神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2019年12月14日 [日々の事]

⭐Dr. Steven Greer's paper “A Harvest of Fear” 🌟⭐グリア博士の論文『恐怖の収穫』🌟

“A Harvest of Fear”
By Steven M. Greer, MD

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/a-harvest-of-fear/ 
『恐怖の収穫』
スティーブン・M・グリア博士


The pursuit of truth requires the ability to see beyond the appearance of things to the meaning and substance behind the forms. In no field of study and research is this more essential than that of UFOlogy, a field beset by mystery, partial information, misinformation and deliberate disinformation. And, alas, in no field is there so great a deficiency of this very quality.
真実の追求には、その「形」の後ろにある「意味」や、「物質を超えた理解力」が必要です。研究という形ではない学習においては、どの場合でも、例えばUFO研究や、神秘に包まれた部分を始め、局所的な情報や、誤報、そして故意に作られた意図的な誤報を含めて、本当に必要なポイントというが全く存在しない事になります。そして、どのケースにおいても、ほとんど差はありません。

Take, for example, the present climate where every rumor, fantasy and observation is given a spin to fit into the preconceived framework of “alien” sinister designs and manipulations. From abductions, to animal “mutilations” to secret goings-on at US military bases, all are described in the “sinister aliens” mold. Their pervasive, if unspoken, status quo is to place all such events, real or imaginary, in the same dark and rather frightening shadows. To depart from this conventional wisdom, this unofficial party line, is to incur the derision of those self-appointed experts who, after all, know best.
例えば、あらゆる噂や、ファンタジー、現在の気候変動、「エイリアンの」邪悪なたくらみといった話しは、情報操作の中で変則を既に予想されたものであり、その枠組に納まる話しだと思って下さい。米国軍事基地での秘密組織による動物の「切断」事件や「誘拐」事件、それらはすべて「不吉なエイリアン」タイプの話しの中で説明されます。無言の中で普及した、こういった現状は、真実、架空の、すべての出来事を、同じように暗く、恐ろしい話しに変えてしまいます。この常識(非公開の基本内容)からかけ離れてしまうと、最終的には、最も知られる「自称専門家」たちから嘲笑を受ける事になります。

It would appear that the UFO hysteria pendulum has swung full cycle: If the 1950s were the era of the gorgeous Venusians, space gods and saviors from the galactic federation, the past decade has brought us to the age of sinister “aliens” snatching mother and child alike from their bedrooms, harvesting cattle, cats, dogs and even fetuses for obviously nefarious purposes, and the collaboration of military fascists and “aliens” in a plan to dominate the Earth! For the most part, those who claim to be objective UFO “abduction” researchers, as well as UFO journalists and authors, have been swept up in this hysteria, this harvest of fear.
UFOヒステリー(病的な興奮)のペンデュラムが、完全なサイクルを揺り動かしたように見えます:1950年代が、「銀河連邦からやって来た素晴らしい金星人」や、「宇宙の神や救世主」の時代であったならば、過去10年間は、私達、母や子をベッドルームから誘い出し、不吉な「エイリアン」の時代に連れ出された時代でもあります。牛や、猫、犬や胎児などが、明らかに邪悪な目的のために寄せ集められ、「不吉なエイリアン」たちは、軍隊のファシストたちの協力を得ながら、地球を支配している…といった話しです!その大部分では、UFOの「誘拐」に関する「客観的な研究者」だと主張する人々や、UFOジャーナリストや、作家たちは、このUFOヒステリー(恐怖の収穫)の中で一掃されました。

Even those who sincerely intend to “just describe the facts” are affected by the dominant milieu of fear, negativity and hysteria. Words such as victim, abducted, alien, mutilation, rape, sinister, disturbing, alarming, deception, controlling, manipulative, evil, and so on are accepted as automatic members of the UFO lexicon at once mandatory and unquestioned. There is an abundance of automatic interpretations and a real lack of deep analysis, which leaves us with nearly unquestioned – and unchallenged – conclusions, which are uniformly negative.
心から「事実を説明」しようとする人々でさえ、支配的な恐怖や否定性、そしてネガティブなヒステリーの環境から影響を受けてしまいます。犠牲者のような言葉や、誘拐、エイリアン、切断、強姦、不吉、不穏、気掛かりな操作、詐欺、コントロール、技術、悪事、その他は、即座に、問題視されていないUFO語の1つとしてカウントされてしまいます。人々の豊かな自動的解釈により、本当の深い分析能力が不足してしまい、それは、ほとんど問題にもされないものに結び付き、私達から切り離され、放置され、… そして、問題にされなくなった結果として … 平均してネガティブなものになります。

Rather than objectively collecting facts, analyzing trends and making intelligent plans for future research and UFO-human interactions, there exists an increasingly powerful machine of hysteria bringing forth a harvest of fear. And facts which do not fit into this fear and negativity paradigm are either ignored or deliberately debunked as “alien” screen memories and deception.
客観的に事実を集め、その傾向を分析し、未来に向けて研究を行ったり、UFOと人間との相互作用の知的なプランを立てるというよりはむしろ、恐怖の収穫を獲得するヒステリーが、強力なマシンとして存続しています。そして、この恐怖と消極的なパラダイムに適合しないものは、事実、無視されるか、あるいは「エイリアンの」パラダイム記録の偽装作品として、意図的に暴露されます。

The real victim in all this, of course: Truth.
Truth is hard to discern amid the din of hysteria and the clouds of fear currently holding sway over the UFO community. Events are prone to misinterpretation and even censure in this environment, and those facts which do survive intact are nonetheless presented with a patina of fear and paranoia. The danger in all of this is that we may perpetuate a trend which, while initially false, may create its own reality – and its own future conflicts.

これらの本当の犠牲者とは何か?もちろん:「真実」です。
雑音のような病的反応(ヒステリー)や、現在のUFOコミュニティに君臨している、支配の恐怖の雲の中では、真実は認識しづらいものです。このイベントは、この環境下では、誤解や非難されるような事態にさえ、陥りやすい傾向があり、それにも関わらず、そっくりそのまま形を残す「それ事態」は、恐怖とパラノイアの青錆という形で示されます。この中で見られる、あらゆる危険とは、私達がまず始めに、「誤った認識」を持ちながら、「事実を現実に引き起こし」、それを「永続させてしまう」かもしれないという点です…そして、それ自身が将来的に矛盾を包括し、紛争の種を持つのです。


We must give serious thought and much reflection to this matter, for to do otherwise may result in serious and potentially catastrophic consequences for not only humanity as a whole, but for individual observers of the UFO phenomenon as well. Indeed, we do create our own reality, and we must contemplate deeply what reality may be.
私達はこの問題について真剣に考察し、多くの熟考を重ねなければなりません。というのは、UFO現象の個々の監視者さえも置かず、熟考を重ねなければ、人類全体にとって、重大かつ潜在的に壊滅的な結果を生じる場合があるからです。私達は、現実が何であるかを深く熟考しなければなりませんし、私達は本当に、私達自身の現実を作っているのです。

Beyond those other sweeping if not abstract concerns, there is the more immediate and ethical question of what all of this hysteria is doing to the numerous innocent percipients of the UFO phenomenon. Aside from the fact that the trust is being continuously if not unintentionally distorted, those individuals who have had close interactions (a.k.a. “abductees” and “contactees”) with UFOs and their occupants are being forced, at times cruelly, to deny any positive or edifying aspects of their encounters, and are left to dwell only on the frightening and negative aspects of the experience. Is this common?
抽象的な懸念とまではいかないにしても、広範囲な懸念を超えて、この病的なヒステリー状態の全てが、多数のUFO現象にある、純真な知覚と意識の力に与えてしまっているという、差し迫った倫理問題があります。故意でなくでないにしても、継続的に信用状況が歪んでいるという事実は別として、近い相互作用を持つ、各個人(別名:「占有者」を持つUFOや、その「被誘拐者」と「被コンタクター」)は強制的に意識を誘導されているのです。それは各ケースで遭遇するポジティブなケースであっても、否定するために、時々、残酷に、そして、この経験の恐ろしさや、ネガティブな面だけを考えるように強制されます。これは一般的に見て、普通だと言える事なのでしょうか?

Exceedingly so! We have interviewed several individuals who have stated that so called “abduction researchers” not only enforced a certain negative and fear-engendering interpretation of their experiences, but go further and actually “throw out” any aspects of the experience which do not fit this preconceived “fear paradigm”. That is, positive, loving, healing and edifying experiences with ET beings are either ignored or deemed screen memories which only constitute a further sinister deception by the ETs. Objectively, open – mindedness – and the truth – are cast away so that these experiences may be fit into a framework of preconceived (if unstated) negative conclusions. On the one hand these researchers will go to great lengths to establish the credibility and veracity of their subjects, only to turn around and ignore or actively debunk those aspects of the experience which do not fit the researchers’ own paradigm.
そうなのです!私達は、いわゆる「誘拐研究者」たちが、経験の中で特定するネガティブ性や、恐怖を生じさせるような解釈を強制する事はなかった…と述べる何名かに、個人的にインタビューしましたが、私達は更に遠くまで出かけ、実際には、この予想可能な「恐怖の方法論」に合わない体験者の経験は「削り取ってしまう」のだと語る数名の研究者たちに出会いました。つまり、優しく、愛情深く、癒しを与えるポジティブなETとの経験は「無視」されたり、更に、不吉なETを偽装しているのだとする、「隠蔽パラダイム」だとみなしてしまうのです。客観的に聞いて下さい。「心」と「真実」。これらの経験が、前もって予測され、考えられなければ、ネガティブな結論の枠組内に、適当な形ではめ込まれるのだという事です。一方、こういった研究者たちは、自身の信憑性と真実味を確立するために、どんな事でもするのです。話しをそらしたり、研究者自身の理論に合わないような経験の側面は無視するか、あるいは、懸命にそれを偽りだとして、暴くのです。

If we are to pick and choose among the facts of these cases, could we not just as well contend that the negative experiences are the “screen memories” triggered by the individual’s own internal fears and insecurities while the edifying and spiritual memories are the “true” ones? If we are to pick and choose among the facts, why not just take the happy alternative? Indeed, one alternative is just as dishonest and dangerous as the other, and both should be avoided. It is imperative that we accept – and report – all the facts, and then analyze their meaning in a calm and non-hysterical manner.
私達がこれらのケースの事実から、念入りに選ぶには、私達は、それをクローズアップし、精神面での記憶が「真実のもの」であると同時に、その経験者自身の内面の恐怖や不安から引き起こされた、ネガティブな経験が「スクリーンメモリー(隠蔽記憶)」であると、正に同じくらい、主張する事は出来ないでしょうか?私達が事実に対し、念入りに考察する際、なぜ、幸せな方の選択を選ばないのでしょうか?正に、一方の選択肢は、他と同じくらい不正直で危険であり、両方とも避けなければなりません。私達が受け入れるものは必須のものであり、それは報告や、すべての事実、そして、ヒステリー状態ではない、静かな方法で、その事実の「意味」を分析するのです。

With the information and experiences we collectively possess thus far, we can neither proclaim the ET beings to be sinister Darth Vader space conquerors, nor can we assert that they are perfect space gods. Our polarization on this question is one of the chief manifestations of a collective hysteria which is at once pervasive and unproductive. And the greatest task facing us is the elimination of this hysteria and the transcendence of our own fear.
私達が今まで所有している情報や経験を集めたものの中では、ETたちを不吉なダース・ベーダー(宇宙の征服者)、あるいは宇宙の完璧な神であると断言する事は出来ません。この問題に関する私達の分極点は、総体的に非生産的であるヒステリーが普及しているのが主な徴候の1つです。そして、私達が向き合うべき最も大きな仕事は、このヒステリーの除去と、私達自身の恐れを超越する事なのです。

From:
“Extraterrestrial Contact: The Evidence and Implications” by Steven M. Greer, MD

スティーブン.M.グリーア博士「地球外知的生命体/コンタクト」:「証拠と意味」から

Sky


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop