神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2020年03月02日 [日々の事]

📜Dr. Steven Greer’s paper: “Animal “Mutilations” and the ETs”🖊📜スティーブン・グリア博士の論文:『動物の「切断」とETたち』🖊

Animal “Mutilations” and the ETs
動物の「切断」とETたち
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/animal-mutilations-and-the-ets/

by Dr. Steven Greer
Copyright 1995

スティーブン・グリア博士
1995年 著作権


The reports of livestock animals that were being dissected under strange and inexplicable circumstance first started appearing in the 1970s. Some of the incidents were associated with sightings of UFOs. The incisions on the animal carcasses demonstrated the use of sophisticated dissection techniques possibly involving laser like technology.
不可解な状況下で解剖されていた、奇妙な家畜動物の報告が、1970年代から発見されるようになりました。その事件のいくつかは、UFOの目撃例とつながっているようでした。動物の死体の切り込みは、おそらくテクノロジーを使ったようなレーザーを含む、高度な解剖技術を使用していた痕跡が見られました。

Since the initial reports, tabloid journalists and UFO investigators have bombarded us with the point of view that these dissections are cruel cattle mutilations, presumably carried out by diabolical aliens. Whether or not the ETs are involved in all the dissections, it has never been clearly established. If they were truly responsible for some of the dissections, alternative interpretations of their actions indicating positive or benign Extraterrestrial motivations are almost never discussed.
初めに出始めた報告から、おそらく邪悪なエイリアンによって実行された、残酷な牛の切断である可能性があるという、当初の報告からの見解で、タブロイド紙のジャーナリストや、UFO調査員たちは、私達を攻撃し始めました。ETたちが各解剖事件に関係しているかどうか、一度も明らかになった事はないのです。ETたちが、解剖事件に本当に関わり、責任があるのなら、ポジティブで温和な地球外知的生命体たちが示す行動の動機づけに関する解釈を議論するべきですが、実際には全く議論されていないのです。

Many of the tissues surgically removed in these incidents have rapid rates of cellular growth. These include parts of the animals containing the gastrointestinal tract or sex organs. These rapidly growing cell lines make them ideal for studying the effects of toxins. Let’s assume that the Extraterrestrials were involved in such occurrences but their actions were motivated by a desire to monitor the effects of environmental pollutants on mammalian tissues.
これらの出来事において(動物の死体から)、外科的に取り除いた組織細胞の多くには、急速に発達させるものが部分的にみられました。それらは動物の一部の消化管や生殖器官の細胞が含まれていました。急速に細胞を発達させる、その細胞株は、その動物の細胞から、毒素を検出するべき研究に値するほどです。例えば、こういった解剖事件に関して、地球外の生命体たちが関わり、彼らが、環境汚染物質の哺乳類への影響を監視してみたいという願望があったと仮定してみましょう。

The damage at the cellular level caused by such toxins could be studied from dissections of livestock. The tissue samples harvested from dissected animals could then be studied in Extraterrestrial laboratories. This more benign explanation, which I personally believe fits the facts better than the bizarre fantasy that it represents some cruel diabolical ET plot to torture and mutilate hapless farm animals, is never mentioned by the tabloids and “mutilation” researchers.
この時の家畜解剖から、細胞レベルでの、損傷原因の調べが、毒素に起因するものだとわかりました。そして、解剖した動物から集められた、細胞組織のサンプルは、地球外生命体の研究所で調べる事が出来ました。私が個人的に信じる、この温和な説明の根拠は、残酷で邪悪なETたちの策略により、不運な家畜が拷問され、切断されたのだとする、奇妙なファンタジー以上のものを語る、タブロイド紙の人々や、「切断」の専門家たちは、この問題に、決して関わろうとしないという点にあります。

CSETI and its allies are going to have to be responsible voices of reason and truth in this field because there are so many people out there who are purveying ideas of the most terrifying nature. These bizarre notions are uniformly false and demonstrably so. Speaking out for the truth is urgently needed and is part of our social responsibility as researchers in this field. We after all are not carrying out this project in a vacuum. Our fellow humans deserve to hear the truth. This is especially important because knowing the truth will likely facilitate the evolution of this planet.
CSETIや、その関係者たちは、世界で最も恐ろしいアイデアを供給している多くの人々が存在している事を知っているため、こういった問題に関して、理性を持ち、確実な真の声の存在である必要があるのです。奇怪なこれらの概念は、一様に、明らかに、間違いであるのがわかります。真実をハッキリと述べる事が至急必要であり、こういった問題に関して、私達は研究者として、社会的責任の一端を担っているのです。つまり、私達は孤立した状態で、このプロジェクトを遂行しているわけではないのです。私達の仲間は、真実を聞くに値しています。真実を知っている事が、おそらく、この惑星の進化と発展を容易にするため、これは特に重要な事です。

At a recent UFO meeting that I attended there was a discussion of what is regretfully designated as “alien cattle mutilations.” The facile tendency is to label the phenomenon such because it appears to be something gruesome. It is ergo a sign of malevolence. Well as the song goes from Porgy and Bess, ” It Taint Necessarily So”. You see I happen to prefer not to eat meat, and what I find curious about this situation is that those people who scream the loudest about these dissections, overwhelmingly eat meat 3 times a day. I somehow just don’t get it.
私が出席した最近のUFO会議で、「エイリアンの牛の切断」に関し、残念な出来事としての議論がありました。それが、ゾッとするような出来事であったため、その事件を恐ろしい何かという分類に分ける事になりました。それは、悪意の徴候です。ポギーとベス(「それは、必然的に汚れる」)の歌のようです。私は偶然にも肉を食べませんが、この状況について知りたがる人々は、これらの解剖事件について、最も騒々しく騒ぎ立てる人々で、1日3回以上、肉を食べる人が多いのです。それが何故なのかは私には全く分かりませんが。

There is a big time disconnect here! What I believe is going on is that people are confusing their own emotional reaction with what could be possible motives that the Extraterrestrials might have in carrying out farm animal dissections. It is important not to confuse the two, our emotional reactions with possible ET motives. When encountering an entirely different culture for the first time, with different customs, morays, and different ethics, it is important not to impose our ethnocentric judgments on alleged actions by the Extraterrestrials.
ここに、非常に面白い話しがあります!私が、未だに続いていると信じているのは、地球外の生命体が、家畜の解剖を実行する動機があるかもしれないと感じる、多くの人々の感情の中に、それが混同されてしまっている事です。私達の感情の反応と、ETが考えるであろう、可能な動機の、この2つの事実を混同しない事は重要です。私達が全く異なる文化に初めて遭遇する時、各国にある関税の違いや、ウツボ科の魚に関する倫理感の違いなど、私達の中心にある、民族的な見解を、地球外生命体たちの行動に重ねて見ない事は、大変重要な事です。

Imposing ones own ethnocentric judgments on their alleged actions is the error that the white skinned Europeans committed when they encountered indigenous people in North America and Africa. These peoples of color, had different customs, forms of social organization, and therefor were labeled as evil. This went so far that during the 17th and 18th centuries Europeans officially, by Church and Crown, did not even consider these indigenous peoples to be human. Since they didn’t have a soul according to this ethnocentric judgment, it could be rationalized to conquer tribal people and place them into slavery.
疑わしい行動に、自分自身の民族中心主義的な判断を課すのは、北アメリカとアフリカで、先住民に遭遇した時、白い皮をむかれた、ヨーロッパ人のエラーのようなものです。これらの有色人種は、社会組織の違う税関用紙を持っていたため、それは悪だと分類したのです。これは昔の話しですが、17〜18世紀頃、ヨーロッパ人は、王と教会から公式に、『これらの先住民たちは、人間でさえないと判断されていた』のです。王や教会は、民族中心主義の判断に従い、魂を持たずに、部族を征服し、合理的に奴隷制度の中に彼らを入れたのです。

In the case of Native Americans in this country, their near total extermination was similarly justified. We should be very careful that we don’t make the same kind of mistakes as we begin to interact with Extraterrestrial peoples. We must not misinterpret the actions of civilizations that have evolved on planets under very different circumstances. These ET civilizations are likely to have very different sociological and ethical values compared to what we are accustomed to. If we make the mistake of approaching the Extraterrestrials with prejudice as we have done so often in approaching different cultures in the past, I know it will be a very big mistake. Much bigger than the mistakes we have made when dealing with each other. So we have to be careful about this and be very deliberate and diligent in not jumping to conclusions.
この国のアメリカインディアンの場合、彼らのほぼ完全な根絶は、同じように正当化されました。過去に起きた同じ類の誤りを、地球外の種族に対して、私達は相互させないように、非常に注意しなければなりません。私達は、非常に異なる状況下の惑星で、進化発展した彼らの文明の働きを、誤解してはいけないのです。これらのET文明は、私達が見慣れているものに比べ、非常に異なる社会文明や倫理的価値があるように思える部分もあります。もしも私達が、過去に犯したような問題のように、偏見を持ち、異文化に近づき、地球外の存在たちに接してしまうなら、それは非常に大きな間違いであるという事を、私は知っています。それは、私達が過去に犯した誤りよりも、ずっと大きいでしょう。従って、私達は、この点に注意し、結論を性急に出さず、非常に慎重に学習する必要があります。

In pondering the significance of ET Civilizations visiting Earth we should remember that all language reflects consciousness. The words we use encapsulate our consciousness. Words are powerful because they shape how we will think and act. If the only words we use to describe the human-Extraterrestrial relationship are negative, fear based, and xenophobic, words like “abductions” and “mutilations”, then we will imprison ourselves into an utterly hopeless paradigm of victim hood. As self proclaimed victims we will not even be able to conceive of, let alone take advantage of, whatever opportunities that might present themselves to us for establishing a mutually beneficial, open and direct relationship with the Extraterrestrials.
私達が地球を訪問するET文明について考える時、すべての言語は、意識を反映する事を覚えていなければなりません。私達が使う言葉は、私達の意識をカプセル化するのです。それは、私達が何をどのように考え、そして、どのように行動するのかを形づくるため、言葉は強力です。人間と地球外生命体との関係を説明するために、私達が使う唯一の言葉が、「誘拐」や「切断」のようなネガティブで、恐怖に基づいた、「エイリアン恐怖症」の言葉であるなら、私達は犠牲者という餌食の、まったく絶望的な模範の中に自分たちを投獄してしまうでしょう。私達が自分自身を自称「犠牲者」であると宣言するなら、私達は地球外生命体と直接的に、そして相互に有益でオープンな関係を樹立できる可能性を秘めた、あらゆる機会を、それぞれが考察する事が出来なくなるでしょう。

So we have to be very careful as to what words we use to describe this phenomenon. This is especially so when we speak to the public. Once the awareness of ET civilizations visiting Earth becomes more a part of the mass consciousness, as the message breaks out of the UFO ghetto and we start breaking into the mainstream culture, the need to handle this subject in a responsible way will increase exponentially. It may not be long before this theme will be leaving the inside pages of the National Inquirer to arrive on the front pages of The New York Times. We must be very careful in selecting the words we use, not only in terms of maintaining our credibility but also in terms of fulfilling our social responsibility.
従って、こういった現象を記述するにあたり、私達は、自分自身がどんな言葉を使うかについて、非常に慎重でなければなりません。私達が一般の人々と話しをする際は、特にそうでしょう。地球を訪問するET文明のメッセージに対する、私達の認識が、UFO関連のエリアから抜け出し、主流文化の中に入り始める時、それは集合意識の一部になり、この課題を扱う必要性は、確実に右肩上がりに増加するでしょう。このテーマが、ニューヨーク・タイムズの一面や、全国的な調査のページに残るようになるまでに、それほど長くはかからないかもしれません。私達は、信憑性を維持する観点からだけでなく、社会的責任を成し遂げる観点から見ても、自身が使う言葉を選ぶ際は、非常に気をつけなければなりません。

It is not only important that we speak the truth that we can verify, but also that we do so in a way that does not cause unnecessary and unwarranted panic and alarm. In my opinion those dealing with this subject have not shown enough social consciousness and enough social responsibility. This is particularly true in the so called alien abduction and animal mutilation fields.
私達が確かめる事の出来る真実を話す事は、重要であるだけでなく、それ以外にも、不必要なパニックや、騒音のような警戒心を、不要に起こさないようにしなければなりません。私の意見としては、この課題に対処している人々は、十分な社会的意識や、十分な社会的責任を示しませんでした。これはいわゆる「宇宙人による誘拐」や、「動物の切断事件」というフィールドにおいて、正に本当に言える事です。

Swiss Matterhorn


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop