神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年11月28日 [日々の事]

📖Dr. Steven Greer's Paper, "Abductions"✒📖グリア博士の論文『アブダクション』✒

📖Dr. Steven Greer's Paper, "Abductions"✒
📖グリア博士の論文『アブダクション』✒

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Abductions: Not All That Glitters is Gold.”

「誘拐事件:ゴールドだけが“輝くもの”ではない。」

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/abductions/?fbclid=IwAR3VWhKgKD4sFw9ULeH-J5X-7oignKQZ7heCzcbS97qSzpajXnjL_a7jVvw 

by Steven M. Greer, M.D.
Copyright 1996

スティーブン・M・グレア医学博士
1996年 転写禁止


Since the late 1970s, there has been an unprecedented focus in the UFO subculture and pop media on the subject of so-called ‘alien abductions’. A constant stream of books, videos, movies, lectures and the like have served to keep this subject in the forefront of our awareness. Across America, numerous cities have self-styled ‘abduction support groups’, and an increasing number of therapists have begun to counsel and advise alleged victims of alien abductions.

1970年代後期から、『宇宙人の誘拐』という、前例のない話題が、UFO文化や、一般大衆のメディアの中でフォーカスされました。それは、本やビデオ、映画、講義などを通し、私達の意識の最前線に置かれるために役立ちました。アメリカ全土にわたる多くの都市では、自称「宇宙人による誘拐事件の犠牲者」が出現し、『誘拐サポートグループ』ができ上がり、被害者は数多くのセラピストに頼るようになり、心のサポートを求め、この(ニセの)情報を広めるのに役立ちました。

But we have found that there is something much stranger going on than ‘alien abductions’, and the truth about this matter is far more bizarre than the idea of ETs taking women aboard UFOs to create babies which incubate in space.
しかし私達は『宇宙人による誘拐』よりも、ずっと奇妙な事が起きている事態を発見し、この問題の真相というのが、「ETたちが宇宙で人間とのハーフの赤ちゃんを産ませるため」に、UFOに女性を乗せているという、奇妙なET話しよりも、ずっと奇妙なものなのです。

Before exploring the really bizarre – and scary – things going on with this phenomenon, let us first state what is obvious to all but the true believers and hard-core abduction aficionados: Not all that glitters is gold, and we are dealing with a multiplicity of phenomena, not a single phenomenon, as conventional wisdom now holds.

この現象が続く、本当に奇妙な…そして恐ろしい実態を探求する前に、UFO信者たちや、誘拐事件の熱狂的ファンを除き、まず始めに、全ての人々に、何が明らかであるのかを述べさせて下さい:ゴールドだけが輝くもの…というわけであるはずはなく、現在、続いている「常識」の世界の中で、私達は多くの現象を扱っているのです。

Let no one conclude, please, that what follows is a denial of the possibility that some, rare direct human-extraterrestrial contact has occurred. It is likely that it has, but these cases are like pure gold nuggets, which have deliberately and through human folly been hidden under a mountain of fools gold. It may superficially look the same, and glitter in the same way – but the difference is vast.
これから話す事について、皆様にお願いしたい事があります。これからお伝えするのは、少し珍しい話しになります。そして、直接、地球外知的生命体とのコンタクトがあったかどうかについては、すぐに結論を出さないで下さい。その可能性はありますが、これらのケースは純粋な純金のかたまりのようなものであり、人間の愚かさを通して、それは意図的に貪欲な金の山の下に隠されてしまっているのです。それは表面上、同じような形と輝きに見えるかもしれません…けれども、本当のところは、その違いというのが、とても、大きいものなのです。

Here we step into a mixture of great mystery, deliberate covert deception, unbridled human foolishness and fear-mongoring, all blended together into a belief system which, if challenged, yields the challenger attacks from a myriad of sources. I am aware at the outset that the sharing of the perspectives which follow will induce in many a reactionary response to ‘shoot the messenger’. But I beg for your patience, and just a bit of open-minded inquiry, lest we forever lose those few gold nuggets among the growing mountains of fools gold.
ここで、私達は無数のソースから、真実を知ろうとする者たちに攻撃を与えている、ブリーフ(信念)システムや、かなり大きなミステリー、あるいは計画的に実行されている、隠れた詐欺行為、そして逮捕することさえ出来ない人間たちの愚かしい行為(恐怖を売り物にするなど)の、様々なものが入り混じる世界に踏み込んでみたいと思います。その後の展開を共有する事で、多くの人々が『真実を伝達する者に反感を覚える』ように誘導されている事を、私は始めに気がついたのです。しかし永久に貪欲なゴールド(金の山)が育ち続ける中、その貪欲な山の下に隠された、少数の真実の金のかたまりを見失わないよう、忍耐と広い心をもって、質問してもられるよう、私達はあなたに願っています。

To begin to get ones mind around this matter, one must be knowledgeable in and a student of:

この問題の基盤の中で、ワンネスの精神を得るため、私達は豊かな知識を持つ必要があり、学生のような(ピュアな)気持ちでいる必要があるでしょう:

the human mind, spirit and full potential of human experience, both conventional and unconventional;
the UFO subject in general;
the capabilities of esoteric and exotic covert human technologies, especially those employed by deep cover projects dealing with the UFO/ETI subject and which are using reverse-engineered extraterrestrial technologies in mind control and psychological warfare agendas;

人間の(従来の型にはまらない)体験や、マインド、勇気や完全な可能性;
一般市民によって作られた地球製のUFOの機能;
複雑で、エキゾチックに隠れている人間たちのテクノロジー(特に、UFO/ETIから取ったものを基盤として、マインド・コントロールや心理戦という方針で、地球外のテクノロジーを再生・製造して使いながら、こういったものを扱う極秘プロジェクトの関係者たち)の動きとは;


an expanded cosmology which takes into account terrestrial and extraterrestrial capabilities and experiences, whether they be physical, mental, non-local/spiritual etc.

地球や地球外の機能を考慮し、拡張された宇宙論や体験、それは身体的な(精神的な)非局所性/霊性の高さ、その他。

In looking at the raw data and reports of alleged human-extraterrestrial contact, I would estimate that fewer than 10% of such cases are what they appear to be. The other 90% of cases are a combination of the following:
地球外知的生命体についての疑わしいデータやリポートを見る際、全体の約10%未満が、本当である可能性があると私は見積もっています。その他の約90%のケースは以下の組み合わせである可能性があります。:

Misidentification of other unusual experiences, which, due to the dominant pop culture enthrallment with all things alien, get labeled an ‘abduction’. These include so-called (and mislabeled) paranormal experiences related to lucid dreams, out of body experiences, near death experiences, ‘astral body’ encounters with other non-human (but equally non-extraterrestrial) entities, and similar related phenomena. The need for an expanded cosmological view of potential human experience should be obvious: It is all to easy to mis-label an experience if you do not know what the possibilities are. (The reader is referred to ‘Extraterrestrials and the New Cosmology’ by Steven M. Greer M.D. for a more in-depth treatment of the cosmology) This is akin to a doctor having only one diagnosis for chest pain – a heart attack. Such a physician, lacking what is called an adequate ‘differential diagnosis’ would mis-diagnose all chest pain as a heart attack, when it could be that the person was experiencing a collapsed lung, a lung infection, a rupturing aorta, various stomach ailments which present as chest pain and so forth.
珍しい体験(エイリアンを使い、一般大衆文化を支配し、奴隷化するための『誘拐事件』というラベル付け)の誤認。これらは、明晰夢、幽体離脱、臨死体験、その他の(生命体や)人間以外の存在との『気体的な』遭遇、および、類似する現象による(誤ったラベル付けの)超常的体験が含まれます。人間が持っている潜在的な経験から拡張された宇宙論の視点を考慮する事が必要不可欠です:その可能性がどのようなものなのかを知らなければ、あなたは自分自身の過去の経験に従って考えてしまい、誤ったラベル付けをしやすくなり、それは、これ以外の物事に対しても言える事です。例えば、胸の痛みの原因を、たった1回の診断で、「それは心臓発作だ」と結論付けてしまう医者と同じようなものです。(スティーブンM.グリーア博士の『地球外知的生命体と新しい宇宙論』を参照して下さい。)患者が胸の痛みを医師に訴えた時、その胸の痛みの原因には、肺感染や虚脱、大動脈の破裂、様々な胃の病気などが過去にあった…といった経歴も考慮に入れなくてはならないため、いわゆる適正な「鑑別診断能力」の欠落で、すべての人の胸の痛みが「心臓発作」だと誤診してしまうのと同じようなものなのです。

In this case, however, many researchers have ‘abduction colored glasses on’, and hence see most of these other unconventional experiences as abductions. Lacking an adequate ‘differential diagnosis’ which includes the numerous other types of possible experiences, all such experiences get labeled abductions, and the experiencer, an ‘abductee’. Those looking into such experiences owe it to the experiencers, and to the field of knowledge, to be better informed regarding an expanded differential diagnosis. Otherwise, we will continue to have a majority of mis-diagnosed cases.

こういった場合、多くの研究者は『眼鏡に色をつけた誘拐事件』に沿って、大部分のケースを、誘拐事件のようなものだと考えてしまうのです。様々なケースを考慮せず、十分な『鑑別診断能力』を持たず、こういったケースでは、すべてを「誘拐者と拉致被害者」と分類してラベル付けをして、片づけてしまうのです。こういった体験を対象にして調査する人々は、より広い鑑別診断能力を持つために、情報に精通し、そして豊富な経験を持つ人々と、知識フィールド(場)において、判断を共にする義務があり、そうしなければ、結果的に誤診の集大成を作成し続ける事になります。

Confabulation, wannabees, false memory syndrome and mental illness are also part of the mixture of cases. We have learned of one celebrated abduction case where the person lied about prior serious mental illness, and another where the ‘abductee’ who claimed to have been impregnated by ETs later admitted to having had an affair which resulted in the pregnancy. Now, this is not the sort of thing which proponents of the UFO and abduction field want talked about. But covering up these types of errors only compounds the superstition, ignorance and disinformation which already abounds in this area of study.
議論好きの人々や、名誉欲の強い、なりたがりの人々、記憶障害者たちや、精神の病を持つ人々も、こういったケースの中に見受けられます。例えばETの子供を妊娠したと主張する『有名な誘拐事件』を体験した『拉致被害者』が、以前に重い精神病にかかっていたと私たちは後に知らされました。この事実は、UFOや誘拐話しを支持する人々からは、あまり公表されていません。しかし、これらのタイプの誤認を隠す事によって、この研究の領域内に既に多く存在する「迷信」や、「無知」、および「意図的なニセ情報」を増加させる事につながってしまうのです。

Hallucinogenic drug use has been noted to exist among some self-styled ‘abductees’ as well as researchers. Certainly, an already murky picture is made dimmer by the intervening use of psychoactive drugs.
幻覚を起こすような薬物使用で、自称『拉致被害者』が、研究者たちの一部の中に見られ、注目されているのです。確かに、すでに暗いイメージである、こういった事件は、精神に作用する薬の使用によって、より暗く、事実がわかりづらくなっています。

Most importantly, there is the significant segment of the 90%+ cases of misidentified contact events which are of decidedly covert human origins. This is the area which will be most bizarre to the reader, and most disturbing, and the majority of the remainder of this piece will concern itself with this problem.
最も重要なのは、これが、明らかに「隠れている人々」による、90%にものぼる、誤認されたコンタクトイベントのケースであるという事です。これは、読み手にとって、非常に奇妙で、わかりにくい領域であり、その一部が、この問題と関係しているのです。

Abductions, and the ‘abduction syndrome’ as it is commonly referred to, is largely a creation of covert human disinformation projects. Both the technologies employed, and the agendas motivating their use, are genuinely troubling. Most will not want to hear what follows, but we feel the time has come for the truth to come out, so that those who will listen can stop being manipulated with false information.
誘拐事件や、一般的な『誘拐症候群』は、主として、「隠れている人々」による、意図的な誤報プロジェクトによる演出なのです。使用されているテクノロジーや、その使用の動機となっている「課題」は、本当にひどいものなのです。ほとんどの場合、この後に続く話しは聞きたくないような内容である場合もありますが、私たちは知る事で、人々がニセ情報で操られてしまう事態を止める事が出来るのです。

(For more background on the nature of covert human operations dealing with the UFO/ET matter, the reader is referred to ‘Unacknowledged’, by Steven M. Greer M.D.)

(UFO/ET問題を扱う、隠れている人々の活動の性質については、スティーブンM.グリーア博士の著書や映画『非認可』を参照して下さい。)

To understand the disinformation capabilities of current and recent covert projects dealing with the UFO/ETI subject, it is necessary to look historically at events, beginning in the 1940s (and perhaps before). The acquisition of advanced extraterrestrial hardware by the mid-1940s (Roswell 1947, Kingman Arizona 1948 etc) led to very deep covert research and development projects related to reverse- engineering extraterrestrial technologies. While most researchers in the field have focused on energy generation (zero-point) and propulsion systems used by ET vehicles to ‘transfer’ through interstellar space, the area of advanced extraterrestrial communications has been largely ignored. But not by covert human R&D projects.
現在のUFO/ETIのニセ情報を扱う、隠されたプロジェクトの機能を理解するために、1940年代より以前から、その活動の歴史を知る必要があります。1940年代の中頃まで、高度な地球外のハードウェアの獲得(1947年ロズウェル、1948年キングマン・アリゾナなど)は、地球外知的生命体たちの技術をリバース・エンジニアリング(再生)する部門という、非常に深い部分で隠されている研究開発プロジェクトが設置されました。そのフィールドのほとんどの研究者たちは、惑星間空間を通り「移動する」、ETたちの乗り物の中の「エネルギー生成(ゼロポイント)システム」や、その推進システムの技術開発に集中し、先進的な地球外の通信技術に関しては無視され、R&Dプロジェクトによって隠されてしまいました。

If it is obviously true that ET spacecraft are not using jet fuel and internal combustion engines to travel through interstellar space, it should be equally true that they are not using AT&T microwave, radio wave or related electromagnetic waves to communicate. Why? Because these EM waves, which travel at the speed of light (186,000 miles per second) are too slow to effectively communicate in real time across interstellar distances. Even at the speed of light, it takes 100 earth years for a radio wave to travel only 100 light-years in distance. This means that a two way conversation with one’s home planet would take 200 years, and this for only the initial exchange : “Hello, mission control, this is Alpha 1, how are you today?” “This is mission control, we are fine; how are you Alpha 1?” Unless a species lived thousands of years as biological life forms, a routine conversation could not be completed before the death of all parties!
ETたちの宇宙船は、惑星間空間を通る時、ジェット機などの燃料や、そういったシステムのようなものを使ったり、通信の際にはAT&Tの電子レンジといった電波や電磁波を「使っていない」という事は明らかなのです。それはなぜか?こういった電波は揺れるために、星間距離を光速186,000マイル/秒で移動し、リアルタイムで効果的に通信するには、あまりにも遅過ぎるのです。光の速度でさえ、100光年を旅するために、地球時間では100年以上かかります。これは、地球上にある家から、惑星間との双方の会話において、最初のやり取りだけでも200年ほどかかるという計算になります:「こんにちは、管理センター、こちらはアルファ1です。お元気ですか?」、「こちらは管理センターです。私達は元気です:アルファ1、あなたはお元気ですか?」地球と惑星間で、電波を使いながら会話をした場合、彼らは生物学的に数千年以上生きなければならず、そうしない限り、日常的な会話が死ぬ前に全て完了する事は不可能なのです!

Therefore, the communication systems used by advanced ET life forms are employing advanced non-local technologies NOT dependent on the linear speed of light. They utilize technologies based on laws of physics not even elaborated by human scientists in the conventional, non-covert world. And these are technologies which directly interface with mind and thought.
従って、高度なETたちに使われる通信システムは、直線的な光の速度に依存しない、高度な非局所的なテクノロジーが使用されている…という事になります。彼らは、地球上で隠れているグループの科学者たちが念入りに作るようなものではなく、従来の物理学の法則に基づいたテクノロジーを利用しています。そして、これは、心(精神)と思考に、直接結びつくテクノロジーなのです。

This explains why so many individuals have seen an ET craft and then projected spontaneously a thought for it to come back, or move one way or another – and lo and behold it does. Just as a hologram or TV would look like supernatural magic to someone 200 years ago, these technological capabilities look and sound like magic to us in the latter 20th century. (And from this the reader can see why so many ‘paranormal’ experiences can be erroneously reported as UFO experiences, and vice versa.)
それは多くの人々がETの宇宙船を見た後、なぜ、ETたちは即、彼らの居場所に戻る事ができ、自ら、人々に対して配慮さえする事が出来るのかを説明できます – そして、それはちょうど、200年前、ホログラムやテレビが、多くの人々にとって、超常現象の魔法のように見えたでしょう。これらの技術的能力は、20世紀後半の私達には、魔法のように見えたかもしれません。(そして、ここから、多くの『超常現象的な』体験が、なぜ、UFO体験として、誤って報告される事になり、解釈され、その逆もまた同様に理解できるものでしょう。)

Now, a well-funded covert enterprise reverse-engineering ET technologies will look at all systems, not just ones related to propulsion and basic energy generation. Thus, as a consequence of this research, the covert entity dealing with this matter has elaborated the communications technologies of these life forms, and unfortunately have put them to some very nasty uses.
さて、ETテクノロジーをリバース・エンジニアリングしている部門を設置する、隠れている豊かな企業たちは、ETのあらゆるシステムや、基本的なエネルギー生産システムを解読し、これらに資金を費やしています。この問題を扱う隠れている人々は、彼らの研究結果から、ETたちの生命形態の通信技術を念入りに作り、非常に残念な事に、汚い目的のために、これらを利用しています。

Once the ET communications technologies were discerned, a decision was made to see how such technologies could be put to use, especially for disinformation purposes. Because above all things, the project dealing covertly with the UFO/ET issue has desired continued secrecy, and a continuation of their exclusive knowledge and control of this subject.
ETの通信技術が、どのように使用され、特に、どのようにニセ情報を広める目的のために使われるのかを、私達は以前に一度、見せられた事があります。彼らは密かにUFO/ET問題を扱うプロジェクトを秘密裏で続け、それらの専門知識を独占し、そのための目的で、コントロールが連続して稼働しているのです。

The problem is, the UFOs continue to be seen all over the world, so this matter, in order to be secret, must be hidden in plain sight. And so it is.
問題は、本当のUFOが、世界中の人々から上手く発見されないように、そして、この問題を秘密にするため、本当のUFOを一般市民の視界から隠さなければならない点です。実にもっともな話しです。

One of the principles of good, effective disinformation is that you psychologically manipulate the environment so that people will not know what they are looking at, even if they see it. Another is that the creation of very similar, hoaxed decoy cases – if strategically executed and played out – will hide the real phenomenon, or at least draw peoples’ attention away from the real events. And yet another is that if all else fails, and the secrecy is ended, people will be so confused about the real versus the memorex, that they will be easily manipulated to the covert project’s agenda.
ニセ情報を広めるための巧妙な作戦として、その1つは、人々が何を見ているのかわからないように、その人自身が、その人の思想の中で、判断のための環境をコントロールしてしまうという手法です。その他には、非常に類似したもので、おとりを使ったケースがあります。あなたが本物のETの宇宙船を見たとしても、その現象自体をなかった事にしてしまうか、少なくとも一般大衆の注意をそらす戦略的な方法も用意されています。その他には、ある戦略的な方法が失敗し、仮に彼らの秘密計画が終了せざるおえなくなっても、人々は、隠れている人々の企業(プロジェクト)が作った、意図的な彼らの未来計画図に簡単に操作されるように設計され、一般市民は自分自身の記憶に対して非常に混乱するように、手が下されるのです。

All of this is at play in the UFO field, and the cornerstone of this disinformation effort is the so-called ‘abduction phenomenon’.
全ては「UFO分野における彼らの遊び」であり、この意図的なニセ情報を広める努力の基盤となるのが、いわゆる『誘拐事件の現象』なのです。

Wilbert Smith Consider this for just a moment: There is a top secret Canadian document, written by Wilbert Smith, which states that , in 1950, the UFO matter was the most secret project in the US, surpassing even the secrecy surrounding the development of the hydrogen bomb! In 1996, the secret is even bigger, and the resources used to maintain the secrecy many orders of magnitude greater than that of 1950. Moreover, the technological resources available to this covert project involve reverse-engineered ET technology, in the form of operational craft, non-linear communications capabilities, and biological ‘cloned’ entities. It is not hard from this to see that extraordinary resources have been used to maintain the secrecy of this subject.
ウィルバート・スミス、瞬間的な出来事に対する考察: 1950年、ウィルバート・スミスによる、カナダの極秘文書には「UFO問題こそ、米国で最大の秘密プロジェクトであり、水素爆弾の開発に取り組む秘密のグループの上位を上回るだろう…」と記されてあります!1996年になると、秘密はさらに大きくなり、多くの資源がその秘密のために費やされ、1950年代頃に比べ、より強固に拡大されました。さらに操作上の技能や、(ETテクノロジーのような)非線形な通信能力、および生物学的で実物大の『クローン』を使い、隠れている人々のプロジェクトが利用可能な技術的資源のために、ETたちのテクノロジーが研究され、再生し、全てが連携されているのです。膨大な資源が、この種の秘密を維持し、守るために使われている状況を理解するのは難しい事ではありません。

Everyone in counter-intelligence knows that really good disinformation contains some elements of the truth, thereby making the false information or events more believable to the targeted recipients. In the area of alleged UFO ‘abductions’, by simulating false, but believable, alien encounters, a number of objectives are accomplished:
その保全活動のための意図的なニセ情報の中には、いくつかの真実の要素も含んでいるため、そのニセ情報やニセの偽造演技を見せられた、ターゲットとなる人物は、容易に騙されてしまうという事もわかります。嘘であっても信じてしまう『エイリアンとの遭遇』をシミュレーションする、疑わしいUFOの『誘拐』が行われる地域エリアでは、その多くの目的が上手く遂行されるのです:

Actual ET events are lost amid the mounting cases of hoaxed, simulated cases. As mentioned earlier, the real gold nuggets get buried under a mountain of fools gold – and very few researchers know that they should be doing assays…
実際のETイベントはニセのシミュレーション演技によるものであり、そのケースの数が増えるにつれて、判断を見誤ってしまうでしょう。前述したように、本当の金塊は、山ほどのバカげた話しという金の山の中に埋められています - そして、それらが分析するに値する物だと理解できる研究者は非常に少ないのです…。

By overwhelming the ‘sound’ of actual ET events with the ‘noise’ of simulated ones of an increasingly implausible nature, the civilian research community is not only thrown off track by pursuing false cases, it is increasingly discredited. The wilder and more absurd the scenarios are which are fed to victims of human covert abductions, the more the general scientific and media communities view the entire field as so much nonsense. In this way, human initiated covert abductions not only serve as decoys in the UFO civilian research community, but serve to avert serious inquiry from the ‘mainstream’ scientific and media communities. It is a master stroke of disinformation, which the civilian community has swallowed hook, line and sinker.
信じがたいほどのテクノロジーによってシミュレーションされた『ノイズ』による偽造のETイベントを行う事により、実際の『健全(自然)』な、本当のET現象を圧倒してしまい、民間のUFO研究コミュニティは、嘘(ニセ)の誤ったケースを追跡する事になり、彼らは正しい路線から投げ出されてしまうだけでなく、実際のETやUFOの評判をますます悪化させる事に役立ってしまうのです。そのシナリオはより野蛮なものであり、隠れたグループの人々によって演出された誘拐事件の被害者に多くの不合理性が与えられる事となり、一般の科学やメディアの社会では、その出来事全体を『ナンセンス』だと判断して片づけてしまう事になります。このように、人間により開始された、隠れたグループによる誘拐事件は、民間のUFO研究コミュニティの『おとり』として役立つだけでなく、科学的な『重要な質問』を、メディアから受け取る事を背けさせる事にも役立ちます。それは民間のコミュニティが「作られた意図的誤報」を丸ごと信じた事から生じる、見事な腕前の結果です。

The use of reverse-engineered ET communications technology for disinformation purposes via abductions and the like also allows for the testing of such systems to evaluate their efficacy and reliability. For those who believe that the testing of such ‘non-lethal’ weapons on the civilian population by covert operations is unthinkable, remember the covert testing of radioactive substances on innocent civilians during the Cold War. In 1993, the Department Of Energy (formerly Atomic Energy Commission) and its leader, Hazel O' Leary Hazel O’Leary, released documents disclosing the fact that innocent civilians had been deliberately contaminated with plutonium and other toxic radioactive substances to simply see what the effect would be. It was reported that plutonium was actually put on the oatmeal of children in an orphanage to see what effect it would have! The same sociopathic excesses of those secret plutonium testing projects are being replayed in spades in the civilian sector with simulated ET abductions of innocent humans, so-called cattle mutilations (also largely of covert human origin) and related covert projects. We may not want to believe this, because it seems just too horrible. But the longer we live in denial, the more we will be led down the primrose path of deception and the manipulation of our minds and emotions.
その効力と信頼性の高さを強化するために、こういった誘拐事件や、そのような類のものを経由し、意図的な誤報を広める目的で作られたシステム(ETテクノロジーを再生利用したシステム)のテスト的動作確認も可能にするのです。民間集団上の秘密工作活動による『非軍事的な』武器の使用テストがどのようなものかを想像できないと思っている人々に知って欲しいのは、冷戦時代、この隠れたグループによって、無実の民間人が、放射性物質の影響を調べるテストとして使われていた事を忘れないで欲しいのです。1993年、エネルギー省(元原子力委員会)と、そのリーダー(ヘーゼル・O・レアリー・ヘーゼル・オリアリー)は、罪のない一般人が、ただ、影響をどのように受けるかを知るためだけに、プルトニウムや、その他の有毒な放射性物質を故意に使用し、環境を汚染したという事実が記されている文書も明らかになっています。プルトニウムの影響を調べるために、実際には、孤児院の施設の子供たちのオートミールに入れられたと報告されています!プルトニウムに関する、この秘密のテストプロジェクトの社会病質的な行動のやり過ぎの延長線は、現在、罪のない一般市民をターゲットにした、キャトル・ミューティレーション(主に隠れたグループの起源のもの)や、彼らと関連した隠されたプロジェクトの非軍事的エリアによる『ETの誘拐事件』によってシミュレーションされ、再生されています。私達はこういった事に恐怖さえ覚える場合もあり、とても信じられないような事実かもしれません。しかし、今後も、私達が長期にわたり、真実に対して否定的になり、知ろうとしなければ、今以上に、偽装工作のための歓楽の道や、低レベルな心や精神性、偽装操作による感情のコントロールの下へと導かれて行くでしょう。

Most disturbing are the apparent underlying motives and agendas driving these covert human projects dealing with abductions and the like. Aside from the deflective, decoy value described above, the content of the hoaxed human initiated abduction experience is decidedly negative, xenophobic, fear-inducing and anger-inducing. To what end? Could it be that both the ‘abductees’ and the millions who learn of their horrifying experiences through books, videos, TV specials and movies are being prepared to hate the ‘alien presence’ and thereby accept, somewhere down the road, the sacrifices needed to engage in interplanetary war? And who would benefit from such a ‘star wars’ scenario? The military- industrial complex. The very same interests about whom we were warned by no less a figure than 5 star general and conservative republican president Ike Eisenhower. After all, the classic uses of psychological warfare were (and are) related to preparing a civilian population to hate the enemy, and to be so animated in that direction that any sacrifice would be made to fight them. Could it be that we are now being so manipulated, so that we will collectively accept the costs of building the capability for interplanetary war – a capability which would extract trillions of dollars from the world economy?

誘拐事件や、こういったものを扱っている、隠れた人々のプロジェクトを動かす潜在的な動機や、明白な課題は、非常に気がかりなものです。上述の歪んだ『おとり』としての価値は別として、人間を騙し始めた誘拐体験の内容は、宇宙人嫌いの、恐怖と怒りという明らかなネガティブ思想へ誘導されます。一体、それは何のためなのか?本や、ビデオ、テレビ特番、そして映画を通し、宇宙人の「ゾッとするような」体験について語る『拉致被害者』の出現や、その事により、数百万人もの人々が『宇宙人の存在』を憎み始め、嫌悪し、やがて、惑星間戦争に従事するのを『必要な犠牲』だと受け入れる準備を心の中で整理して備える…という事につながるのでしょうか?そして、誰もがそのような『スター・ウォーズ』のシナリオから利益を得る事になるのでしょうか?軍隊産業複合体のように…。私達がファイブ・スターと、保守的な共和党の大統領アイク・アイゼンハワーと同様に『数字』によって警告されたのと同様に…。結局、古典的な心理的戦略は、一般大衆の中の民間集団に、敵を憎ませ、どのような犠牲でも払わせ、相手と戦わせる方向で、心構えをさせる事につながっています。(まさにそうなのです。)もしかすると私達は集合的無意識の中で、惑星間戦争を実行できるように、その機能を実現するためのコストを、自ずと受け入れられるように、私達は現在かなり操られているでしょう – それは数兆ドルを世界経済から取り込む機能としても役立っているのでしょうか?

Actually, it appears to be even worse than this.
We have learned, by investigating the ties, proclivities and beliefs of a number of people connected to abduction programs, that there is a clear aeschatological bent to their endeavors. This means that part of the agenda is serving the bizarre, religious purpose of resurrecting satan in the form of ET, and fanning the flames of a future ‘holy war’ against them, to coincide with the end of the world. I know this sounds bizarre and unbelievable (it was very difficult to accept when it first came to my attention) but it is one of the very deep, dark and frightening sub-texts of the entire ET issue. For those awaiting the end of the world with the changing of the millennium, what better vehicle than to frame the ‘final conflict’ between humanity and evil invaders from outer space? More than a few people in the UFO subculture, who present themselves as impartial scientists and / or benefactors, hold to this paradigm. And deliberate actions are being taken to fulfill it.

実際には、それは、それより一層、悪い状況のようです。私達は、誘拐プログラムにつながっている多くの人々から、実際に、その傾向や信条形態なども調査させてもらい、その結果、彼らの努力の基盤にあるものが、世界人類の最後の運命という、はっきりとした歪んだ思想がある事も知りました。この課題の一部には、ETという形でサタンを復活させる宗教的な目的にも役立ち、それが世界の終焉と一致するため、未来のための『聖戦』をあおっているという奇怪なものであるという内容も含まれていました。私は、それがあまりにも奇妙で、信じられず(初めに聞いた時は受け入れ難かった)、これが多くの人にとっては、とても信じられないような内容である事を理解していますが、実際には、それが、ET問題全体の、非常に深い部分に準備された、暗く、恐ろしいサブテキストの1つなのです。長い期間にわたって仕組まれたレールの中で、宇宙からやって来る、凶悪な侵入者と人類の間で『衝突』し、『決戦』をおこなうために、彼らのために世界の終わりを待つのでしょうか?一般市民のUFO研究家の間では、かなり多くの人々が、公平な科学者として振舞ったり、後援者となりながら、このパラダイム変換を把握しているのでしょうか。そして、その中で、良からぬパラダイム変換が果たされるために、意図的な措置が計算されているのです。

On one occasion, I had the opportunity to meet with a foreign head of state, who has an interest in this subject. Over the course of an hour and a half to 2 hour meeting, I learned, to my horror, that this leader was doing everything he could to see that the world knew about the evil, sinister and manipulative agenda of the ‘aliens’ by advancing the world’s knowledge of abductions! Worse, I was categorically informed that every set-back in human history, every international conflict, and the very basis of the non-fulfillment of human potential, since Adam and Eve, was the result of the nefarious manipulations of the ‘aliens’ ! After mostly listening politely for an hour and a half, I let this leader know that this was not at all our assessment of the situation.
ある時、私は、この件について関心のある、諸外国の元首相に会う機会がありました。その元首相との1時間半から2時間程度の話し合いの中、誘拐事件等に関する世界中の話しを進め、彼は、この世界が、悪い『エイリアン』による、不吉で、凶悪な操作の課題がある事を知っていると言い、更に、彼はそのために、彼自身がその事態を防ぐための、あらゆる事をして来たのだと語り、私はゾッとしました!更に悪い事に、彼は人間の歴史上、全ての国際紛争や、国際基盤の基礎の妨害が、アダムとイブ以来、その悪い『エイリアン』による邪悪な操作の結果なのだと断定的に私に知らせて来たのです。約1時間半の間、冷静に話しを聞き、その後、私は彼に、この状況は、私たちの判断によるものではないのだと話しました。

Later I learned of this person’s ties to fringe religious groups, and also a network of similar leaders and benefactors of abduction ‘research’ which has ties to bizarre end-of-the-world religious groups, who demonize the ET presence to fit the current religious paradigm. And the anchor for all of this is the abduction ‘phenomenon’.
後に、私は彼の人間関係のつながりの中に、ある宗教団体や、更に、その宗教団体と関係のある誘拐事件の『研究会』の後援者たちのネットワークがあるのを知り、その宗教形態に合うような形の悪魔化したETを作り上げ、世界の終末論を語る存在がいるのを知り、これが誘拐事件の『現象』の柱となっていた事を理解しました。

If the reader is not concerned by now, check your pulse.
Now, it is not clear if these bizarre beliefs are fundamental to the covert programs, or simply an intended out-growth of them. That is, it is likely that these leaders and benefactors have been manipulated into this assessment by covert projects dealing with abductions and mutilations, and they have created a way to fit the ‘reality’ of abductions into their religious belief systems, as it pertains to the ‘end times’. Such persons may themselves be victims of manipulation, and they are responding to the ‘content’ of the ‘abduction syndrome’ in a predictable way, given their religious beliefs.

今、あなたが何とも思っていないというなら、あなたの脈の状態をチェックしてみて下さい。さて、これらの奇妙な信念形態が、隠れている人々によるプログラムか、または単に彼らの意図した結果なのか、そのどちらかなのかは、定かではありません。つまり、誘拐事件や終末論を扱う隠れた人々によるプロジェクトによって、こういった首相等の世界のリーダーたちや後援者たちが、こういった判断によって操られている可能性は十分にあります。それが『世界の終末論』に関係し、誘拐事件の『現実』を、宗教的な信念形態のシステムにはめ込んだという事は実にあり得る話しです。そうであるなら、彼らは情報操作の犠牲者である可能性があり、彼らは自分たちの宗教的信念形態を、彼らが予測できる方向に沿って、『誘拐症候群』の『内容』に反応して動いているに過ぎません。

Nevertheless, the deception, hoax and manipulation which all of this represents is effective, because most humans are, alas, easily deceived and especially vulnerable to manipulations of their fears of ‘invasion’. Since cave man and tribal times, to the war in Bosnia of the 1990s, one of the basic fears of peoples around the world has been that of invasion, and (no coincidence) the abduction of women and children by the invaders. It is such a basic fear, that it is easily manipulated. We would suggest that this primal fear of abduction, rooted in the ancient collective history and consciousness of humanity, has been used to skillfully manipulate and inflame the fears of extraterrestrial life forms.
それでも、大部分の人間が、こうも簡単に騙されてしまい、特に『侵略』の恐怖に関する情報操作に弱いために、これらの全てが意図する偽装工作や、デマ、および情報操作は効果的なものです。穴居人や部族がいた時代から、1990年代のボスニア戦争時代に至るまで、世界中の民族の基本的な恐れの1つとなっているのは、侵略と侵入者たちによる、女性と子供たちの誘拐(偶然の一致ではなく)なのです。こういったものが基本的な恐怖にあるので、簡単に操作されてしまうのです。私達は人類の歴史上、古代から総体的に意識に根ざす、この第一の『恐怖』から、巧みに地球外知的生命体に対する恐れをあおり、炎上させてしまう傾向に用いられているのでしょう。

We have, collectively, been all too willing to take this bait.
Even the lexicon developed in the UFO subculture – the ‘abduction by aliens’ – is inherently xenophobic and draws sweeping conclusions about the ET presence, which are unwarranted by the objective facts. And we have learned that when others, who have done their homework on covert capabilities in this regard, have attempted to point this possibility out to the UFO community, they have been shouted down and ultimately black-balled from events. The true-believers in the abduction scenario do not want to consider that there are covert capabilities (and have been for decades) which can simulate an ‘alien abduction’, totally using reverse-engineered ET technologies.

私達は、集合無意識的に、この罠に上手くかかり過ぎているのです。語彙さえ、UFOサブカルチャーで開発されるのです – 『エイリアンによる誘拐』 – 本質的に宇宙人嫌いで、エイリアン恐怖症の人々の周囲には、そういった結論を全体的に描いてしまうのです(客観的な事実では保証できないとしても)。そして、ある人物が、この件について、隠れた機能における、彼らの課題をUFOコミュニティに説明しようとした時、彼らはそのイベントに関して大声で怒鳴りつけて黙らせ、最終的に反対投票させたという事態を私達は知ったのです。誘拐事件のシナリオの本物の信仰者たちは、リバースエンジニアリングしたETテクノロジーを完璧に使いこなし、『宇宙人による誘拐』をシミュレーションしている隠れた機能(が、数十年以上続いている)とは考えたくないのです。

How do we know about these capabilities? Research, investigation, interviewing knowledgeable people who have had involvement with these technologies, and personal experience. Over a 3-4 year period, we have interviewed individuals with top-secret clearances in areas related to electronic mind control and related technologies. What we have learned is best summarized by a statement from Officer W-1: ‘ Technologies exist, which are ready, off-the-shelf capable, and which can fit in a panel truck or on an antennae in a city, which can totally induce an experience. If it is desired, a targeted person – or group of people – can be made to have a conversation with their personal God, and they will believe it is real, and they will pass a lie detector that it is real, because for them it is real…’
私達はどのようにこれらの機能を知ったのだと思いますか?これらのテクノロジーと関係する研究者や、個々人や経験者、そして知識のある人々に会い、調査をおこなったのです。私達は3〜4年間で、電子的マインド・コントロールと関連した部門の最高機密や、関連するテクノロジーに関し、その各個人にインタビューしました。私達が学んだものは、W-1の役員からの声明によって、最も良い形でまとめる事が出来ます:『テクノロジーは存在します。そして準備も出来ています。それは有能な機器であり、いつでも即、購入でき、それはパネルトラックをはめ込む事ができ、体験を誘導し、引き起こす事もでき、アンテナにもなります。』ターゲットになった人やグループは、彼らの個人的な神と会話をさせる事もでき、彼らは、それが本物であると信じ、仮に彼らが嘘発見器にかかったとしても、パスするでしょう。彼らにとっては、それが本当なのですから…。

We have identified people who recall, despite chemical ‘deprogramming ‘ over a three day period, being in special para-military units and being ‘abductors’. That is, these individuals were used to ‘abduct’ civilians, in an elaborate and technologically exotic hoax. These humans were the abductors, not the extraterrestrials. But the technology, reverse-engineered from the ETs, is so good, that unless one knew to look for a hoax this good, one would be forever deceived.
私達は、3日間にわたり、科学的にも『洗脳解除』を行ったにも関わらず、特別な準軍事部門において、自分自身が『誘拐犯』であった事を思い出す人々を特定できました。彼らは実に巧妙な手口を使い、技術的にもエキゾチックなデマを流し、一般市民を『誘拐』し慣れていたのです。つまり、彼らは地球外生物ではなく、誘拐犯だったのです。しかしETから奪ったテクノロジー(の再生技術)は非常に優れているため、彼らが見事なデマを作っている事を知らない限り、人々は永遠に騙され続けるでしょう。

And yes, these projects have had the capability for decades to place ‘implants’ into humans (and animals) for the purpose of not only tracking and reconnaissance, but for inducing specific experiences.
そして、彼らのプロジェクトは、追跡や調査のために存在するのではなく、特定の体験を経験させるために、人(や動物)に『インプラント』を入れ込み、数十年間、機能させる事が出来るのです。

Worse yet, these capabilities have been used to ‘abduct’, intimidate and deceive world leaders on this subject, and to specifically get them to maintain the secret status of these programs.
更に悪いことに、こういったテクノロジーや機能は、このテーマ上で、世界中のリーダーを『誘拐』し、脅迫し、そして見事に騙し、彼らのプログラムの秘密を維持させるために使われているのです。

Specifically, the abduction of a certain past MAJOR world leader was orchestrated by covert forces attempting to end a planned disclosure on this subject by this leader, the US President, the head of the USSR and others. A first hand witness, who is friends with this world leader and is himself a head of state, has related the details of this abduction to me personally. It was an effective, if horrible attempt to frighten these world leaders into ending their plans to disclose the UFO information to the world at the end of the cold war. Both this world leader, and the head of state and friend who related this to me, did not know that this event was done by covert human forces. They thought it was an actual alien abduction!
特に、過去に起こったMAJORな、とある世界的リーダーの誘拐は、当人を含め、米国大統領や、ソ連のトップたちに、この課題に関する計画されたディスクロージャーを終わらせようとする隠れた人間たちの力によって組織化されたのです。この世界的リーダーの友人でもある、とある国の元首相は、その誘拐事件の直接の目撃者でもあり、この事件の詳細を、個人的に私に知らせてくれたのです。その詳細内容とは、これらの世界的リーダーたちを脅し、戦争を引き起こさせ、大戦争の末、世界中の人々にUFO情報を表に見せないようにするという、恐ろしく効果的な計画だったのです。こういった世界的リーダーたちに潜在的に潜む危険な問題や、私とつながりを持った元首相や友人たちが、隠れている人々によって、このイベントが行われていると知っていたわけではありません。彼らは、実際、こういった誘拐事件は、宇宙人によるものであったと思っていたのです!

And the message offered to this world leader, by these hoaxed aliens? ‘Cease your plans to disclose our presence to the world, or we can and will abduct every world leader involved…’ How convenient. Notwithstanding the fact that in this same time frame ET craft were being seen in a massive wave in Belgium, and one would soon begin in the volcanic zone of Mexico and around Mexico City, we are to believe that the ETs would abduct a world leader to hide their presence!
そして、多くのメッセージが、作られた偽エイリアンによって、こういった世界的リーダーたちに伝わっていたのでしょうか?『私達(エイリアン)の存在を、世界中の人々に、公表しようとする、その計画を取りやめろ。さもなければ、私達は関係のある、あらゆる世界的リーダー達を誘拐する事を可能にするだろう…』何て都合の良い、便利な話しなのか…。こういったメッセージが伝わったと同時期、ETの乗り物(フレーム)が、ベルギーの大規模な津波の際に見られ、また、メキシコ市街やメキシコの火山地帯でも始まり、私達はETが本当に彼ら自身の存在を表世界から隠すために、世界的リーダーを誘拐するであろうと信じる事になったのです!

This, I am told, ‘blew up like an atomic bomb in the White House’, and all plans to effect a disclosure on this subject were ended, forthwith and forever.

私はこれを、『ホワイトハウスの原子爆弾のような爆発』だと話し、この種のディスクロージャー(情報開示)をもたらすための、あらゆる計画は即座に、そして永久に取り止める事になったのです。

Recently, I have learned of a group of researchers who have independently identified a covert operative who was involved in ‘abducting’ a woman in California and who was, not coincidentally, in the security detail for the world leader the night of the ‘alien abduction’. It does not take a rocket scientist to see what the agenda is here, and how all of us have been manipulated into a belief in the ‘abduction syndrome’, and our leaders intimidated into inaction.
近年、カリフォルニアの、女性に関する『エイリアン誘拐事件の夜』の、世界のリーダーたちに関するセキュリティ内容の詳細で、隠れているスパイを特定した、研究グループを知りました。一体、その課題とは何なのか、そして、私達全員がどのように『誘拐事件症候群』になり、すっかり信じ込んで操られるのか、そして、私達のリーダーが活動出来ないように、脅されるのか、私達はロケット製造科学技術を全く必要としないまま、それを理解出来るのです。

I realize that this information is harder to accept than (even) the idea that we are being visited by extraterrestrial life forms. But that is the point. These secret projects are so bizarre and sociopathic, that they are their own best cover. Who would believe it? And by manipulating the images and ideas in the public domain on this subject, we are led to either disgust and rejection of the entire phenomenon, or to anger and hate toward the visitors. How convenient….
この情報は、地球外生命体がこの地球を訪れているという発想よりも、受け入れ難い事に気づくでしょう。しかし、ここがポイントなのです。これらの秘密のプロジェクトはとても奇妙であり、社会病質的でさえあり、この話し自体が彼らにとって、最もベストな『隠れみの』になるのです。誰がこれに気付くのでしょうか?そして、この種の公有のイメージやアイデアを操作する事で、私達は地球外の訪問者に対し、この事件や現象全体に対し、嫌悪感や拒絶感や、あるいは怒りや憎しみの感情に導かれるのです。これは彼らにとって、何て便利なシステムになるのでしょうか…

It is time for the civilian research community to get serious about this matter. We must do our homework, and ask the hard questions. We must become knowledgeable regarding what the true covert human capabilities are, and man induced abductions. We must be more restrained and cautious, and avoid sweeping, paranoic pronouncements regarding so called ‘alien agendas’, since the events upon which we base such assumptions may be of a very human origin.
民間の研究コミュニティは、この問題について、今、本当に、真面目に、考えなければならないのです。私達はこの宿題に対し、難解な質問や回答を出していかなければなりません。私達は、本当に隠れている人々の機能について、理解し、博識になり、人間が誘拐を引き起こしているという事を知る必要があるのです。こういったイベントは、人間が引き起こしている可能性がある事を知り、私達はこれを阻止する必要があり、同時に用心深くなり、いわゆる広範囲な『エイリアン路線』に対し、妄想的で偏執病的な発言を避けなければならないのです。

From what we have learned from first hand witnesses to covert capabilities, covert reverse-engineering projects, and covert human abductions, we need to take another very hard look at the entire ‘alien abduction’ syndrome, as it is currently described. I believe that the entire data base on this matter has to be taken apart and rebuilt, using a more inclusive cosmology, which includes not only ET/Human interactions, but also, other experiences as described earlier, and, most importantly, covert human capabilities and disinformation programs.
私達は直接、目撃者たちから、隠れている人々の機能や、(ETテクノロジーを盗んでいる)隠れている再生技術プロジェクトや、隠れている人々の誘拐偽造工作まで学び、その内容から説明できるのは、私達は全ての『エイリアンの誘拐』症候群の、もう一つの側面に対し、非常に鋭い視点を持つ必要があるという事です。この問題に関する全データベースは分析しなければならず、ETと人との相互作用を含め、包括的な宇宙論を扱い、再構築の立て直しが必要だと思うと同時に、最も重要なのは、隠れている人間たちの機能やニセ情報プログラムによる体験内容があるという事です。

Not all that glitters is gold, and discerning this fact, by our leaders and the public, may determine whether we are manipulated into a future of inter-planetary conflict, or instead, choose a future of rational and peaceful engagement.
輝く全てのものがゴールドであるというわけではなく、私達は惑星間の対立という偽装工作の中で、私達の将来を彼らに操作させるのではなく、代わりに理性的で、平和的な結束の未来を、どのように選べば良いのかは、この事実を認める事の出来る、私達のリーダーや一般市民が決定できるのかもしれません。

For the sake of the earth, and the generations which follow us, I hope we are wise enough to choose peace.
Steven M. Greer M.D.

私達の後に続く、この地球上の次世代のために、私達が平和を選ぶのに十分に賢明であることを私は望んでいます。
スティーブンM.グリーア医学博士

(下記の青い枠の中の英文の和訳)
『「宇宙人による誘拐事件」は、主に隠れているプロジェクトの人々による、意図的な誤報が目的になっているアクションです。』
スティーブン・グリア博士


アブダクション


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop