神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2020年12月01日 [日々の事]

『肉食こそが必用』か、『ベジタリアンこそ正しい』か、『遺伝子検査こそ正しい』か、『周波数検査/治療こそ正しい』か?

『肉食こそが必用』か、『ベジタリアンこそ正しい』か、『遺伝子検査こそ正しい』か、『周波数検査/治療こそ正しい』か?

【Q】:『ベジタリアンは健康に悪い』、あるいは、『肉食は健康に悪い』などと耳にしますが、どちらが正しい『答え』なのでしょうか?

【A】:現在の科学では、未だ、研究途中にある内容ですが、私たちは、私たち自身の遺伝子に対し、私たち自身が、『意識』や『思考』、周囲の人々の『意識』や『エネルギー』などを取り入れ、自身で変更を与えている可能性があることを、10年以上も前から、最先端科学のテーマとして、取り扱われ続けています。
詳しくは映画『スライブU』をご覧下さい:

映画『スライブU』:日本語字幕付き(ダウンロード版/DVD) 
これは、ニコラ・テスラや、アインシュタイン等の偉大な科学者たちが、議論していた内容です。ちなみに、アインシュタインのような偉大な科学者をはじめ、アリアナ・グランデや、松井玲奈さんなどのセレブ/アイドルたちも、ベジタリアンを健康に続けている人たちが大勢います。また、江本勝博士による『水の科学』では、ポジティブな意識は美しい水分子を作り、ネガティブな意識はいびつな水分子を作ることが確認されています。これらのことを踏まえますと、『肉食こそ健康に必要』だとする説も、『ベジタリアンこそ健康食だ』とする説も、いずれも『不正解』ということになります。詳しい科学的な研究結果は、未来の教科書に掲載される予定だそうです。マクロビオティックでは、『人は、人間のあらゆる意識、環境を取り込み、相応のものを排出している』…としています。現在のところ、『肉食が正しいか、ベジタリアンが正しいか、自身の遺伝子に合った食材はあるのか…』という件に関しましては、『私たちの意識の影響や、周囲の影響が、私たちの遺伝子に大きな変化を与えている』ため、どれが正しいとは言い難い…という結論に至ります。ただし、多くのベジタリアンは『環境』に対する深い配慮や、研究心、学習意欲、人間の商業目的で殺されてしまう『動物たち』に対し、深い愛情を持っていることが多く、その『意識の力』の影響が、体に大きな作用を与えている可能性はありそうです。健康に良い食事を求めているものの、何を食べたら良いかわからない…とおっしゃる方には、『ブルーグリーンアルジー』をお勧めしております。ブルーグリーンアルジーは、シャスタ山でしか採れない藻類の一種ですが、小さじ2杯〜大さじ1杯程度で、1日に必要な栄養素の全てをまかなえる優れた食材です。(タブレットタイプもあります。)また、ブルーグリーンアルジーは、トップモデルや、ヨギーの間でも大人気です。価格が少し気になる時は、スピルリナや、ユーグレナなどのサプリメントもオススメです。その他は、生活スタイルに応じた食材をご選択下さい(ストレスの多い方は、ビタミンCや、カルシウムの多い食材…などなど)♬ただし、同じ食材ばかりを取り入れ続けていると、栄養素のエネルギーが偏り、かえって毒になる場合もあります。様々な食材を『感謝』して、生活に楽しく取り入れましょう💖Love⭐
Veggie


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop