神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年09月12日 [日々の事]

📖 Dr. Greer’s paper, “COSMIC DECEPTION: LET THE CITIZEN BEWARE”✒📖グリア博士の論文『宇宙での詐欺:一般市民に用心するようにと伝えて下さい。』✒

📖 Dr. Greer’s paper, “COSMIC DECEPTION: LET THE CITIZEN BEWARE”✒
📖グリア博士の論文『宇宙での詐欺:一般市民に用心するようにと伝えて下さい。』✒

by Steven M. Greer M.D. Copyright 2002.
Click here for the PDF version.

http://siriusdisclosure.com/wp-content/uploads/2013/03/CosmicDeception.pdf
スティーブン・グリア博士 (2002年:転写禁止)
PDF版はこちらをクリックして下さい。

http://siriusdisclosure.com/wp-content/uploads/2013/03/CosmicDeception.pdf

Imagine this. It is the summer of 2001, and someone presents you with a script for a movie or book that tells how a diabolical terrorist plot unfolds wherein both 110 story World Trade Center towers and part of the Pentagon are destroyed by commercial jets hijacked and flown into those structures.
これを想像してみて下さい。2001年の夏、誰かが、映画の台本のように、ワールドトレードセンタービルや、国防総省の一部に、商業用のジェット機を使い、邪悪なテロ計画によって、どのように破壊したり、どのように展開するかという、110個の構成ストーリーを、あなたに強制しているところを…。

Of course you would laugh, and if you were a movie mogul or book editor, reject it out of hand as ridiculous and implausible, even for a fictional novel or movie. After all, how could a commercial jet, being tracked on radar after two jets had already hit the World Trade towers, make it through our air defenses into the most sensitive airspace in the world, and in broad daylight on a crystal clear day, slam into the Pentagon! And this in a country that spends over $1 billion a day to defend itself! Absurd, illogical – nobody would swallow it!
もちろん、あなたは笑うでしょう。そして、あなたが映画製作者の重役や、本の製作者だとしたら、こんなふざけた、信じがたい虚構の小説や、映画を作る事は、即座に断って下さい。しかしこのコマーシャルは、すでに催されたのです。真昼間に、世界で最も影響を与える領空上を、ジェット機はうまく切り抜けて、国際貿易タワーに追突し、国防総省にドシンとぶつかった後、レーダーに追跡されて、どうやって噴射することができたのでしょうか!そして、このストーリーを作った存在自身を守る、1日に10億ドル以上を費やしている国が存在する事を!不合理で、非論理的- 誰もそんな話しを飲んだりしないでしょう!

Unfortunately, there are some of us who have seen these scripts – and of far worse things to come – and we are not laughing.
残念なことに、これらの台本を見た人たちがいます。そしてこれよりも最悪のシナリオも存在します。もはや私達は笑ってはいられないのです。

One of the few silver linings to these recent tragedies is that maybe – just maybe – people will take seriously, however far-fetched it may seem at first, the prospect that a shadowy, para-governmental and transnational entity exists that has kept UFOs secret – and is planning a deception and tragedy that will dwarf the events of 9/11.
これらの最近の悲劇への数少ない光明の一つは、たぶん、もしかしたら、人々が、最初はありそうにないと思えるような、暗い、パラ政治の、そして国境を越えて活動している存在(それがUFOを秘密にしている)について真剣に考え始める事です - そして、9/11の事件を小さな出来事と化してしまう、詐欺と悲劇を現在、計画しています。

The testimony of hundreds of government, military and corporate insiders has established this: That UFOs are real, that some are built by our secret ‘black’ shadowy government projects and some are from extraterrestrial civilizations, and that a group has kept this secret so that the technology behind the UFO can be withheld – until the right time. This technology can – and eventually will – replace the need for oil, gas, coal, ionizing nuclear power, and other centralized and highly destructive energy systems.
数百の政府と、軍隊、および企業の内部の存在による証拠が、これを計画したと証明しました:宇宙船は本当にあり、そのいくつかは、人間による秘密の「ブラック」な影の政府のプロジェクトのものであり、また、いくつかは、地球外文明のもので、それはUFOの基礎となるテクノロジー技術が、一般公開されないように、適切なタイミングで、いくつかのグループが、この秘密を守り通しています。このテクノロジー技術は石油や、ガス、石炭、原子力、および他の集中化する、非常に破壊的なエネルギーシステムの必要性を、フリーエネルギー(経済奴隷から解放するエネルギー)に替える事ができるのです。

This 5 trillion dollar industry – energy and transportation – is currently highly centralized, metered, and lucrative. It is the stuff that runs the entire industrialized world. It is the mother of all special interests. It is not about money as you and I think of it, but about geo-political power – the very centralized power on which the current order in the world runs. The world is kept in a state of roiling wars, endless poverty for most of Earth’s denizens and global environmental ruin, just to prop up this evil world order.
この5兆ドル産業、それはエネルギーとトランスポーテーション。それは現在集中化し、計画されて、非常に儲かるのです。世界全体を工業化しているのです。それは非常に特別な配置にあり、興味深い母体となっています。それはお金についてというよりも地政学上のパワーについてとらえています – 現在の世界が求める、非常に集中化したエネルギー産業を掌握しています。世界は、この悪質な世界秩序を支えるためだけに、戦争を起こし、地球上の多くの貧困状態や、世界的な環境汚染を続けているのです。

As immense as that game is, there is a bigger one: Control through fear. As Wernher von Braun related to Dr. Carol Rosin, his spokesperson for the last 4 years of his life, a maniacal machine – the military, industrial, intelligence, laboratory complex – would go from Cold War, to Rogue Nations, to Global Terrorism (the stage we find ourselves at today), to the ultimate trump card: A hoaxed threat from space.
このゲームの大きさと同じくらい巨大なものがあります:恐怖を通してコントロールするもの。ヴェルナー・フォン・ブラウンが、キャロル・ロジン博士(彼の人生の最後の4年間のスポークスマンを務めた方)と関係した時、軍隊や企業産業、熱狂的なマシンインテリジェンス、および研究所が、冷戦から続く国家をターゲットにして、世界的テロを通し、究極の切り札として、宇宙からの偽旗作戦詐欺の脅威を演出すると言いました。

To justify eventually spending trillions of dollars on space weapons, the world would be deceived about a threat from outer space, thus uniting the world in fear, in militarism, and in war.
宇宙兵器に数兆ドルを使うのを正当化するために、世界は、宇宙空間からやってくる(と演出された)脅威に、ついて騙され、恐怖に怯え、軍国主義によって、戦争という題目で、世界を結合させるでしょう。

Since 1992 I have seen this script unveiled to me by at least a dozen well-placed insiders. Of course, initially I laughed, thinking this just too absurd and far-fetched. Dr. Rosin gave her testimony to the Disclosure Project before 9/11. And yet others told me explicitly that things that looked like UFOs but that are built and under the control of deeply secretive ‘black’ projects, were being used to simulate – hoax – ET-appearing events, including some abductions and cattle mutilations, to sow the early seeds of cultural fear regarding life in outer space. And that at some point after global terrorism, events would unfold that would utilize the now-revealed Alien Reproduction Vehicles (ARVs, or reversed-engineered UFOs made by humans by studying actual ET craft – see the book “Disclosure” by the same author) to hoax an attack on Earth.

1992年以来、私はこの台本を、内部の人間から、少なくとも1ダース以上公開されたのを見届けました。もちろん、私は当初、これを見た時は、あまりにも不合理で、ありえないと考え、笑ってしまいました。ロジン博士は9.11事件の前に、ディスクロージャープロジェクトで、私達に証言を与えてくれた人です。その他、深い秘密主義の極秘プロジェクトのコントロール下では、UFOのように見せかけた物により、宇宙空間で、恐怖の種をまくために、いくつかの誘拐演技や、キャトル・ミューティレーションを含む、ETイベントをシミュレーションするデマ工作をした事を明確に私に説明してくれました。そして、世界的テロの後、ある時点で、その悪質なイベントを広範囲にする「地球への攻撃」を演じるために、現在、地球外の存在たちの乗り物を再生した物(実際のETテクノロジーを学習し、人間によって作られたARV、または再生されたUFO:詳しくは「ディスクロージャー」をご覧下さい)を利用するでしょう。

Like the movie “Independence Day”, an attempt to unite the world through militarism would unfold using ET as the new cosmic scapegoat (think Jews during the Third Reich).
映画「独立記念日(インデペンデンスデイ)」のように、軍国主義を通し、世界を結合させる試みは、ETを、新しい宇宙のスケープゴート(第三帝国のユダヤ人を参照)にして、展開されるでしょう。

None of this is new to me or other insiders. The report from Iron Mountain, NY, written in the 1960s, described the need to demonize life in outer space so we could have a new enemy. An enemy off-planet that could unite humans (in fear and war) and that would prove to be the ultimate prop for the trillion dollar military industrial complex that conservative Republican President and five star general Eisenhower warned us about in 1961 (no one was listening then, either…).
私も内部の人間も、これに関して初心者レベルではありません。私達が新しい敵を作れるように、1960年代に書かれたアイアン・マウンテン、NYからのリポートは、宇宙空間でETを悪魔化する必要性を説明しました。(恐怖と戦争で)人は団結させることができ、保守的な共和党の大統領や、5つ星の花形将軍アイゼンハワー大統領が、1961年、1兆ドルの軍隊産業複合体のための究極の支柱になるであろう「敵(惑星外の存在)」について、私達にそれを警告しました。(当時は、誰もその話しを信じませんでしたが…。)

So here is the post-9/11 script – one that will be played out unless enough people are informed and the plan can be foiled because they will be unable to fool a sufficient number of citizens and leaders:
さて、ここに9.11の台本があります。十分な人々がこの話しを知る事が出来ず、十分な数の一般市民や、リーダーたちが騙され、計画が挫かれない限りは、この台本の内容は、最後まで実行される可能性があります:

After a period of terrorism – a period during which the detonation of nuclear devices will be threatened and possibly actuated, thus justifying expanding the weaponization of space – an effort will ramp up to present the public with information about a threat from outer space. Not just asteroids hitting the Earth, but other threats. An extraterrestrial threat.
核を使ったテロ攻撃の話しに脅かされ、場合によっては実行され、それに伴い、合法的に宇宙兵器の拡張が正当化される時、宇宙空間から訪れる脅威の情報を公開するために、私達は立ち上がるでしょう。地球に当たる小惑星だけでなく、他の多くのものも、それが地球外の脅威なのだと…。

Over the past 40 years, UFOlogy, as it is called, combined with a mighty media machine, has increasingly demonized ETs via fearsome movies like “Independence Day”, and pseudo-science that presents alien kidnappings and abuse as a fact (in some circles) of modern life. That some humans have had contact with ETs I have no doubt; that the real ET contact has been subsumed in an ocean of hoaxed accounts I am certain.
ここ40年間、UFO学は、強力なメディアマシンと結合され、ますます映画「独立記念日(インデペンデンスデイ)」のような、恐ろしい映画経由のETや、現代生活に見られる事実(いくつかのサークル)を経由し、偽造科学による悪魔化や、宇宙人の誘拐、そして、そういった偽造話しが乱用されています。何人かの人は、私が知っているETとのコンタクトがありました;包囲された所で、本当のETコンタクトが違う話しにされてしまったのだと私は確信しています。

That is, real ET events are seldom reported out to the public. The Machine ensures that the hoaxed, frightening and intrinsically xenophobic accounts are the ones seen and read by millions. This mental conditioning to fear ET has been subtly reinforced for decades, in preparation for future deceptions. Deceptions that will make 9/11 look trivial.
つまり、本当のETの活動については、めったに一般大衆に報告されません。本当のETについての話しを包囲するための機器は、ET恐怖症の人々を作るために使われ、その演出や本は、数百万によって見られたり、読まれたりした事を保証します。ETを恐れるこの精神面でのコントロールは、未来の実行予定の詐欺の準備のためのものであり、数十年間、非常に上手に補強され、9.11の詐欺事件さえ、些細に思えるスケールです。

I write this now because I have recently been contacted by several highly placed media and intelligence sources that have made it clear to me that hoaxed events and story-lines are imminent that will attempt to further ramp up the fear machine regarding UFOs and ETs. After all, to have an enemy, you must make the people hate and fear a person, a group of people, or in this case an entire category of beings.
私が、最近、この偽造ストーリーの展開が差し迫っていることを、有名なメディアや、情報媒体から連絡を受けたため、私は現在これを書いています(UFOとETについて、さらに嫌気と恐怖心を抱かせるでしょう)。結局、敵を作るために、あなたは人々やグループ、人間や動物全体に対して憎悪を感じたり、恐怖を覚えなければならなくなります。

To be clear: the maniacal covert programs controlling UFO secrecy, ARVs and related technologies – including those technologies that can simulate ET events, ET abductions and the like – plan to hijack Disclosure, spin it into the fire of fear, and roll out events that will eventually present ETs as a new enemy. Do not be deceived.
ハッキリさせるために:秘密のUFO関係の組織、ARV、およびその関連テクノロジー技術、ETの活動、ETの誘拐、そのようなものをシミュレーションすることができる、彼らのテクノロジーを駆使する熱狂的プログラムは、ディスクロージャーをハイジャックし、それを恐怖の火の中に投げ入れ、結局、新しい敵として、ETを見せるためのイベントを広める計画を実行しています。どうか騙されないで下さい。

This hogwash, already the stuff of countless books, videos, movies, documentaries and the like, will attempt to glom onto the facts, evidence and first-hand insider testimony of The Disclosure Project, and on its coattails, deliver to the world the cosmic deception that falsely portrays ETs as a threat from space. Do not be deceived.
この残飯のような無数の本や、ビデオ、映画、ドキュメンタリー等は、事実を手に入れようとやっきになっており、ディスクロージャープロジェクトや、その証拠や、直接関わる内部の証言が作り変えられ、宇宙からの脅威として、ETを描く、宇宙のまやかし物を、世界に伝達します。どうか騙されないで下さい。

By commingling fact with fiction, and by hoaxing UFO events that can look terrifying, the Plan is to eventually create a new, sustainable, off-planet enemy. And who will be the wiser?
事実を、恐ろしく見せる事ができるUFOイベントをかつぐことによって混合し、そうする事で、この計画は、結局、持続可能となり、惑星外の敵を作成します。その結果、誰が最も賢明な判断を取るでしょうか?

You will. Because now you know that after 60 years, trillions of dollars and the best scientific minds in the world pressed into action, a secretive, shadowy group – a government within the government and at once fully outside the government as we know it – has mastered the technologies, the art of deception, and the capability to launch an attack on Earth and make it look like ETs did it. In 1997, I brought a man to Washington to brief members of Congress and others about this plan. Our entire team at the time met this man. He had been present at planning sessions when ARVs – things built by Lockheed, Northrup, et al, and housed in secretive locations around the world – would be used to simulate an attack on certain assets, making leaders and citizens alike believe that there was a threat from space, when there is none. (Before he could testify, his handlers spirited him away to a secret location in Virginia until the briefing was over…) Sound familiar? Wernher von Braun warned of such a hoax, as a pretext for putting war in space. And many others have warned of the same.

あなたはやれるでしょう。現在の60年後、数兆ドルが使われ、世界で最も優れた科学的思考が、私達の行動様式に入った事をあなたは知っています。私達が知っている政府の「情報外の政府」に存在する「秘密主義の隠れたグループ」は、テクノロジーや、芸術的詐欺、および地球への攻撃をスタートし、ETがそれをしたように見えかける機能をマスターしました。1997年、この計画についての議会のメンバーについて、概要説明するため、私はワシントンにある人物を連れて来ました。その時、私達のチーム全体が、この人物と会ったのです。ARV…ロッキード、ノースラップ、その他によって築かれた、世界中の秘密主義の位置に収納された物が、一定の資産の攻撃をシミュレーションし、ある国のリーダーや一般市民に、宇宙からの脅威があったと信じさせるための、計画セッションというものがあり、彼はそれに出席したのです。
(彼が、その全体像の証言説明を終える前に、彼のハンドラは、バージニアの秘密の場所に彼を誘拐しました…)いつもの事のように思えますか?戦争をスペースに放り込む事に関し、ヴェルナー・フォン・ブラウンは、こういったデマを警告し、その他大勢も同じ事を警告したのです。


Space based weapons are already in place – part of a secret parallel space program that has been operating since the 1960s. ARVs are built and ready to go (see the book “Disclosure” and the chapter with the testimony of Mark McCandlish, et al). Space holographic deception technologies are in place, tested and ready to fire. And the Big Media is a pawn, now taking dictation from the right hand of the king.

宇宙の武器は、既に、適所に置かれ、配置されています - 1960年代以降、秘密の宇宙計画の一部は、作動しています。ARVは作られ(著書「ディスクロージャー」や、マーク・マック・キャンディッシュの証言のある章その他参照)、用意が整っています。宇宙のホログラフィックな詐欺技術は、テスト済であり、実行準備が完了し、適所に配置されているのです。そして、巨大メディアは人質となり、今、王の号令合図を受けています。

I know this all sounds like science fiction. Absurd. Impossible. Just like 9/11 would have sounded before 9/11. But the unthinkable happened and may happen again, unless we are vigilant.
私は、このすべてがSF小説のように聞こえ事を理解しています。不合理で、実行不可能だと思われるでしょう。ちょうど、9.11が、9月11日に起きたように。しかし、私達が用心深くならない限り、想像もできないような事態が、再び起こるかもしれません。

Combine all of this with the current atmosphere of fear and manipulation and there is a real risk of suspending our collective judgment and our constitution.
こういった情報操作や、好ましくないストーリーは、現在の私達の集合的な判断や、生活構成を留めてしまうリスクが本当にあります。

But know this: If there was a threat from outer space, we would have known about it as soon as humans started exploding nuclear weapons and going into space with manned travel. That we are still breathing the free air of Earth, given the galacticly stupid and reckless actions of an out of control, illegal, secret group, is abundant testimony to the restraint and peaceful intentions of these visitors. The threat is wholly human. And it is we who must address this threat, rein it in and transform the current situation of war, destruction and secret manipulation to one of true Disclosure and an era of sustained peace.
しかし、心にとどめて下さい:宇宙からの脅威があったとするならば、人間が核兵器を爆発させたり、宇宙旅行で宇宙に入り始めた時、同時に、その事に気づいていただろう。しかし私達は現在、自由に空気を吸って生きています。宇宙空間に入った、コントロール不能状態の、違法で愚かな秘密のグループの無謀な行動は、地球外の文明にいる存在たちの平和的意図の制御の下にあります。「脅威」とは、正に人間(企業や秘密の政府など)によるものです。そして、この脅威に対処するため、これらを抑制し、真実のディスクロージャーを行い、持続的で平和的時代から、現在実行中の、戦争や、破壊、および秘密の組織による情報操作が続く、現在の状況を、何とか変換しなければならないのは私達なのです。

War in space, to replace war on Earth, is not evolution, but cosmic madness. A world thus united in fear is worse than one divided by ignorance. It is now time for the great leap into the future, a leap that moves us out of fear and ignorance and into an unbroken era of universal peace. Know that this is our destiny. And it will be ours just as soon as we choose it.
戦争を地球で続け、宇宙で戦争を起こすのは、発展的なのではなく、ただの宇宙の狂気に他なりません。恐怖に基づき、結合した世界は、無知によって分割された世界よりも、更に性質の悪いものです。将来、私達は、恐怖や無知から離れ、宇宙的な平和という無傷な時代へと、現在、大きく飛躍する時なのです。これが私達の運命であると知って下さい。そして、それは、私達がまさにそれを選ぶと同時に、私達のものになるでしょう。

Steven M. Greer M.D.
スティーブン・グリア博士。
Story


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop