神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年10月13日 [日々の事]

📖Dr. Greer's paper: "ETs and the New Cosmology"✒📖グリア博士の論文『ETと新しい宇宙論』

Explore Dr. Greer's free papers and workshops to better understand the ideas that will be presented in the upcoming film
From Dr. Steven Greer.

https://siriusdisclosure.com/
次回の新作映画「CE-5」の内容をもっと理解するために、グリア博士の論文や、ワークショップを探究して下さい。
スティーブン・グリア博士から.

https://siriusdisclosure.com/

The premiere and film release will be Monday April 6, 2020💛
Those of you who have given $500 or more will have 2 VIP seats reserved for you💛
We will offer the rest of the seats for sale in early February.
Thank you all for your support and your patience.
Contribute to the crowdfunding:

https://ce5film.com/
初日初公開のプレミアは2020年4月6日(月)です💛
500ドル以上の寄付を与えて下さった方の2席だけ、VIP座をご用意致します💛
2月初旬に締め切ります。いつもサポートをして下さってありがとうございます。
クラウドファンディングへの寄付。

https://ce5film.com/
日本からはお買い物で応援♪
https://sirius-disclosure.myshopify.com/

If you're eager for a preview of some of the content for our upcoming film, look no further than Dr. Greer's papers and workshops, available on our website and YouTube. One of our main goals with the next film is to share the depth of the ET contact experience with a large audience. As such, support for this film has never been more important.
次回の新作映画の内容に関して、他者の感想を読みたいと思った方は、グリア博士のウェブサイトや、YouTube等で、様々な情報をご覧下さい。次の映画の主なゴールの1つは、一般の人々と「ETコンタクトの経験」をシェアする事であり、この映画のサポートは、そのために、非常に重要なものになります。

Papers Website(グリア博士の多くの論文のウェブサイト):
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/
you-tube
https://www.youtube.com/drstevengreer55

Topics that will be covered in the film:
•CE-5 contact techniques that demonstrate the amazing evidence of ET contact as never seen before!
•The many ways in which the ET presence manifests at CE5 events.
•The connection between consciousness and space, time and matter.
•The nature of consciousness as an unbounded field of awareness that transcends the limits of space, time and matter — and yet is fully present in every point of space and time. This infinite field of consciousness is present within every awake, sentient being — human and ET.

次の新作映画で紹介される内容:
•今まで決して見られなかった、ETたちの存在の驚くべき証拠を示すCE5コンタクト・テクニックのつながり!
•ETの存在がCE5活動で明らかにされる、いくつかの方法。
•意識と空間、時間、および物理的次元とのつながり。
•空間、時間、および物理限界を超越する自覚(意識・認識)の限りないフィールドとしての性質—それは、空間と時間のあらゆる点に完全につながっています。意識による無限の場は、あらゆる目覚めの感覚を内在させています。そして、人間とETの中にもそれが存在します。


•How ET electromagnetic communications systems interface with our consciousness and coherent thought in such a way that any human with a peaceful, sincere intent can make Contact. NOW!
•Remote viewing — a way to perceive non-local events and places.
•Scientific evidence that proves that Mind-Consciousness is not limited to your body or brain but is a seamless field of awareness that connects all times, places and matter.

•平和で、誠実な意思を持つあらゆる人々が、今、どのようにコンタクトをする事が出来るのか、そしてETたちの電磁波通信システムは、私達の意識や思考と、どのようにインタフェースするのか!
•遠隔透視−異次元間とのシームレスな出来事が起きている場に気づく方法。
•精神面での意識を証明するための、科学的な証拠は、あなたの体や脳に制限されませんが、あらゆる時間や場所、および問題とつながる、シームレスな意識のフィールド(場)を作っています。

•How 1% of the population meditating and making peaceful contact can cause a "phase transition" shift that transforms the entire planet and moves humanity onto a peaceful future that is Interstellar.
•How deceptive events are created by shadowy, Unacknowledged Special Access Projects in the military and intelligence community to create public fear and division among humans regarding the ET presence.

•平和なコンタクトを望み、実践している世界人口の約1%の人々が、どのように惑星全体を変え、この惑星の平和な未来のタイムラインに、「相転移」のシフトを平和的な転換において、どのように起こす事が出来るのか。
•地球上での欺瞞的な(悪意の)イベント活動は、一般の人々に、E Tの存在が「良くない存在」だという、「不安」を、どのように引き起こしているのか。それは軍隊や情報機関関係者の中にいる、暗い、非認可の特別アクセスプロジェクトによって作成されています。


Related content: Dr. Greer's Petaluma, CA workshop (video)
https://www.youtube.com/watch?v=stWjS8ME1U8
関連内容:グリア博士のペタルマ、CAワークショップ(ビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=stWjS8ME1U8

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Dr. Greer's paper: "ETs and the New Cosmology"

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/extraterrestrials/
グリア博士の論文:「ETと新しい宇宙論」

by Steven M. Greer, M.D.
Copyright 1995

スティーブン・M・グリア博士
転写禁止1995年


The universe is teeming with intelligent life. In fact, the universe itself is intelligent and alive. The multiplicity of life in the universe, while diverse, is essentially a singularity; beyond division, it exists in the unitive state, a marvelous, conscious Oneness. All that there is exists in its true nature as pure, undifferentiated, eternal Mind. And yet from the awareness of that which is relative, we find inner and outer, mind and body, good and evil, oneness and separation. Truth is often born from the contemplation of these paradoxes; both perspectives are true, but are dependent on the level of awareness of the observer.

宇宙は知的生命体で満ちあふれています。実のところ、宇宙自身は知的で、生きた生命体なのです。宇宙の生命の多様性は、非常に多様である一方、本質的に特異性も有しています。それは超越的でもあり、統轄的な状態(信じられないほど、1つの意識的な状態)において存在しています。すべてが純粋で、分離していない状態で、永遠の精神(霊性)として、また、真の自然な状態として存在しています。しかしながら、私達は相対的な認識を持ち、内側と外側(心と体、善と悪、ワンネスと分離)を、錯覚して見てしまいます。真実とは、このような相反する思想の熟視から、時々生まれる事もあるものです;双方の思想や見方はそれぞれ真実でありながらも、観察側の自覚レベルに依存しているものです。

As we ponder the universe and a new cosmology which accounts for the existence of advanced non-human life forms, the lesson of the paradox will visit us over and over again. But if we look intently with the eye of oneness, perhaps the cosmos will offer up a few of its mysteries.
私達が、人間以外の高度な生命体の存在を含む宇宙や、新しい宇宙論を考える時、相反する逆説的な思想のレッスンは、何度も何度も私達の頭の中を遮ります。しかし、私達が「1つの存在」という目線に立ち、眺めるなら、おそらく宇宙はその神秘の真の姿を私達に垣間見せる事ができるでしょう。

Cosmological Confusion. This term best describes what happens when 20th century humans are confronted with the existence of advanced extraterrestrial life forms. For not only are these beings not human, they possess technologies which are inherently mystifying to us. It is unlikely that a people capable of interstellar travel will be using microwave signals for communication, or fossil or nuclear fuels for propulsion. Since a hologram or laser would appear magical to a human 200 years ago, a large measure of scientific and cosmological humility and patience will be needed for us to begin to understand these civilizations, their technology, and most importantly, the lessons on the nature of reality we may learn from them. Moreover, the co-existence of a non-linear, non-local and transcendental universe with the so-called ‘physical universe’ must not only be factored into our understanding of cosmology in general, but of the manifestations of advanced extraterrestrial people in particular.
宇宙論が混乱する中。20世紀の人々が、高度な地球外知的生命体の存在に直面した時、そこには何があるのかについて、この言葉では、最もベストな形で述べています。ただ、これらは「人」も「生き物」でもないため、彼らは私達が理解不能なほどの(超高度な)テクノロジーを所有しています。他惑星の恒星間旅行が可能である種族が、コンタクトのために、マイクロ波のシグナルや、化石燃料や、核燃料を使っている可能性は、まず、ありえないでしょう。200年前、ホログラムやレーザーシステムが、私達にとって魔法のように思えていました。しかし私達が科学や宇宙論を大きく進歩させるには、地球外の文明や、彼らのテクノロジー、および最も重要である、彼らから学ぶべき「本当の現実の性質(叡智)」のレッスンを理解し始める事が必要不可欠でしょう。さらに言えば、いわゆる『自然界』における、シームレスな場にある、超越的な宇宙の共存者たちは、私達が、一般的な宇宙論だけではなく、全体的な宇宙論を理解し、高度な地球外の人々の表明についても理解しなければならない事を考慮しなければなりません。

Biological life forms, us and extraterrestrials, possess both mind and body, we each manifest a reality which is both physical and spiritual, linear and non-local, fixed in time and space yet simultaneously transcendent. And what happens when science and technology find the point of communication between the hard physical and the unitive state of mind? It would be truly confounding to both the modern physicist and the modern philosopher or theologian. For such a quantum leap in the understanding of the universe would bring into close relation the separately held realms of science and spirituality, mind and matter, body and spirit.
私達と、地球外知的生命体の生物学的生命形態は、双方において精神を有するボディでもあります。私達はそれぞれ物質的でありながら、精神的である現実を明らかに理解しています。そして、周囲との線引きをしながらも、実は非局所的(ノンローカル)な存在で、時間や空間にとらわれながらも、現実世界をそれぞれ認識しています。そして、科学的なテクノロジーが、難しい言われる健康問題や、結合的な精神状態にある、コミュニケーション・ポイントを発見するなら、何が起こるでしょうか?まず、現代の物理学者や哲学者、そして神学者たちが本当に混乱するかもしれません。宇宙の理解におけるそのような大躍進を遂げるために、科学と精神、心と肉体のそれぞれにある領域には、密接な関係がある領域があるというのは重要な事です。

When you factor into this perplexing situation the existence of non-physical intelligent beings who, while not possessing a physical body, are nevertheless intelligent, sentient, and to a certain extent capable of interacting with biological humans and biological extraterrestrials. The tendency in the popular culture is to dismiss such beings as figments of one’s imagination, to belong to a primitive belief system, or to lump all such beings, whether human, extraterrestrial or purely non-biological, into a veritable smorgasbord of undifferentiated ‘entities’.
物理的な肉体を持たない状態でも、知性や感覚を持つ、地球外知的生命体たちと相互作用する事が可能だと理解し、あなたがその事を理解するために、その複雑な状態を細かく分析しようとする時、一般市民の文化傾向には、地球外知的生命体が、人かどうかに関わらず、原始的な信念システムに依存し、すべての生命体を、ひとまとめにして、空想の存在のように考える傾向があり、それは地球外の存在であろうとなかろうと、バイキング料理の中に見られる、未分類の「無機質の実態」のようなものにすりかえられる傾向があります。

It is obvious that the risk of profound cosmological confusion rises exponentially as the multiplicity of intelligent life forms is contemplated. A new cosmology is needed if we are to understand the universe around us.
知的生命体形の多様性が考えられる時、宇宙論に存在する、深い部分での混乱のリスクが、右肩上がりで増える事は明らかです。私達は自身の周囲にある宇宙を理解するためには、新しい宇宙論が必要なのです。

In the civilian UFO community, there is much confusion over the nature of the objects and life forms which are moving about in our time/space reality. On the one hand, we find indisputable physical manifestations, such as crashed spacecraft, radar returns, verified photos and videotapes, metal samples, and ‘flesh and blood’ biological extraterrestrial life forms. Yet on the other hand we find multiple accounts of non-linear manifestations of these same objects and beings: telepathic communication, lucid dreams, mind-matter interactions, remote viewing, bilocation, levitation and others. No objective student of the extraterrestrial phenomenon can ignore these numerous and widespread manifestations. Yet our acceptance of these manifestations really requires that we re-think our entire understanding of ‘reality’.
民間のUFOコミュニティでは、私達の時間と空間の現実で動き回る、オブジェクトや生物形態の性質について、多くの混乱があります。一方で私達は、生物学的な地球外知的生命体たちが作った壊れた宇宙船や、レーダー反応、証拠写真、およびビデオテープや、金属のサンプル、そして『実際の宇宙人たちの肉体』など、明白な物理的証拠を見つけています。それでも、一方で私達は、線を引いて分ける事ができない、これらと同じ種類のオブジェクトや、生命体たちの多くの報告を見つけています:テレパシー的なコミュニケーションや、明晰夢、心と物質的なつながり、遠隔透視、バイロケーション(同時的両所現象)、空中浮揚など。地球外の現象に対する、客観的な学びでは、こういった多くの、広範囲に及ぶ兆候は無視する事はできませんが、これらに対する私達の受容には、私達が義務として、『現実』についての完全な理解を得る事が必要不可欠です。

Some of the advanced technologies and capabilities of extraterrestrial civilizations, especially those interfacing with mind and thought, can appear in ways very similar to so- called ‘astral’ or spirit beings. In fact, the manifestations can be so similar as to lead many to say that the originating beings are one and the same. Not true. Not all that glitters is gold, and similarity of manifestation does not equate to sameness of origin.
地球外文明(特に精神と思考と相互作用している彼ら)の先端テクノロジーとその機能のいくつかは、『星(惑星)』に類似するかのように、生き物を励ます事も出来ます。実際に、その徴候は、多くの生き物が、みんな起源が同じで1つであると伝えているように感じる事さえありますが、それは真実ではなく、例えば、輝くものが全てゴールドだというわけではないのと同じです。それぞれの徴候の類似性は、起源が同じではないのです。

Add to all of this the fact that certain adept humans can manifest abilities which are extremely similar to both extraterrestrial and ‘astral’ beings.

熟練した特定の人間が、地球外で『アストラル』の存在と、非常に類似する能力を表す事が出来るという事実も、この話しに加えておきましょう。

Finally, let us add one more factor into all of this. Covert military and paramilitary human groups which have developed both the technologies and innate mental abilities approximating those of both the extraterrestrial civilizations and the non-biological spirit beings.
最後に、もう一つ、真実の話しを加えておきましょう。地球外文明と、非生物学的な心ある生き物に近づくほどのテクノロジーと先天的な情報収集力の両方を開発した、隠れた軍隊や準軍事的な人間のグループも存在します。

The universe is a big, complex place. But it need not be overly difficult to understand. Its comprehension is aided by first utilizing a few simple principles and concepts. This task recalls the ancient Sufi saying, “knowledge is a single point, but the foolish have multiplied it”!
宇宙は大きく、複雑な場所です。しかしそれを理解するために、難しく考える必要はありません。最初に少しだけ、単純な原理と概念を利用する事で理解しやすくなります。このワークは、古代スーフィー教の人々が『智慧(知識)とは1つのポイントです。しかし愚か者は、それを倍増させてしまう。』と言ったのを思い出します!(※意味:ややこしくしてしまうという意味)

CORE PRINCIPLES OF THE NEW COSMOLOGY.

新しい宇宙論の中心的な原理原則。

•Linear, relative reality and non-local, non-linear reality both simultaneously exist as Reality. Their perception and understanding is wholly dependent on the level of consciousness of the observer. Even physical matter has an aspect of its nature which is non-local, transcendent and conscious.
分離的で、相対的な現実と、非局所的で、分離のない現実は、同時にこの現実として存在しています。その認識と理解は、観察者の意識のレベルに依存しています。物質的な問題さえも、非局所的で、超越したものであり、意識のある超自然的な側面を持っています。

•Conscious, intelligent biological life forms, whether on earth or from some other planet, have physical realities as well as spiritual realities. Pure mind, or unbounded consciousness, is innate to all such life forms. It is the ultimate highest common denominator which all life shares.
意識的で、知的な生命体は、地球上、あるいは他の惑星の存在かどうかに関わらず、精神性のある現実と同様に、物質的な現実も持っています。純粋で清らかな心や意識は、すべての生命体に先天的に備わっているものです。すべての生命が共有するのは、最終的に、最も高い公分母(共通認識)なのです。

•Beings which do not have biological bodies (so-called astral or spirit beings) are also conscious, intelligent entities, and as such can interact with other conscious life forms, both biological and otherwise. On rare occasions they can even effect a physical manifestation. Once again, the highest common denominator linking these beings with other life forms is unbounded consciousness, or non-local mind.
・生物学的なボディ(いわゆるアストラル体、または心ある生命)を持たない、意識的で、知的な存在でさえも、他の様々な意識的な生命体と相互作用する事が出来ます。彼らは、まれに物質次元での徴候を生じさせる事さえ出来るのです。もう一度、これらの生き物を他の生命体と結び付けている最も高い公分母は限りない意識または非局所的な精神です。ここで改めて、これらの存在と他の生物形態を関連づけている最も高い公分母(共通認識)とは、限りない意識または非局所的な(分離のない)心だと言えます。

•The universe consists of both linear and non-linear, or transcendent, aspects which, while seeming paradoxical, simultaneously exist at every point in time/space and non- time/space. From this standpoint, every point in time and space exists in every other point in time and space, through the quality of non-locality.
・宇宙は、相反する分離とワンネスから成り立ち、逆説的に見えながらも、どちらもあらゆる時間/空間と、時間を超越した世界/空間に、同時に存在しています。この見地から眺めると、時間と空間のあらゆるポイントは、非局所性の品質を通し、時間と空間のあらゆる点に存在しています。

•The concept of God, or of a Universal, All-Knowing Being, is enhanced and magnified, not diminished, by the recognition of the vast multiplicity, infinite diversity and limitless scope of life in the cosmos.
・神、又はユニバーサル(全知の存在)という概念は、減少するのではなく、広大で無限な多様性、およびコスモスの中の命の、果てしなく広い認識によって、拡大されるのです。

So how does intelligent life in the universe actually manifest? While keeping the above concepts in mind, let’s review this diversity of life and how we our inner and outer senses may perceive them.
それで、どのように宇宙の知的生命体は実際に現れるのか?上記の概念を覚えている間、生命とこの多様性を概説しましょう、私達は内側および外側の感覚で、彼らに気づく事が出来るかもしれません。

CATEGORIES OF INTELLIGENT LIFE FORMS.

知的生命体形のカテゴリー。

BIOLOGICAL: TYPES.
生物学的:タイプ。

•Humans – Intelligent, higher life form existing initially in a biological body and native to earth.
・人間 –生物学的ボディの中に始めに存在する、地球に自生している知的な高等生物形態。

•Extraterrestrial Life Forms – Intelligent, higher life forms existing initially in a biological body and native to various planets other than earth.
・地球外生命体 - 聡明で、高等な生命体は、地球以外の様々な惑星にも、生物学的なボディの中に存在し、形を成しています。

•Planetary Life Forms – Non-anthropomorphic intelligent beings identified with an entire planetary body; for example, the earth as Gaia. Other planetary, solar and galactic bodies are thought to be individual conscious organisms as well.
・惑星の生命体 -非擬人化した知的な存在は、惑星全体と自分自身を同一視しています;例えばガイアとしての地球などです。他の惑星、太陽、および銀河のボディは、個々の意識的な有機体でもあると考えられます。

•Other Biological Life Forms – On earth, cetaceans are highly intelligent yet non-human; theoretically, other planets may possess corollaries.
・他の生物学的な生命体 - 地球の上で、クジラ等の類は、非常に知的であるが、人間ではありません:理論的には、他の惑星は、当然の結果を持っています。

BIOLOGICAL: MANIFESTATIONS/PRESENTATIONS.

生物学的な:現れ/プレゼンテーション。

(This listing describes how biological intelligent life forms may present or be perceived by both inner and outer senses)
(このリストは、生物学的な知的生命体形がどのように現れるか、内部と外部的な感覚によって認識されている可能性を記述します)

•Physically – In physical bodily form, with or without spacecraft

・物理的に - 物質的なボディを持って、宇宙船が現れるかどうかに関わらず

・Technologically – Via radio, TV, and advanced ET technology involving technological interface with mind/thought
・技術的に - 精神/思考によってテクノロジーとインタフェースするラジオや、テレビ、および高度なETテクノロジーを経由する

•Mentally – Via telepathy, lucid dreams, or other direct mind interface
精神的に - テレパシーや、明晰夢、または他の直接的な精神のインタフェースを経由する

•Astral Body Projection – The presentation of a human, ET or other biological life form in its subtle, non-biological component, which may be perceived by another biological life form in waking or dream state.

・天体投射 - 人間のプレゼンテーション、ET、または他の生物学的な生命体は、微妙な形で、非生物学的なコンポーネントの中で形を成します。それは、起きている時に、他の生物学的な生命体や、明晰夢によって認識されるかもしれません)。

•Causal or Thought Body Presentation – The perception of another biological thought form in its most subtle individual aspect, the thought essence ‘body’, which may be projected without either biological or astral body components.
・原因となる思考のボディ表現 - 生物学的もう一つの認識は、その最も微妙な個々の面(思考と知覚の『体』)で、かたどられ、生物学的か、アストラルボディの構成要素を持たず、形成される場合もあります。

•Pure Mind/One Mind – The ultimate state of oneness. Any and every conscious life form is essential non-local, pure unbounded mind and may be so perceived.

・純粋なマインド/ワンネスの精神 - 極限状態。
あらゆる意識を持つ生命体は、重要な非局所面で、純粋で限りない精神をもって、認識されるかもしれません。


TYPES OF EXPERIENCES AND ABILITIES OF BIOLOGICAL LIFE FORMS:

体験のタイプと生物学的な生命体の能力:

•Physical Senses – Sight, Hearing, Smell, Touch, Taste

・物質的な感覚 -視力、聴力、嗅覚、感触、味覚

•Physical Capabilities – Movement/motion, etc.with/without technology
・身体的な能力 - テクノロジーを用いずに動く/運動など

•Mental Abilities (Traditional) – Thought, ideation, creativity, visualization, memory, sensory perception and recognition, others.
・精神的な能力(伝統的な))- 思考、観念化、創造性、視覚化、記憶、感覚的知覚と認知、他。

・Non-Local Mental Abilities (Non-Traditional) – These involve recognition and utilization of the non-local aspects of both mind and matter:
・非局所的な情報収集(伝統的ではない) - これらは精神と問題の両方の非局所的な面の認識と活用に関係しています:

•Telepathy – The ability to send and/or receive thought from one being to another.

・テレパシー – 送る能力、/または受け取る能力は、他の生命体からのものです。

•Precognition – The ability of any intelligent higher life form capable of being aware of awareness to access via non-local mind probable events of the future.
予知能力 - 非局所的な精神経由で、可能性のある未来の出来事にアクセスする力は、どのような知的で高等な生命体の能力にもある。

・‘Postcognition’ – The ability to perceive via non-local mind distant past events not personally experienced by the perceiver. Non-local mind can access past as well as future points in the time/space linear continuum.

・受け手の認識力とは – 個人的に非局所的な精神を通して、離れた過去の出来事を経て、感知する事で経験する、気づきの力。非局所的な精神は、過去にアクセスすることができると同時に、未来の時間/空間に、ライン状の連続体を示します。

•Remote Viewing (or Remote Sensing) – Here defined as the ability to see via non-local, unbounded mind distant events in space, either in real time or in the past or future.
・遠い視聴(または遠隔探査) – ここでは、非局所性を通して出来る能力と定義され、リアルタイムに、または、過去や将来に、限りない精神で、離れた場所の出来事を見通します。

•Dream State Abilities – The ability, while in the dream state, to experience precognitive dreams, postcognitive dreams, remote viewing and lucid dreaming.

・夢を見ている状態 – 予知夢、受信的な夢、遠隔透視、明晰夢の体験、夢を見ている状態の可能な能力。

•Celestial Perception – The ability to perceive aspects of physicobjects.

・絶妙な知覚力 - 効果を感じ取る能力

•Telekinesis – The ability to move an object through observable space via interface between subtle, non-local mind and a comparable aspect of an object.
・念動(念力) - 微妙な力、非局所的な精神と物体が結びつく点で観察可能な空間移動能力。

•Teleportation – The ability to move or manifest an object a substantial distance via non-local mind and the non-local aspect of matter, which negates the linear aspect of space.
・念力移動 – 空間の中の物質同士の分離作用を取り消したり、非局所的な精神を経た物質を移動させる能力。

•Transmutation (Non-Technological) – The ability to convert one material object to a different element or object using the subtle interface of mind and non-local matter.
・変化(技術的なものではなく) - 何か1つの物体を、違う何かの要素に変える能力や、精神と非局所性という微妙なつながりを使い、物に反対する能力。

•Bilocation – The ability to manifest a body or object in two or more points simultaneously in the time/space continuum. (Example – Appearing and perceiving in two or more places at the same time.) Related ability – Bi-timing – the ability to appear in the same space in more than one point in time (so- called time travel).

・バイロケーション(超常現象:同時両所性) - 二つ以上のボディや、対象を現す能力は、時間/空間の連続体で、同時に起こる。(例 – 同時に2ヵ所以上の場に現れて、気づかせる能力。)それに関連した能力 – タイミングを合わせる能力 – 複数の時間の中で、同じ場所に現す力(タイムトラベルとも言われる)。

•Materialization/Dematerialization (Non-Technological) – The ability of a life form to make manifest or unmanifest a material object using mind/matter interface.

・具現化(物質化)/非物質化(技術的なものではない) - 精神/共通点の接点を使い、物質的な物体を現したり、逆に現さないようにする生命体自身の能力。

•Out-of-Body Experience/Astral Projection – The ability to project at will the subtle astral or light body, to a point in time and space outside the biological body.
・体外離脱の体験/幽体離脱 - 生物的なボディの外側や、時間と空間の接点に、思いのままに、アストラル体、又は光りのボディ形成する能力。

•Near-Death Experience – The transient separation of the subtle or astral body from the physical biological body due to bodily illness or injury. May involve perception of the so- called next world or subtle aspects of the cosmos, usually astral but advanced perceptions may involve causal or pure thought realm.
・臨死体験 – 身体の病気や怪我によって、身体的な体から、一時的にアストラル体と分離。
来世の情報を得たり、宇宙の次の世界や、微妙な側面に触れたり、進化した他の惑星などの、純粋な思考領域に触れる能力。


AND MANY OTHERS…
そしてその他多数…

Note that all of the above abilities are innately possible in both human and extraterrestrial life forms. It is also important to remember that each of these abilities can be achieved through material technological augmentation of innate mental abilities, or totally achieved by technological advances alone.
上記の能力の全てが人間にとっても、地球外生命体にとっても、本来、可能である事に注意して下さい。これらの才能のそれぞれが、先天的に、物質としての情報収集のテクノロジーを通して達成されるか、あるいは、テクノロジーの進歩だけで、完全に達成する事が出来る事を知る事も重要です。

NON-BIOLOGICAL INTELLIGENT LIFE FORMS.

非生物学的な知的生命体は形を成します。

Adding to the complexity of the universe is the existence of realms, dimensions, and aspects of the cosmos which are entirely non-linear and non-material, as we currently define it, actually more vast and complex than the physical material universe. No cosmology can be complete without an attempt to initially assess its basic characteristics and manifestations. Because this aspect of the cosmos can interact with the physical one for both humans and extraterrestrials who live in biological bodies, it is important for us to consider it and account for how it may resemble and differ from the diverse manifestations of biological life forms as discussed above.
実際、宇宙の複雑さは、物理的な物質世界よりも、複雑であり、私達が今、それを理解し、定義するには、それは完全に非線形(線引き出来ない状態)であり、物質的ではない領域や、多くの宇宙次元の存在を知る必要があります。どの宇宙論も、基本的な特徴や徴候を評価しようとする試みをしないままでは、それは完全には成り立ちません。生物学的なボディを所有しながら生きる人々や、地球外生命体という面を持つ宇宙の側面は、相互作用する事が出来るため、私達がそれを考慮し、議論し、生物学的な生命形態の、多様な現れを、出現方法の説明をもって、理解することは非常に重要な事です。

TYPES OF NON-BIOLOGICAL INTELLIGENT LIFE FORMS.

非生物学的な知的生命形態のタイプ。

Astral or Light Beings.
アストラル体、又は光の存在。

•of earth origin, that is, deceased previously biological humans

・地球起源の存在。つまり、元生物学的な人間だった存在。

•of non-earth origin, either deceased ET biological life forms,
・地球起源ではなく、死んだETや、その他の生物学的な生命体。

•or those originating from the causal or astral realm.
・または、アストラル領域を発祥地としている存在や、その要因。

・Causal or Thought Beings (existing primarily as ‘thought bodies’)
・コーザル体か、思考の生命体(主に「思考体」として存在する)

•of earth origin (deceased biological humans)
・地球起源の存在(死んだ生物学的な人間)

•of non-earth origin (previously biological ETs, or which)

・地球が起源ではない存在(元生物学的か、非生物学的なETsのどちらか)

•originated from the causal or astral realms)
・アストラル領域か、コーザル領域から始まった存在。

Note that non-biological beings, of all the above types, can appear to biological life forms in the waking state, in dreams, in meditative states, etc. Depending on the culture, degree of evolution, and degree of acceptance of non-material beings, these entities may be known by this partial list as:
上記のあらゆるタイプの非生物学的な存在が、進化の程度と非物質的な存在の承認の程度における、目覚めた状態では、夢や、瞑想状態など、生命形態に出現する事が出来る点に注意して下さい。これらの実体は、部分的に、下記のように知られているかもしれません。

•Ghosts or spirits
•Spirit guides or angels
•Archangels
•Ascended enlightened beings (avatars, prophets – Christ, Krishna, others)
•Planetary Nature Spirits (known as Devas in Vedic and other traditions)
•Animal Spirits
•and others too numerous to list

・ゴースト又は霊的な存在
・霊的ガイド又は天使
・大天使
・アセンションした進化した存在(化身、予言者 - キリスト、クリシュナ、その他)
・惑星界の超自然霊(ベーダ語や他の伝統における天神として知られています)
・動物の神霊
・その他多数


TYPES OF EXPERIENCES AND ABILITIES OF NON-BIOLOGICAL LIFE FORMS.
各経験のタイプと、非生物学的な生命体の能力

Essentially everything listed under Biological Life Forms, and perhaps others such as materializations and poltergeist activity, pertain to Non-Biological Life Forms, except that they interface less frequently with the world of matter since they exist in non-material realms. When analyzing the multitude of possible experiences humans can have, it is important to have a cosmological understanding broad enough to comprehend the diversity of the cosmos. Otherwise, we will be unable to distinguish an anomalous manifestation of extraterrestrial technology and an unusual astral or causal cosmos manifestation.
本質的に、これらは物質的でない領域で存在しているので、おそらく、ポルターガイスト活動のような、他の具現化した非生物学的生物形態に付随し、非物質的な領域の中に存在するために、彼らは時々、低い周波数で、物質世界と結びつく他ありません。人間が経験できる、様々な体験の多くを分析する時、宇宙の多様性を理解し、幅広い視点での宇宙論の理解を持つ事が重要になります。そうしなければ、私達は、地球外のテクノロジーの違いや、様々な星の変化の徴候などを見分ける事が出来なくなります。

APPLES, ORANGES AND STARDUST.

りんご、オレンジ、および星くず。

The preceding is simply an overview to bring us to our main focus here – the extraterrestrial presence. A universe filled with both biological and non-biological intelligent species presents a special challenge to anyone attempting to understand the extraterrestrial peoples currently visiting earth due to the areas of phenomenological overlap between quite different types of beings. Would a hologram projection of a person not be interpreted by a 17th century human as a ghost? What of the simple flashlight? Absolute magic!
まず、私達の興味を引く主なテーマがあります- それは地球外の存在。現在、現象学的な共通領域で、全く異なる種類の存在(地球外知的生命体)が地球を訪れている事を理解しようとする人々は、生物学的/非生物学的な知的生命体で満たされた宇宙を理解するため、何か特別な挑戦を提示されている気分になるかもしれません。人間のホログラムの投影は17世紀、ゴースト(幽霊)だと解釈されていなかったでしょうか?単純なフラッシュ現象はどうだったでしょうか?魔法だと思われていたのです!

For this reason, among others, a cosmological crisis dominates the ET/UFO question. This has been helped along by deliberate disinformation and psychological warfare programs of certain covert groups (more on this later). The result has been a mixing of apples, oranges and stardust – calling them all one thing. We are reminded of the movie “The Gods Must Be Crazy”, where a small plane drops a Coke bottle over a remote, primitive area in Africa where it becomes an object of great mystery, conflict, supernatural meaning and power to the indigenous people who find it. While the movie is a comedy, it contains an important, relevant message: Are we now behaving like the finders of the Coke bottle?

こういった背景があり、宇宙論的な危機はETやUFOの問題を支配しています。これは、特定の隠れたグループ(後に説明)の、巧妙なニセ情報や、心理作戦(戦争)プログラムによって、話しが進行しました。その結果、宇宙論は、りんごや、オレンジや、星くずが混在するようなものになってしまったと言えます。私達は映画「The Gods Must Be Crazy(コイサンマン)」を思い出し、そこで、先住民にとって、ミステリーに感じる事や、対立、超自然的な意味や力を象徴するアフリカとの遠いなどを理解します。これはコメディ映画ですが、関連する重要なメッセージが含まれています:映画の中で、小型飛行機がコーク・ビンを落とし、先住民がそれを発見し、大騒ぎしますが、今、私達は、そのコーク・ビンの発見者のようなふるまいをしていませんか?
※映画「The Gods Must Be Crazy(ミラクル・ワールド ブッシュマン)」は、1980年代の南アフリカのコメディ映画:現在は題名を「コイサンマン」に変更。ストーリーは、自然を愛する原始人が、先進国の様々な物に対し、現在の社会人からは、笑われてしまうような言動を取るコメディ映画。


For example, may observers of the ET/UFO phenomenon conclude that the extraterrestrial spacecraft are actually not at all physical or material because they can at times simply ‘disappear’. Magical? Interdimensional? Or extraterrestrial technology simply allows the craft to go from hover to beyond the speed of light in one instantaneous quantum acceleration? The neural pathways of the human eye are incapable of tracking an acceleration of this magnitude, and so the object seems to simply vanish.
例えば、彼らが時々『姿を消す』ことが出来るため、実は地球外の宇宙船が「すべて」物質的であるというわけではないと、ET/UFO現象の観察側は、結論づけるかもしれません。魔法のように感じますか?次元間移動しているように感じますか?あるいは、地球外のテクノロジーは量子的な加速によって光速を超えて移動するテクノロジーだと思いますか?人間の目の神経路は、この速さを目で追う事が出来ないため、物体が消えて見えるのです。

Three main factors contribute to this cosmological confusion. First, the innate nature of advanced extraterrestrial technology is so far advanced that it appears ‘supernatural’ rather than just super technology. For this reason (and good old fashioned scientific arrogance), even rigorous scientists are inclined to dismiss certain aspects of the extraterrestrial phenomenon out of hand, or regard it as not real, supernatural or superstitious.
3つの主な要因が、この宇宙論の中に混乱を与えています。まず第一に、高度な地球外知的生命体のテクノロジーの性質は「素晴らしい」というよりも、むしろ「超自然的な」テクノロジーであるという事です。そのような理由(旧式の科学の傲慢さ)により、厳格な科学者さえ、地球外のテクノロジーの現象を、即座に避けたり、「不自然なただの迷信的な現象」であると考えるのです。

Consider the development of consciousness-assisted technology (CAT). For example, rather than using keystrokes to enter data on a computer, one might simply think the command. The computer has been preprogrammed to recognize and accept your thought signature. A number of witnesses have seen extraterrestrials doing just that on board a spacecraft. Impossible? Magic? Nonsense? Be careful! A very human scientist at UNLV named Dean Radin is working on a so-called ‘psychic switch’ which is precisely what is described above. How far along this path might advanced extraterrestrials be?
意識で補助し、動かされたテクノロジー(CAT)の開発について考えてみて下さい。例えば、コンピュータにデータ入力する時、操作キーを使うというよりも、多くの人は、ただ「指令を与える」という事を思いつくかもしれません。コンピュータは、あなたの思考サインを認識して受け入れるように、あらかじめプログラムされています。多くの証人は、地球外生命体が、宇宙船に乗り、まさにそうする姿を目撃しました。不可能でしょうか?魔法でしょうか?ナンセンスでしょうか?いえ、注意して考えてみて下さい!上記に記載されている内容は、ディーン・ラディンという名のUNLVの科学者が、『精神的スイッチ』というテーマで取り組んでいます。高度な地球外生命体は、この路線にどれくらい沿うものでしょうか?

The flip side is technology-assisted consciousness (TAC). Here, specialized machines assist the function of mind, thought or consciousness. A basic example is the Monroe Institute’s Hemisynch tones, designed to assist the development of deep states of relaxation, expansion and, eventually, heightened powers and abilities. A more advanced application, though bizarre to modern scientists, is the ET’s ability to use certain technologies to communicate with each other and with humans telepathically. There are literally hundreds of cases from diverse and credible people worldwide describing this.
側面をサポートしているのは、意識のテクノロジーによる (TAC)です。その分野のマシンは、精神(心)と思想、意識をサポートします。基本的な例えを出すと、モンロー研究所のヘミシンクのように、深いリラックス状態に誘導され、その結果、高められた才能を得るのです。より高度なアプリケーションは、現代の科学者にとっては、奇妙に感じるかもしれませんが、テレパシーよって、お互いが以心伝心するために、ある一定のテクノロジーを使うETの能力です。それは世界中で研究され、その構造を説明している、信頼のおける多くの人々から、何百ものケースが報告されています。

In the case of extraterrestrial civilizations, the ability to communicate at speeds exceeding that of light becomes an essential technology. To quote the Moody Blues, “thinking is the best way to travel”. Why? Because it is instantaneous. So it really should come as no surprise that star faring peoples would have developed thought communication rather than using radio waves. There are many cases of witnesses seeing a spacecraft who think something like, “oh, I wish that thing would come back this way so I can get a better look!” Suddenly, the craft changes direction and comes right over to the person. The high accuracy of such two-way exchanges would indicate that these craft and their occupants have technology which indeed interfaces with their thoughts and those of other life forms.
地球外の文明の場合に、光りの速度を越えるスピードで通信する能力は、重要なテクノロジーになります。ムーディ・ブルース(英国のロックバンド)は、「思考は、旅をする最もよい方法です」と言います。なぜでしょうか?それは瞬間で出来るからなのです。従って、彼らが電波を使わずに、思考のコミュニケーションを発展させたであろう事は、別に驚く事でないでしょう。多くの宇宙船の目撃者たちは、「ああ、もっと彼らを良く見らるように、彼らがこっちに近づいてくれたらいいな!」と願い、実際に、彼らのテクノロジーは、突然、方向を変え、彼らの気持ち通りに、その目撃者の所に来たという多くのケースがあります。こういった高精度の、双方向で働く、思考のインターフェース(結びつく)・テクノロジーを、多くの生命体が所有している事がうかがえます。

TAC may also be utilized by the extraterrestrials in teleportation, telekinesis, remote viewing and even higher states of consciousness. Once the nexus between mind and matter, and mind and space/time is clearly understood, the potential applications are almost limitless, and boggle the imagination.

TACは、念力移動や、遠隔透視は、更に高い意識状態を使い、地球外知的生命体によって使用されているかもしれません。結びつきの精神と物質間の結びつきを、意識してみて下さい。そうすれば、空間/時間を、もっとはっきりと理解できるようになり、潜在的用途は、ほぼ無限になり、想像力を超えるものになるでしょう。

The reason the question of advanced extraterrestrial technology is important to this discussion of cosmological confusion must be obvious by now. Very advanced technologies of extraterrestrial civilizations may appear similar or identical to other so-called paranormal phenomena. To discern one from the other requires insight, knowledge, patience and, above all, experience.
高度な地球外のテクノロジー問題が宇宙論的混乱に関して起こる議論で重要な理由は、今ごろは明らかでなければなりません。地球外文明の非常に高度なテクノロジーは、様々な超常現象に似ていたり、同じように見える可能性もあります。識別するためには、洞察力や、専門知識、そして忍耐力と、特に経験が必要になります。

For example, people with ‘classic extraterrestrial abduction experiences’ who undergo hypnotic regression may subconsciously fill in details, especially to please a hypnotist with strong bias towards retrieving alleged memories of extraterrestrial abductions. So – is it real or is it Memorex? Great care must be taken when dealing with the human mind, or we will confuse those aspects of the new cosmology which have clear areas of overlap, such as non-biological intelligent life forms, humans and extraterrestrials.
例えば、後退催眠を受けて行われている『古典的な地球外の誘拐体験』のある人々は、細かい部分を、自身の潜在意識で満たしてしまい、強い偏見をもって、実際の記憶をすりかえ、催眠術師を満足させます。それは本当なのか?それとも何かの記憶媒体を介されたものではないのか?人間の精神(心)に対処する時は、大きな注意を払わなければなければなりません。さもないと、私達は、非生物学的な知的生命体形や人間、および地球外知的生命体などの、はっきりしている共通部分の面を、混乱した宇宙論の面と混同させてしまいます。

A UFOlogist may jump to the false conclusion that the person who experiences a spirit or astral being almost as a hologram in the waking, dream or meditative state, has been visited by an extraterrestrial. But wait. A more holistic cosmology as outlined above would allow us to consider that it may have been a spirit guide, angel, another living human who project his/her astral body into the bedroom, a deceased relative, a hypnogogic hallucination, OR a technological or mental projection of an extraterrestrial into the room.
UFO研究家は「瞑想状態での夢での体験」や、「アストラル的なホログラムの存在」を、「地球外知的生命体」として勘違いをして、地球外の存在が、自分に会いに来たなど、誤った結論を出す事があります。待って下さい。上記のような全体的な宇宙論は、それが「スピリット・ガイド」か、「天使」、又は「アストラル体を行き来できる存在」、「亡くなった親族」、「入眠時の幻覚」、「地球外知的生命体の精神を投影するテクノロジー」かもしれないという考察を可能にしてくれます。

The point is this: If you don’t know about or accept the diversity of possibilities, you are very likely to misinterpret the phenomenon. Similarly, many people experience a myriad of unusual phenomena (PLURAL) but they will be considered as only one phenomenon (SINGULAR). The result is the mixing of apples, oranges and stardust. Adopting and understanding a truly holistic cosmology will greatly assist us in avoiding this confusion. But even then, because there are areas of profound overlap where one phenomenon will mimic another, tremendous care and repeated mature experience is required before clear discernment is possible. Otherwise, how will we differentiate between a spirit being an advanced mind/matter interaction effected by extraterrestrial technology? Or, for that matter, from human technology and experiences?
ポイントはここなのです:可能性の多様性を知らずに、受け入れられなければ、あなたは実際の現象を大きく誤解する可能性が高くなります。同様に、多くの人々は多くの変わった(複数の)現象を経験しまが、彼らはそれを、たった1度の(珍しい)現象であっただけだと考えます。結論として、それは、りんご、オレンジ、星くずの混合的な思想です。本当に全体論の宇宙論を取り入れ、理解する事は、私達がこの混乱状態を避けるのを大いに助けるでしょう。しかし、それでも、1度の現象が、他の現象を模倣して、深いオーバーラップが起きる場合もあるので、クリアな認識力と洞察力を持つ以前に、成熟した経験が非常に重要になります。さもなければ、私達は、どのように、地球外のテクノロジーから生じる高度な精神(心)/物質的な相互作用を区別できるのでしょうか?あるいは、人間のテクノロジーとの違いを見分ける経験とは?

And this brings us to the third contributing factor to cosmological confusion: Human covert programs designed to confuse, mislead and deceive society on the extraterrestrial question.

そして、これは混乱した宇宙論に、私達を3つ目に貢献している要因に導きます:それは地球外の問題に関して社会を混乱させ、誤解させ、騙すようにデザインされた、人間による、隠れたプログラムの設計です。

It must be remembered that covert human attempts to back-engineer extraterrestrial technology have been going on for over 45 years, and more than a little headway has been made. Additionally, certain covert cells within military and intelligence agencies have been working on electronic and psychic techniques which are highly invasive, very specific and operationally effective. These technologies are much farther along than most could imagine. The real capability exists to deliberately mimic an extraterrestrial technology and events for the purpose of disinformation.
地球外知的生命体のテクノロジーを研究する陰に隠れた人々の試作は、約45年以上にわたって続いており、わずかな進歩よりも、更に多くの事が陰でなされている事は、覚えていなければなりません。更に、軍隊や諜報機関の一定の隠れたグループは、非常に侵襲性があり、侵略的で、操作上効果的な電子工学テクノロジーと、心理的技術(作戦)に取り組んでいます。これらのテクノロジーは、ほとんどが想像するよりも、はるかに遠くまで、進化しています。本当の所で機能する彼らの優れた技術は、意図的誤報(ニセ情報)を作成するために、意図的に、地球外のテクノロジーや、イベントをまねて見せるために存在しています。

We have been briefed by trusted members of the military regarding “non-lethal defense” and related fields. They have confirmed to us that psychoelectronic technologies exist, off-the-shelf, which can target an individual or group and remotely make them have a personal conversation with their personal God. And they would so believe it was real, they would pass a lie detector test.
私達は『非軍事的防御』と関連した信頼できる軍隊のメンバーから概要説明されています。彼らは心理的な電子テクノロジーが存在することを私達に確認させてくれて、それはすぐに購入可能でした。そのテクノロジーは、個人やグループをターゲットにして、離れた場所から、神として、個人的に会話させる事ができ、騙された相手は、完全に信じ切り、嘘発見器をパスするでしょう。

CONCLUSION.
結論。

This is a wake-up call. The simple approach of taking all anomalous experiences on face value is not only unscientific, it is immensely dangerous. Technologies do exist which can induce personal and collective experiences which appear ET/UFO related, but which are really quite human. Like past plutonium experiments on humans and germ warfare tests on civilians, these ‘experiments’ are real, black budget activities which have been developed and perfected over the last 30-40 years. Electronic and implant technologies, all human, exist which can induce a very convincing ‘abduction’ event. The clustering of abduction experiences around military installations, and the presence of unmarked, black, electronic-filled helicopters near so-called abductees’ homes is no coincidence.
これは目覚めを促すモーニング・コールです。様々なあらゆる簡単なアプローチとしての異例の体験は、非科学的であるだけではなく、それは非常に危険なのです。テクノロジーが存在するのです。それはET/UFO問題と関連があったように見えますが、実のところ、個人的な体験から、集合的な経験を引き起こす事を可能にするものです。過去にあったプルトニウム実験が、人間を攻撃するための微生物兵器のテストであったように。これらの『実験』は、ここ30〜40年の間、展開され、完成した、闇の予算による活動です。全ての人間を対象とした、電子的なインプラント・テクノロジーが存在し、それは非常に説得力のある『誘拐イベント』を引き起こす事が出来ます。軍事施設周辺に見られる、誘拐事件の拉致被害者の家のまわりに飛ぶ、ヘリコプターの動きは、偶然の一致ではありません。

The public has been misled, and the civilian UFO research community have been quite victimized by these special projects designed to deceive, mislead and, above all, disinform the public on the extraterrestrial subject. The “Body Snatchers” fix on the extraterrestrial presence is driven by a complex plan to convince the public that there is “…an alien threat which we must all unite against and fight…”

UFO研究のコミュニティは、人々を騙すようにデザインされ、一般市民は誤解を生じ、犠牲になっています。それは、これらの特別なプロジェクトによって、特に、地球外の存在に関して、一般市民に、ニセ情報を長し、撹乱させます。地球外の存在たちの「死体」を「盗んだ」事は、彼らの存在を決定づけるものの、一般大衆は、闇のプログラムによって、複雑な計画によって、"私達はみんなで団結し、戦わなければならないエイリアンの脅威だ…."と、思わされ、動かされます。

Do not be deceived. The future of life on earth, and our emerging relationship with extraterrestrial civilizations may depend on our eyes being open.

だまされないでください。地球上での生命の未来や、地球外文明と私達との新たな関係性の未来は、目覚めている、私達によって、作成されます。

The relevance of covert human activities to cosmological confusion must not be underestimated. Human awareness on the subject of extraterrestrials has been manipulated, played like a harp, by those who would hide the real gold under a mountain of fool’s gold. Events which look, feel and sound like extraterrestrial ones may in fact be a part of a deception of very human origins. And if we do not at least consider the role of covert disinformation programs in our list of cosmological options, then we will be doomed to misidentify and misinterpret many of these events.
宇宙論を混乱させた、隠れた人間たちの活動に関連する物事を、過小評価するべきではありません。金の鉱山の下に、本物の金を隠す人々によって、地球外生命体に関連する人々の認識は、ハープのように操られています。見たり、感じたりできる、地球外の存在のようなイベントは、実のところ、人間が作り出している偽装工作の一部である可能性もあります。私達が多くの宇宙論から選択できるリストの中から、隠された意図的誤報プログラムの存在を考慮し、見抜けなければ、私達は誤解し続ける運命になります。

The human factor which adds to cosmological confusion is not limited by covert activities. There is the usual array of misperceptions, hallucinations, delusions, wannabees, false memory syndromes, hoaxes, scientific arrogance and general human egotism. All of these contribute to a collective cosmological indigestion which is in dire need of a cure. And acknowledging the problem is the first step to healing.
宇宙論に混乱を与える人為的要因は、隠れたプログラム活動だけであるとは限りません。誤認、幻覚、妄想、目立ちたがり/なりたがり(認証欲求の心理)、偽記憶症候群、デマ、科学的傲慢さ、一般的な人間の自己中心癖も存在します。これらはすべて、至急、緊急治療が必要な全体的な宇宙論の無知(理解力の欠落)に貢献しています。そして、そのような人々は、まず、自分自身の問題を認める事が、治癒への最初の一歩になります。

Extraterrestrial civilizations. Humans. Non-biological life forms. The cosmos is a complex, diverse and fascinating place. Or Non-Place? Ultimately, education and, above all, experience, will guide us on this journey. For if we are to set sail over this vast ocean, we are in need of a rudder, a compass and a few journeys along the near shoreline first.
地球外文明。人間。非生物学的な生命は形を形成します。宇宙は、複雑で、多様であり、実に魅力的な所です。又は場所ではないとも言えますか?最後に、教育や、とりわけ、経験は、この旅において、私達を誘導案内してくれます。それは、私達がこの広大な海で出帆するためには、まず始めに、そばにある岸に沿って、舵をきり、羅針盤を使い、若干の旅が必要だからです。

We must join together to gather our knowledge and experience, and with courage and resolve set sail first along the shoreline, then farther from shore and then into the vast and limitless ocean of inner and outer space. For we are not at the end of time, or of history, but rather we stand on the threshold of unbounded possibilities, a time when all that we may dream together will come to pass.

私達は、それぞれの知識や経験を積むために、結びつく必要があり、勇気と決断と共に、岸に沿いながら、まず、出航しなければなりません。私達は時間、あるいは歴史の終わりにいるわけではありませんが、むしろ、私達は共に夢見る限りない可能性を持ち、その時間の出発点にいるのです。
New movie


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop