神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年09月09日 [日々の事]

🍄Safe New Mushroom-Based Biopesticides Could Spell the End for GMO Foods.🍴🍄安全な新しいキノコ-バイオ農薬の基盤はGMO(遺伝子組み換え)食品の終わりを意味するかもしれません🍴

🍄Safe New Mushroom-Based Biopesticides Could Spell the End for GMO Foods.🍴
🍄安全な新しいキノコ-バイオ農薬の基盤はGMO(遺伝子組み換え)食品の終わりを意味するかもしれません🍴
https://www.consciouslifestylemag.com/biopesticides-mushroom-based-safe/?fbclid=IwAR2exvPUalNP8Ct_9lMHOpzTYzCZsCS2vvcm9RUar_Z4IKrY1t9sndeKyXE

A new class of safe, natural mushroom-based biopesticides is a very real alternative to health and environment damaging synthetic pesticides currently in widespread use.
Photo: der hannes photocase.com

キノコが基になった、安全で、自然なバイオ農法は、現在の農薬(合成殺虫剤)の広範囲に及ぶ使用から、健康と環境を守る、真の画期的な代案農法です。
写真:der hannes photocase.com


It has been said by some of the wiser among us that if a problem exists, a corresponding solution will also exist to be found in nature. That somehow, some way, this planet we live on is a self-contained, self-regulating, even self-aware system that balances itself continually in response to the evolving species and situations present at any time.
賢明な農法のいくつかに、問題があるなら、その問題の解決策は、事実上見つけるために存在するのだと私達は認識しています。私達が暮らしているこの惑星は、常に存在する発展的ケースや状況に応じ、継続的に自分自身とのバランスを取るためにあり、自己認識的なシステムさえ、何とかして、自己完結、セルフ調節できるものなのです。

Just as we evolve in response to our environment, so too does the living earth respond to inherent and human-made challenges.
ちょうど、私達が私達自身の環境に合わせて進化するように、生きている地球自身も、人為的な挑戦に反応しています。

So, it should come as no surprise then that world-renowned mycologist Paul Stamets has discovered a mushroom-based bio pesticide that is just as effective (if not more so) as synthetic chemical pesticides, without any health or environment-disrupting effects.
そのようなわけで、世界的に有名な細菌学者ポール・スタメッツが、正に健康や環境に分裂作用を与えない、合成化学薬品の殺虫剤(農薬)と同じくらいの効果的な、キノコがベースになった有機のバイオ農薬を発見した事は、別に驚く事ではないでしょう。

In what some are calling “the most disruptive agricultural technology ever witnessed,” Stamets has patented a strain of entomopathogenic fungi (read: insect-killing fungus, commonly referred to as a bio pesticide) known as M. anisopliae that can be specifically engineered to repel over 200,000 different types of insects.
スタメッツは「これまでに発見された、最も破壊的な農業技術」と呼んでいるものの中のいくつかに、20万種類を超える、様々なタイプの昆虫を寄せ付けない「M. anisopliae」という、土壌散布型微生物製剤として知られる昆虫病原性菌類(一般的に有機的バイオ殺虫剤と称される昆虫殺菌類)の特許を取得しました。

Through a process called “sporulation”, the entomopathogenic fungi spores are freeze-dried and subsequently sprayed over entire fields of crops, effectively making them invisible and undesirable for insects, who are evolutionarily wired to avoid such fungi.
「有胞子形成」と呼ばれるプロセスを通し、昆虫病原菌類の胞子は、凍結乾燥し、作物がある全体の場に、薬剤を散布し、実質的には、進化するような形で、昆虫の病原菌を避けるような効果をもたらします。

“Stamets’ has discovered a mushroom-based biopesticide that is just as effective as synthetic chemical pesticides, without any health or environment-disrupting effects.”
「スタメッツは、正に健康や環境に分裂効果も与えず、合成化学薬品の農薬(殺虫剤)と同じくらい効果的な、キノコベースのバイオ農薬を発見しました。」

Traditional synthetic pesticides, on the other hand, have wreaked nothing short of total havoc on the biosphere, humans included. Largely believed to be responsible for the alarming disappearance of the bees, which is threatening to collapse the entire food chain, synthetic chemical pesticides are also strongly related to the sharp rise in autism, cancer, and other life-threatening autoimmune conditions, as they severely disrupt the body’s natural functioning.
伝統的に使用されている合成化学薬品の殺虫剤は、生物圏や、取り入れた人体、全体に、破壊以外の何ものも、もたらしませんでした。主には、驚異的なミツバチの消失(それは食物連鎖全体を崩壊させる恐れがある)に関係し、また、合成化学薬品の農薬(殺虫剤)は、体の自然な機能を激しく混乱させ、また、自閉症や、癌、および他の命にかかわるような、自己免疫疾患と強く関連しています。

Make no mistake about it, pesticides are biological poisons and are being used in greater and greater quantities every year to offset the immunity that insects develop to them over time. It’s a vicious cycle that can’t be solved by further pesticide use and, in fact, is already reaching a zenith as so-called superbugs develop after thousands of successive generations that are basically immune to pesticides altogether.
これ以上、誤った事を繰り返さないよう、努力する必要があります。合成化学薬品による殺虫剤の使用農法は、生物学上の毒であり、昆虫が時間の経過と共に作り上げる彼らの免疫力を破壊させるために、毎年、使用量が増加しています。それは、化学薬品の殺虫剤の使用を続けても、解決できないという事実であり、実のところ、連続的に数千もの世代にわたり、殺虫剤による免疫疾患をもたらす、いわゆるスーパーバッグ(野菜類とポインセチア類に大きな被害を与える害虫)が耐性を持つための頂点に達しています。

Free Enlightened Living Course: Take Your Happiness, Health, Prosperity & Consciousness to the Next Level.
Discover powerful insights and techniques for creating radiant health, happiness, prosperity, peace and flow in your life and relationships.

https://www.consciouslifestylemag.com/biopesticides-mushroom-based-safe/?fbclid=IwAR2exvPUalNP8Ct_9lMHOpzTYzCZsCS2vvcm9RUar_Z4IKrY1t9sndeKyXE
無料の気づきのライフ生活:あなたの幸せ、健康、繁栄&意識を次のレベルにつなげて下さい。強力な洞察は、あなたの人生に、輝く健康、幸せ、繁栄、平和、および流れを作成するよう、その技術を発見して下さい。
https://www.consciouslifestylemag.com/biopesticides-mushroom-based-safe/?fbclid=IwAR2exvPUalNP8Ct_9lMHOpzTYzCZsCS2vvcm9RUar_Z4IKrY1t9sndeKyXE

The rise of pesticide use has also played a large part in the development of highly controversial genetically modified (GMO) crops, which are bred to be resistant to pests and the pesticides used to protect them even further. These GMO foods, as you can imagine, have their share of side effects as well, which include everything from cellular damage to cancer and beyond. The case in point being that the current agricultural paradigm of “playing God” by introducing chemicals into the environment is a train wreck that’s in the process of happening.
合成化学薬品の殺虫剤の使用量の上昇傾向は、議論をもたれる遺伝子組み替えの(GMO)作物(それは、害虫から保護するために使われる殺虫剤の使用)の開発に、大きな役割を果たしました。これらのGMO食品は、想像する通り、それなりの副作用も持っています(細胞の働きに損害を与え、癌をもたらし、それ以上の被害の可能性もあります)。化学薬品を環境に導入し続ける「神様のお遊び」と呼ばれる、現在の農業の方法論は、前進する列車を転倒させる、代表例とも言えます。

However, Stamets’ biopesticide innovation offers a glimmer of hope—implementing nature’s own bioregulation mechanisms on a massive scale to create further harmony and balance rather than the continual disruption propagated by the current agricultural model. Furthermore, only a teaspoonful of the fungus grown on a substrate such as rice—and costing only a few cents to produce—is sufficient to treat an area the size of a house for nearly an entire growing season, Stamets claims. In addition, the M. anisopliae strain and the active compounds it generates don’t appear to be harmful to humans, other mammals, fish, useful insects such as honeybees, or plants.
しかし、現在の農業のモデルによって伝えられた、化学薬品の使用よりも、さらなる調和やバランスを創出するために、スタメッツのバイオ農薬革命は、巨大規模の自然自身のバイオリズムのメカニズムに、希望と光を与えます。さらに、お米のような形で成長した作物から、数セント程度の、茶さじ1杯の菌類だけで、作物生育期間中、家一軒分の範囲をカバーできるとスタメッツは主張します。さらに、生育過程において、「M. anisopliae系統の土壌散布型微生物製剤」や、有機的化合物は、魚や、ミツバチなどの有益な昆虫、植物、そして、人体に害をもたらさないのです。

意識のライフスタイル


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop