神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年09月08日 [日々の事]

🌠Are Aliens Real? One-Third of Americans Think Alien UFOs Have Visited Earth.🌏🌠宇宙人は本当にいるのでしょうか?アメリカ人の約3分の1は宇宙人のUFOが地球を訪れたと信じています🌏

🌠Are Aliens Real? One-Third of Americans Think Alien UFOs Have Visited Earth.🌏
🌠宇宙人は本当にいるのでしょうか?アメリカ人の約3分の1は宇宙人のUFOが地球を訪れたと信じています🌏
https://www.newsweek.com/aliens-are-real-ufos-2019-sightings-americans-area-51-raid-extraterrestrial-disclosure-1458103?fbclid=IwAR2_TMwIvl8KyR8aeVoj-lkkSh1TBblSBDtJ633oU21oADwCh1XAqwnB4EQ

A new Gallup poll of 1,522 adults in the United States found that one-third of respondents believe extraterrestrial spacecraft are visiting Earth.
米国の成人1,522人を対象とした最近の世論調査の結果では、回答者の約3分の1が、地球外からの宇宙船が地球を訪問していると信じている事がわかりました。

When asked to choose between "some UFOs have been alien spacecraft visiting Earth from other planets or galaxies" and "all UFO sightings can be explained by human activity on Earth or natural phenomenon," 33 percent of all adults polled selected the first option.
「UFOのいくつかは、他の惑星や、銀河系から、地球を訪問している宇宙人たちの宇宙船だった。」あるいは、「すべてのUFOの目撃例は、地球上の自然現象か、人間の仕業によるものだと説明できる。」等の意見の混迷から、人々の認識を調べるため、世論調査を行い、成人の約33パーセントが先の意見を選択しました。

Demographic groups more likely to believe in visiting alien spaceships include the young (18-29), non-college graduates and the irreligious, with respondents in those categories trending toward 40 percent. But even with variation across demographic groups, no category fell below 27 percent of respondents describing some UFOs as alien spacecraft.
回答者の約40%は、宇宙人の宇宙船が訪問している事を信じそうな年齢(18〜29歳)(非大学卒業生、無宗教者対象)が含まれているものの、「宇宙人は地球に来ていると思う。」と答えた回答者数は、全体の約27パーセントを下回っていません。

The poll even found an interesting regional bump, with people from the West far more likely to prefer the extraterrestrial hypothesis. Midwesterners, on the other hand, were most skeptical of aliens coming to this planet. Belief in extraterrestrial vessels entering Earth's atmosphere was consistent across gender identity and within the margin of sampling error across income groups.
昔から語られる、地球外の仮説を好みそうなアメリカ西部では、世論調査から、面白い地域の議論が発見する事さえ出来ました。米国の中西部の人々は、「地球には宇宙人が訪れている」という話しに対し、最も懐疑的でした。地球の大気に入域する地球外の存在を信じる気持ちは老若男女を超えて、今まで通りの回答を逸脱しました。

While the majority of Americans don't believe aliens are visiting our planet, three-quarters believe that extraterrestrial life exists on other planets, with half of Americans going further and agreeing that "people somewhat like ourselves exist elsewhere in the universe."
「宇宙人が私達の惑星を訪問しているとは思えない」と語る人がいる間でさえ、「私達自身に似たような人間種が、他惑星の遠くから地球に訪れ、宇宙の他の場所にも住んでいるだろう。」と、アメリカ人の4分の3の大多数の人々は考えています。

The search for extraterrestrial life as practiced by scientists has little to do with the UFO phenomena, with research projects like Breakthrough Listen focusing their search on stars and distant galactic centers in a search of radio signals and optical laser transmissions.
科学者によって行われる、地球外生命体の探求は、無線信号や光工学のレーザートランスミッションの研究で、多くの星や遠い銀河の中心に焦点を合わせて、飛躍的な傾聴的研究プロジェクトのような形で、UFO現象を調査する方法がほとんどありません。

While the extraterrestrial explanation for the UFO aerial phenomena represents a substantial minority of the United States, a large majority agree that the government of the United States knows "more about UFOs than it is telling us." In 1996, 71 percent of those polled answered "Yes" to the same description of a government withholding UFO disclosures. That figure remains consistent with 2019, at 68 percent, with results that Gallup describes as "similar among all main demographic groups," including party identification.
地球外のUFOに関心を向けている人々は、米国で実質的に少数派であるものの、アメリカの大多数の人々は、米国の政府が「私達、一般市民に話している以上にUFOについて、知っているだろう。」という意見に合意しています。1996年に行われた世論調査の対象、約71%の人々は、UFOの情報開示を秘密にしている政府がいるかどうかに対し、「いると思う。」という意見に一致しました。その数値は、政党帰属意識を含め、ギャラップ(世論調査を行う企業)が「すべての人口統計で、意見が同様である」と、2019年の68%の評価結果から、現在も引き続いています。

The results are surprising in light of widespread disclosures regarding military UFO programs and the political mainstreaming of the phenomena — including former Senate Majority Leader Harry Reid and Hillary Clinton, who repeatedly advanced the possibility of UFO disclosure during her 2016 presidential campaign. Blockbuster revelations around Pentagon programs tracking UFOs and descriptions from the Navy of multiple UFO intrusions into military airspace don't seem to have moved the needle.
それは、軍隊のUFOプログラム現象の政治的な総合教育について、広範囲に及ぶディスクロージャーを考慮し、実に驚くべき結果です - 2016年の大統領選挙戦の間、UFOディスクロージャーの実行の可能性を推し進めた、元上院議員ハリー・リードや、ヒラリー・クリントンも含まれます。軍隊の領空における、複数のUFOの侵入は、海軍でUFOの概要説明を追跡する国防総省プログラムを囲む大ヒット作の新事実は、針を動かさなかったようです。

Nor has the "Storm Area 51" Facebook meme, which had more than one million people jokingly pledging to "Naruto run" faster than military bullets to free the aliens purportedly held at the classified U.S. Air Force Base in Nevada.
Facebookの文化的情報を持つ「嵐のエリア51」(話しでは、ネバダ州の米国空軍基地でつかまえた宇宙人を解放するよう、「ナルトラン」に軍隊の銃弾よりも速く誓約している人々が、冗談にも100万人以上もいると言われています。)

Meanwhile, actual UFO sightings are slightly higher than in previous polling years, from a low of nine percent in 1978 and 1987, to 2019, with 16 percent of U.S. adults saying they've seen a UFO.
その間、実際のUFO目撃例は前年度よりも少し高くなり、1978年〜1987年の9%という最低水準から、2019年では、UFOを目撃したと語る(米国の成人)人々は16%にもなりました。

Alien


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop