神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年07月01日 [日々の事]

📖It‘s new♪ “Dr. Greer's response to the DNI report”🖊📖ニュース♪『DNIレポートに関するグリア博士からの返答』🖊

Dr. Greer's response to the DNI report.
DNIレポートに関するグリア博士の返答。

Dr. Steven Greer
Dr. Steven Greer-1

The DNI Report on "UAPs”: UFO Coverup 2.0
「UAP」に関するDNIレポート:UFOカバーアップ2.0

From Dr. Steven Greer
スティーブン・グリア博士から

The DNI report on so-called UAPs (a made-up psy ops name created to obfuscate the truth...) is, as predicted, the usual US government cover-up, but with a twist.
いわゆるUAP(真実を曖昧にするために作られた心理作戦名...)に関するDNIレポートは、予想通り、いつもの米国政府の隠蔽工作ですが、ひねりが加わっています。

Since the mid-1940s, the US government (and others) have simply denied the significance of the subject. Via Project Blue Book, the Condon report and other operations staged to give the appearance of a real investigation, the government has simply denied the matter is "real" or of significance.
1940年代半ば以降、米国政府(およびその他)はこの課題の重要性を単に否定し続けてきました。 プロジェクト・ブルーブック、コンドン報告書、および、実際の調査のように見せかけるために行われた、その他の作戦を通して、政府は問題が「事実」重要ではないと否定しました。

This time, in UFO Cover-up 2.0, the DNI report calls for further "study" . Doubtlessly, this will be staged and a dog and pony show like the 1960s Condon "Report" during which professor Condon of the University of Colorado, was on the payroll of the CIA- and we have documents proving this.
今回のUFOカバーアップ2.0では、DNIレポートはさらなる「研究」を求めています。間違いなく、これは演出されたものであり、コロラド大学のコンドン教授がCIAの給料を支払っていた1960年代のコンドン「レポート」のような、「犬とポニー」のような演出があります…そして私たちはこれを証明できる文書を持っています。

But this time, the so-called further investigations are beginning with one true premise and three huge lies:
しかし今回は、更に、いわゆる調査が、1つの真実という前提と3つの大きな嘘から成り立ち、始まっています。

The true premise is that the UFOs are real, and not simply misperceptions of other known craft or phenomenon.
本当の前提はUFOが本物であり、他の既知の技術や単なる現象による誤解ではないということです。

And the 3 Big Lies:
そして3つの大きな嘘とは:

First: that we do not know what the UFOs are. But we do. A cursory investigation of existing evidence, testimony and so forth proves what Lockheed Skunkworks director Ben Rich concluded in 1986: That there are 2 types of UFOs "ours", or manmade antigravity propulsion vehicles, and Extraterrestrial. Case closed.
まず第一に:UFOが何であるかわからないということですが、私たちはわかります。既存の証拠や証言などをざっと調査すると、ロッキード・スカンクワークスのディレクターであるベンリッチが1986年に結論付けていることが証明となっています。UFOには「私たちの」、つまり地球製の反重力推進装置と、実際の地球外生命体の2種類のものがあります。隠されているものです。

Second: That the US does not have any aircraft or technologies that can perform in the manner the UAPs do. This is simply a cover-up of the fact that since the mid-1950s Unacknowledged Special Access Projects (USAPs) have had exactly such operational classified craft. These craft have been used in clandestine operations for 60 years, including the criminal staging of "alien" kidnappings and torture, also known as "alien abductions". Such false flag operations have been confirmed by intelligence officials and by a 1980s CIA document (see The Cosmic Hoax, to be released soon). Additionally, the energy and propulsion technologies behind such man-made UFOs, once disclosed, would lead to the end of oil, gas, coal, nuclear power and other current energy systems and begin a New Energy economy. While this would be the salvation of the earth and perhaps the long-term prospects of humanity, this would spell the end of the corrupt global elites and oligarchs who currently run the planet.
第二に:米国にはUAPのように機能する航空機や技術がないことです。これは1950年代半ば以降、非認可の特別アクセスプロジェクト(USAP)がまさにこのような、分類された運用上の技術を持っていたという事実の隠蔽にすぎません。これらの工芸品は、「エイリアンによる誘拐」としても知られる「宇宙人」の誘拐や、拷問のような犯罪的ステージングを含む、60年間の秘密工作で使用されてきました。このようなニセ旗作戦は、諜報当局と1980年代のCIA文書によって確認されています(間もなく公開されるThe Cosmic Hoaxを参照して下さい)。さらに、このような人工UFOの背景にある、エネルギーや推進技術は、一度公開されれば、石油、ガス、石炭、原子力、およびその他、現在のエネルギーシステムの終焉につながり、新たなエネルギー経済が開始されます。これは地球にとって正に救済であり、おそらく人類の長期的な見通しとなりますが、これは現在、惑星を運営する、世界的な腐敗エリートや寡頭制の終焉を意味しています。

Finally, such a truthful disclosure would also expose the means whereby these same USAP-connected oligarchs could continue to hoax, and eventually convince the vulnerable general public of "an Alien Threat". This hoax, which began in the 1950s, has been part of a long-term covert military strategy to unite the world, not in peace, but around a militaristic response to this hoaxed alien threat.
最後に、このような真実の公開は、こういった同じようなUSAPにつながったオリガルヒがデマを続け、最終的には脆弱な一般大衆に『エイリアンの脅威』を信じ込ませる手段も同時に明らかにします。1950年代から始まったこのデマ作戦は、平和ではなく、宇宙人の脅威に騙された、軍国主義的な対応を中心に、世界を統一するための長期的な秘密の軍事戦略の一部でした。

Which leads us to the third Big Lie: That the UAPs are a threat to "national security". What rubbish! If the ET threat was real, we would have known about it the day the first atomic bomb was detonated. As first CIA Director Roscoe Hillenkoetter stated in a letter, the SECRECY surrounding UFOs is a threat to national security - NOT the UFOs- except for the man-made ones that are being used in false flag operations, deceiving even our top military officials. This Big Lie is central to the long-term military strategy: Convince the world that we must be united, again not in peace and real unity, but against an external threat. The result: a global totalitarian super-state that unites the world against the "alien threat", just as Werner Von Braun warned.
これが3つ目の大きな嘘につながります。:UAPが「国家安全保障」に対する脅威であるということです。なんてことでしょうね! ETの脅威が現実のものだったとしたら、最初の原子爆弾が投下された日に既に気づいていたでしょう。最初のCIA長官ロスコー・ヒレンコエッターが手紙で述べたように、UFOを取り巻く秘密は国家安全保障に対する脅威であり、UFOではなく、ニセ旗作戦で使われている人工の宇宙船を除き、私たちの最高の軍事関係者さえ、騙せるものです。この大きな嘘は、長期的な軍事戦略の中心になっています。平和と真の団結ではなく、外部の脅威に対して、私たちが団結しなければならないことを世界に納得させることになります。それはヴェルナー・フォン・ブラウンが警告したような、「エイリアンの脅威(嘘話し)」で、世界を統一する、世界的な全体主義の超国家のことです。

It must be remembered that those who authored the DNI report may be completely unaware of any of this. How? The nature of USAPs is that only those read into the project know of its very existence. I have personally briefed world-leaders, Ministers of Defense, a CIA director, the Director of the Defense Intelligence Agency (DIA) and the Director of Intelligence for the Joint Chiefs of Staff (J2), among others- ALL of whom had been explicitly denied access to these USAPs - if not directly threatened for even inquiring.
DNIレポートを作成した人は、これにまったく気付いていない可能性があることを覚えておく必要があります。どうしてでしょうか?USAPの性質は、プロジェクトに組み込まれた人だけが、その存在そのものを知っているということなのです。私(スティーブン・グリア博士)は、世界の指導者や国防大臣、CIA局長、国防情報局の長官(DIA)、統合参謀本部の長官(J2)などに対し、個人的に説明したのです。 これらのUSAPへのアクセスを拒否されたのです…問い合わせの際に直接脅されていない時でも。

Therefore, the current DNI may or may not have actionable intelligence or even effective access to these USAPs. Certainly, few members of Congress do- and the ones that do have agreed to the illegal nature of the USAP system. Now THIS is a national security threat, as the first CIA Director stated. The extreme secrecy and runaway nature of USAPs, which President Eisenhower warned us about, is the actual threat to national security- and to world peace.
要するに、現在のDNIには、実用的な知能や、これらのUSAPに効果的なアクセスができる場合とできない場合があります。確かに下院議員の中には、USAPシステムの違法な性質に同意している人はほとんどいません。最初のCIA局長が述べたように、これは国家安全保障上の脅威になります。アイゼンハワー大統領が私たちに警告したUSAPの極端な秘密という暴走状態の性質は、国家安全保障や世界平和に対し、実際の脅威となります。

We must all unite to encourage our representatives and leaders in every country of the earth to avail themselves of the evidence and research of the Disclosure Project. Write them today! And we need more brave whistleblowers to step forward with detailed information about these illegal operations immediately. If you are such a person please contact us at SiriusDisclosure.com.
私たちは誰もが皆、地球のあらゆる国の代表者と指導者がディスクロージャープロジェクトの証拠や研究結果を活用することを奨励し、団結しなければなりません。今日そのように書いてください!そして、これらの違法行為に関する詳しい情報をすぐに入手するには、より勇敢な内部告発者が必要なのです。あなたがそのような人であるならば、SiriusDisclosure.comの、我々に連絡をしてください。

It is time for universal peace, not endless war. It is time for a new world of clean, boundless energy and justice for all. It is time to permanently approve the treaty to ban all weapons from space- and preserve space for peace forever. This is our call to action- not the cul de sac of another staged fake government study with pre- determined conclusions designed to advance the criminal agenda of the secret-keepers.
終わりのない戦争が続く世界ではなく、普遍的な平和の世界を迎える時です。今、すべての人にとって、クリーンで無限のエネルギーと、正当な新しい世界を構築する時です。すべての兵器を宇宙から廃止(禁止)し、平和のために宇宙を永久に維持するという条約を恒久的に認証する時が来ています。これは私たちへの行動の呼びかけであり、秘密保持者の刑事議題を進めるために設計された、事前決定が伴う、他の段階的なニセ政府の袋小路ではありません。

It is time for change, real progress and a new world in which the future of humanity is directed by peace and not endless war and lies.
今こそ、変化、真の進歩、そして人類の未来が果てしない戦争や嘘ではなく平和によって導かれる新しい世界の時なのです。

Steven M. Greer MD
Founder
The Global Disclosure Project
27 June 2021
Washington DC
www.SiriusDisclosure.com


For more information see the documentary Unacknowledged and read the book by the same title. And see The Cosmic Hoax- An Expose
詳細については、ドキュメンタリーUnacknowledgedを参照し、同じタイトルの本を読んでください。 そして、宇宙のデマ-に関する公開内容を参照してください

Movie CE-5 is here
映画CE-5はこちらです

CE5 Contact(App): now live on the Apple Store and Google Play
CE5コンタクト(アプリ):現在、アップルストアとグーグルプレイから入手可能です

Today’s music: Lindsey Stirling - Night Vision


【💖POINT💖】
From Dr. Steven Greer‘s support team.

All truth passes through three stages. First, it is ridiculed. Second, it is violently opposed. Third, it is accepted as self-evident.
Consider: One scenario for disclosure is that the UFO and Extraterrestrial subjects are acknowledged in a scientific and hopeful way. Excessive secrecy, which lacks executive branch and congressional oversight, is ended. Humanity begins to entertain open contact with other civilizations, with peaceful engagement as the goal.

すべての真実は3つの段階を通過することになります。まず始めに嘲笑されます。次にそれは激しく非難され、反対されます。最後にそれは明白な事実として認められ、受け入れられます。
考えてみましょう:(元々の)ディスクロージャーのシナリオの1つは、UFOや地球外知的生命体という課題が、希望に満ちあふれた科学的根拠のある形で認められているということです。行政機関や議会の監視から外れているような、行き過ぎの秘密の存在を終了させます。人類は平和的な結びつきを目標として、他の文明との開かれたオープンコンタクトを楽しむ時代を迎えるようになります。


Technologies currently suppressed are allowed to be disseminated: Pollution ends. An economy of abundance and social justice is firmly established. Global environmental destruction and mind-numbing world poverty become a faint memory. Zero-point based energy devices transform the world. Electrogravitic devices permit above ground travel without paving over the world’s precious fertile farm land.
現在、抑圧されているテクノロジー技術が普及することは許可されています:環境汚染は終了することになります。豊かさや社会的正義(秩序)が伴う経済はしっかりと確立されることになります。世界的な環境破壊や、気が遠くなるような世界の貧困問題は、かすかな遠い昔の記憶になります。ゼロポイントエネルギーベースのエネルギーデバイスが世界を変えます。世界の貴重で豊かな農地を舗装することなく、電気的な装備が地上での移動(旅行)を可能にします。

As an ET once told Colonel Philip Corso, “It's a new world, if you can take it…”. This is the disclosure for which we are working.
But remember, there are hugely powerful interests who dread this scenario. For them, it is the end of the world as they know it. The end of centralized, elite power. The end of a controlled geo-political order, which today leaves nearly 90% of Earth's people barely one step out of the stone age. And they do not wish to share the power they wield.

かつてETがフィリップ・コルソ大佐に「あなたが新しい世界を受け入れることができるならば…」と言ったように…。これが私たち(スティーブン・グリア博士・CE5)が取り組んでいるディスクロージャーです。
しかし、このシナリオの成功を恐れている、非常に強力な存在がいることを忘れないでください。(スティーブン・グリア博士の目標が達成されることは地球全体、惑星全体、そして世界中の多くの人を手助けすることに役立ったとしても)彼らにとって、それは彼らの世界(中央集権化されたパワーエリート、および統制された支配政治)の終焉につながります。今日、地球のほぼ90%の人々が、石器時代から、ほんのわずかな1歩を進んだような状態にあります。彼らは彼らが手にする力を(一般市民と)分かち合うことを望んではいません。


Continue Reading When Disclosure Serves Secrecy
『ディスクロージャーが秘密を明かす時』を読んで下さい。

Also Available in the Papers section of siriusdisclosure.com.
siriusdisclosure.comの論文セクションでも入手可能です。

Watch + Share CE5 Film
映画CE5を見て+シェア

Movie Unacknowledged is here
映画 非認可 はこちらです

Subscribe to the newsletter
ニュースレターを購読してください

Coming Soon The Cosmic Hoax An Expose
もうすぐ宇宙に関するデマが暴露される

Today’s music PartU: Lindsey Stirling – Masquerade:

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop