神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年07月21日 [日々の事]

💉新型コロナと巨大利権?🏢

今、日本では、
「コロナウィルスのワクチンは必要派」と
「ワクチン不要派」に分かれているという…。
テレビやネットでは、ひたすら、
「ワクチンは必要、打ってください!」と訴えているようです。
(私は現在の日本のテレビは見ないのであまり詳しく知りませんが)
さて、どちらが本当なのか?
言うまでもないので、もう、ここでは触れません。
海外でワクチンの独自研究を行っているグループや大学の話しを聞けば、
ワクチンに関する論争なんてする気になれないからです。
日本では動物に使うワクチンと、
人間が使うワクチンを同じように考えていたり、
人体構造の根本的な知識がなさ過ぎていたりで、
「何を信じていいかわからない、迷子の子猫ちゃん」が増加中…。


現在、『楽して儲けようぜ!』という風潮も日本にも到来しているそうだ…。
これには株や投資で一躍大富豪になった人々が大きな宣伝灯になっているという…。
そして『投資や株』で莫大な収入を得ている日本人が大勢いるという…。
この場合、何に投資させられているのかは不明のケースが多いという…。
ワクチンの実際の成分と同じ、内容が不明…。
海外では既に、実際のワクチン表示成分と、
大学で実際に調べたワクチンの成分内容が違っていたことが、
大学の研究室で発覚している。
これは一歩間違えると非常に危険な事態につながるし、
ワクチン自体が全く意味のないものになる。
そして『この研究結果を表に出したくても出せずにいる』という事実があり、
大学教授としての立場を守らなければならない…ということで、
教授の生徒たちが大学教授を防護する活動を続けている。
海外の賢い人々はオーガニックやデトックスを用いながら、
ライフスタイルの見直しを行い、免疫力の強化に力を注いでいる。
今後は優れた波動療法なども一般的になるかもしれません。
波動療法は既に医療として海外では活用されていますよね。
現代は真実を表に出すのが困難な世の中になっているというのが現実だろう…。
※詳しくは下記の『新型コロナと巨大利権』のビデオをご視聴下さい。


つい先日、私の友人から、こんな話しを耳にしました。
『N★K(日本のTV局)のアナウンサーが、
「You-tubeでワクチンの悪い話しを耳にしても無視して下さい」
…って放送してたよ!
N★Kの運営費には巨大医療利権が絡んでるから、
日本人みんながワクチンを放棄したら、
ワクチン利権から得られる利益が駄目になっちゃうもんね…。』
…と…。
これはどこの国でも基本的に構造が同じようです。
そもそもTVなどの主流メディアには巨大利権を握っている、
『スポンサー』なるものが存在する。
だからTV放送の内容に関して、
今更100%信用する人は少ないでしょう。
彼らは巨額な利益のためならどんな嘘でも巧妙に作り上げてしまう…。

今の日本は様々な国に侵略され、利用され、
世界に情報をばらまかれ、
切り刻まれている状態だということを多くの日本人は知らない。

今の社会では真実の話しをねじまげたり、本当の話しに嘘をまぜたり…。
数字を操作して洗脳する…。
時には「バカになる周波数」がTVから放たれるケースもあるという…。
現代の食べ物は昔と比べて劣悪化し、空気汚染も進み…、
挙句の果てには「バカになる周波数」か…と呆れ果ててしまう…。
アメリカではUFOを隠蔽しているグループが、
ダイレクトにニュースの情報を操作し、
日本では米軍とつながっている様々な、
『国境を自由に動き回れるグループ』によって、
日本の情報は丸ごと流出し、日本は運営されている。
つまり、国境を自由に超えられる存在たちにとって、
日本は単なるお金儲けのための
『都合の良い餌食』
となってしまっているのが現状で、
これは第二次世界大戦後、特に加速している様子です。
まるでウィグル人と同じ、ジェノサイドの標的のように。


詳しくは、
『知ってはいけない、隠された日本支配の構造』
〜矢部宏治著〜
講談社BOOK倶楽部
…が、とてもわかりやすいです。
この本の中で、特に印象的だったのは、
『北方領土がいつまでも解決しない理由』
…についてでした。
●(本文抜粋:P7〜)
第二次世界大戦後、日本の首都・東京が、実は沖縄と並ぶほど、米軍支配の激しい、世界でも例のない場所だということ。
●(本文抜粋:P8〜)
日本地位協定の考え方増補版1983年12月:
・アメリカは日本国内のどんな場所でも基地にしたいと要求することができる。
・日本は合理的な理由なしに、その要求を拒否することはできず、現実に提供が困難な場合以外、アメリカの要求に同意しないケースは想定されていない。
…という取り決めが存在している。
●北方領土が解決できない理由:
北方領土の交渉をする時も、返還された島に、米軍基地を置かないというような約束をしてはならない。
…という取り決めが存在している。
(こんな条件をロシアが吞むはずがないのは誰でも理解できます。)
●(本文抜粋:P11〜)
「戦後日本」に存在する「裏の掟」
私たちが暮らす「戦後日本」という国には、国民はもちろん、首相でさえも、よくわかっていない、そうした「裏の掟」が数多く存在し、社会全体の構造を大きく歪めてしまっています。そして残念なことに、そういう掟のほとんどは、実は日米両政府の間ではなく、米軍と日本のエリート官僚の間で、直接結ばれた、占領期以来の軍事上の密約を起源としているのです。
●(本文抜粋:P103)
・米軍関係者が日本の法によって裁かれないための「裁判権」
・米軍が日本の国土全体を自由に使用するための「基地権」
…というのが存在している。
さらに、この本を読めばわかることですが、
日本の環境に関しては配慮がなされることでも、
日本人の人権は完全に無視されている事実があるということです。


「知ってはいけない隠された日本支配の構造」を世界一わかりやすく要約してみた(28分50秒)


「新型コロナと巨大利権」を世界一わかりやすく要約してみた(29分52秒)
(本当は世界一お金持ちの日本!なのに国民の貧富の差が激しい理由は何?)



そして、先日、世界公開された、
スティーブン・グリア博士の新作映画、
"The Cosmic Hoax: An Exposé" (01:23:05)』
でも理解できる通り、
(+My BLOG
この利権もUFO隠蔽問題にまでつながっている…
…ということなのですが、
もう、この巨大利権は世界全体に広がっているので、
一般市民の私たちが、
この世間の波に乗るということは自殺に等しいわけです。
『嘘だらけ』だから。
だから、海外では日本以上に独自で研究する、
一般市民の寄付によって運営される、
真実のニュース番組グループが人気なのです。
こういった番組が好きな人たちは、
すぐには情報を鵜呑みすることはないですし、
ニュースを聞いた側も独自で調べます。
日本は耳や目から入って来た情報を、
そのまま信じる人が多い…これは不思議でもあり、
危険な状態だと言えるかもしれません。
嘘だらけの情報が飛び交う社会で、
流れてくる情報を確認や研究もせずに
信用する文化は…やっぱり変ですよね…。
特に日本は植民地状態だというのに…。
日本の医療のワクチン情報を知ると『地獄』のような世界を見ている気分になりますが、
日本以外の世界中にいる『正直』で『研究熱心』な人々のワクチン情報を知ると、
本当に『ホッ…』とします💛
ちゃんと正直・明確・正確・誠実に『情報開示』してくれますし、
スポンサーなしで『自立』して真心で情報を世界に発信してくれる…。
毎日、そういった愛情深く、友好的で、正直で、勇敢、
そして、ありのままでいられる人々の情報に触れられるのは、
本当に至福の時間です。
心から自然に『感謝』と『愛情』がふくらみます。
…日本もいつか巨大利権のフェイクワールドから脱出できたらいいですね!
まずは日本人である私たちが嘘と真実を見破ることが必用ですよね♪
そして私たちのお金がどこに流れ、誰に、
何のために使われているのか?
…も知る必要がありますよね♪

世界中の日本以外の多くの人は目を覚ましています♪
いかに世界中の人々が長い歴史の中で『嘘を教わり続けてきた』のか…。


『ロズウェル事件の真相を知る人々は、世界の政治・経済・医療・教育・食料、
その他あらゆるものを動かす存在よりもはるかに大きな力を持っている。』
〜スティーブン・グリア博士〜

世界公開映画(2021年7月4日): “The Cosmic Hoax: An Exposé”
『宇宙のニセ旗作戦:暴露』(1時間23分)
You-tube以外のサイトからご視聴の場合はこちらから



2001年5月:UFO隠蔽計画:暴露(1時間55分26秒)
ディープステートの奥の『根源』…

歴史における軍と政府の内部告発…最も大きな秘密の情報開示BOOKはこちらから入手可能です。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop