神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2020年01月03日 [日々の事]

🌹Dr. Steven Greer’s Paper “Disclosure and Transformation”🌎🌹スティーブン・グリア博士の論文『地球の転換』🌎

Disclosure and Transformation: Why Disclosure of the UFO/ET Subject Matters.
Copyright © 1999 Steven M. Greer M.D.

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/disclosure-and-transformation-why-disclosure-of-the-ufoet-subject-matters/
『ディスクロージャーと地球の転換:なぜUFO/ETについての主題を公開する事が必要なのか。』
転写禁止1999年 スティーブン・M・グリア博士

https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/disclosure-and-transformation-why-disclosure-of-the-ufoet-subject-matters/

Amid the clamor of a world hurtling towards the next century, a great secret has been kept from humanity which may hold the key to our future. This secret is hidden in plain sight and yet remains unacknowledged by most. It is discussed widely in popular culture – but its import and meaning remain elusive.
次世代に向かって突き進む、この騒々しい世界の中で、私達の未来の鍵を握る巨大な秘密が、人類に知られる事なく、隠され続けながら存在している。この秘密は私達の明白な視野の中に隠されているにもかかわらず、ほとんどの人々に認識されていないまま存在している。それは、大衆文化の中で広く議論されつつ、その意味や重要性は、依然、とらえどころのない姿になっている。

In a world swimming in new high-tech billionaires and Internet moguls, we yet use a basic infrastructure – combustible fuels – which is a holdover from the 1800s. And it threatens all that we are and all that we can be as it incinerates our future in a sea of pollution, in a world of increasing haves and have nots.
新たに出現したハイテク億万長者やインターネット長者が誕生する世界で、私達は1800年代から未だに残存物の基盤インフラである可燃物を使い続けている。それは私達の未来を焼却し、灰にしながら、海を汚染し、富を持つ者を益々豊かにする世界の中で、私達の生存と可能性の全てを脅かしている。

In a world where the richest 250 people have the wealth of half of the world’s population and where our current direction can only lead to some eventual termination in a great grey cloud of smoke, what does it matter that we are not alone in the universe – and have been visited already?
世界で最も豊かな金持ちの250人が、世界中の富の半分以上を所有し、私達の行く先が灰色の煙の中で、最後の終わりに向かおうとする中、私達が宇宙で孤独ではない事が、どれだけ重要な事だと思えるのか…。そして、彼らは既にこの地球に訪れているのだろうか?

Indeed. What does it matter?
Because in that secret lies a great hope and a great promise. We see a vision not of termination and hopelessness as the current millennium rolls into the next. We see a time in which the current malaise and seemingly hopeless problems of the world are transformed into another time. One of hope and a sustainable civilization. One in which we can actually envision a global and technologically advanced society which can evolve and continue for many centuries – not terminate in the next.

本当に。何が問題なのだろうか?その秘密は、人類の大きな希望と大きな約束が含まれているのだ。現在の千年期が、次の千年期に入る時、私達は1つの光景を目にする。それは人類の終わりや絶望などではなく、現在の混乱や、絶望的に思えるような諸問題が、新しい時間に転換される、持続可能な文明の望みのある光景です。私達は、実際、進化する事ができ、何世紀もの間持続する、高度な世界的技術で構成される社会。それは心に描く事のできる世界であり、次世代で終わる事はありません。

The good news is that we know how to do this. The answers exist already and that bright future awaits us. The sad news is that, among the apathy and distractions of the current milieu, we find these answers withheld from view. It is an invisible future – which is here already, but hidden. Do we have the stamina and fortitude to bring it out?
I awakened this morning thinking of these and many other things.

良いニュースとしては、私達が、それをどのように実現すれば良いかを知っている事です。その答えは既に存在し、その輝かしい未来は私達を待っているのです。悲しいニュースとしては、無気力と無関心が充満する今の環境の中で、その答えが人々の目から隠され続けている事を私達が知っている事なのです。それはすでにここにあるものの、隠されながら、気づけない未来なのです。私達はそれを引き出すだけの気力や、強靱な精神を備えているだろうか?私は今朝、この事や、他の様々な事を考えながら目を覚ましたのです。

How do I explain to my children why daddy is foregoing $200,000 a year in income to pursue such a goal? How do I convey the purpose of an undertaking which has taken me all over the world, meeting with heads of state, generals, admirals and titans of industry to build support for such a disclosure? Having seen one of my closest friends and my most important co-worker die in the past year while striving to attain this goal, how can I stop moving forward? Since being diagnosed with cancer myself during the same time Shari Adamiak was struggling with hers, the question arises ‘What should I do with my life?’.
私は自分の子供達に、パパがなぜ、こういった目標を達成するために、本来、受け取るべき、年間20 万ドルもの高収入を受け取らずにいるのかを、どのように説明したら良いのか?そして、私は世界中を駆け巡り、大企業の社長たちや、各国の首相たち、将軍たち、提督たち、長官たちに直接会い、このような目的のある、ディスクロージャー活動への支持を、どのように得たら良いのか?この目標を達成するために努力を重ねる間、この1年の間で、私の最も親しい親友と、私の最も重要な同僚が、この世を去り、どうしたら私は、活動を止める事が出来るのだろうか?シャーリー・アダミークが癌と闘っていた同じ時期に、私自身も癌と診断された。それ以来、私は『私は私の人生をどうするべきなのか?』と自分に質問を投げかけ続けた。

For eight years we have striven for this vision. Of course, it would be easier to live a regular sort of life pursuing career, money and the like. But isn’t it precisely because that is what nearly everyone is doing that the world is in the state we find it today?
この8年間、私達はこの目標を実現するために努力を重ねました。もちろん、キャリアや、お金といった、一般的な生き方を送る方が、はるかに優しかっただろう。しかし、それこそが、多くの人々がそのように生き、世界を今日見られる状態にしてしまった原因ではなかったのか?

So for my children and all those who wonder – and worry – about this struggle, about its risks and who may ask ‘Why bother?’, I must share this vision:
そして、私は子供たちのために、そして、この問題や、この危険性、この苦闘、そしてリスクについて知りたいと考え、そして心配している全ての人々のために、そしてまた、『わざわざ、どうして、そんな大変な事をするのか?』と訊ねたい人々のために、私はこのビジョンを共有し、話す必要があるでしょう:

●Of a time when we know we are not alone and indeed are being visited already – and suddenly the earth is a very small blue island in the vast universe and we are all family upon her.
●私達は孤独ではなく、私達は既に地球外の存在たちから訪問を受けている事を知らなければならない時期にあり、地球は突然、広大な宇宙の中に存在する、とても小さな青い島になり、私達はみんな、彼女の星(地球)に住む、1つの家族となるのです。

●Of a time when the people and their representatives have stood up to the forces of exploitation and covert abuse of power and have finally fulfilled the promise of democracy and an open and free society.
●人々や、その代表たちは、搾取勢力と権力の密かな濫用に立ち向かい、最終的には、オープンな民主主義と自由な社会を実現する約束が果たされます。

●Of a time when the one trillion dollar military/industrial complex will be transformed into an engine to advance all the peoples of the world, not destroy them.
●1兆ドルの軍隊産業複合体は、その時期を迎える時、世界のすべての人々を向上させるための推進力に変転されるため、滅ぼす必要はないのです。

●Of a time when the technologies of extraterrestrial origin, already figured out and operational in covert projects funded by the people, will be disclosed and owned by all.
●人々の資金で賄われた闇のプロジェクトが、その仕組みを明らかにし、使用可能な地球外起源のテクノロジーが公開され、すべての人々が使えるようになるでしょう。

●Of a time when, by these advancements, each home and each village can have its own source of energy which consumes no fuel and pollutes not the air, the water or the land.
●これらの進歩によって、どの家も、どの村も、燃料を全く必要とせずに、空気、水、または土壌を汚さず、そのもの自身がエネルギーを生成する事が出来るようになります。

●Of a time when the third world will be freed from the poverty which the limited resources and costs of energy ensure – and will take its place equally among the prosperous nations of the northern hemisphere.
●第三世界が、限られた資源や、エネルギーのコストからもたらされる貧困から解放され、その結果、北半球の繁栄している国家群と同等の地位を持つようになるでしょう。

●Of a time when we will utilize space to explore and discover, not as the next launching pad for warfare.
●私達は、戦争のための新たな発射台としてではなく、探求と発見のために、宇宙を活用する事が出来るようになるでしょう。

●Of a time when we can see our children’s children’s children living and growing in a world free of the specter of environmental holocaust.
●私達の子供達の、子供達の、子供達が、大規模な環境破壊という恐ろしい世界から解放され、安心して暮らせ、成長していく事が出来るようになるのです。

●Of a time when the earth and her people will take their place peacefully among other planetary peoples, joining in an evolutionary spiral which endures for millennia.
●地球と、この星(彼女)の人々が、数千年間続く、進化のスパイラルの中に入り、他惑星の存在たちの仲間入りをする事ができ、平和に彼ら自身の住まいを確保できるようになるでしょう。

●Of a time when the millions of acres of fertile farm land now under highways will be freed to be nurtured for better uses, as we float silently from place to place in devices currently held hostage in underground facilities.
●現在、ハイウェイの下に埋もれている、数百万エーカーの肥沃な農地が解放され、活用されるために、耕される。今はまだ、地下施設で、人質に押さえされているが、ここに隠されている装置に乗り、静かに浮遊しながら、あちこちに移動する事が出来るようになります。

●Of a time when the ugliness of transmission lines and power plants and nuclear waste will vanish into irrelevance as we each utilize power sources in our homes and offices which are free- standing and non-polluting.
●私達が各家庭や、オフィスで電源を利用する時、それ自身がエネルギー生成できる無公害のものが使われるようになり、見苦しい送電線や発電所、核廃棄物は、不適切なものとして、姿を消すようになります。

●Of a time when no rain forest will need to be cut down or burned for firewood and minimally productive farmland since the means of energy and production will forever quench that inferno.
●どこの熱帯雨林地帯も、木が切り倒されたり、エネルギーの原料として、生産力の低い農地に薪として燃やされたりする必要がなくなり、新たに生まれるエネルギー生産方法によって、大火災などから、永久に解放されるようになります。

●Of a time when the great want and injustice of severe poverty, which breeds so much social unrest and suffering, will be replaced by a culture of abundance, not a zero sum game of greed.
●多くの社会不安や苦しみを生む、厳しい貧困という大きな窮乏や不正が、強欲なゼロサムゲームではなくなり、豊かな文化に転換されるようになります。

●Of a time when the exploration of mind and human potential will replace the exploitation of others.
●心(精神)と人間の潜在能力の探求により、他者を搾取する文化がなくなるようになります。

●Of a time of collective security when the people of the world will vow to enforce a peace which is inviolate – and universal – and will let no leader or group invade or exploit another.
●世界中の人々が、神聖で、普遍的な平和を実現する事を誓い、どのリーダーたちや、どのグループに対しても、他者への侵略や搾取を許さないようになり、集団的安全保障を実現するようになります。

●Of a time when all beings, human or otherwise, are respected and protected equally for the reality of their inner being, not judged by their race or sex or other external qualities. Not even their planet of origin.
For such a time, some effort is warranted. Some sacrifice justified.

●人間、または形の違う、あらゆる生き物たちが、外面の形に判断されるのではなく、内面的あり方の本質に、等しく敬意が払われるようになり、保護されるようになります。どこの惑星の出身であるかさえも問題にはなりません。このような世界のための、何らかの努力は当然になり、ある程度の犠牲も正当化されるようになります。

We have one last hill to climb and then this vision will be reality. We are only one step away from creating this. The means exist to do it. The technologies already lie in wait. The knowledge of what must be done is obvious. The world is wired increasingly into an organic whole.
私達が、あと1つ、最後の丘を乗り越えると、これらの光景が現実になるでしょう。私達が、これを実現するまで、あと、ほんの1歩なのです。これを実現するために、その方法としてのテクノロジーがあり、すでに待機状態にあります。何をしなければならないかに関する知識は明らかです。世界は有機的な一体感の中に、益々、つながるでしょう。

A friend told me a story related to him by Col. Philip Corso before he passed away. Sometime in the 1950s or early 1960s, he was at Holoman Air Force Base/ White Sands Missile Range during a landing of an extraterrestrial spacecraft. There was an exchange between the ET s and the military and at one point Col. Corso, in typical American military fashion, asked, with regard to open ET cooperation, “What’s in it for me?”. The ET responded: ” A better world – if you can take it…”
私の友人が、生前のフィリップ・コーソ大佐から直接聞いた話を私に語ってくれた事がありました。1950 年代か、1960 年代初期のある時期、大佐がホロマン空軍基地/ホワイトサンズのミ サイル実験場にいた時、1 機の地球外の宇宙船が着陸した事がありました。この時のET たちと、軍の間には、交流が持たれました。コーソ大佐はある時点で、米国の典型的な軍人の流儀で、ET との公然たる協力関係について、こう訊ねました:『私の方には、どのような利点があるのですか?』 ET はこう 答えた:『それは、より良い世界です。あなたたちがそれを手にする事が出来るなら…。』

Now, I do not know if this story is true. I was not there. But I can see that it is exactly what the universe is saying to us: There is a better world awaiting us – and we can create it. Can we take it?
さて、私は、この話が真実かどうかは知りません。私はそこにいなかったのだから。しかし、私は、それがまさに、宇宙が私達に伝えたい事なのだとわかります:私達を待っている、より良い世界があり、私達はそれを創造する事が出来るのです。私達はそれを手にする事が出来るだろうか?

It is certainly worth a try.
Steven M. Greer, M.D.

それは、やってみる価値が、確かにあるだろう。
スティーブン・M・グリア博士


ETS


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop