神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2020年02月17日 [日々の事]

⭐Dr. Steven Greer's paper "One Universe, One People"⭐⭐スティーブン・グリア博士の論文『一つの宇宙、一つの人々』⭐

One Universe, One People
一つの宇宙、一つの人々
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/one-universe-one-people/

by Steven M. Greer, M.D.
Copyright 1991

スティーブン・グリア博士
著作権1991


One of the greatest tasks humanity has faced throughout history is the establishment of peace and unity among differing and diverse peoples. Superficial, external and cultural distinctions such as gender, race, ethnic origin, nationality, religion and so forth have long divided humanity and been the cause of much warfare and social turmoil. It is only in the last 100 or so years that humans have seriously begun to explore worldwide our points of unity and begun to overcome the barriers which have separated humanity. Central to this evolutionary process has been the dynamic of at once accepting and celebrating diversity while simultaneously seeing the fundamental oneness which all humans share.
人類が歴史を通して直面してきた、最も大きな課題の1つは、多種多様な民族間で、平和と融和を確立する事です。性別、人種、民族の起源、国籍、宗教といった表面的で、外部的、文化的な差別が、人類を長い間、分離し、多くの争いや、社会的混乱の要因となってきました。人類が、真剣に世界的融和を模索し、人類を分け隔てて障壁を克服し始めたのは、ここ100年か、その程度に過ぎないのです。この進化のプロセスへの中心にあるのは、多様性を受け入れながら、お互いに賛え合い、同時にすべての人間が共有する、基本的な一体性を見る力なのです。

This dynamic of unity – seeing with the eye of oneness – is the essential foundation for lasting world peace and prosperity, and will be the motivating principle of the next millennium. The long and painful process of overcoming prejudice and embracing humanity’s essential oneness, while by no means yet complete, has brought us to the dawn of a true world-encircling community of one people. The recognition that mankind is one, that race, nationality, gender, religion and so on are secondary to our shared humanness, may well be the crowning achievement of the 20th century.
融和の原動力、そして一体性の視点で見る事は、世界の恒久的な平和と繁栄の、最も重要な礎となり、次の千年に続く、行動原理になるでしょう。偏見に打ち勝ち、決してまだ完全ではない、1人の人間の、本質的な一体性を受け入れる、長く、痛みを伴うプロセスは、私達を本当の1人の人間として、真に世界をつなぐ事のできる、協同体の夜明けに連れて行くのです。人類が人間性を共有しながら、本来1つの存在であり、その人種や、国籍、性別、宗教観などは、私達の二次的な事態に過ぎないという認識は、おそらく20世紀最高の偉業とも呼べるでしょう。

But what does it mean to be human, essentially human, apart from a purely biological definition? Our deepest point of unity transcends race, culture, gender, profession, life roles, even level of intelligence or emotional make- up, since all these attributes vary widely among people. Rather, the foundation of human oneness is consciousness itself, the ability to be conscious, self-aware, intelligent sentient beings. All other human qualities arise from this mother of all attributes.
しかし、人間であるとは、純粋に生物学的定義を離れ、本質的に何を意味しているのか?私達がつながる最も深い点は、人種、文化、性別、職業、人生での役割、知能や感情的な気質といったレベルさえ超越しています。これらのすべての属性は、人々の間で多様であるため、むしろ、人間の一体性の基盤は、意識そのもの、すなわち、意識的で、自己を認識し、知的な感覚を持つ能力のある生き物。他のすべての人間性は、あらゆる属性のこの母体である意識から生じます。

Conscious intelligence is the root essence from which all other human qualities emanate. It is the universal and fundamentally pure canvas on which the dazzling array of human life manifests. The firmest, most enduring and transcendent foundation on which human unity is based then, is consciousness itself, for we are all sentient beings, conscious, self-aware, and intelligent. No matter how diverse two people or two cultures may be, this foundation of consciousness will enable unity to prevail, as it is the simplest yet most profound common ground which all humans share.
意識的な知性は、他のすべての人間性が生じる根源的本質です。それは、基本的に混じり気のない純粋なキャンバスであり、その上に、多くのまばゆい生命が現れるのです。私達は誰もが知覚する存在であり、意識を持ち、自己を認識し、知性を持ちます。人間の一体性が最も堅固に、永続的、かつ超越した基盤は、意識そのものです。この意識という基盤は、すべての人間が共有する最も単純な、しかし最も深い共通の土台であり、二人の人間や、二つの文化がどれほど異なっても、一体性が広く行き渡る事を可能にします。

As great as the challenges to unity have been and continue to be for humans, how much greater might this be for the emerging and embryonic relationship between humans and extraterrestrial civilizations. The superficial and cultural differences between, say, an American and a Kenyan tribesman may pale before it! If disunity and conflict arise when we look only to the differences between humans, how much greater will the potential disunity and conflict be if we are able only to focus on the points of difference between humans and extraterrestrial beings.
人間にとって、一体性への挑戦は、これまで困難であったし、これからもそれは続くかもしれません。そして、人間と地球外文明との間に生まれつつある、初期の関係性を築く困難さは、どれほど大きいか。例えばアメリカ人とケニアの部族民との間にある、表面的で、文化的な違いは、人間と地球外文明との間にある、それよりもはるかに小さいのです!私達が人間同士の違いにだけ目を向ける時、分離と衝突が生じるならば、私達が、人間と地球外知的生命体との相違点しか目に入らなければ、起こり得る不和と争いは、どれほど大きいものか。

The failed and disastrous ways of the past – of seeing only differences and foreign qualities – must give way to a new way of seeing, of seeing with the eye of oneness. This eye of oneness must be directed not only towards our fellow humans, but towards extraterrestrial people as well, for the same fundamental basis for unity which exists among humans also exists for the relationship between humans and extraterrestrials.
違いと異質性だけを見る事は、失敗してきた過去の破壊的な視覚であり、それは、新しい視覚へ、とって代わらなければならないでしょう。一体性のこの視点は、私達の仲間の人間だけでなく、地球外の人々の方へも向けられなければなりません、なぜなら、人間の間にも存在する、同じ基本的な団結の根拠は、人間と地球外生命体の関係性の中にも存在するからなのです。

The term extraterrestrial Intelligence (ETI), so curiously nondescript, wonderfully lends itself to these concepts of unity. Regardless of planet, star system or galaxy of origin, and no matter how diverse, ETIs are, essentially, intelligent, conscious, sentient beings. Humans are essentially intelligent, conscious, sentient beings. We are, essentially, one. On this basis, we may speak of one people inhabiting one universe, just as we now envision one people as children of one planet. Differences are always a matter of degree, but true unity established in consciousness is absolute. The beings currently visiting earth from other planets, while no doubt different from humans in both superficial and more profound ways, are nevertheless conscious intelligent beings.
地球外知的生命体(ETI)、特徴のないこの表現は、見事なまでに一体性の概念に適しています。スター・システム、または銀河系など、惑星を問わず、例え、どれほど多様な星に起源を持つETIであっても、本質的には、知的で、意識的で、感覚のある存在です。人間も本質的に知性を持ち、意識を持ち、知覚のある存在なのです。私達は本質的に同じ存在なのです。この基礎の上に、私達が今、丁度、1つの惑星の子供として、1人の人間をイメージするように、私達は1つの宇宙に住んでいる、1人の人間について、語る事が出来るのでしょう。違いは常に、程度の問題に過ぎませんが、意識の中に築かれている、真の一体性は絶対的です。他惑星から今、地球を訪れている存在者たちは、表面的にも、より深い意味においても、人間とは表面上、異なるにもかかわらず、間違いなく意識的知性を持つ存在なのです。

Consciousness is the basis for both human and extraterrestrial existence and is therefore the foundation for unity and communication between the various people of the universe. Beliefs may vary, biological processes may vary, assorted capacities may vary, social systems and technology may vary – but the simple thread of conscious intelligence which runs through all peoples elegantly weaves our unity. This essential unity is not subject to the trials of diversity, for it is pure, immutable and fundamental to the existence of intelligent life itself.
人間と地球外の存在の双方において、意識は基盤であるため、それは、宇宙の多様な人々を一体性の中でつなぐ事の出来る、意思疎通の基礎なのです。信念が異なっても、生物学的プロセスが異なっても、獲得した能力が異なっても、社会的システムや、テクノロジーが異なっても、すべての人種を見事につなぎ合わせる事のできる、意識的知性の単純な糸が、私達の一体性を織り成していくのです。この本質的な一体性は、純粋かつ不変であり、知的生命体の存在の基本であるため、多様性の試練を受ける事はありません。

The challenges of establishing unity among the peoples of the universe is a grand extension of the challenge of establishing unity and peace among the people of the earth. Diversity, distinction and differences must be met with mutual respect, acceptance and even celebration, while the deeper foundations of unity are held steadily in view. The eye of oneness does not exclude or reject the diversity among peoples, but relates this diversity to a paradigm of universality based in consciousness. The development of this capacity, of this kind of awareness, is the most important prerequisite for not only peace and unity among humans, but also for the peace and unity between humans and other intelligent life in the universe.
宇宙の人々の間に一体性を確立するという挑戦は、地球の人々の間に『一体性と平和を確立するという挑戦』の、壮大な拡張なのです。一体性のより深い基礎を知覚に入れ、確実にその視野を持ちながら、多様性、差別、および違いには、互いに敬意を持ち、受容や賞賛をもって対処しなければなりません。一体性の視点は、人々の間で、多様性を除いたり、拒否する事もなく、多様性の意識を根ざし、普遍的な模範と関連づけるのです。この知覚という能力の開発は、人間の間の平和や一体性にとどまらず、人間と宇宙の、他の知的生命体の間の平和と一体性にとっても、最も重要な前提条件なのです。

We must hope and pray that the errors and shortcomings humanity has manifested in its long and, as yet, incomplete march to world unity will serve as well-remembered lessons as we face the task of peacefully interacting with extraterrestrial peoples. The endless diversity which so outstanding a universe can present will only be endured by minds established in the calmness of universal consciousness. In the coming decades, centuries and millennia, it will be increasingly realized that the success of humanity’s existence will be dependent on the development of consciousness more than on any outward progress.
人類がまだ世界との一体性に至らず、不完全な長い道のりの中で、誤りと欠点を何度も示してきましたが、私達が、地球外の人々と平和的に交流するという課題に直面した時、その誤りと欠点が、素晴らしい教訓になるように、心から祈らなければなりません。見事に素晴らしい宇宙が見せる、無限の多様性には、普遍的な意識の穏やかな静けさの中で養われた精神によって、耐え得る事が出来るでしょう。これから数十年、数世紀、数千年の間に、人類の存在の素晴らしさは、どのような外面的進歩よりも、意識の開発に依存するであろう事は、ますます実感する事になります。

As there is one God which manifests one creation, so there is one God which is the source of all conscious beings, whether on earth or elsewhere. The great Universal Intelligence has sent a ray of this light of consciousness throughout all conscious beings, and we are united to God and to one another through its subtle and all-pervading effect. It is for these reasons that I state that the reality of man and the reality of other extraterrestrial peoples are one. Viewed with the eye of differences, we are diverse and unrelated, but viewed with the eye of oneness, we are more alike than dissimilar, more kindred than alien.
創造における一通りの流れを明らかにした、一種の神があるように、地球や、他のどんな場所であっても、すべての意識的な存在の起源となった、『ある神』がいます。偉大な宇宙の知性は、あらゆる意識的な存在者を介して、この意識の光りを送り届け、私達はその繊細で、浸透する働きを通して、私達は神と、互いに一つになります。人間の現実と、他の地球外の人々の現実が、同じものであると私が述べるのは、この理由から生じているためなのです。違いの視点で見れば、私達は多様であり、無関係であるけれど、一体性の視点で見れば、私達は異なった存在である以上に、類似し、他人である以上に、親類なのです。

And so it is that we must look to our inner reality to find not only our oneness with our fellow humans, but our oneness with other intelligent life in the universe as well. While ephemeral differences may confound us, our essential oneness in consciousness will never fail us. For there is one universe inhabited by one people, and we are they.
だからこそ、私達は、人間の仲間たちとの間にある、一体性だけではなく、宇宙の他の知的生命体との間にある、私達との一体性も見つけるために、私達の内側の現実に心を向ける必要があるのです。つかの間の違いが、私達を困惑させるかもしれませんが、意識における私達の本質的な一体性は、決して私達を裏切りません。そのために、各自が住む1つの宇宙があり、それ自体が私達だからなのです。

CE-5
One Univers


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop