事で成功するのです。

A desire for the peaceful furtherance of the ETI- Human relationship is paramount. For these reason, “purity of motive” on the part of human researchers and investigators is a primary requisite while specific skills, expertise and technology are important but secondary considerations. The breadth and clarity of our consciousness is imperative and transcends all other considerations.
ETIとの人間関係的な平和への促進における欲望なら、最高に良いものです。そういった理由で、具体的なスキルや、専門的知識、およびテクノロジーは、二次的な検討事項である間は、非常に重要であり、研究や調査をする者の『純粋な動機』は、根本的要素になります。私達の思考は明晰で、意識の広さ(通常の思想を超越するもの)は、あらゆる人々の考察を超越します。

Our obsession with technology and outward things tends to obscure the Big Picture of the ETI/Human relationship, and all that it entails. While competence and knowledge cannot be slighted, we must insist on the primary importance of consciousness.
私達の外側にあるテクノロジーや、妄想は、ETIとの関係性や、そういったものに伴う、あらゆる物事を覆い隠す傾向にあります。私達は能力や知識を軽視できない間、『意識』という非常に重要な要素を(慎重に考えて)とらえなければなりません。

In this regard, it is likely that a novice possessed of noble intentions and equipped with only a flashlight would meet (has met?) with greater success than a governmental agency motivated by lesser intentions, even though it has advanced technology, personnel and billions of dollars at its disposal. Indeed, an aboriginal with only a bonfire may go further in the establishment of communication and the discovery of truth!
この点においては、小さな灯を持たされた、高潔な意図を持つ初心者たちが、意のままに使える「テクノロジー」や「人員」を「数十億ドル」をもって「推し進め」ましたが、より小さな意図によって動機づけられた政府機関関係者たちよりも、大きな成功を収める可能性はありえるかもしれません。実際、大きな篝火(かがりび)だけを使う先住民は、コミュニケーションを作り、真の発見をする事で、より遠くにまで行く事が出来たのです!

Of almost equal importance is the question of how we view ETI intentions and motives. If the tabloids, sensationalist books and rumor mills are to be believed, ETI are all either guru-like space gods or Darth Vader space conquerors! Our tendency to polarize on either side of this issue is both premature and unwarranted – and it is dangerous. It is unlikely that they are either perfect gods or evil empire operatives, yet these views of their motives have influenced and will continue to influence our attitudes and actions unless consciously addressed.
私達がどのようにETIたちの意図や動機を理解するかは、同じぐらい重要な事です。タブロイド紙や、扇情主義者の本、およびうわさの発生源を信じるなら、ETIとは、あらゆるグル(精神指導)風の、宇宙神、またはダース・ベーダー(宇宙の征服者)のどちらかという事になります!どちらにしても、これらは私達の偏見的傾向にあり、それは危険な思想です。彼らが完璧な神、あるいは悪の帝国のスパイのどちらかであるといういのは、ありえませんが、こういう風に私達がとらえる事で、私達は彼らを誤解し続け、彼らの動機に対して、私達の見方が影響を与え、私達の態度や行動にも影響を与え続けるでしょう。

A review of the cases to date would indicate that while some actions are enigmatic and even disturbing to some human sensibilities, no evidence of net hostile intentions exists. Here, we must differentiate between our perceptions of actions and actual intentions or motives, since these are two separate considerations. (For a more thorough treatment of this topic see “The Case of Non-Hostility).
今まで報告された、いくつかのケースは不可解で、気がかりに思えますが、ネット上で見てみると、敵対的であるという意図の証拠は存在していません。こういった2つの別個の考察があり、私達は自分自身の行動や認識、実際の意図や動機というものを、しっかり区別していかなければなりません。(この話題については、「非敵意のケース」を参照して下さい。)

A seemingly disturbing action may occur for a net neutral or even benevolent purpose. Certainly as an Emergency and Trauma doctor, not a day goes by where a child or impaired adult victim of trauma could view my efforts to help him as painful and therefore motivated by a desire to do harm, even though my motives are just the opposite.
一見したところ、ネット上で見られる気がかりな出来事は、自動的に、または情け深い目的で起こるかもしれません。確かに、私(グリア博士)は、緊急医として、また、トラウマを担当する医師として、被害を受け、トラウマを抱えた子供や大人の犠牲者を助ける私の気持ちは、行動とは正反対に見えるかもしれませんが、痛みを覚え、それを側で見て、『(グリア博士は)患者に害を与えたかったのだ』と判断した所で、何の意味もありません。

That a frightened child perceives my actions as hurtful or malevolent is a function of the child’s level of awareness and knowledge, and in no way reflects my true intentions. Could not an analogous process be occurring with some ETI events which conventional wisdom has deemed hostile and therefore as evidence of malevolent intentions?
おびえた子供が私の行動を『敵意』や『悪意』と見なすことは、幼稚な認知レベルのものであり、少しも、私の真の意図を反映していません。似た話しでは、一般的な社会通念上、敵対的であると考えられていた、数種類のETIの行動は、『悪意を持った意図の証拠』として起きているわけではないのです。(※コントロールされた作り話しだという意味)

Certainly for CE-5 Initiative research it is important to give ETI the benefit of the doubt, and until proven otherwise, assume non-hostility. An assumption of ETI hostility will poison the atmosphere of future bi-lateral contact and prevent the development of an ETI-Human relationship free of conflict.
確かに、CE-5の当初の研究において、ETIに関する疑問点を善意にとらえる事は重要であり、証明できるまで、別の形で、敵意でないものとして仮定して下さい。『ETIの敵意』という『仮定』は、未来において、コンタクトの促進を妨害し、未だ衝突が生まれていない、ETIと人間関係の大切な絆を破壊するでしょう。

This is one time in human history where fortitude, trust and self-discipline are essential prerequisites to further progress. The assumption of non-hostility does not equal either blind naivete or an assumption that ETI are perfect god-like saviors. But it does mean holding an open, non-suspicious and positive attitude towards ET beings. To do otherwise is to create a reality based in conflict and hostility, a thorny path already well traveled by the human race.
強い信念、信頼、そして自己管理(訓練)が、さらなる進歩へ進むための、欠く事の出来ない、必要条件であり、これは人間の歴史にある、1つの大切な時期です。『非敵対的な存在であるという仮定』は、盲目的で純粋に信じ切る、『ETIとは完璧で神々しい救助者であるという仮定』とも、同じではありませんが、こういった視点は、ETという生命体に対し、オープンで、ポジティブな態度を、彼らに示す事を意味します。それ以外の視点は、現実において衝突と敵意を根本的に作成する道(すでに地球人によって作られたイバラの道)を創造してしまいます。

Beyond the consciousness of actual researchers or those who have had close encounters is the importance of the background consciousness of humanity as a whole. The type and quality of any further ETI-Human interactions – and therefore the specific results of any CE-5 Initiative efforts – will be in part dependent on and limited by the level of evolution in human society.
実際の研究者や、実際にETたちと出会った人々の意識の背景には、人間全体の意識背景が重要であった事がわかります。ETIと人間の相互作用、そして初期のCE-5の研究活動の様々な結果の具体的な内容は、重なる部分があり、これらは人間社会の発展のレベルによって、制限されているのです。

We should not be surprised if an ET civilization prefers to limit the degree of open contact with humans given the present preoccupation with militarism, conflict and violence. As human society makes the necessary transition to world peace and cooperation, I believe we will see a concomitant increase in ETI openness and bilateral communication.
現在の人々により、軍国主義、戦い、暴力に没頭するよう洗脳された人々が、ETの文明社会と、オープンなコンタクトを望んでも、そのコンタクトレベルが制限されてしまっても、別に驚くべき事ではありません。人間社会が、世界平和や協力という必要なシフトをおこなう時、私達はETIと開放的な双方のコミュニケーションが増加するであろうと、私(グリア博士)は信じています。

In this sense, the success of the CE-5 Initiative is directly dependent on the peace and unification of the human race. World peace and world unity and cooperation then are the important determinants of future ETI-Human events. The depth and quality of the CE-5 Initiative may prove to be modest, but these will increase as human society evolves towards peace and unity.
そういった意味で、CE-5の初期のコンタクトの成功は、人類の平和とETIたちが1つの世界にあるのだという事と、直接、関係しています。世界の平和と世界が1つの意識にあるという相互的な協力は、未来において、ETIと地球人とのイベントの、重要な決定因子になります。初期のCE-5の思慮深さと質は、控えめに見えると思われるかもしれませんが、人間社会が平和という1つの意識に進歩する時、この時の思想は増大するでしょう。

From: “Extraterrestrial Contact: The Evidence and Implications” by Steven M. Greer, MD
p. 178 – 180

From:『地球外知的生命体とのコンタクト』:スティーブン・M・グリア医学博士による『証拠と意味』
P178〜P180


意識


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop