神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年03月03日 [日々の事]

📖Dr. Steven M Greer’s paper, “IMPLICATIONS FOR THE ENVIRONMENT, WORLD PEACE, WORLD POVERTY AND THE HUMAN FUTURE”🖊📖スティーブン・グリア博士の論文『環境、世界平和、世界の貧困問題と人類の未来に対する意味』の和訳🖊

IMPLICATIONS FOR THE ENVIRONMENT, WORLD PEACE, WORLD POVERTY AND THE HUMAN FUTURE
環境、世界平和、世界の貧困問題と人類の未来に対する意味
https://siriusdisclosure.com/cseti-papers/implications-for-the-environment-world-peace-world-poverty-and-the-human-future/

by Dr. Steven Greer, MD.
March 2001.

スティーブン・グリア博士
2001年3月


For most people, the question of whether or not we are alone in the universe is a mere philosophical musing — something of academic interest but of no practical importance. Even evidence that we are currently being visited by non-human advanced life forms seems to many to be an irrelevancy in a world of global warming, crushing poverty and the threat of war. In the face of real challenges to the long-term human future, the question of UFOs, extraterrestrials and secret government projects is a mere sideshow, right? Wrong — catastrophically wrong.
The evidence and testimony presented in the following pages establishes the following:

大部分の人々にとって、私達が宇宙で孤独な存在なのか、どうなのかという問題は、単なる哲学の沈思に過ぎないのでしょう。学問的な趣旨はともかく、日常生活においての重要性は何もないのです。人類以外の高度な知的生命体が、既に私達を訪れているかどうかという証拠さえ、地球温暖化や、過酷な貧困問題、戦争の脅威といった世界に住む、多くの人々にとっては、見当違いの話しに聞こえてしまうのかもしれません。人類の長期的な未来において、現実的な課題に直面する時、UFO問題や、地球外知的生命体、そして隠れている政府の秘密プロジェクトについては、単なる、付け足し程度のものに思えるかもしれません。実はそうではないのです。その考えは破滅的に間違っているのです。以下のページに記載された、証人による証拠や証言は、下記の内容を確実に示しているのです。

★That we are indeed being visited by advanced extraterrestrial civilizations and have been for some time;
★私達は実に高等知能の地球外文明の存在たちに訪問を受け、これまでも受けて来たのです;

★ That this is the most classified, compartmented program within the US and many other countries;
★これは米国や多国において、最も秘密にされ、区画化されてきた(秘密の)プログラムなのです;

★ That those projects have, as warned in 1961 by President Eisenhower, escaped legal oversight and control in the US, the UK and elsewhere;
★これらのプロジェクトは、1961年、アイゼンハワー大統領によって警告されたように、米国や英国、その他の国々で、法の監視や統制を上手く逃れています;

★ That advanced spacecraft of extraterrestrial origin, called extraterrestrial vehicles (ETVs) by some intelligence agencies, have been downed, retrieved and studied since at least the 1940s and possibly as early as the 1930s;
★地球外起源の高度な宇宙船は、情報機関関係者たちに、(ETV)と呼ばれ、早くも1930年代から、少なくとも1940年代以降、人間たちによって、ずっと、射撃のために狙われ、回収され、研究され続けています。

★ That significant technological breakthroughs in energy generation and propulsion have resulted from the study of these objects (and from related human innovations dating as far back as the time of Nikola Tesla) and that these technologies utilize a new physics not requiring the burning of fossil fuels or ionizing radiation to generate vast amounts of energy;
★こういった研究に起因した(そしてニコラ・テスラの時代に遡り、人類による技術革新から)、化石燃料を既に必要としないテクノロジーや、膨大な量のエネルギーを発生させるためにイオン化したりする必要のない、新しい物理学の応用による、無限のエネルギー発生装置が開発されています。

★ That classified, above top-secret projects possess fully operational anti-gravity propulsion devices and new energy generation systems that, if declassified and put to peaceful uses, would empower a new human civilization without want, poverty or environmental damage.
★最高機密のプロジェクトが、機密扱いから外れ、完全に使用可能な反重力推進装置や、新しい世代のエネルギー・システムを備えています。これらが平和のために使用されるならば、貧困や、環境破壊をする必要なく、新しい人類の文明に、公的な権限を与えるでしょう。

Those who doubt these assertions should carefully read the testimony of dozens of military and government witnesses whose testimony clearly establishes these facts. Given the vast and profound implications of these statements, whether one accepts or seriously doubts these assertions, all must demand that Congressional hearings be convened to get to the truth of this matter. For nothing less than the human future hangs in the balance.
これらの主張を疑う人々は、慎重に、はっきりとこれらの証拠や事実が紹介されている、何十人もの軍隊や、政府の証人たちの内容を読んで知るべきです。本気で、彼らの主張を受け入れるか、どうかにかかわらず、彼らの告発証言は、広大かつ、深遠な意味を持ち、すべての人々が、この問題の真実を確かめるために、議会公聴会の開催を要求し、注意深くその話しの内容を聞かなければなりません。人類の未来が、まさにこれにかかっているからなのです。

Implications for the Environment.
We have identified insiders and scientists who can prove, in open Congressional hearings, that we do in fact possess classified energy generation and anti-gravity propulsion systems capable of completely and permanently replacing all forms of currently used energy generation and transportation systems. These devices access the ambient electromagnetic and so-called zero point energy state to produce vast amounts of energy without any pollution. Such systems essentially generate energy by tapping into the ever-present quantum vacuum energy state — the baseline energy from which all energy and matter is fluxing. All matter and energy is supported by this baseline energy state and it can be tapped through unique electromagnetic circuits and configurations to generate huge amounts of energy from space/time all around us. These are NOT perpetual motion machines nor do they violate the laws of thermodynamics — they merely tap an ambient energy field all around us to generate energy.

環境にとっての意味。
私達は、実際に、あらゆる形態で、現在使われているエネルギー発生装置や、交通システムを、恒久的に取り替えることが可能な、機密扱いのエネルギー発生装置や、反重力推進システムを所有していることをオープンな議会の公聴会で証明できる、内部の人間や、科学者たちを完全に確認しています。これらの機器は、どのようなものも汚染せず、膨大な量のエネルギーを生み出せるため、周囲の電磁気を、いわゆるゼロ・ポイント・エネルギーの状態にする事が可能なのです。本質的には、すべての物質やエネルギーを支えているのは、この根底にあるエネルギーであり、常にある、量子真空エネルギーを活用することによって、こういったシステム装置は、エネルギーを発生させる事が出来るのです。私達の周囲の空間/時間から、膨大なエネルギーを発生させるため、ユニークな電磁気の回路と構成を通して活用できるようになるのです。これらは永久に動くマシンというわけではなく、熱力学の法則に準じたエネルギーを発生させるため、単に私達のまわりで、エネルギー・フィールドを開拓するのです。


This means that such systems do not require fuel to burn or atoms to split or fuse. They do no require central power plants, transmission lines and the related multi-trillion dollar infrastructure required to electrify and power remote areas of India, China, Africa and Latin America. These systems are site-specific: they can be set up at any place and generate needed energy. Essentially, this constitutes the definitive solution to the vast majority of environmental problems facing our world. The environmental benefits of such a discovery can hardly be overstated, but a brief list include:
それは、このシステムが燃焼する時の燃料が、分裂する必要もなければ、融合させる原子も必要ではないという意味です。これらのシステムは、インドや中国、アフリカ、ラテンアメリカなどの奥地にも電力を供給する事ができ、原動力とするための発電所や送電線も必要とせず、膨大な建設費や関連設備も使わずに発電する事ができるのです。これらのシステムは、必要な場所にあれば、どんな場所でも設置する事ができ、必要なエネルギーを発生させることが出来るのです。本質的に、この技術は、私達の世界が直面している環境問題の大部分の、最終的な解決策を生み出します。こういった発見から得る環境の恩恵は、数えられないほどありますが、下記のような、いくつかの条件を必要とする場合もあります。

★ The elimination of oil, coal and gas as sources of energy generation, thus the elimination of air and water pollution related to the transport and use of these fuels. Oil spills, global warming, illnesses from air pollution, acid rain etc can and must be ended within 10-20 years;
★エネルギー原としての石油や石炭、ガスなどは不要になり、これらの燃料の輸送や、使用時による空気と 水質汚染の必要がなくなります。石油の流出や、地球温暖化、大気汚染による病気や酸性雨その他は、 10〜20年以内に終わらせる事ができ、また、そうしなければなりません。

★ Resource depletion and geo-political tensions arising from competition for fossil fuel resources will end;
★化石燃料のための資源における争いや、競争から生じる、資源の枯渇や、地政学的な緊張状態は終わるでしょう。;

★ Technologies already exist to scrub manufacturing effluent to zero or near zero emissions for both air and water-but they use a great deal of energy and thus are considered too costly to fully utilize. Moreover, since they are energy intensive, and our energy systems today create most of the air pollution in the world, a point of diminishing return for the environment is reached quickly. That equation is dramatically changed when industries are able to tap vast amounts of free energy (there is no fuel to pay for — only the device, which is no more costly than other generators) and those systems create no pollution.
★空気や,水の両方において,産業廃棄物や有害な排出物をゼロに近づける技術はすでに存在しています。しかし大量のエネルギーを使うため、十分に適用させるためには費用がかかり過ぎると考えられています。さらに、それ自体が、エネルギー集約型であるため、今日のエネルギー・システムは、世界で大気汚染のほとんどを発生させる事から、環境への逆効果となる時がすぐにやってきてしまいます。産業業界が、膨大な量のフリーエネルギー(燃料が不要で、他の発電機と同じ、高いものではない)を取り出す事ができ、そのシステムが汚染物をまったく、発生させないようになれば、この方程式は劇的に変更可能になります。

★ Energy-intensive recycling efforts will be able to reach full application since the energy needed to process solid waste will, again, be free and abundant.
★固形廃棄物を処理するために必要なエネルギーが、無料で豊富になり、エネルギーを大量に消費する(集約型の)リサイクルは、完全に達成出来るでしょう。

★ Agriculture, which is currently very energy dependent and polluting, can be transformed to use clean, non-polluting sources of energy.
★現在、エネルギーに依存し、環境を汚染している農業形態は、クリーンで、無公害のエネルギー源を使うようになり、変化していくでしょう。

★ Desertification can be reversed and world agriculture empowered by utilizing desalinization plants, which are now very energy intensive and expensive, but will become cost-efficient once able to use these new, non-polluting energy systems.
★現在の農業は、脱塩施設の利用により、活性化され、世界の農業の権限が守られるようになるでしょう。そして、現在、このような施設を使用すると、エネルギーを大量に消費してしまうため、非常に高い建設費用がかかってしまいます。しかし、無公害の新エネルギー・システムを利用できるようになると、費用効率が良くなり、現在進行している砂漠化も食い止められるでしょう。

★ Air travel, trucking and inter-city transportation systems will be replaced with new energy and propulsion technologies (anti-gravity systems allow for silent above surface movement). No pollution will be generated and costs will decrease substantially since the energy expenses will be negligible. Additionally, mass transportation in urban areas can utilize these systems to provide silent, efficient intra-city movement.
★航空輸送や、トラック輸送などの、都市間における輸送システムは、新エネルギーや、推進技術を使用するものに入れ替えられるでしょう。(反重力システムは、地上の表面を移動する際、騒音を起こさず、無音で移動出来るようになります)汚染物質を発生させずに、また、エネルギーにかかる費用は、ごくわずかになるため、コストを大幅に下げる事が出来ます。さらに、都市部での大量輸送は、無音で、効率的な都市間移動を提供できる、これらの輸送システムを利用する事が出来ます。

★ Noise pollution from jets, trucks and other modes of transportation will be eliminated by the use of these silent devices.
★ジェット機や、トラック、その他の輸送機器から発生される、騒音や公害汚染は、これらの無音機器の利用によって、発生しなくなります。

★ Public utilities will not be needed since each home, office and factory will have a device to generate whatever energy is needed. This means ugly transmission lines that are subject to storm damage and power interruption will be a thing of the past. Underground gas pipelines, which not infrequently rupture or leak and damage Earth and water resources, will not be needed at all.
★各家庭や、オフィス、工場などが、必要な、あらゆるエネルギーを、各自で設置する発生装置から得る事が出来るようになるため、公共施設は必要なくなるでしょう。つまり、自然災害によって引き起こされる、停電や、送電線の切断などが、起こらなくなるために、これらは過去のものとなるでしょう。まれに起こる、地下のガス管の破裂や、大雨などによって起こる、地下の水位上昇での水質汚染は、すべて不要のものになるでしょう。

★ Nuclear power plants will be decommissioned and the technologies needed to clean such sites will be available. Classified technologies do exist to neutralize nuclear waste.
★原子力発電所は不要になり、その跡地を浄化する技術が入手可能になるでしょう。核廃棄物を無公害化する、機密(秘密)扱いのテクノロジーは、既に存在しています。

Utopia? No, because human society will always be imperfect — but perhaps not as dysfunctional as it is today. These technologies are real — I have seen them. Anti-gravity is a reality and so is free energy generation. This is not a fantasy or a hoax. Do not believe those who say that this is not possible: they are the intellectual descendants of those who said the Wright brothers would never fly.
理想の世界に聞こえますか?いいえ、人間社会がいつも不完全なものであるものの - たぶん、それは、今日の機能不全の状況よりは、はるかに良い社会となるでしょう。これらのテクノロジーは事実です - 私はこれらを実際に見たことがありました。反重力装置は現実のものであり、フリーエネルギーもまた、現実のものです。これはファンタジーや、空想による嘘ではないのです。これは不可能な事だと話す人々を信じないでください:彼らは、ライト兄弟が空を飛ぶ事は、決してありえないと言った、知的末裔でしょう。

Current human civilization has reached the point of being able to commit planeticide: the killing of an entire world. We can and we must do better. These technologies exist and every single person who is concerned about the environment and the human future should call for urgent hearings to allow these technologies to be disclosed, declassified and safely applied.
現在の人類文明は、惑星殺しを実行できるほどの能力を持つようになりました:全世界を殺害できるのです。私達は、もっと立派に生きなければなりません。これらのテクノロジーは存在し、環境問題や、人類の未来について心配する、すべての人々は、これらのテクノロジーが世間に明らかになり、機密(秘密)扱いの分野から外され、安全に応用されるよう、至急、公聴会の開催を求めなければなりません。

Implications for Society and World Poverty.
From the above, it is obvious that these technologies that are currently classified would enable human civilization to achieve sustainability. Of course, in the near term, we are talking about the greatest social, economic and technological revolution in human history — bar none. I will not minimize the world-encompassing changes that would inevitably attend such disclosures. Having dealt with this issue for much of my adult life, I am acutely aware of how immense these changes will be.

社会と世界の貧困問題に対する意味。
上記の内容から、現在、機密扱いにされている、これらのテクノロジーが、人類の持続可能な文明を築き上げる事を可能にするのは明らかな事です。もちろん、私達は、近未来における、人類史上最大の社会変革、経済変革、テクノロジーの変革について、話しているのです。 - この世界を迎えるためには、誰も排除される必要はないのです。私は、世界中で、この情報公開に伴って起きる、あらゆる変化を過小評価する事はしていません。私は、人生の半世紀以上もの時間を、この問題のために費やし、これらの変革が、どれほど巨大なものであるかについて、深く理解しています。


Aside from the singular realization that homo sapiens are not the only — or most advanced — creatures in the universe, this disclosure will cause humanity to be faced with the greatest risks and opportunities in known history. If we do nothing, our civilization will collapse environmentally, economically, geo-politically and socially. In 10 – 20 years, fossil fuel and oil demand will outstrip supply significantly — and then it is the Mad Max scenario where everyone is warring over the last barrel of oil. It is likely that this geo-political and social collapse will precede any environmental catastrophe.
人類(ホモ・サピエンス)が、宇宙で唯一、最も優れた生き物ではないという、類のない認識は別として、このディスクロージャーは、歴史的、人類史上、最大の危機と好機に、直面する事になるでしょう。もしも私達が何もしないならば、私達の文明は、環境的、地政学的、経済的、社会的に崩壊してしまいます。多くの人々が、石油で争っている間(10〜20年の間)にも、化石燃料や、石油の需要量は、供給量をはるかに上回ってしまうでしょう。ここから、石油の一滴を求めて争う、荒廃したマッド・マックスのシナリオがあります。社会的、地政学的な崩壊が、環境の激変よりも早く起きてしまう可能性があるかもしれません。

The disclosure of these new technologies will give us a new, sustainable civilization. World poverty will be eliminated within our life times. With the advent of these new energy and propulsion systems, no place on Earth will need to suffer from want. Even the deserts will bloom….
これらの新テクノロジーの公開は、私達に、新しく、持続可能な文明を与えてくれるでしょう。世界の貧困問題は、私達が、生きている間に解決され、新エネルギーと、推進システムの出現によって、地球上のどの場所でも、欠乏感に苦しむ必要はなくなり、砂漠にさえも、花が咲くようになるでしょう…。

Once abundant and nearly free energy is available in impoverished areas for agriculture, transportation, construction, manufacturing and electrification, there is no limit to what humanity can achieve. It is ridiculous — obscene even — that mind-boggling poverty and famine exists in the world while we sit on classified technologies that could completely reverse this situation. So why not release these technologies? Because the social, economic and geo-political order of the world would be greatly altered. Every deep insider with whom I have met has emphasized that this would be the greatest change in known human history. The matter is so highly classified not because it is so silly, but because its implications are so profound and far reaching. By nature, those who control such projects do not like change. And here we are talking about the biggest economic, technological, social and geo-political change in known human history. Hence, the status quo is maintained, even as our civilization hurtles towards oblivion.
ほとんど無料に近い、豊かなエネルギー源の利用は、農業や交通機関、建築、電気などを、貧困で苦しんでいる地域でも入手可能になり、人類が達成する事のできる、あらゆる物事に、限界がなくなります。私達が機密(秘密)扱いのテクノロジーを放置し、真実の状況を完璧に覆い隠され続けている間、この世界では、驚くほどの貧困や飢饉が存在している…と言うのは、実に馬鹿げた事であり、腹立たしくさえあるのです。では、なぜこれらのテクノロジーを解放しないのでしょうか?それは、社会的、経済的、地政学的な秩序が、世界中で大いに変更されるというのが、その理由なのです。私がこれまでに会った、重要な内部組織の人々は、これは人類の歴史上、最も大きな変化になるだろうと強調していました。問題は、機密(秘密)保持の理由にある、その根底理由が、非常に深い部分にまで達しており、広大で、ハイレベルな部類にまで到達する内容であるという事なのです。もともと、こういったプロジェクトをコントロールする人々は、変化を好む事はありません。私達は今、ここで、人類史上最大の経済的、技術的、社会的、地政学的な変化について話しています。それゆえ、私達の文明が、今、まさに忘却の彼方へ突き進んでいても、現状の社会状況が保たれているのです。

But by this argument, we would have never had the industrial revolution and the Ludites would have reigned supreme to this day.
しかし、この理由では、私達は一度も産業革命を起こす必要はなかったし、ラダイトたちは、今日まで、この世界を支配したかもしれません。
※注訳:ラダイト: 1811〜1817年代、イギリス中・北部の織物工業地帯で起こった、機械破壊運動の熟練労働者運動の事。


An international effort to minimize disruption to the economy and to ease the transition to this new social and economic reality will be needed. We can do this and we must. Special interests in certain oil, energy and economic sectors need to be reigned in and at the same time treated compassionately: Nobody likes to see their power and empire crumble. Nations very dependent on the sale of oil and gas will need help diversifying, stabilizing and transitioning to a new economic order.
経済的混乱を最小限にとどめ、新しい社会での経済の実現化まで、容易に移行するために、国際的努力は必要でしょう。私達には、これを実現する事ができ、また、実行する必要があるでしょう。一部の石油や、エネルギー、そして、経済部門の特別利益団体は、影響をうけつつ、同時に、温情をもって扱われる必要があります:誰も、彼らの帝国や権力が崩壊するのを見たいわけではないのです。石油とガスの販売に大きく依存している国々は、活動分野を広げ、安定化と、新しい経済の秩序に移行する手助けを必要とするでしょう。

The United States, Europe and Japan will need to adjust to a new geo-political reality as well: As currently poor but populous countries dramatically develop technologically and economically, they will demand — and will get — a meaningful seat at the international table. And this is as it should be. But the international community will need to put in place safeguards to prevent such potential geo-political rapprochement between the first and third world from devolving into bellicose and disruptive behavior on the part of the newly empowered.
米国や、ヨーロッパ、そして日本は、地政学的な新しい現実に適応する必要があるでしょう:現在、貧困と、人口過剰問題にあえいでいる国々は、技術的にも、経済的にも、劇的に発展し、彼らは、同じテーブル上で、相応の国際的な地位を要求し、獲得するでしょう。そうある必要があり、そうあるべきなのです。しかし、国際社会では、新たに権限を持つ国が、好戦的、破壊的な行動を取り、先進諸国と、第三世界の間に潜在的な和解を破壊する可能性があるため、防衛策を取る必要があるかもしれません。

The US in particular will need to lead through strength — but avoid the current trend towards domination. Leadership and domination are not the same, and the sooner we learn the difference the better off the world will be. There can be international leadership without domination and hegemony, and the US needs to realize these distinctions if it is to provide much-needed leadership on this issue.
特に米国は強力にリードしていく必要があります。しかし、支配に向かう現在の傾向は避けなければなりません。リーダーシップと支配は同じではありません。その違いを私達が早く学べば学ぶほど、世界はより豊かになるでしょう。支配と覇権を伴わない、国際的なリーダーシップをおこなう事は可能です。それがこの問題に関して、まさに必要とされているリーダーであり、このリーダーシップを示すためには、米国が支配とリーダーシップの違いを認識する必要があります。

These technologies, because they will decentralize power — literally and figuratively — will enable the billions living in misery and poverty to enter a world of new abundance. And with economic and technological development, education will rise and birth rates will fall. It is well known that as societies become more educated, prosperous and technologically advanced — and women take an increasingly equal role in society — the birth rate falls and population stabilizes.
上記の新しいテクノロジーは、文字通り、パワーを分散し、苦難と貧困の中で生きている数十億人の人々を、新しい豊かな世界へと導く事を可能にします。そして、経済やテクノロジーの発展により、教育レベルが上がり、出生率は下がるでしょう。教育レベルが上がる事で社会が繁栄し、ますます高度テクノロジーが進歩し、女性は社会の中で男性と等しいに近い役割を担うにつれて、出生率が下がり、人口が安定化する事は、よく知られている事です。

This is a good thing for world civilization and the future of humanity.
With each village cleanly electrified, agriculture empowered with clean and free energy and transportation costs lowered, poverty will dramatically fall in the world. If we act now, by 2030 we will be able to effectively eliminate all poverty in the world, as we know it today. We only need the courage to accept these changes and the wisdom to steer humanity safely and peacefully into a new time.

これは世界中の文明や、人類の未来にとって、良い事なのです。それぞれの町に、汚染なく電気を供給し、クリーンな、無料のエネルギーによって農業を保護し、輸送費が下がった状態で、世界中で見られる貧困は、劇的に消滅していくでしょう。もしも私達が今、行動を起こせるなら、2030年までに、私達が知る世界中の貧困は、効果的に解決していく事が出来るでしょう。私達は、これらの変化を受け入れる勇気と、人類を安全に新しい時代へと、導く賢さが必要なだけなのです。

Implications for World Peace and Security
A few years ago I was discussing this subject with the former Chairman of the Senate Foreign Relations Committee, Senator Claiborne Pell. He explained to me that he had been in Congress since the 1950s but had never been briefed on this subject. I told him that the nature of these black projects has resulted in most of our leaders being left out of any decision making on this subject, and what a shame this is. I said, “Senator Pell, all that time you were Chairman of Foreign Relations, you were deprived of the opportunity to deal with the ultimate foreign relations challenge…” and I pointed to the stars above our heads. He said, ” You know Dr. Greer, I am afraid that you are right…”

世界平和と安全保障に対する意味
数年前、私はこの問題について、元上院外交委員会の議員、クレイボーン・ペル上院議員と議論しました。彼は、『1950年代からずっと連邦議会にいたものの、この問題については、一度も説明した事がなかった。これらの極秘プロジェクトの性質上、この問題に関して、私達の指導者の大部分は、いかなる決定権からも外されてきており、それは実に屈辱的な事であり、また、恥ずべき事だ。』と私に明かしました。私は、『ペル上院議員、その間ずっと、あなたは外交委員会の議長だった全期間を通して、究極の外交問題を扱う機会を奪われていたのですよ…。』と言い、頭上の星々を指さしました。彼は、『グリア博士、わかっています。残念ながら、あなたが正しいようです…』と言いました。


It is true that our great diplomats and wise elders, such as Senator Pell, President Jimmy Carter and other international leaders have been specifically and deliberately prevented from having access to or control over this subject. This is a direct threat to world peace. In the vacuum of secrecy, operations supervised by neither the people, the people’s representatives, the UN nor any other legitimate entity have taken actions that directly threaten world peace.
私達の偉大な外交官たちや、賢明な長老たちが、ペル上院議員や、ジミー・カーター大統領、その他の国際的リーダーたちが、この問題から特に遠ざけられ、意図的にコントロールされてきたというのは真実です。これは世界平和へおいて、直接的な脅威です。秘密の真空地帯の中で、国民にも、国民の代表者たちにも、国連にも、その他の合法的な、どの組織にも監督されずに、世界平和に直接的脅威を与える操作が実行されてきたのです。

Testimony, corroborated by multiple military witnesses who do not know each other and who have had no opportunity for collusion, will show that the US and other countries have engaged these ETVs in armed attack, in some cases leading to the downing of these vehicles. As I said to Mrs. Boutros Ghali, wife of the then Secretary General of the UN, if there is even a 10% chance that this is true, then this constitutes the gravest threat to world peace in human history Having personally interviewed numerous credible military and aerospace officials with direct knowledge of such actions, I am certain that we have done this. Why?
お互いを知らず、共謀の機会を持たない、複数の軍隊の証人たちによって確認できた証言や証拠は、米国と他国が、これらのETV(地球外輸送機=宇宙船)に攻撃をしかけ、その内の幾つかは武力によって撃ち落とした事を明らかにしています。私が国連事務総長ブトロス・ガリの夫人にも述べたように、もしもこれが10%でも真実であるなら、私が個人的に信用する事のできる、多くの軍隊たちや、直接的な知識を持つ航空宇宙局の役員に面談した内容を踏まえ、これは人類史上における、世界平和への最終的な脅威を構築していると私は確信できます。それは何故か?

Because these unknown vehicles have been in our airspace without our permission and because we wanted to acquire their technology. Nobody has asserted that there is an actual threat to humanity from these objects: Obviously, any civilization capable of routine interstellar travel could terminate our civilization in a nanosecond, if that was their intent. That we are still breathing the free air of Earth is abundant testimony to the non-hostile nature of these ET civilizations.
これらの未知の乗り物が、無許可で私達の領空にいた事を理由に、彼らは地球外の存在たちのテクノロジーを獲得したかったのです。これらの未知の乗り物が、実際、人類に脅威があるとは、これまで誰も断言していないのです:明らかな事は、もしも彼らが人類に脅威を与えたいとする意思を持っているなら、日常的な惑星間移動を可能にした、いかなる文明に対しても、そして私達の文明に対しても、1ナノ秒で終わらせる事が出来たという事です。私達が今も地球上で自由に空気を吸っていられるのは、これらのET文明が、私達にとって、敵対的な存在ではないとう、十分な証拠です。

We have also been informed that the so-called Star Wars (or National Missile Defense System) effort has really been a cover for black project deployment of weapon systems to track, target and destroy ETVs as they approach Earth or enter Earth’s atmosphere. No less a figure than Wernher Von Braun warned on his death-bed of both the reality and the madness of such a scheme, apparently to no avail (see the Testimony of Carol Rosin, former spokesperson for Wernher Von Braun).
私達はまた、いわゆるスター・ウォーズ計画(または米国本土のミサイル防衛システム)が、実際には、ETV(宇宙船)が地球に接近し、大気圏に突入した時、彼らを追跡し、標的にし、破壊する兵器システムの宇宙の配置展開という、闇のプロジェクトの口実であった事を知らされています。ウェルナー・フォン・ブラウンが死の床で、こういった構想が事実であり、それがいかに狂気じみているかを警告しました。それは何の効力もないことは明らかです。(ウェルナー・フォン・ブラウンの元代弁者であったキャロル・ロジンの証言をご覧下さい。)

Well, unless we change directions we are likely to end up where we are going.
With the types of weapons currently in the covert arsenal — weapons more fearsome even than thermonuclear devices — there is no possibility of a survivable conflict. Yet in the darkness of secrecy, actions have been taken on behalf of every human that may endanger our future. Only a full, honest disclosure will correct this situation. It is not possible for me to convey in words the urgency of this.

まさに、私達が方向を変更しない限り、向かっている先は、私達の終わりです。現在、隠されている秘密の兵器庫--核兵器よりも恐ろしい武器—が使用されるなら、生存できる可能性は全くありません。それでも、危険に陥れる事の出来る、秘密の暗闇の人間たちは、私達の未来において、その行動を取っているのです。正直で、ありのままの公開のみが、この状況を修正する事が出来るのです。私は、この緊急性を言葉だけで伝えることは出来ません。

For 10 years I worked as an emergency doctor and saw how every possible object can be used as a weapon. Every technology, unless guided by wisdom and a desire for that good and peaceful future – the only future possible — will be used for conflict. Super-secret projects that answer to no legally constituted body- not the UN, not the US Congress, not the British Parliament — must not be allowed to continue to act in this way on behalf of humanity.
10年間、私は緊急医として働き、あらゆる物がどのように武器として使う事が出来るのかを見て来ました。あらゆるテクノロジーや、良い知恵、平和な未来に対する意欲によって導かれない限り、どんなものでも、対立のための道具に使われます。国連であっても、米国政府であっても、英国政府であっても、どの組織にも耳を傾けない極秘プロジェクトは、人類のために行動を続ける事は許されてはならないのです。

One of the greatest dangers of extreme secrecy is that it creates a hermetically sealed, closed system impervious to the free and open exchange of ideas. In such an environment, it is easy to see how grave mistakes can be made. For instance, the testimony here will show that these ETVs became very prominent after we developed the first nuclear weapons — and began to go into space. There were multiple events — corroborated here by numerous credible military officials — of these objects hovering over and even neutralizing ICBMs (Intercontinental Ballistic Missiles).
極秘(秘密)からもたらされる大きな危険性の1つは、自由な思考や、オープンな意見交換から影響を受けないように、周囲から遮断し、閉ざしたシステムを作る事です。こういった環境では、どれほど重大な過ちも起きてしまう事は、容易に理解出来ます。例えば、ここに掲載している証言が示すように、私達が最初の核兵器を開発し、宇宙に進出し始めてから、これらのETV(宇宙船)が、非常に頻繁に出現し始めるようになりました。この中の信頼できる多くの軍関係者による証言では、これらの物体が ICBM(大陸間弾道ミサイル)の上を 舞い、さらにはそれらを無力化した複数の事例がありました。

A closed, military view of this might be to take offense, engage in counter-measures and attempt to down such objects. In fact, this would be the normal response. But what if these ET civilizations were saying, “Please do not destroy your beautiful world — and know this: we will not let you go into space with such madness and threaten others…” An event showing concern and even a larger cosmic wisdom could be construed over and over again as an act of aggression. Such misunderstandings and myopia are the stuff wars are made of.
閉鎖的な軍事的視野の中では、これに腹を立て、反撃体制をとり、物体の撃墜を試みる事になるかもしれません。実際、これは彼らにとって、通常の反応だったのかもしれません。しかし、地球外文明のETたちは、『どうか、あなたの美しい世界を破壊しないで下さい。そしてこの事を知って下さい:私達は、あなたに、そういった狂気を持ちながら、宇宙に進出し、他の世界の人々を脅かす事を許しません。』それは気遣いと言うより、より大きな宇宙的英知さえ指し示す事のできる出来事であるものの、それが侵略行為として解釈され、これが何度も何度も起きたのです。そのような誤解や近視眼的解釈が、戦争を招く元凶になるのです。

Whatever our perceptions of these visitors, there is no chance that misunderstandings can be resolved through violent engagement. To contemplate such madness is to contemplate the termination of human civilization.
これらの訪問者に対し、私達がどのような認識を持ったとしても、暴力的な争いによって、誤解が解消する可能性は全くありません。こういった狂気で考えることは、人類文明の終わりにつながるのです。

It is time for our wise elders and our levelheaded diplomats, like Sen. Pell, to be put in charge of these weighty matters. To leave this in the hands of a clique of un-elected, self-appointed and unaccountable covert operations is the greatest threat to US national security and world security in history. Eisenhower was right, but nobody was listening.
今、私達は、懸命な長老たちや、ペル上院議員のような、分別のある外交官に、これらの重大問題を任せるべき時です。これを選ばれてもいない、身勝手で、不可解な秘密工作活動をおこなう小集団の手に委ねておくのは、アメリカ国家の安全保障や、世界保障にとっても、史上最悪の脅威となります。アイゼンハワーは正しかったのです。 しかし誰も耳を貸す事はありませんでした。

In light of testimony showing that covert actions have been taken that involved violent engagement of these visitors, it is imperative that the international community in general and the US Congress and President in particular do the following:
これらの訪問者たちに対して、秘密の行動による、暴力的な攻撃を与えられていた事を示す証拠を考慮し、国際社会全般と、特に米国議会や、大統領は、以下の事を緊急に行う必要があります:

★ Convene hearings to assess the risks to national and international security posed by the current covert management of the subject;
★この問題が秘密裏で扱われ、国家と国際社会の安全保障に及ぼす危険性を検討評価するために、公聴会を開いて下さい;

★ Enforce an immediate ban on weapons in space and specifically ban the targeting of any extraterrestrial objects since such actions are unwarranted and could endanger the whole of humanity;
★宇宙での軍事化を強制的に即時、中止し、特に地球外の物体に対しては、どのような物であれ、襲撃の対象とするのは禁止して下さい。こういった行為は是認されるものではなく、人類全体を危険にさらす事になります。

★ Develop a special diplomatic unit to interface with these extraterrestrial civilizations, foster communication and peaceful relations;
★これらの地球外文明と、意思の疎通を通し、平和的な関係性や、良好なコミュニケーションを育成し、特別な外交ユニットを開発して下さい;

★ Develop a suitably empowered and open international oversight group to manage human-extraterrestrial relations and ensure peaceful and mutually beneficial interactions;
★人類と地球外文明の関係性を管理し、相互にとって平和的で、有益な行いを確保するため、適切な権限を持つ、オープンな国際監視グループを設置して下さい;

★ Support international institutions that can ensure the peaceful use of those new technologies related to advanced energy and propulsion systems (see below).
★先進的エネルギーや、それらに関連する新しいテクノロジー、推進システム(下記参照)の、平和的な使用を促進できる、国際組織をサポートしてください。

In addition to the above, a less obvious — but perhaps equally pressing — threat to world peace arises from the fact that the covert control of this subject has resulted in the world being deprived of the new energy and propulsion technologies discussed earlier.
上記に加え、隠れた小集団たちのコントロールが、この主題上における、新しいエネルギー発生システムを奪い、結果として、既に早期の段階で、推進技術が議論されていた世界を生じていたという事実から、世界平和への脅威が、あまり目立たない形で発生しています。

World poverty and a widening gap between rich and poor are serious threats to world peace that would be corrected by the disclosure and peaceful application of these technologies (see above). The real threat of war over a shrinking supply of fossil fuels in the next 10-20 years further underscores the need for this disclosure.
世界の貧困問題や、富める者と貧しい者との間で拡大する格差状態は、世界平和にとって、重大な脅威です。これらのテクノロジー(上記参照)が、情報開示や、平和的な応用により、修正されます。今後10〜20年間以内に想定される、化石燃料の供給減少における争いの現実的脅威は、このディスクロージャー(情報開示)の必要性をさらに高めます。

What happens when the 4 billion people living in poverty want cars, electricity and other modern conveniences — all of which depend on fossil fuels? To any thinking person, it is obvious that we must transition quickly to the use of these now classified technologies — they are powerful solutions already sitting on a shelf.
貧困の中で生きている40億人の人々が、現代の便利さを望むとき、何が起きるでしょうか?車や、電気、その他すべては、化石燃料に依存しているのではないでしょうか?どのような思慮深い人々にとっても、私達は直ちに、機密(秘密)扱いされている、これらのテクノロジーの利用に移行しなければならない事は明らかです – それは既に棚に置かれたままになっている、強力な解決策です。

Of course, a number of insiders have pointed out that these technologies are not your grandfather’s Oldsmobile: They are technological advances, like any other, that could be put to violent uses by terrorists, bellicose nations and madmen. But here we enter a catch 22: If these technologies are not forthcoming soon, we will face a certain meltdown in human civilization and the environment; if they are disclosed, immensely powerful new technologies will be out there for possible destructive uses.
もちろん、これらのテクノロジーは、多くの内部の人間が語るように、祖父の時代のオールズモビルではありません:それらは、テロリストや、好戦的な国家、狂人たちによって、暴力的な用途で利用される、どこにでもある先進技術です。しかし、ここで私達は八方ふさがりに陥るかもしれません:私達がこれらのテクノロジーをすぐに使用できなければ、私達は人類文明と環境の、確実な崩壊に直面するでしょう;しかし、これが明らかにされるなら、破壊にも使える、非常に強力な新テクノロジーが、そこにあるという事を知るのです。

In the near future, it is prudent to view humanity as likely to use any new technology violently. This means that international agencies must be created to ensure — and enforce — the exclusive peaceful use of such devices. The technologies exist today to link every such device to a GPS (Global Positioning System) monitor that could disable or render useless any device tampered with or used for anything put peaceful power generation and propulsion. These technologies should be regulated and monitored. And the international community must mature to a level of competence to ensure their exclusive peaceful use.
近い将来、人類は、どんな新テクノロジーでも暴力的に利用するだろう、と考える事は賢明です。それは、国際機関が、暴力的な機器を排他し、平和的な利用を実現させ、確実になるよう、作らなければならないという事を意味しています。平和的な発電装置や、推進システムで使われるGPS監視モニター(グローバル・ポジショニング・システム)は、あらゆる全ての機器と接続でき、そのためのテクノロジーが、今日、存在しています。故意に手を加えたり、平和的な目的以外で利用される推進システムを役立たなくしたり、無効化する事もできます。これらのテクノロジーは規制され、管理されるべきです。そして、国際社会は、こういった平和的な利用と、暴力的な機器の排除を保証できる能力まで成熟しなければなりません。

Any other use should be met with overwhelming resistance by every other nation on Earth. Such a pact is the necessary next step. Maybe someday, humanity will live in peace without the need for such controls. But for now, the situation is like that of chained dogs — some strong leashes are warranted and are essential.
他の目的における利用は、地球上のすべての国家によって完全に阻止されなければなりません。そのような協定は、次のステップ段階において、必要なものになります。おそらく、いつの日か、人類は、こういった統制を必要としなくなり、平和的に暮らすようになるでしょう。しかし、当面の状況としては、鎖でつながれた犬と同様に、いくつかの強力なルールが必要になるでしょう。

But such concerns cannot be a rationale for further delaying the disclosure of these technologies. We have the knowledge and means to ensure their safe and peaceful use — and these must be applied soon if we are to avoid further degradation of the environment and an escalation of world poverty and conflict.
しかし、このような懸念は、新テクノロジーのディスクロージャー(情報公開)を、遅らせ、先延ばしする正当な理由にはなりません。私達は、これらの新テクノロジーを、安全で、なおかつ平和的利用を保証できる、知識や手段を持っているのです。- そして、環境がさらに悪化し、世界中での貧困化や、紛争のエスカレーションを避けるために、私達は、これらをすぐに応用し、利用しなければなりません。

In the final analysis, then, we are faced with a social and spiritual crisis that transcends any technological or scientific challenge. The technological solutions exit — but do we possess the will, wisdom and courage to apply them for the common good? The more one contemplates this matter the more it is obvious that we have one possible future: Peace. Peace on Earth and peace in space — a universal Peace, wisely enforced; for every other path leads to ruin.
This then is the greatest challenge of the current era. Can our spiritual and social resources rise to this challenge? Nothing less than the destiny of the human race hangs in the balance.

つまり、私達はどんな技術的、あるいは科学的な難題をも凌ぐ、社会的、および精神的な重大危機に直面させられる事になるのです。技術的な解決策はあります – しかし、私達は共通の利益のために、それらを実行に移す意志や、賢さ、英知や勇気を持っているのでしょうか?人類がこの問題について考えれば考えるほど、私達にはたった1つの可能な未来しかない事は明らかなのです:それは平和なのです。地球上の平和と宇宙空間の平和 - 英知を持って実現する普遍的な平和;というのは、それ以外のすべての他の道が、廃墟に通じているからなのです。これは現代の最大の課題です。私達の精神(神聖/霊性さ)や、社会的資源は、この課題に対処する事ができるのでしょうか?まさに人類の運命がかかっているのです。

Dr. Steven M. Greer
スティーブン・グリア博士

・・・・・・・・
You can read other treatises here(その他の論文:英語)



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop