神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年04月23日 [日々の事]

💻@Let's watch the movie "Thrive II"! & 🌟ADr. Steven Greer’s news! & 💉BCOVID-19 vaccine problem Japan News!📰💻@映画『スライブU』を見よう!&🌟Aスティーブン・グリア博士のニュース!&💉B新型コロナワクチンニュース!📰

💻@Let's watch the movie "Thrive II"! & 🌟ADr. Steven Greer’s news! & 💉BCOVID-19 vaccine problem Japan News!📰
💻@映画『スライブU』を見よう!&🌟Aスティーブン・グリア博士のニュース!&💉B新型コロナワクチンニュース!📰

💻@Let's watch the movie "Thrive II"!
This is your chance to watch Movie Thrive II for free!
Click here to register!

映画スライブUを無料で見られるチャンスです!
こちらからどうぞ!



Imagine if a film came along that exquisitely revealed cures for cancer, working free energy devices, the Unified Field Theory that Einstein was seeking and an ethical playbook to transcend the political polarities shredding relationships worldwide... Well, It’s here today!
癌の治療法や、フリーエネルギー装置、アインシュタインが求めていた統一場理論、世界中の政治的極性を超越する倫理的プレイブックなど、詳細に描いた映画が登場したと考えてみてください...それは、今日、ここにあるのです!

This groundbreaking documentary brings you behind the scenes with the people and inventions that have the power to transform life for everyone. Take advantage of this limited time offer!
Available in 15 different languages.
Click here to register!

この画期的なドキュメンタリー映画は、すべての人の人生を変える力を持つ人々や、その発明の舞台裏を紹介します。 期間限定のオファーを利用してください!
15か国語(日本語あり)でご覧頂けます。
こちらからどうぞ!

ThriveU

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
🌟ADr. Steven Greer’s news!
US military paid scientist to build 'physics-bending weapon for wars with UFOs'!

🌟Aスティーブン・グリア博士のニュース!
米軍は科学者に「UFOと地球人を戦わせるために従来の物理学を超越した武器」を作るために大金を支払いました!


Dr Greer's comment:
" The media is gearing up the UFO war narrative AS PREDICTED. Discover the truth at the 20 year anniversary April 25, 2021 !
Click here to register!

グリア博士のコメント:
「メディアは予定通り、UFO戦争のストーリーを準備中です。2021年4月25日のディスクロージャー20周年記念イベントで真実を発見してください!
こちらからどうぞ!

Disclosure

・・・・・・・・・・
Article

記事

US military paid scientist to build 'physics-bending weapon for wars with UFOs'.
米軍は科学者に「UFOと地球人を戦わせるために従来の物理学を超越した武器」を作るために大金を支払いました.

Pentagon chiefs, concerned that China may already have advanced UFO technology, commissioned Dr Salvatore Pais to build a new kind of aircraft that can travel at incredible speeds.
国防総省は、中国がすでに高度なUFOテクノロジーを所有している可能性があると考え、サルヴァトーレ・パイス博士に驚異的な速度で移動する、新しい種類の航空機を作るよう、依頼しました。

The US Department of Defence has poured hundreds of thousands of dollars into the development of a 'Space-Time Modification Weapon' that will ensure battlefield supremacy by bending the laws of physics.
米国の国防総省は、物理学の法則を曲げることによって、戦場の覇権を確保する「時空改造兵器」の開発に数十万ドルを投じました。

While the concept might seem like something dreamed up by tinfoil-hatted conspiracy theorists, the US military has a long history of dabbling in research that sounds like science fiction.
これは、陰謀論者が夢想することのように思えるかもしれませんが、米軍にはサイエンスフィクションのように聞こえる研究に関して、長いこと携わってきた歴史があります。

The radar-invisible F117A Nighthawk and its flying wing cousin the B2 Spirit still look like something from a Star Wars film despite both designs being around 40 years old.
レーダーに映らないF117Aナイトホークや、そのいとこのようなB2スピリットは、両方とも40年前のデザインで、スターウォーズの映画のように見えるかもしれません。

This new initiative is based on the work of controversial scientist Dr Salvatore Pais.
この新しいイニシアチブは、論争を巻き起こした科学者サルヴァトーレ・パイス博士の研究に基づきます。

The Stealth fighter remained a closely-guarded secret from its inception in the mid-70s until its exposure in 1988.
ステルス戦闘機は、1988年の暴露まで、70年代半ばの創設から厳重に秘密として守られてきました。

Pais claims that artificially generated high energy electromagnetic fields can manipulate the "quantum vacuum" that underlies the entire Universe.
人工的に作られた高エネルギーの電磁場が、宇宙全体の根底にある「量子真空」を操作できるとペイスは主張します。

If Pais is correct, a craft surrounded by an electromagnetic "force field" of this kind could move through air – or water – with virtually no resistance.
ペイスが正しければ、この種の「電磁場」に囲まれた航空機は、実質的に抵抗なく、空気や水の中を移動できることになります。

This would allow incredible acceleration and produce a new kind of aircraft that – according to the enigmatic Dr Pais – would be able to "engineer the fabric of our reality at the most fundamental level".
これは驚異的な速度を可能にし、パイス博士によると、「最も基本的なレベルで私たちの現実の構造を設計する」ことのできる、新しい種類の航空機が製造されるといいます。

But not everyone agrees with him.
しかし、誰もが彼の意見に同意しているわけではありません。

Documents from the US Patent Office reveal the 'plasma compression fusion device' Pais designed.
米国特許局の文書では、パイス博士が設計した「プラズマ圧縮融合装置」を明らかにしています。

Dr. Salvatore Pais claims his invention would make a nuclear bomb 'look like a firecracker'.
サルヴァトーレ・パイス博士は、その発明は核爆弾を「爆竹のように見せる」と主張します。

Science writer Brett Tingley argues that the so-called Pais Effect "has no scientific basis in reality" and added the patents related to it "were filled with pseudo-scientific jargon".
科学作家ブレット・ティングリーは、いわゆるパイス効果は「現実には科学的根拠がない」と主張し、それに関連する特許は「疑似科学用語で埋め尽くされている」と付け加えます。

But it’s pseudo-scientific jargon that has convinced at least some US defence chiefs. Pais has been handed over $500,000 (£365k) to research the bizarre concept.
しかし、少なくとも一部の米国国防省を納得させたのは疑似科学用語です。 ペイスは、奇妙な概念を研究するために500,000ドル(365,000ポンド)を手渡されたのです。

Defence department emails reveal that there was at least one experimental demonstration of the technology. UFO hunters will note that the schematics Pais drew up for his experimental craft look suspiciously like the "Black Triangles" sometimes spotted gliding silently over the southwestern United States.
防衛局のメールでは、このテクノロジーの実験的なデモンストレーションが少なくとも1回は行われていたことを明らかにしています。UFOハンターは、ペイスが実験的な工芸品のために作った回路図が、米国南西部を静かに滑走しているのを時々見かけ、「ブラックトライアングル」のように不審に思うでしょう。

Large 'black triangle' UFOs have been reported around the world since 1989.
1989年以降、大きな「黒い三角形」のUFOが世界中で報告されています。

The US National Institute for Discovery Science catalogued sightings of so-called "Black Triangle" UFOs dating back to the 1990s, and concluded that the behaviour of the mysterious aerial objects "does not appear consistent with the covert deployment of an advanced DoD [U.S. Department of the Defence] aircraft".
米国国立発明科学研究所は、1990年代にさかのぼり、いわゆる「ブラックトライアングル」UFOの目撃情報をカタログ化し、不思議な空中物体は「高度な国防総省の秘密の展開とは一致しないかもしれない」と結論付けました。

In a recent publication, Pais describes his craft – which would operate as both an aircraft and a submarine – as a being shaped roughly like the point of a pencil: "The HAUC is conical in configuration with an elliptical cross-section, similar in geometry to a hypersonic glide vehicle [or] dart."
パイスは最近、出版された本の中で、航空機と潜水艦の両方で使われる、その工芸品が、鉛筆のとがった部分とほぼ同じ形だと説明しています:「HAUCは楕円形の断面を持つ構造で、円錐形、極超音速滑空車両、あるいはダーツ型と同じ様式です。」

The hybrid craft, which would encase its crew in a Faraday Cage to shield them from the intense electromagnetic forces, would operate "as a submersible craft capable of extreme underwater speeds" as well as a supersonic or potentially hypersonic stealth aircraft.
強力な電磁力から乗組員を保護するために、ファラデーケージで乗組員を包むことのできる、ハイブリッド航空機は、超速音、あるいは極超音速の可能性のあるステルス機と同様、「極度の水中速度が可能な潜水艇として」作動します。

US military bosses were thinking about the next generation of combat aircraft long before current stealth fighters were made public.
米軍の隊長は、現在のステルス戦闘機が公表されるずっと以前から、次世代の戦闘機について考えていました。

Pais has filed several patents, with titles such as "Craft Using an Inertial Mass Reduction Device," "Piezoelectricity-induced High-Temperature Superconductor," "High-Frequency Gravitational Wave Generator," and "Ultrahigh Intensity Electromagnetic Field Generator".
パイスは、「慣性質量還元装置を用いた乗り物」、「電圧誘導型高温超伝導タイプ」、「高周重力波発生器」、「超強度型電磁界発生器」などのタイトルで、いくつかの特許を出願しています。

He claims that they are all based on discoveries that will overturn the laws of physics as we currently understand them.
彼は、それらがすべて、私たちが現在理解しているような物理学の法則を覆す発見に基づいていると主張しています。

At least one of his patents was rejected by the US Patent Office in 2018 because it did not seem to be scientifically plausible, but then later resubmitted with further documentation that appeared to prove Pais’s wild claims.
彼の特許の少なくとも1つは、科学的にもっともらしいとは思えなかったため、2018年に米国特許庁によって却下されましたが、その後、パイスの強い主張を証明するような追加文面が加わり、再提出されました。

The B2 Spirit's development began in 1974, and the ultra stealthy bomber entered service in 1993.
B2スピリットの開発は1974年に始まり、超ステルス爆撃機は1993年に就役しました。

A Faraday cage inside the craft would protect its crew against the intense electromagnetic field.
クラフト内のファラデーケージは強烈な電磁界から乗組員を保護します。

According to The Drive, the US military is investing in these technologies because of concerns that China has already developed ultra-advanced aircraft of the type that reportedly "buzzed" the USS Nimitz in 2004.
記録によると、2004年にUSSニミッツを「騒がせた」と報じられているタイプの超高度航空機を中国がすでに開発しているという懸念から、米軍はこれらのテクノロジーに投資している。

Brett Tingley and Tyler Rogoway wrote: "The Chief Technical Officer of the Naval Aviation Enterprise personally wrote a letter addressed to the examiner claiming that the U.S. needs the patent as the Chinese are already ‘investing significantly’ in these aerospace technologies."
ブレット・ティングリーとタイラー・ロゴウェイは、「海軍の航空企業の最高技術責任者が、中国がすでにこれらの航空宇宙テクノロジーに「大幅に投資」し、米国が特許を必要として、審査官宛てに個人的に手紙を書いた」という。

The claims made by Pais seem wild and implausible - but in a world where killer robots, pilotless aircraft and laser weapons are becoming commonplace, perhaps his reality-busting flying subs will one day seem as ordinary as the Stealth Bomber.
パイスの主張は大胆で不可解にも見える反面、殺人ロボットや、無人航空機、レーザー兵器などが一般的になりつつある世界では、おそらく現実において、破壊タイプの飛行型潜水艦などが、いつかステルス爆撃機のように普通に思えてくるのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・
💉BCOVID-19 vaccine problem Japan News!
Today's Japanese New Medical Study Group News.

今日の新医学研究会ニュース。

About the COVID-19 vaccine problem.
新型コロナウィルスのワクチン問題について。

Fukui Prefectural Assembly said, “Vaccines are murder weapons. Don't inoculate”.
About 2 minutes video:

福井県議『ワクチンは殺人兵器 打つな』(1分57秒):


In Japan, Vaccination of the COVID-19 for the elderly aged 65 and over, which began in April of this year.
Fukui Prefecture's Saito Fresh Green Prefectural Assembly (64) says vaccination should not be done.
Saito Prefectural Assembly issued a parliamentary report in February of this year.

今年の4月から始まった、65歳以上の高齢者を対象とする、新型コロナウィルスのワクチン接種。そんな中、ワクチンを接種するなと主張したのは、福井県の斉藤新緑県議(64)。発覚したのは、斉藤県議が2月に発行した議会報告書。

It was written big in the headline. “Vaccine is a murder weapon”, “When inoculated, die within 5 years”.
見出しには大きく 「ワクチンは殺人兵器」、「打つと5年以内に死ぬ」。

In addition, "The COVID-19 turmoil was planned by the'dark forces'", and the new corona was "intentionally created for population reduction and human control". It is written that such content.
ほかにも、「新型コロナ騒動は、『闇の勢力』が計画してきたもの」とし、新型コロナは「人口削減と人の支配のために意図的に作られたもの」であるという内容がつづられている。

He distributed it to many supporters and published it on his own website.
What kind of background does he have?

これを多くの支持者に配布。自分のウェブサイトでも公開していた。
一体、どんな経歴の持ち主なのか。


In fact, Saito Prefectural Assembly belongs to the Liberal Democratic Party and is currently in its sixth term. He is a veteran member of the Liberal Democratic Party Fukui Kenren, acting as chairman and chairman of the Fukui Prefectural Assembly.
People in the Liberal Democratic Party of the provincial council say he violates the policies of the government and the ruling party to promote vaccination.

実は、斉藤県議は自民党に所属し、現在6期目。自民党福井県連では会長代行を務め、福井県議会の議長も経験したベテラン議員。県議会の自民党は、ワクチン接種を進める政府・与党の方針に反するとし、厳重注意とした。

Saito Prefectural Assembly said, "This is about my own political beliefs and has nothing to do with the Liberal Democratic Party." He explains that criticism of vaccination is an individual belief.
斉藤県議は、「自らの政治信条に関することで、自民党とは関係ない」として、ワクチン接種の批判は個人の信念だと説明しているという。

Many Japanese admire his actions very much! He is like a true wonderful Japanese Samurai!
多くの日本人は彼の行動をとても賞賛しています!素晴らしい侍が生き残っていた!と。
胴上げ
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop