神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年05月12日 [日々の事]

👿The dangers of the COVID Vaccine: From International lawyer, Alfred Lambremont Webre💉👿ワクチンの危険性:国際弁護士、アルフレッド・ランブレモント・ウェブレさんから💉

REVOLUTION RADIO: Interview with Alfred Lambremont Webre : He discusses the dangers of the COVID Vaccine
レボリューションラジオ番組:アルフレッド・ランブレモント・ウェブレ:ワクチンの危険性についての議論

Interview with Alfred Webre,He Discusses the Dangers of the Covid Vaccine
Broadcast in Spirituality last Sunday

アルフレッド・ウェブレのインタビュー、コロナのワクチンの危険性について議論します
先週の日曜日、スピリチュアリティでの放送内容


Alfred expains, that the Covid Vaccine is an attack on the genetics of the human race.
The effects from the vaccine include Bell's palsy, Cardiac arrhythmia, Anaphylaxis and Creutzfeldt-Jakob (Mad Cow Disease). Alfred describes the Satanic, Illuminati plan to depopulate the world.

アルフレッドは、コロナのワクチンが人類の遺伝子に、攻撃的な影響を与えると説明しています。ワクチンの効果には、ベル麻痺、心臓の不整脈、アナフィラキシー、クロイツフェルト・ヤコブ(狂牛病)が含まれています。また、アルフレッドは、世界中で人口削減を実施する、悪魔的なイルミナティの計画についても説明しています。

Alfred Webre is one of the world's leading figures in exopolitics and is the International Director of the Institute for Cooperation in Space. Alfred has worked as a futurist at the Stanford Research Institute and in 1977 designed a proposed Carter White House extraterrestrial communication study.
As the chairman of the board of advisors of the Mars Anomaly Research Society,
he has championed the cause to have the US government disclose its secret documents pertaining to Mars.

アルフレッド・ウェブレは、外交政治における世界有数の人物の1人であり、国際的な存在です。宇宙協力研究所所長の国際ディレクターでもあり、未来派部門として活躍しました。また、1977年、スタンフォード研究所と、カーター・ホワイトハウスの地球外コミュニケーション研究所を設立し、火星変則研究協会の顧問会長として、火星に関する秘密文書を米国政府に開示するよう促す、難題に従事しました。

⭐「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」

⭐【衝撃作】「ワクチンの罠」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

⭐『ケムトレイル』の映画(1時間12分)"Why in the World are They Spraying?"

=・=・=・=・=・=・

Tribunals of Conscience
APRIL 22, 2021RALPH FUCETOLA

人道的裁判所
2021年4月22日 ラルフ・フセトラ氏

Private Tribunals of Conscience
Their History and Why They Matter
Ralph Fucetola, JD

人道的な個別裁判所にまつわる歴史や、
それらが重要な理由
ラルフ フセトラ、JD


Tribunals of Conscience and Crimes Against Humanity
良心と人道に反する罪の審判

Over the past century and more, various private Tribunals of Conscience have focused the moral judgment of humanity in situations where official bodies have either failed to hold violators of human rights to account or have been themselves the perpetrators of horrific acts that shock the conscience.
過去1世紀以上にわたり、民間における、様々な良心的審判は、公的機関が人権侵害について説明を怠ったか、あるいは、良心に対し、衝撃を与えるような恐ろしい行為的加害事件の状況について、人類が持つ、道徳的判断に対し、焦点を当ててきました。

These nongovernmental, private expressive associations must be distinguished from international legal tribunals, such as the Nuremberg Tribunals and the International Court of Justice, which are examples of multinational courts established by governments under international law to try cases of making war and of war crimes.
これらの政府と関りのない、プライベート・エクスプレシブ協会は、戦争犯罪や戦争犯罪を試みるために国際法の下で政府により設立されたもの(例えば多国籍裁判所のようなニュルンベルク裁判所や、国際司法裁判所など)とは、区別して考える必要があります。

International Criminal Tribunals
国際刑事裁判所

Discussing the impact of International Criminal Tribunals, a recent paper from the Netherlands noted,
国際刑事裁判所の影響について議論する、オランダの最近の論文では、次のように述べています。

“The idea that a ruler’s power cannot be absolute, that there must be standards beyond the ruler to protect his citizens, has become the foundation stone of international human rights law. But the idea of international criminal law, and international criminal tribunals, goes a step further. In the extreme case where the ruler commits or condones crimes against his people, it takes not only the formulation of norms, but also the administration of punitive justice out of his hands and up to the international level, even to the point where he himself can be tried on criminal charges. . . .
「統治者の支配権力は絶対的なものではなく、市民を守るため、統治者を超えた基準を設けなければならないという考えは、国際的な人権法の礎石になりました。しかし、国際刑法や国際刑事裁判所の考え方については、一歩、離れています。統治者が国民に対し、犯罪を犯したり、容認するなどの、極端なケースがある場合、統治者自身が刑事告発され、裁判において裁かれ、公式内容の基準にとどまることなく、統治者の手にかかることなく、国際レベルでの正当な懲罰処置や管理も必要になります…。

Yet the symbolic power of international criminal tribunals may be far greater than their legal authority and capacity would suggest. In the cases of Georgia and Kenya, the threat of an ICC investigation appears to be spurring national investigations. Above all, in the former Yugoslavia and in the situations the ICC is currently investigating, the existence of the investigations has given local civil society actors room to discuss “difficult subjects” related to the recent past, such as the occurrence of massacres, the use of mass rape as a political instrument, the use of child-soldiers, and the issue of accountability in whatever shape.” [1]
しかし、国際刑事裁判の総合力は、その法的権限や能力が示すものよりもはるかに上回る可能性があります。ジョージア州やケニア州の場合、ICCの調査という脅威が国の調査に刺激を与え、拍車をかけているようにも見えます。とりわけ、旧ユーゴスラビアとICCが現在調査している状況では、調査の存在によって、地元の市民社会の関係者が、政治的手段としての、虐殺や、集団強姦、少年兵など、あらゆる形式の、説明責任問題など、最近の過去に関連する「困難な課題」について議論する余地を社会的市民に与えました。[1]

Crimes Against Humanity
人類に対する犯罪

International Law is ambiguous with regard to Crimes Against Humanity (CAHs).
国際法は、人類に対する罪(CAH)に関してあいまいである。

“Unlike genocide and war crimes, which have been widely recognized and prohibited in international criminal law since the establishment of the Nuremberg principles, there has never been a comprehensive convention on crimes against humanity, even though such crimes are continuously perpetrated worldwide in numerous conflicts and crises. There are eleven international texts defining crimes against humanity, but they all differ slightly as to their definition of that crime and its legal elements.” [2]
「ニュルンベルク原則の制定以来、国際刑事法で広く認識され、禁止されてきた、大量虐殺や、戦争犯罪など、このような人道に反する犯罪は、世界中で絶えず、危機的状況としておこなわれているにもかかわらず、包括的な条約は一度もありませんでした。人道に対する罪を定義する11の国際的なテキストがありますが、それらはすべてその犯罪の定義と法的要素に関してわずかに異なります。[2]

While the phrase “Crimes Against Humanity” (Class C Charges) was used in the post-World War II imposition of “victors justice” against CAH perpetrators on the losing side, “the charge of crimes against peace was a prerequisite to prosecution—only those individuals whose crimes included crimes against peace could be prosecuted by the Tribunal. In the event, no [independent] Class C charges were heard in Tokyo…” [3]
第二次世界大戦後、負けた側のCAH加害者に対し、「勝利の正義」を述べた時に、「人道に対する罪」(Cクラスの罪)というフレーズが採用され、平和に対する罪は起訴の前提条件でした。しかし、平和を脅かしたとする、個別の犯罪者だけが、裁判所で起訴される可能性があります。この活動では、東京において、Cクラスの要求を聞くことはありませんでした。[3]

The failure of governments to respond to public concerns regarding CAH necessitates and justifies private persons constituting themselves into private associations for the purpose of condemning violations of basic humane standards.
政府がCAHに関し、国民の懸念に対応できない場合、それは、基本的かつ、人道的基準に違反するものであり、これを非難する目的で、民間人が民間団体を作り、正当とする必要があります。

Before the earliest Tribunals of Conscience there were several important international campaigns which contained elements later developed by the Tribunals. These include campaigns against slavery which started even before the beginning of the 19th Century. Often led by concerns of conscience, by religious libertarians such as the Quakers, the anti-slavery movement included a major el ement of the Tribunals: the public condemnation of acts seen as immoral. [4]
最も初期の、良心的な裁判がおこなわれる以前、後に、裁判所によって作られる要素を含む、いくつかの重要な国際的キャンペーンがありました。これには19世紀の初期以前から始まった、奴隷制反対のキャンペーンが含まれています。多くの場合、裁判所の主な要素には、良心的懸念に誘導され、クエーカー教徒のような宗教的自由主義者による、奴隷制反対運動が含まれていました:それは不道徳と見なされる行為における国民の非難です。[4]

Similarly, private commissions of investigation were established to oppose the horrific abuses in the Congo during the early 19th Century when that territory was a personal fiefdom of the King of the Belgians. Slavery enforced by brutalities, including dismemberment, was widely condemned and various private campaigns, often led by clergy, investigated and condemned the violations of humanitarian standards. It was one of those campaigns where the phrase “Crimes Against Humanity” was first used. [5] Later the phrase was used in reference to the genocide against Armenians by the Ottoman Empire. [6]
同様に、19世紀初頭、コンゴの領土がベルギー国王の個人的な領地であった当時、恐ろしい虐待に対抗するため、民間の調査委員会が設立されました。八つ裂きなどの残虐行為で執行された奴隷制度は広範囲で非難され、時には聖職者が率いる、様々な民間人のキャンペーンにより、人道的な基準が調べられ、それに違反するものを非難しました。これが「人道に対する罪」という言葉が最初に使われたキャンペーンの1つでした。[5]後にこのフレーズは、オスマン帝国による、アルメニア人に対する大量虐殺に関連して使用されました。[6]

Tribunals of Conscience
良心的・道義心・善悪の裁判所

Various nongovernmental organizations (NGOs) have sought to define “Tribunals of Conscience”.
政府に属さない、様々な組織(NGO)が「良心に沿った裁判所」を定義しようとしています。

The National Lawyers Guild, for example, has posited the following:
例えば、国際弁護士ギルドは、次のように述べています:

“A Tribunal of Conscience is a People’s Tribunal. Such tribunals date back more than six decades to the era of the Russell Tribunal on US war crimes in Viet Nam and the Universal Declaration of the Rights of People (Algiers, 1976). They provide an alternative forum for those who find no recourse in the formal institutions of the state or the international community. They are the place where the people judge the crimes of the state, not where the state judges the people.” [7]
「良心に沿った裁判所は、人民の裁判である。このような裁判は60年以上前に、ベトナムでおこなわれた、米国の戦争犯罪や、人権を守るための宣言をおこなった時代(アルジェ、1976)の、ラッセル法廷の時代にさかのぼります。それは、国家、または国際社会の正式な機関の援助が見つからない人々のためのフォーラムを提供します。それは国家が国民を裁く場所ではなく、国民が国家の犯罪を審査して判定する場所です」[7]

Perhaps the earliest self-denoted Tribunal of Conscience was that convoked by B. Russell and J-P. Sartre regarding the War in Vietnam, in 1966. After two public sessions in Europe the Tribunal published a strong condemnation of United States’ actions in Vietnam in 1967.
おそらく、最も初期の良心的な裁判所は、B.ラッセルとJ-Pによって結成されたものでした。1966年、ベトナム戦争に関するサルトル。ヨーロッパでの2度にわたる公開セッションの後、裁判所は1967年、ベトナムでの米国の行動に対し、反対の意志を発表しました。

Russel quoted Robert H. Jackson, the Chief Nuremberg Prosecutor, in justification of the establishment of the Tribunal:
ラッセルは、裁判所の設立を正当なものにするため、ロバートH.ジャクソン(ニュルンベルク最高検察官)を引き合いに出しました:

“If certain acts and violations of treaties are crimes, they are crimes whether the United States does them or whether Germany does them. We are not prepared to lay down a rule of criminal conduct against others which we would not be willing to have invoked against us.” — Justice Robert H. Jackson [8]
「条約における、特定の行為や違反が犯罪であるなら、それらは米国がやったものであっても、ドイツがやったものであっても、どちらがやったかどうかに関わらず、いずれも犯罪ということになります。 私たちは自分たちにとって関わりたくない他者に対して、犯罪行為の規則を定める準備はできていないのです。」 —ロバートH.ジャクソン裁判官[8]

The Russel/Sartre Tribunal encouraged subsequent private efforts:
ラッセル/サルトル裁判所では、それ以降、個人的な努力を評価し、奨励するようになりました:

“Additional tribunals have been conducted in the following decades on the same model, using the denomination Russell Tribunal. E.g., The Russell Tribunal on Latin America focused on human rights violations in the military dictatorships of Argentina and Brazil (Rome, 1973), on Chile’s military coup d’état (Rome, 1974–76), on the situation of Human Rights in Germany (1978), on the Threat of Indigenous Peoples of America (1982), on Human Rights in Psychiatry (Berlin, 2001), on Iraq (Brussels, 2004), and on Palestine (Barcelona, 2009–12).” [9]
「その他の裁判所では、同じモデルに対してラッセル法廷を使用し、数十年間、同様に扱いました。例えば、ラテンアメリカのラッセル裁判所では、アルゼンチンとブラジルの軍事独裁政権における人権侵害(ローマ、1973年)、チリの軍事クーデター(ローマ、1974年から76年)、ドイツの人権問題(1978)、アメリカ先住民の脅威(1982)、精神医学における人権問題(ベルリン、2001)、イラク(ブリュッセル、2004)、およびパレスチナ(バルセロナ、2009–12)など、人権侵害に焦点を当てました。 [9]

These efforts have also continued beyond the Russel/Sartre model. The “Permanent Peoples’ Tribunal was established at the behest of a member of the Senate of Italy in Bologna in the late 1970s. It has held 46 sessions regarding separate Crimes Against Humanity over the ensuing decades. [10] These sessions have reviewed situations involving CAHs primarily against peoples who are not recognized as “nations”, such as the population of Western Sahara or the Kurds, who live in several Middle Eastern nations.
これらの取り組みは、ラッセル/サルトルモデルを超えても続けられています。「民族の永久裁判所は1970年代後期、ボローニャのイタリア上院議員の要請によって設立されました。その後、数十年にわたり、人道に対する罪に関し、46の個別セッションが開催されました。[10]これらのセッションでは、主に、中東のいくつかの国に住む西サハラやクルド人の人口など、「国」として認められていない人々に対するCAHに関する状況を見直すことになりました。

Recent Developments
最近の動向

Other Tribunals of Conscience have included the 2009 Agent Orange Tribunal of the International Democratic Lawyers Association [11]; the 2020 Belmarish Tribunal regarding the persecution of Julian Assange [12]; and the 2019 China Tribunal which states:
良心に沿った他の裁判所では、2009年、国際民主弁護士協会のエージェントオレンジ裁判所が含まれています[11]。ジュリアン・アサンジの迫害に関する2020年のベルマリッシュ裁判[12]。 そして、2019年の中国裁判所では次のように述べています。

“The China Tribunal is an independent people’s tribunal established to inquire into forced organ harvesting from, amongst others, prisoners of conscience in China and to investigate what criminal offences, if any, have been committed by state or state-approved bodies, organisations or individuals in China that may have engaged in forced organ harvesting. “ [13]
「中国裁判所は、とりわけ中国の良心に沿い、囚人から強制的に臓器の摘出がおこなわれたかを調査し、もしある場合、それらに従事した可能性のある国家承認機関、組織、または個人による刑事犯罪を調査する、独立的な人民裁判所です。そのために創られました。」 [13]

During the 2020-2021 period of the “Declared Pandemic” the Natural and Common Law Tribunal for Public Health and Justice was established to hold the perpetrators of what the Tribunal found to be the “Genocidal Technologies Pandemic” accountable. It entered a formal judgment against various state-actors, politicians, businesses and NGOs for their various roles in triggering the false-flag “pandemic” and rushing “unavoidably unsafe” vaccines, including novel class of “gene altering” injections into production and deployment. [14]
2020年から2021年の「パンデミック宣言」の間に、公衆衛生と正義のための自然および共通裁判所が設立され、それは、裁判所が「大量虐殺技術のパンデミック」であると判定したものの加害者には、その責任を課すために設立されました。それは、ニセハタ作戦の「パンデミック」を引き起こし、生産と展開への新しい「遺伝子組み換え」の注射を含む、新しいクラスの「回避不可能で危険な」ワクチンを急いで送り込む様々な役割のための、様々な州の政治家、議員、企業、NGOに対し、正式な判決を下すことを開始しました。[14]

Humanity Benefits from Tribunals of Conscience
人類は良心の裁判所から利益を得る

“What”, the skeptic may ask, “is the value of private Tribunals of Conscience to humanity?”
懐疑的な人々は「良心に沿った個人的な裁判所の価値とは何なのか?」と聞きたくなるかもしれません。

We live in a world where the promise of global peace and prosperity has become a distortion used to empower globalist elites with their demonstrated eugenocidal agenda (most recently, through the Declared COVID Pandemic), where relations among nation-states resemble the brutal behavior of thugs — a true Hobbesian international order. The new religion of this world is Statism, the worship of the institutions of the States, including their judicial institutions and administrative indiscretions.
私たちは、世界的な平和と繁栄の約束のもと、彼らが示す大量虐殺の正当化(ごく最近のコロナ問題が世界的流行病を引き起こす等)が、世界主義のエリート集団に公的な権限を与えるのに用いられる歪曲された世界に住んでいます。国家間の関係が、凶悪犯罪の残忍な関係でつながる代わりに、本当に自由な国際秩序のもとで関係がつながることが求められています。現在の世界での新興宗教とは、凶悪的な司法制度や統計主義、軽率な行動をとる行政機関等が含まれた、国家主導主義(アメリカ制度の崇拝)なのです。

As the lack of intellectual viability of Statism in its various racial, religious, national, international, bureaucratic, imperialist and other forms becomes increasingly exposed and become, perhaps, increasingly irrelevant in an economically globalized, blockchain-enabled, post-singularity world, an alternative to state-sponsored “justice” is needed.
様々な人種的、宗教的、国家的、国際的、官僚、帝国主義的、およびその他の形態における国家主義の真の知的行動性の欠如がますます明らかとなり、おそらく、経済的に国際化されたブロックチェーン対応の特異性を持つ世界では、ますます無関係になるにつれて、国家が謳う「正義」に代わるものが必要になります。

The juridical subjects of International Law, “International Actors,” include nation-states (even micro-states like the Vatican), a certain few private associations (like the Red Cross or Sovereign Knights of Malta), and international agencies like the UN along with its associated institutions (such as certain privileged NGOs and “specialized agencies” — WHO and FAO, for example). Not included in this list are actual private persons, natural or cultural Nations, even juridical persons such as private associations and registered corporations.
国際法の法的対象である「国際アクター」には、国民国家(バチカンのようなミクロ国家でさえも)、特定のいくつかの民間団体(赤十字や主権を有するマルタ騎士団など)、国連のような国際機関、および、関連機関(NGOや「専門機関」、WHOやFAOなど)との協力が含まれます。このリストには、実際の個人、自然(公正)や文化的な国家、さらには民間団体や登録企業などの法人は含まれていません。

The humans and human organizations with which we usually interact are missing from the globalist structure of international relations.
私たちが普段交流している人間や人の組織は、国際関係の世界主義構造からは除外視されています。

We individuals do not exist in the currently dominant Statist view of international law.
私たち個人の存在は、現在の国際法の支配的な国家主義的、統計学的な見方の中には存在していません。

In the eyes of Globalist International Actors, we real people and our private associations are little more than disregarded entities. This state of affairs is entirely unsatisfactory to humane individuals.
世界主義者の国際的アクターの目には、私たちが、実在する存在としても、個人的な団体としても、その存在を認められず、無視された実体に過ぎません。 この状況は個々の人道的な考えには全く当てはまらないものです。

Consider the long march of human history and how treating individual humans as objects led us to endless millennia of Statist imperial warfare, culminating the 20th Century’s killing fields and nuclear incinerations.
人類の長い歴史と、個々の人間を単なる物として扱うことは、20世紀の殺害的行為であり、それは核心的部分を焼却し、統計学者の帝国戦争における、無限の数千年間につながる道です。

Consider the historic role of Statism in the imposition of what libertarian philosopher and lawyer Lysander Spooner saw as the Great Monopolies: the horror of slavery, vicious state churches, the legal “incapacities of women” and the King’s trade monopolies – all Statist institutions which have repeatedly perpetrated Crimes Against Humanity.
自由論者であった哲学者、弁護士ライサンダー・スプーナーが語っていた、「偉大な独占」という、押し付けられた、奴隷制の恐ろしさ、悪質な州立教会、法的な「女性の無能化」、そして国王の独占的貿易など、国家主義の歴史的役割を振り返ってみて下さい。人道に反して繰り返しおこなわれてきた犯罪の、統計機関を。

How can humanity trust the very Statist institutions which have so violated humane standards, by committing Crimes Against Humanity to exact meaningful justice for their own misdeeds, no matter how egregious?
彼ら自身の人道に反するひどい犯罪や統計機関、国家主義の制度を、正確で意味のある裁判官に委ねることで、人類は人道的基準に違反する彼らを、どのように信頼することができるのでしょうか?

Even as the vicious old concepts, chattel slavery, religious and racial bigotry, institutionalized inequality of women and various others, have become anathema to civilized people, the very concept a “sovereign” State, not subject to the same rule of law that applies to private persons, must also be rejected. States and their political elites must be subject to true Justice or there is no Justice.
悪質な古い概念、奴隷制、宗教的および人種的差別や偏見、制度化された女性の不平等、およびその他の様々なものが、文化的な人々にとっての増悪の対象であり、「主権」国家という、まさにその概念も、個人的にも拒否する必要があります。州とその政治的なエリート集団は、本当の正当な法の対処を受ける必要があります。そうでなければ、正義はありません。

Clearly, that justice will not come from the very source of the criminality. Private persons of conscience must take the lead to expose and publicly condemn Crimes Against Humanity. This is the role, which is of inestimable value to humanity, of Private Tribunals of Conscience.
正義とは明らかに犯罪を源として現れるものではありません。良心に沿ったものは人道に対する罪を暴露し、公に非難するために率先して行動し、主導権を持たなければなりません。 これは人類にとって計り知れない価値のある、良心に沿った、私的裁判所の役割なのです。
L
Today's music: Lindsey Stirling - Angels We Have Heard On High (Official Video)
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop