神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • エステのご予約
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
Organic Esthetic
ブログ
2021年12月11日 [日々の事]

日本でもようやく?『投資』の授業がスタート?

日本でもようやく?『投資』の授業がスタート?

今年も素晴らしい年を皆様と過ごせたこと、心から感謝いたします♪
コロナ渦で生活スタイルが変化したことで、多くの人の人生にたくさんの変化が訪れたことと思います。
良い意味でも、その逆の意味でも…。


ところで、アメリカでは既に常識とされている『投資』の授業ですが、
日本でも、ようやく『投資』の教育が本格導入されるとか…。
(2022年〜高校家庭科/資産形成の授業)
私も急ピッチで『投資』に関する勉強を続けています!
今や数十冊の本を読み終えようとしていますが・・・📚
そんな中で、特にオススメしたい本は
2019年2月に発売された、

『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』
中桐 啓貴 (著) 1628円
出版社 : クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

・・・という本です♪
Money Book
『投資』について、ひらたく、わかりやすく、
誰でも簡単に理解できるように書き上げられた本で、
投資の歴史・流れ・動きなど、
まったく知識のない方でも
とても理解しやすく読む事ができ、
さらに、今後、どんな感じで投資をしていけばよいかなど
具体例も挙げられています。

投資の裏側を知っている方にも
(インサイド情報など)
楽しく読んで頂ける側面もあり、
笑える場面もあり、
お正月にはお勧めの本です♪
ご家族や仲良しグループで論破し、
新しい投資法を作るのもいいですね♪

この本を書き上げた著者である
中桐啓貴さまに感謝を込めて、
この本の一部を下記に抜粋し、
ご紹介させて頂きます♪

みなさま、素敵な年末年始をお過ごし下さい♪♪♪
感謝💛


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』から抜粋
P96
※投資の先生&生徒のストーリーが小説のように書かれています。

株式会社は誰のものか?
先生:「まず質問です。世界で最初の株式会社は?」
生徒(隆一):「東インド株式会社でしたっけ。歴史の授業で習ったやつですね。」
先生:「正解。オランダのこの会社が、はじめてだと言われていますね。
1602年、徳川幕府が発足する1年前に設立されています。
では、はぜこの時期(17世紀)にヨーロッパで株式会社が設立されたのか。
これを知るには、その時代背景を簡単に見ていくとわかりやすいです。」
先生は話しを続けた・・・
先生:「この時代のヨーロッパは大航海時代と呼ばれ、15世紀にバスコ・ダ・ガマが喜望峰ルートを開拓し、インド、アジアへの航海が開かれ、コロンブスは西を目指し、アメリカ大陸を発見しました。そして探検家たちは、こぞって航海にくり出し、主にコショウの数をピンセットで一個一個数えたと言われるほど貴重なものでした。ただ、その航海は、難破や海賊からの襲撃、疫病への感染など、リスクも高く、何割かの船は戻って来なかったくらい危険なものでした。しかし、「貧しくとも勇気と幸運に恵まれれば、有り余る名声とお金が、探検家に転がり込んできた」のです。ちなみに、この時代の船乗りのことをイタリア語でリズカーレ(risicare)と呼び、この言葉がリスク(risk)の語源になったといわれています。ここまではよろしいでしょうか?」
急に池上彰らしき口調になった先生に、隆一は笑いをこらえながら、
生徒(隆一):「へ〜、コショウはそれほど貴重だったんですね〜。リスクの語源がイタリア語だったとは初耳でした。」
      と、TV番組の芸能人のようなリアクションをしてみた。
先生:「では、探検家たちは船などをどうやって調達したのでしょうか?」
隆一は答えに詰まった。
先生:「これは『パトロン』と呼ばれる探検家を応援するお金持ちがいたからです。ベネチアのメディチ家などはパトロンとして有名ですね。応援するといっても、寄付ではありません。航海が成功したあかつきには、きちんと利益配分を受け取ります。「出資者は出したカネが戻ってこないというリスクをとるかわりに、探検家への報酬、経費を除いたり、ターンを自分のものにする権利を得た」わけです。」
先生:「ここで3人の人物が登場します。ちょっと難しいかもしれませんが、所有と経営の分離です。探検家、出資者、船員です。当たり前ですが、出資者(パトロン)が船に乗って航海に出るわけではありません。航海に出るのは探検家です。この出資者と探検家がいっしょではないところがポイントです。株主(出資者)というのは、資本(お金)の出し手であり、会社は資本の出し手である株主が、経営を支配する権利を持っている仕組みになっていて、経営者(探検家)は、その代理人に過ぎません。ですから、航海で得た利益は、基本的には、必要経費(船員たちへの給料、探検家への報酬など)を除いて、すべてが出資者のモノになります。」
先生の(説明図)絵を書きながらの説明に、隆一は、TV番組を見るように聞き入った。
先生:「一度、話しをまとめましょう。まず、リスクをとってビジネスを起こしたいという起業家が、パトロンからお金を集めるために、株式会社を作る。起業家はお金を出してもらいましたよという証拠に株式を発行する。その株式(証書)を持っている人が『株主』です。そして、起業家は、そのお金を使って、設備を買い、社員を雇い、事業を始める。うまくその事業が軌道に乗れば、起業家は利益の中から役員報酬をもらい、社員は給料とボーナスを受け取ります。「株主は出資比率(いくらお金を出したか)に応じて、配当を受け取ったり、株価の値上がり益を得ることができます。つまり、株式での投資は、出資比率に応じて、経営に参加でき、利益の配分を受けられるということです。その利益をきちんと計算するため、簿記が使われるようになります。また、その責任は有限で、出資額以上のリスクはありません。そして、その株式を売却して現金にしたいという株主のために、証券取引所がつくられたのです。」
生徒:「そういうことだったんですね。経営者、社員、株主、証券取引所の関係がつながってきました。」
※続きは本書に譲ります♪ご興味のある方は、ぜひ、お正月ブックに加え、お読み下さいネ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の歌♪
❄️Beautiful Winter Lullaby❄️ (Fall Softly Snow) Harp Twins


Lindsey Stirling - Lords: Lords Mobile


今日のビデオ🎥
Watch This Baby Tiger Go From Cranky And Tiny To Brave And Big | Baby 2 Big | Dodo Kids


For our happy year!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【重要なお知らせ!】
2022年4月1日より、当ホームページは100%楽天Beautyに移行させて頂きます。
もちろん980円エステは価格も今のままでご提供させて頂きます♪
50%初回割引サービス、および誕生月50%割引サービス、ならびにご紹介割引サービス制度は、当ホームページの特別割引制度となりますので、ご利用ご希望のお客様は3月末日まで、当ホームページからご予約をお願い致します。
来年も引き続き『引き寄せのクリスタルマクロ』を宜しくお願い致します♪


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop