神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年05月31日 [日々の事]

🤧Why are known brain toxins in kids’ vaccines?💉🤧なぜ子供のワクチンに脳の毒が入っているのか?💉

Improper Amounts of Aluminum Discovered In Multiple Childhood Vaccines
子供の複数のワクチンから発見された多量のアルミニウム

Today‘s ThriveOn news♪
From CE collective EVOLUTION

今日のThriveOnニュース♪
CEコレクティブ・エボリューションから


Published 3 weeks ago on May 12, 2021
By Arjun Walia

5月12日(3週間前)に公開されたニュース
アルジュン・ワリアより


IN BRIEF
>The Facts: A team of aluminum experts at Keele University has found that multiple childhood vaccines contain significantly more or less aluminum than what is listed on product labels. They have filed a petition with the FDA in an attempt to resolve this issue.
>Reflect On: What are the consequences of misleading or incorrect product information, like vaccines, listed on the product label? Should these labels not be completely accurate?

簡単に言えば
>事実:キール大学のアルミニウムの専門家チームは、子供の複数のワクチンに、製品ラベルに記載されている内容よりも、大幅に大量のアルミニウムが含まれていたことを発見しました。彼らはこの問題を解決するために、FDAに請願書を提出しました。
>考察: 誤解を招くような、ワクチン等の製品成分内容表示の記載情報が、その製品ラベルに貼られることによって、現実的には何が引き起こされるのでしょうか?こういった表示ラベルは、正直で正確である必要がありますよね?


Before you begin...
Take a moment and breathe. Place your hand over your chest area, near your heart. Breathe slowly into the area for about a minute, focusing on a sense of ease entering your mind and body. Click here to learn why we suggest this.

あなたが読み始める前に...
少し時間をかけて深呼吸してください。あなたの心臓の近くの胸の領域に、そっと手を置きます。心と体に入る感覚に焦点を当て、約1分間、その領域にゆっくりと息を吹き込みます。ここをクリックして、この提案を行う理由を確認しましょう。


The aluminium adjuvant that’s used in multiple childhood vaccines has come under the scrutiny of multiple scientists from around the world over the past couple of years. It’s been discovered that a number of these vaccines have far more or far less aluminum adjuvant than listed on their FDA approved product labels, and as a result two formal petitions (access them here and here) were filed with the FDA on May 4th and May 6th of this year.
子供の複数のワクチンに使用されているアルミニウム、アジュバントは、過去2年間、世界中の複数の科学者たちによって精査されました。これらのワクチンの多くは、FDAが承認した製品ラベルに記載されているよりもはるかに大量のアルミニウム、アジュバントが含まれていることが発見されたため、2つの正式な請願書(ここここにアクセス)が、今年の5月4日と5月6日にFDAに提出されました。

The petitions demand that the agency do its job and assure that vaccine manufacturers are disclosing accurate information about the amount of aluminum adjuvant that’s actually present in their childhood vaccines. You can access the most recent legal update, here.
請願書には、各機関が各自の責務を果たすよう、ワクチン製造会社が、子供のワクチンに、事実、含まれているアルミニウム、アジュバントの量について、正確な含有量の情報を公表するよう、公開保証を含め、要求しています。ここから更新された最新の法内容にアクセスできます。

A team of the world’s foremost experts in aluminum toxicology, led by Christopher Exley (initiator of the petition), a Professor of Bioinorganic Chemistry for the last 29 years with more than 200 published peer reviewed articles regarding aluminum, made this discovery. Six vaccine products contained statistically significant greater amounts of aluminum (Pentacel, Havrix, Adacel, Pedvax, Prevnar 13, and Vaqta) and four childhood vaccines were found to contain a statistically significant lower quantity of aluminum adjuvant than what is outlined on the label for these products (Infanrix, Kinrix, Pediarix, and Synflorix.
クリストファー・エクスリー(請願書の作成者)が在籍する、世界有数のアルミニウム毒物学の専門家チームは、過去29年間に、200以上のピアレビュー記事を発表し、そして今回の発見へと至りました。6つのワクチン製品(Pentacel、Havrix、Adacel、Pedvax、Prevnar 13、Vaqta)には、統計的に大量のアルミニウムが含まれており、4つの子供用ワクチンには、製品ラベルに説明が書かれているものよりも少ない量のアルミニウム、アジュバントが含まれていたことが判明しました。

This discovery was published in The Journal of Trace Elements in Medicine and Biology where researchers point to the fact that since aluminum is a known toxin in humans and specifically a neurotoxin, it’s content in vaccines should be accurate and independently monitored to ensure both efficacy and safety.
この発見内容は、アルミニウムが、人にとって既知の毒素であり、特に神経毒であるため、ワクチンに含まれる成分内容が正確で、確実なものである必要があり、監視する必要のあるものであり、有効性や安全性の両面が保たれている必要があるとの指摘内容が、医学や生物学における微量元素ジャーナル(The Journal of Trace Elements in Medicine and Biology)に掲載されました。

Another paper of interest for readers might be this one, titled The role of aluminum adjuvants in vaccines raises issues that deserve independent, rigorous and honest science. It also outlines the concerns being raised.
私たちにとって興味深い、その他の論文には、「ワクチンにおけるアルミニウム、アジュバントの役割」という、独立機関から出た、厳格で正直な科学に値する問題を提起する論文でしょう。また、提起されている不安材料についても示しています。

The petition states, these deviations from the products’ labels are extremely concerning. Doses with more than the approved amount of aluminum adjuvant raise serious safety concerns, and doses with less than the approved amount raise questions regarding efficacy. Indeed, aluminum adjuvant is a known cytotoxic and neurotoxic substance used to induce autoimmunity in lab animals, and which numerous peer-reviewed publications implicate various autoimmune conditions…. These deviations also render the products and manufacturers not in compliance with various federal statutes and regulations, requiring immediate action from the FDA.
嘆願書には、認められた量を超えるアルミニウム、アジュバントを投与した場合、安全性は脅かされ、重大問題が体に発生し、逆に、認められた量を下回る投与量では、有効性に疑問が生じます。 確かに、アルミニウム、アジュバントは、動物実験で、自己免疫を誘発するために使用される既知の細胞毒、および神経毒のある物質であり、多くの書籍に様々な自己免疫破壊が起こることを示しています…。 こういったことにより、製品や、その製造会社は、様々な連邦法ならびに規制に従っていないことを示し、FDA からの即時対応が望まれます。

The Petitions therefore demand that the FDA immediately and publicly release documentation sufficient to establish that the aluminum content in each vaccine at issue is consistent with the amount provided in its labeling and that the FDA pause distribution of the vaccines at issue until it has done so.
従って、請願書には、問題の各ワクチンのアルミニウム含有量が、ラベルに記載されている量と一致していることを証明するのに十分な証拠文書を直ちに公的に公開すること、およびFDAが問題のワクチンの配布を停止することを要求しています。

Nothing can be more important than the safety of vaccines injected into babies.
赤ちゃんに注射するワクチンの安全性(成分内容)については特に重要でしょう。

If you would like to provide the FDA a comment regarding the petitions filed regarding aluminum levels in childhood vaccines, you can do so here and here.
子供のワクチンについてのアルミニウムレベルに関する請願書に関するコメントをFDAに提供したい場合は、こことここで行うことができます。

Exley and his work is supported by many scientists from around the world, yet he is facing a potential set back with regards to continuing his research on aluminum and disease. One hundred scientists came together and recently wrote a letter of support, stating,
エクスリーや、彼の研究は、世界中の多くの科学者からも支持されていますが、アルミニウムと病気に関する研究を続けることに関して、ストップがかかる潜在的な可能性に直面しています。100人の科学者が集まり、最近、次のように述べた手紙を書き記しました。

We are writing to express our concern over the possible interruption of research on aluminum and disease conducted by Christopher Exley and his group in your (Keele) University. We feel that Christopher Exley’s work conducted for so many years in line with the previous research of late Pr Birchall at Keele University has been an important service to the scientific community, patients and society in Europe and globally. We firmly declare that Pr Exley has always defended rigorous research independent of commercial conflicts of interest, and has freely carried out his research without any control by any of his sponsors.
私たちは、キール大学で、クリストファー・エクスリーと彼のグループが行ったアルミニウムと病気に関する研究が中断される可能性を心配し、それを表明するためにこの手紙を書いています。キール大学の故バーチャール博士の以前の研究に沿って、長年、実行してきた、クリストファー・エクスリーの研究は、ヨーロッパ、ならびに世界的な科学界、患者、社会にとって、重要な貢献であったと感じています。 私たちはエクスリーが常に商業的利益とは無関係に、厳格な調査を擁護し、スポンサーを持つことなく、自由に研究・調査を行ってきたことを堂々と断言します。

You can read more about what’s going on with regards to this situation, and access the correspondence that’s happened between Keele University (Exley’s employer), Exley, and the academics who support his work, here.
この状況に関して何が起きているかについての詳細は、キール大学 (エクスリーの雇用主)、および彼の仕事を支援する学者間で行われた通信内容を読むことで知ることが出来ます。

Exley has provided his own comment on the petition that reads as follows,
エクスリーは、請願書について、次のようにコメントを提供しています、

Once these data on the aluminium content of infant vaccines were known to me I asked myself about their absolute significance. What were the data witnessing. Sloppy processing by manufacturers? If so then why weren’t these issues flagged up by internal auditing of the products? Do manufacturers not actually measure the final content of aluminium in their vaccines? It looks that way. If they do not are they still assuming that the information they give on the patient information leaflet is accurate? Presumably they are as this amount of aluminium per dose of vaccine has been extensively researched and optimised by the manufacturer to give the antibody titre necessary for the vaccine to be effective. Since the vaccine is wholly ineffective in the absence of the aluminium adjuvant then the amount of aluminium adjuvant injected into the infant must be tightly controlled in providing a safe and effective vaccine. Isn’t that correct?
乳幼児のワクチンに含まれるアルミニウムの含有量に関し、これらのデータを知った後、私はこれらの絶対的な重要性について自問しました。データで何を目撃したのか。製造会社の「ずさん」な処理?もしそうなら、なぜこれらの問題が製品の内部監査によって指摘されなかったのか?製造会社は、ワクチンの中のアルミニウムについて、最終的な測定を行っていなかったのか?そうとしか言いようがない。そうでなければ、彼らが患者に与える情報提供が正確なものだとは思っていないはずだろう?おそらく、投与するワクチンのアルミニウム量は、ワクチンの効果を上げるため、必要な抗体価を調整し、それは製造会社によって広範囲に研究され、最適化されているはずです。ワクチンはアルミニウム、アジュバントが適した量でなければ、まったく効果がないため、安全で効果的なワクチンを提供するためには、幼児に注射するアルミニウム、アジュバントの量を厳密に制御する必要があります。それは正しいことではないのか?

How can vaccine manufacturers be so complacent about such a critical issue? Is there a darker side to all of this? It may or it may not be true that manufacturers carefully optimise the aluminium content of infant vaccines. However, how often do manufacturers monitor the efficacy of their vaccine in receiving infants? How do they know that the data they must have for their clinical trials is reproduced in real time vaccinations in infants. Simply, how do they know that their vaccine works against its target disease? Do they even care? These data on the aluminium content of infant vaccines suggest very strongly that from the moment the vaccine is aliquoted to its vial ready for subsequent administration to an infant the manufacturer has no interest in whether it is either effective or safe.
ワクチン製造会社は、何故、このような重大問題に関し、野放しで満足していられるのだろうか?すべてに暗い部分があるのだろうか?製造会社が乳幼児のワクチンのアルミニウム含有量を注意深く管理し、最適化したことは真実かもしれないし、そうでないかもしれない。しかし製造会社は乳幼児を受け入れる際のワクチンの有効性をどのくらいの頻度で監視しているのだろうか?臨床試験に必要なデータが、乳幼児のリアルタイムのワクチン接種で実施されていることを、彼らはどうやって知るのだろうか。簡単に言えば、彼らは自分のワクチンが標的の病気に効くということをどうやって知るのだろうか?それを気にとめているだろうか?乳幼児のワクチンのアルミニウム含有量に関するこれらのデータは、ワクチンが乳幼児に投与する準備が整い、分注された瞬間から、製造会社が安全性や効果について関心がないことを強く示している。

No one is monitoring the former and vaccine manufacturers have no responsibility for the latter. Vaccine manufacturers are businesses first and foremost, it is not up to them to make sure that their products are safe and effective. It is the responsibility of the FDA and the FDA is clearly neglecting this responsibility as is the European Medicines Agency. A cartel of neglect and complacency that puts infants all of the world at risk, not only from the disease the vaccine is meant to be effective against but critically from the injection of an unknown amount of a known neurotoxin into vulnerable infants.
配送業者に関して誰も監視しておらず、ワクチン製造会社は彼らに対して責任を負うことはない。ワクチン製造会社は何よりもまずビジネス(企業)であり、自社製品が安全で効果的であることを確認する作業は彼ら次第だというわけではないのです。それはFDAの責任でもあり、FDAは明らかに欧州医薬品庁と同様に、この責任を無視しています。それは意図した病気に対するワクチンの有効性に暗雲を与えるだけでなく、自己満足のカルテルで脆弱な乳幼児に未知量の神経毒を注射することは、世界中の乳幼児を危険にさらすことになるのです。

I know that many of you have given me your support in a myriad of ways and I am eternally thankful. You may be interested to know that the ‘academic’ Aluminium Family has also played a part and you can read all about this through this link. If you have any questions or comments about this please direct them to Professor Romain Gherardi (RKG75@protonmail.com) who kindly instigated this effort on my behalf.
多くの方々が私に様々な方法でサポートを提供してくださったことを私は知っており、私はそのことに永遠に感謝しています。「学術的」なアルミニウムファミリーも一役買い、このリンクからすべてを読むことができます。質問やコメントがある場合は、私に代わってこの取り組みを開始してくださったロマン・ゲラルディ教授 (RKG75@protonmail.com) までご連絡ください。

The Takeaway: The politicization of science has become quite a large issue these days. In my opinion, science that seems to support a narrative that is in favour of certain government and/or corporate interests is heavily promoted and explored, while science that calls these narratives into question is heavily scrutinized, censored and unacknowledged within the mainstream.
要点: 科学を政治化することについては、近年、非常に大きな問題(疑問)になっています。 私の意見では、特定の政府や企業の利益に対して有利なストーリー展開を与えると思われる科学が盛んに推進され、研究されていますが、これらのストーリーに疑問を投げかける科学は、主流媒体において、厳しく精査され、検閲され、受け入れられない場合も少なくありません。

If science is raising a cause for concern, especially regarding something like aluminum toxicity that is so prevalent in our lives today, why can’t we as a society embrace, support, and acknowledge the study of it openly and collectively? What is going on here? You might imagine that everybody would support research like the kind Exley and his team are doing, as it only seeks to make a healthier world. Then again, it may not be in the best interest of pharmaceutical companies and their business model.
科学において、特に今日の私たちの生活の中で非常に普及しているアルミニウム毒性のようなものに関して懸念の原因を提起しているのであれば、何故、私たちは社会としてそれを公然と集団的に受け入れ、支持し、認めることができないのでしょうか?ここで何が起きているのでしょう?エクスリーと彼のチームが行っているような研究は、より健全な世界が作られることだけを目指しているため、誰もが研究を支持するだろうと思われるかもしれません。しかし、繰り返しになりますが、それは製薬会社や、そのビジネスモデルにとっては、利益にならない可能性もあるのです。

Isn’t human health and ‘doing no harm’ the key oath public health is interested in upholding? The implications of science should not impede progression of health, but rather accelerate it.
人間の健康に「害を与えない」ことは、公衆衛生が趣をおき、支援する重要な宣誓ではないのだろうか?科学の影響は、健康の促進を妨げるものではなく、むしろそれを加速させるべきではないのだろうか。
・・・・・・・・

Today‘s music:St. Vincent - Digital Witness

・・・・・・・・

⭐「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」

⭐【衝撃作】「ワクチンの罠」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

⭐『ケムトレイル』の映画(1時間12分)"Why in the World are They Spraying?"


・・・・・・・・
新刊のご紹介:
『医師が教える新型コロナワクチンの正体:本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』
税込価格 1540円
発売予定日:2021年06月10日
著者名:内海聡
出版社名:ユサブル

・・・・・・・・
その他:
・・・・・・・・
1.『新型コロナが本当にこわくなくなる本 医学・政治・経済の見地から"コロナ騒動"を総括する』
税込価格:1,430円
発売日:2021年5月7日
著者:井上正康, 松田学
出版社名:方丈社
・・・・・・・・
2.『こわいほどよくわかる 新型コロナとワクチンのひみつ』
税込価格:1,430円
発売日:2021年5月7日
著者:近藤 誠
出版社名:ビジネス社
・・・・・・・・・・
3.『効果がないどころか超有害! ワクチンの罠』
税込価格:1,540円
発売日:2014年2月16日
著者:船瀬俊介
出版社名:イースト・プレス
・・・・・・・・
4.『PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない』
税込価格:1,430円
発売日:2020年12月3日
著者:大橋 眞
出版社名:ヒカルランド
・・・・・・・・
5.『コロナパンデミックは本当か?コロナ騒動の真相を探る』
税込価格:1,320円
発売日:2020年11月20日
著者:スチャリット・バクディ、カリーナ・ライス、大橋 眞 (監修)
出版社名:日曜社
・・・・・・・・


衝撃作】内海聡「ワクチン不要論 」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】


【衝撃作】「知ってはいけない隠された日本支配の構造」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop