神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年03月28日 [日々の事]

😢 Note the fear-based spin of “harassment “ - this is the continuing ramp up of the ” alien threat“ hoax that's been planned for over 70 years. From Dr. Steven Greer 🌙😢恐怖に基づいた『嫌がらせ』の情報操作に注意して下さい - これは70年以上前から計画され、続いている『宇宙人の脅威』というデマ作戦です。スティーブン・グリア博士から🌙

😢 Note the fear-based spin of “harassment “ - this is the continuing ramp up of the ” alien threat“ hoax that's been planned for over 70 years.
From Dr. Steven Greer🌙

😢恐怖に基づいた『嫌がらせ』の情報操作に注意して下さい - これは70年以上前から計画され、続いている『宇宙人の脅威』というデマ作戦です。
スティーブン・グリア博士から🌙


From Dr. Steven Greer’s Facebook News
スティーブン・グリア博士のフェイスブックニュース

Note the fear-based spin of “harassment “ - this is the continuing ramp up of the ” alien threat“ hoax that's been planned for over 70 years. – Dr. Steven Greer
恐怖に基づいた『嫌がらせ』という“情報操作に注意して下さい - これは70年以上前から計画され、続けられている『′宇宙人の脅威』というデマ作戦です。 - スティーブン・グリア博士

【Today‘s News Point】
Mysterious flying objects repeatedly harassed three US warships off the coast of California in 2019 — at one point matching the speed and bearing of one destroyer for 90 minutes, according to newly released details from the ships’ logs.

【今日のニュースのポイント】
2019年、謎の飛行物体は、カリフォルニア沖で米国の3隻の軍艦を何度も攻撃しました。軍艦のログから新たに公表された内容によると、それは90分で1隻の軍艦を撃退する速度と能力に匹敵する能力を持っていたようです。


The Navy vessels, which are equipped with sensors, radar, thermal imaging and electro-optical systems, were nonetheless unable to track the drones when they disappeared.
センサーを備える海軍船は、レーダー、熱画像、および電気光学的なシステムを装備していたにも関わらず、ドローンは姿を消し、追跡することができませんでした。

On July 15, 2019, the ships contacted the cruise ship Carnival Imagination, which was sailing nearby, to determine if the crafts were from there.
2019年7月15日、船はその近くを航海していた周遊船、カーニバルイマジネーションに連絡し、こういったテクノロジーを装備しているかどうかを確認しました。

The crew of the cruise ship said not only were the drones not theirs — but could see five or six of them flying around the Navy destroyers, Forbes said in a report.
周遊船の乗組員は、ドローンでないなら、私たちのものではないと言った…が、5〜6人の乗組員は、破壊された海軍のまわりに何かが飛んいたのを目撃していた、と、フォーブスのリポーターは語ります。

The incident prompted an investigation by the Navy, Coast Guard, FBI and other agencies, Forbes said, but failed to come up with an answer.
その出来事は、海軍、沿岸警備隊、FBI、その他の機関によって調査は促され、急速に調査を進めたが、結局、真相の実態を明らかにすることはできなかった…と、フォーブスは述べました。

Read full article:
記事の全文はこちらからどうぞ:

(1) NEW YORK POST
(2) Forbes

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mystery Drones Kept Buzzing U.S. Destroyers During Exercises Off California.
Mar 24, 2021,09:56am
By David Hambling Contributor

カリフォルニア沖、米国軍に接触する謎のドローン。
2021年3月24日:AM9:56
デイビッド・ハンブリング氏の投稿


New details have emerged of how mysterious drones harassed U.S. warships off California on multiple occasions in 2019. The Navy has yet to determine where the drones came from, who was operating them, or why they buzzed around a group of U.S. destroyers.
2019年、謎のドローンは何度もカリフォルニア沖で米国の軍艦に嫌がらせを与えましたが、その新しい情報が入ってきました。しかし海軍は、ドローンがどこから来たのか、そして、それは誰が操作していたのか、そして、なぜ米国の軍艦船の周囲で起こったのか…については、未だ特定できていません。

The incidents were first reported by documentary filmmaker Dave Beaty, with new details obtained by news website The Drive using Freedom of Information Act requests to get the ships' logs of the encounters.
この出来事は、情報公開データを使用したドライブを通し、この時の出来事の内容(軍艦船との遭遇)をニュースウェブサイトを通し、新しい情報を得たもので、ドキュメンタリー映画の製作者、デイブ・ビーティから最初に報告されました。

The vessels involved were the destroyers USS Kidd, USS Rafael Peralta and USS John Finn. They were engaged in a training exercise in a military area about a hundred miles off Los Angeles in low visibility. This location tells us something immediately: these were not hobbyist quadcopters that happened to see some cool ships and flew over for a look, but something far more deliberate.
関わった艦艇船は、攻撃艦USSキッド、USSラファエルペラルタ、USSジョンフィンでした。当初、彼らは、ロサンゼルスから約100マイル離れた、視界の悪い軍の地域でトレーニングを受けていました。この地域では、即座に私たちに様々なことを伝えてくれます。これは、偶然、興味本位で近づいてきた愛好家のクワッドコプターではなく、より慎重に近づいてきたものでした。
米国海軍船

MORE FOR YOU:
(1)The Pentagon Fears That Deadly Microwave Weapons Are Undetectable.
(2)10 Ways AI And Machine Learning Are Improving Marketing In 2021.
(3)The U.S. Air Force Just Admitted The F-35 Stealth Fighter Has Failed.

さらにこちらの記事もどうぞ:
(1)ペンタゴンは、致命的なマイクロ波武器が検知されないのを恐れます
(2)AIと学習機器が2021年にマーケティングを改善している10の方法
(3)米空軍は、ちょうどF-35ステルス戦闘機が失敗したと認めました


The drones departed, and despite the destroyer’s impressive array of sensors, which include radar, thermal imaging, electro-optical systems which can see in the dark and devices which can detect and locate radio transmitters, they were not able to determine where they went.
ドローンは出発しましたが、レーダー、熱画像、暗闇でも撮影できる電気光学システム、無線送信機を検出して特定できるデバイスなど、攻撃艦の特徴的なセンサーを備えているにも関わらず、それらはどこに行ったかを特定できませんでした。

A similar even occurred on the following night starting at p pm. On this occasion the warships contacted the nearby cruise liner Carnival Imagination, which confirmed that the drones were not theirs, also that they could see five or six drones flying around the Navy vessels. This time the encounter lasted three hours, with the USS Rafael Peralta identifying four drones shadowing them at one point.
翌日の午後も、似たようなことが起こりました。 この時、軍艦は近くの周遊船カーニバルイマジネーションに連絡し、ドローンが彼らのものではないことや、海軍の船の周りを5〜6機のドローンが飛んでいるのを目撃したかを確認しました。今回の遭遇は3時間続き、USSラファエルペラルタは4つのドローンが一時的にそれらを尾行していたことを特定しました。

Similar incidents occurred on the 25th and 30th of July; here may have been others, but these were the only ones turned up by The Drive’s FoIA trawl.
同様の事件が7月25日と30日にも発生しました。ここには他の人もいたかもしれませんが、ドライブのFoIAトロール網によって発見されたのはこれらだけでした。

A formal investigation followed, involving the Navy, Coast Guard, FBI and other agencies. Investigators contacted the operators of several commercial ships in the area, as these were seen as the most likely source for the drones, but drew a blank.
その後、海軍、沿岸警備隊、FBI、その他の機関が関り、正式な調査が行われました。これらはドローンと最も関係性が高いとみなされていましたがそうではないことが後にわかり、調査員はその辺りの地域のいくつかの商用船の運航者を調査したものの、これも各当しませんでした。

Many suspected that the drones must have originated from another unit in the US Navy. The Navy’s Fleet Area Control and Surveillance Facility (FACSFAC) based in San Diego, which is responsible for drone operations, said that the drones were not theirs. They may have come from another element of the military, but whoever it was is not coming forward.
多くの人は、ドローンはアメリカの海軍のものではなく、他の軍のものに違いないと疑っていました。ドローンの担当している、サンディエゴに本拠を置く、海軍の艦隊区域管理監視施設(FACSFAC)は、ドローンが彼らのものではないことを述べました。そのドローンは、軍隊ではない、別の要素から来たものかもしれませんが、それが何にせよ、思い当たらないのです。

The incident is immediately reminiscent of the multiple incursions of drones over U.S. nuclear facilities we reported last year. Some 24 sites suffered 57 drone incursions from 2014-to 2019. In one of the more dramatic incidents in September 2019, “five or six” drones flew over the Palo Verde nuclear power plant for around ninety minutes.
この事件は、昨年報告した米国の核施設に何度も侵入したドローンを思い出させます。2014〜2019年にかけて、約24のサイトで57のドローンが侵入しました。2019年9月の時よりも衝撃的な事件の1つは、「5〜6個」のドローンが、パロベルデ原子力発電所の上空を約90分間飛行していたことです。

As with the Navy incident, the drones were not single but operated as part of a coordinated group. As with the Navy, these were larger craft with greater endurance than consumer models, suggesting an operator with considerable resources. And as with the Navy encounter, investigators failed to establish who flew the drones, where they were flown from – and most of all why.
海軍の事件と同様に、ドローンは単独ではなく、コントロールされたグループの一部として運用されていました。海軍と同様に、これらは消費者向けのモデルよりも大きな、耐久性のある航空機で、かなりの資源力を持っオペレーターから放たれたものだと考えられています。そして、海軍との遭遇と同様に、捜査官は、誰がドローンを飛ばしたのか、どこから飛んで来たのか、そして何よりもその理由を特定することができませんでした。

The most obvious explanation for both sets of drone incursions is that they were testing security – and in both cases the targets seem to have failed. They might have been sent by some unknown U.S. government agency; or they might have been operated by some foreign power or other organization. Where they were launched from – one of the ships previously noted, a small unmanned vessel or submarine or even an aircraft – would of course give plenty of clues, but this remains a matter of speculation.
ドローンの侵入に関し、最も明白な説明は、彼らがセキュリティをテストしていたということですが、どちらの場合も目的は失敗したようです。これらは、いくつかの知らされていない米国政府機関によって送られた可能性、または、他国の権力や他の組織によって送られたものであるという可能性もあります。前述の船の1つは、小型無人船、または潜水艦、あるいは航空機など多くの手がかりを与えますが、これは未解決のままなのです。

What we cannot do is assume that such encounters are trivial and can be ignored. It seems likely the drones were gathering intelligence, possibly about the radio signatures of particular warships, but they might have more serious purpose. Simply by flying around a warship, a drone can cause problems – not least by interfering with helicopter operations. And a drone nearby with a jammer can cause far more disruption than a larger aircraft at a longer range, because jamming strength falls off with the square of distance.
私たちはこういったことに何も手を出せず、今回の遭遇も取るに足らない出来事で、無視されてしまうようなものだと思われてしまいます。ドローンは、おそらく特定の軍艦の無線のものに関する情報を収集していたようですが、より深刻な目的を抱えている可能性もあります。ドローンは、軍艦の周りを飛行するだけですが、特にヘリコプターの操作を妨害する、何らかの問題を引き起こす可能性もあります。また、妨害機が取り付けられたドローンは、距離の2乗分、妨害強度が強くなるため、長距離の大型航空機よりもはるかに多くの混乱を引き起こす可能性もあります。

Small quadcopters have already been used extensively to drop bombs, in Iraq, Syria, Afghanistan and elsewhere. And even a small explosive charge is enough to knock out radar, communication antennas, or kill personnel. It would also be a mistake to assume that current destroyer weapons can easily knock down all drones. A 2020 USNI study highlights how small drones can ‘mission kill’ a destroyer, not sinking it but preventing it from carrying out its mission.
小型クワッドコプターは、イラク、シリア、アフガニスタンなどで爆弾を投下するためにすでに広く使用されています。 また、わずかな爆発物でも、レーダーや通信アンテナをノックアウトしたり、人員を殺したりするのに十分な力を持っています。 また、現在の攻撃艦の武器が、あらゆるドローンを簡単に壊すことができるわけではありません。2020年のUSNIの調査では、小型のドローンが攻撃艦を沈没させるのではなく、それらの任務の遂行を妨害することを強調しています。

Expect to read more about this story as the facts emerge. But, for the present, many mysteries remain.
事実が明らかになるにつれて、この物語の続きを期待してください。 しかし、今のところは、非常に多くの謎に包まれています。

🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻

【今日の感想】
こういった問題でわからない時は、スティーブン・グリア博士に聞くべきだと私は思うのですが、
多くのメディアが、スティーブン・グリア博士に質問してしまうと、
『テクノロジーを隠している人々』は、
『言って欲しくないこと』まで『情報開示されてしまう』ので、
スティーブン・グリア博士の評判を落とす嘘やデマを作って流し、
多くの人がスティーブン・グリア博士に近づかないように、
(真相を聞き出さないように)
『小作な嘘話し+拡散作戦』をおこなうわけです。
多くの人は、こういった作戦を、
『アホみたいな作戦』だと思うと思います。
私も初めて嘘話しを聞き、真相を知った時は、
『アホらしい…』とあきれました。
『それって立派な大人のやることじゃないでしょ?』と思ったわけです…。
中には『石川県のコスモアイル宇宙博物館』のように、
嘘話を本当の話しに見せかけるために、
何億円もかけて、
『嘘を覆い隠す商業施設』を作ってしまうことすらあるのです!
(知らないと、ホント、コワイ、コワイ!)
『そんな大金があるなら、困っている人を助けろ!』と思う人も多いと思います。
(私もそう思います!)
とにかく、宇宙人を殺した系列につながっている人々は、
『スティーブン・グリア博士に近づかせないための、ありとあらゆる手段』を使い続けてきました。
でも、もう、現在では、その手段の全ては敗北宣言をしたような状態になっています。
(証拠付きでバレてます!)
そんなわけで、こういった問題に遭遇した場合は、スティーブン・グリア博士に聞いてみましょう♪

Sun
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop