神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2018年01月01日 [日々の事]

2017年12月17日(日)グレア博士からのメッセージ。(日本語に訳しました♪)

The message. From Dr. Greer. Sunday Dec 17, 2017.(Japanese translation♪)
2017年12月17日(日)グレア博士からのメッセージ。(日本語に訳しました♪)

URGENT: Note that the recent NY Times story is couched from a Threat office of the Pentagon: This a clear ramp up to False Flag FAKE disclosure designed to prepare people for a threat from outer space- so the War Mongers and War Profiteers have a new , bigger enemy . BEWARE.
(緊急メッセージ:最近のニューヨークタイムズの報道における、ペンタゴン・脅迫事務所から表明される内容に、注意して下さい。:ニセ(偽)情報の発表により、人々に脅威を感じさせ、戦わせる準備をさせるために、計画されていた情報開示(ディスクロージャー)が用意されています。それは、戦争を商売にして、利益を得る大きな黒幕です。)

Meanwhile , Unacknowledged is being BLOCKED by media, no coverage even though it is the 2017 # 1 Documentary on iTunes and widely popular on Netflix etc. The secret government is manipulating a false disclosure and threat via their lackeys and 'cut-outs' . Stay tuned!
(映画「Unacknowledged(非認可)」は、メディア上(iTunesのNetflix等で、ドキュメンタリー映画部門において、2017年No.1の人気映画であったにも関わらず、報道されていない)、情報伝達がブロックされています。シークレット(秘密)の政府は、その下にいる人々と、情報開示と脅威情報を操作しています。注意深くいて下さい。)

Please read Dr. Greer's paper: When Disclosure Serves Secrecy.
(グリア博士の論文を読んで下さい:秘密の情報開示を提供します。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://siriusdisclosure.com/cseti-papers/when-disclosure-serves-secrecy/
“When Disclosure Serves Secrecy.” by Steven M. Greer M.D.
Copyright 1999.
(「ディスクロージャー(情報開示)が秘密を提供する時。」(スティーブン・M・グレア医学博士より。著作権1999年)

Ending the secrecy surrounding the UFO/ET subject is a laudable goal. It is long overdue. It would transform the world in ways both simple and profound. And yet it is fraught with danger.
(UFOやETにおける主題を取り囲む秘密情報を終わらせる事は、称賛に値する目標です。それは長い間、あまりにも時間が経ち過ぎています。その目標の達成は、いとも容易に、深い所から世界を改善し、変える事が出来るのです。しかし、それには危険が伴います。)

The covert projects which have been running UFO related programs for nearly 60 years are not interested in a disclosure which upsets their apple cart. They want such a disclosure to transform their apple cart into a freight train. And they potentially have the power and connections to do it.
(約60年間、UFO関連のプログラムを実行してきた、隠蔽されたプロジェクトは、物事を覆す情報開示を隠蔽したまま、彼らは潜在的なパワーと接点を保持しています。)

There are multiple scenarios attending the disclosure of the UFO subject- and not all of them have the best interests of humanity at heart. Elsewhere, in the new book Extraterrestrial Contact: The Evidence and Implications I write about the kind of disclosure the world needs. An honest one. An open one. One which replaces secrecy with democracy. A disclosure which is peaceful, scientific and hopeful.
(UFO分野の発表において、複数のシナリオが存在し、そのシナリオを作成している人々の真意には、人類への利益がもたらされると言う訳ではありません。:私が発表するものは、世界が必要とするオープンで正直な証拠であり、秘密事を、民主主義と入れ替えるものであり、平和で、科学的であり、十分に期待出来るものです。)

But then there is the disclosure the powers that be would like to see: Manipulated. Calculated to consolidate power and engender fear. Configured in such a way that chaos and a deepening need for Big Brother is carefully inculcated into the masses. We have seen the plans and it is not a pretty picture.
(しかし、権力を持つ者たちが、見たいと望む「ディスクロージャー」もあるのです:それは操作されたものであり、力を駆使し、恐怖を生じさせるためにデザインされています。混沌と独裁者の為のニーズが、庶民の中へと、入念に深く教え込まれる(洗脳する)ような方法で、デザインされています。私達はその計画を知っており、それが良いものだとは思えません。)

I write this as a warning. A warning that the wolves in sheep clothes are very cunning indeed. And have almost limitless resources. Most who work with them do not even know they are wolves. Indeed, it is likely that many of the wolves have been convinced that they are sheep.
(私は、その中にいるオオカミのような存在たちがいると言う警告として、この事をお伝えしています。彼らは非常にずる賢く、膨大な資源を所有し、彼らと働く多くの人々は、彼らがオオカミのような存在であると言う事さえ、知りもしないのです。)

The UFO matter is not so much a mystery as a matter deliberately obfuscated and mystified. Confusion and a lack of clarity serves the larger covert goal of keeping it off the long-range radar of society while power and plans are consolidated quietly. And the one thing more dangerous to society than all this secrecy is a planned, contrived disclosure run by the keepers of the secrets.
(UFO問題については、ミステリーと言うよりも、意図的に混沌とさせられているのが問題なのです。明晰さの欠如によって、その計画は静かに強化され、長距的観測を妨害するための、隠されている大きなゴールにつながっています。そして、危険な事態の1つとして、秘密を隠蔽する人々によって動かされている計画における「ディスクロージャー」です。)

For years such plans have been made – to be unfurled at just the right time. During a time of great expectation. Of social confusion. Perhaps of millennial madness?
(長い間、その計画は作られ続けていました。正確な時間に引き起こされた、社会的混乱を引き起こす予想可能な数々の出来事。おそらく数千年以上もの狂気?)

I have personally met with a number of people who are very involved with such plans. I do not speculate here. Be aware: The disclosure of UFO reality is being planned very carefully. It will assiduously follow a scheme to spin the subject in just the right way – the only way which will further redound to the glory and power of the secret-keepers. It will be a false disclosure – one born out of the age-old bane of human existence: selfishness and greed. Greed for power. Greed for control. Greed for domination.
(私は、個人的に、そういった計画に深く関係している多くの人々と出会いました。私はここで推測を述べませんが、気づいていてください。:UFO問題に関する、現実においてのディスクロージャー(情報開示)は、非常に入念に計画されています。それは、懸命にも、秘密を管理する者たちの、栄光と権力に貢献するであろう唯一の方法でもあります。そして、問題をはぐらかすような方向計画に続くでしょう。:自己中心的な貪欲さや、権力欲における貪欲さ、そして、支配欲における貪欲さとして。)

We must be mature and informed on such matters. Only a vigilant and informed public can see through such deceit – and correct it should such a plan be unfurled. Every citizen needs to know that great good can come from the truth being known. But the mature citizen must also recognize that the ‘truth’ can be spun and spun again – until the goals of those who crave secret and overt power are met.
(私達は、そのような問題に対して、成熟していなければならず、情報を得ていなければなりません。用心深く、情報を得ている市民だけは、そのニセ情報を見破る事が出来ます。そして、それを修正する事が出来るのです。全ての市民は、隠蔽されている大きな利益に関する事実や、真実を知っておく必要があります。しかし、成熟した市民はその『真実』さえも、たらい回しにされている可能性も、ある事態を知っておかなければなりません。)

Consider: One scenario for disclosure is that the UFO and Extraterrestrial subject is acknowledged in a way which is scientific and hopeful. Excessive secrecy which lacks executive branch and congressional oversight is ended. Humanity begins to entertain open contact with other civilizations, with peaceful engagement as the goal. Technologies which are currently suppressed are allowed to be disseminated: Pollution ends. An economy of abundance and social justice is firmly established. Global environmental destruction and mind-numbing world poverty become a faint memory. Zero-point based energy devices transform the world. Electro-gravity devices permit above ground travel without paving over the world’s precious fertile farm land. As an ET once told Colonel Philip Corso, “Its a new world, if you can take it…”. This is the disclosure which we are working for.
(考慮すべき事。:(本当の)ディスクロージャー(情報開示)においては、UFOと地球外知的生命体の課題とは、科学的かつ、希望的であると言う事です。政府や議会の監督を欠く、ひどい秘密が終わるのです。平和的な約束がゴールとしてあり、人類は開いたコンタクトを、他の文明で歓待し始めます。現在、隠蔽されている、超高等テクノロジー技術の公表が許可されます。:そして(環境)汚染は終わり、正義が通る、豊かな社会経済が堅く設立されて行きます。グローバルな環境破壊や、無駄で貧しい世界の貧困は過去の記憶となります。零点(フリー)エネルギーの機器は、世界を変えます。(改善し、救いとなる。)電気的な装置は、世界中の農家には存在しなくなります。ある1人のETが、かつてフィリップ・コーソ大佐に言ったように、「あなたがそれをすることができるならば、新しい世界となるでしょう…。」それは、今、私たちが活動し、今、こうして発表している内容の事です。)

But the disclosure envisioned above could have happened in 1950. It did not – Why? For such a disclosure would lead to the total transformation of the status quo. Centralized energy systems would be obsolete. Oil would be useful only for lubricants and synthetics. The geo-political order of today would be a thing forgotten: Every country and people on Earth would have such a high degree of progress and advancement that all nations would have a seat at the global table. Power would need to be shared. Peaceful acknowledgment of life from elsewhere would make the Earth seem like the very small, organic homeland which it is. The vast trillion dollar global military – industrial sector would be reigned in. And a universal spirituality might dawn…
(しかし、この真実の情報開示は、既に1950年に、可能であったものです。しかし、出来ませんでした。なぜかと言えば、この情報開示によって、全体的な現状の状態を大きく変化させてしまうからです。化石燃料を使っている、現在の集中的なエネルギーシステムは、今や時代遅れなのです。石油は潤滑油と合成物質にとってのみ、有益ですが、今日の地政学的なニーズとしては、忘れ去られた物なのです。:地球上のすべての国の人々は、高度な進歩を待っているので、すべての国家もグローバルにつながるテーブル上で、高度な進歩のつながりを持つでしょう。そして権力は、共有される必要があるでしょう。他の観点から見れば、生命の平和は、非常に小さな有機的な母のようでもあります。1兆ドルもの国際軍隊、工業が、この中で君臨していた事、それを、多くの聖職者は理解し始めるかもしれません…。)

But remember, there are hugely powerful interests who dread this scenario. For them, it is the end of the world as they know it. The end of centralized, elite power. The end of a controlled geo-political order which today leaves nearly 90% of the people of Earth barely one step out of the stone age. And they do not wish to share the power they wield.
(しかし、忘れないで下さい。この情報開示を恐れている、支配サイドが存在しています。彼らはその事を知っているため、彼らにとって、それは、彼らの支配世界の終焉となります。今日、かろうじて、地球の人々のほぼ90%に、石器時代から、ほとんど変わらない生活を強制されてきた、コントロールの終わりです。もちろん、彼らは、支配権を共有したいとは今でも思っていません。)

Now, let me describe the ‘disclosure’ which would make these covert control programs happy. This is the false or contrived ‘disclosure’ which has only one clear goal: The further consolidation of their power and their paradigm. It has to do with fear, not love. With war, not peace. With division and conflict, not unity. It is the dominant paradigm – but it is slipping away slowly. And a carefully orchestrated disclosure of the ‘facts’ of the UFO and ET subject could secure their power. This is the disclosure which is to be dreaded. This is the disclosure to watch out for. This is the disclosure which is already occurring.
(さて、私に、世界中の人々が幸せになるための、隠蔽されている「ディスクロージャー」を説明させて下さい。これは、ほんの1つのはっきりしたゴールを持っている「ディスクロージャー」です。:パラダイムの強化です。それは愛情や平和と言ったものではない、恐怖や、戦争との関係があります。分立や衝突…それは支配的なパラダイムですが、それはゆっくりと抜け出して行くでしょう。そして、UFOとETにおける課題の「事実」の情報開示の準備は整っています。これは、警戒するべきものでもあり、すでに起こっているディスクロージャーです。)

My meetings over the past 9 years with covert operatives who have worked on UFO related programs have introduced me to some characters right out of a spy novel – and then some. Whether in private high tech industry, at the Pentagon or at a midnight meeting in a private mansion, a theme has emerged. It is one of immense, though currently hidden, power. It transcends government as we know it (at this point the government of ‘We the people…’ has been made irrelevant on this issue). And the theme has two main strands – the eventual covert militarization of the ET subject and a weird covert religious strain which can only be viewed as bizarre.
(UFO関連のプログラムに取り組んだ、隠れたスパイとの9年間は、私にとって、まさにスパイ小説のようでした。そして、いくつかのハイテク産業では、ペンタゴンや、大邸宅であろうと、そのようなものに関わらず、テーマがあるのです。それは、莫大な(現在隠される)ものの1つです。私達がそれを知っているように、それは政府を越えた所にあります。そして、テーマは2つあります。最終的には、秘密の軍隊、奇怪なET、怪しい影の宗教的な重圧等です。)

Here, we find some very strange bed-fellows indeed. War mongers and militarists in cahoots with industrialists who share a certain bizarre eschatological bent: A dark view of the future, featuring an extraterrestrial Armageddon – or at least the threat of it. Such a theme supports retrograde and fanatical religious causes as well as deeply covert military-industrial plans to expand the arms race into space.
(ここで、私達は、非常に奇怪な特定の終末論の傾向を共有する、実業家と共謀する戦争商業者と、軍国主義者の、一部の見知らぬ仲間を見つけました。:将来の暗い展望(地球外知的生命体によるハルマゲドン等を特徴とする)そのようなテーマは、軍備拡大競争を宇宙に拡大させ、狂信的で、宗教的な隠れた軍の産業計画を支えています。)

In fact, the big players in the so-called ‘civilian UFO community’ are tied into such beliefs and agendas. It strains credulity, I admit, but here is what we have found by penetrating these operations.
(実のところ、いわゆる「民間のUFOコミュニティ」における、大きな活動家は、そのような信念と、課題を持って縛られています。信じ難い事ですが、私達が、その操作活動において、発見した証拠を持っています。)

From a military-industrial perspective, the disclosure of choice is one which frames the UFO/ET issue in a threatening manner. If a threat from space can be established (as President Reagan liked to say) then the entire world can be united around the need to fight such a threat. This would ensure trillion dollar plus military – industrial spending well into the next century, and beyond. If you think the cold war was costly, wait until you see the price tag for this ‘protection’ from the ‘threats’ in space: The trillions spent on the cold war will look like a blue light special.
(それは軍隊産業の展望から、UFOやET問題を脅かす枠に当てはまるものです。宇宙からの脅威(レーガン大統領がそれを言うのが好きだったように)があるならば、全世界はそう言った脅威と戦う必要性において、既につながって活動しているでしょう。これは、数兆ドルの費用に加え、軍隊活動を活発にするものです。次世代にわたる、産業への出費です。冷戦は高くつくものだと気づけるなら、宇宙からの『脅威』から、『保護』する値段を考えてみて下さい。:非常に高額な商売です。)

Retrograde and fanatical religious groups, similarly, have great vested interests in fulfilling the promise of Armageddon. An eschatological paradigm, well enshrined in the belief systems of those running covert UFO projects, is supported by the portrayal of a cosmic conflict in the heavens. Voila! We have the necessity of spinning the UFO/ET issue in the evil invading aliens (translates in religious terms as demons) direction. Indeed, this has already been accomplished, courtesy of the ‘civilian UFO community’ and the tabloid media. (Switch at this point is virtually all media…)
(ハルマゲドンの約束を果たす事において、狂信的な宗教団体的存在たちは、同様に大きな既得権を握っています。隠蔽されたUFOプロジェクトを実行している、彼らのシステムに、首尾よく安置された、終末論の方法は、宇宙上の衝突と言う描写によってサポートされています。考えてみて下さい!私達は、悪質なエイリアンの侵略の(悪魔として宗教用語で翻訳される)方向で、UFOやET問題を動かす必要性を持っています。実に、これが遂行されている事であり、『民間のUFOコミュニティ』と、タブロイド紙や、メディアの好意によるものです。(現時点での発火スイッチは、事実上メディアが使われています。)

Additionally, there is a subtext which can only be viewed as thinly veiled racism. You will note that part of the ‘new myth’ regarding UFOs involves the ‘good ETs’ , which invariably are described as ‘Pleidians’ who are ‘handsome’ white, blue-eyed Aryan appearing types. Naturally, those ‘evil, bad ETs’ are darker, shorter, look funny and smell funny. Please. Such clap-trap would have us trade age-old human racism for an extraterrestrial variety. This nonsense and propaganda could only make Hitler proud.
(さらに、ベールに隠された人種差別とも言えるサブテキストがあります。UFOに関する『新しい神話』の一部が、『良いET』を含む、『ハンサムな』青い目の、アーリア人である『プレアデス星人』だと言う点に注目してみて下さい。そして、『凶悪な、悪いET』は、暗く、奇妙なのです。そう言った、ただの見せかけは、古くから、私達に、地球外の存在に対して、人種差別的思想を思い起こさせます。このナンセンスな宣伝は、ヒトラーを誇り高いものにしました。)

In one lengthy meeting with a multi-billionaire, I was told that he gave great support to UFO activities which propel the so-called ‘alien abduction’ subject into public awareness because he wanted humanity to unite around fighting this ‘alien threat’. Later, this very influential figure informed me that he believed these demonic ETs were the cause of every setback in human history since Adam and Eve. Sound familiar?
(億万長者との間で交わした1つの長い会談において、私は、彼が人類にこの『エイリアンの脅威』と戦うように推進するために、いわゆる『エイリアンの誘拐』と言う演出を推進するUFO活動に、サポートを与えていると、話していました。後に、これらの悪魔のように思われているETが、アダムとイブ以降、人間の歴史上の、あらゆる妨げの原因を作っている事も、彼は私に知らせました。それは既にご存知ですか?)

Military interests, which are heavily involved in covert projects which hoax ET events, such as human military- related abductions, have a shared goal of demonizing the UFO/ET phenomenon. Doing so lays the foundations for the fear and dread necessary for an organized opposition to all things ET. And this sub serves the long-term need to provide a rationale for an expanding global military even should world peace emerge. In fact, under this scenario, ‘world peace’, or strictly speaking peace on Earth, could be secured by the world uniting, eventually, against the ‘threat from space’ referred to by resident Reagan. (By the way, personally I believe Reagan was the victim of disinformation specialists who surrounded him and who manipulated him into the statements he made on this subject.)
(人間の軍隊関連のET誘拐活動を助長する、隠れたプロジェクトに深く関係している軍の趣旨は、UFOやET現象を、悪魔化させる共通のゴールを持っています。そうする事で、全てのETたちへの恐怖の基礎を築きます。そして、副産物として、世界平和が万一、明らかになりさえするならば、拡大するグローバル軍隊に、論理的根拠を提供する長期必要性を満たします。実のところ、このシナリオの下で「世界平和」や、厳密に言えば、地球上の平和は、レーガンによって語られた「宇宙からの脅威」と、結局、結びつく事となります。(個人的には、レーガンが、表明した、この声明の中には、彼を操った意図的な情報操作の専門家がいる事が伺えるので、彼は犠牲者であったと、私は確信しています。)

Under this scenario, currently being gamed and ‘disclosed’ courtesy of the trial balloon UFO ‘community’, we would get peace on Earth – in exchange for interplanetary conflict. One step forward, ten steps back. Wonderful.
(このシナリオの下では、現在、『UFOコミュニティ』の、『明らかにされた』好意により、私達は、惑星間の衝突と引き換えに、この地球上で平和を得る事になります。)

Such a false and contrived ‘disclosure of the truth’ regarding UFOs and ETs would, then, sub serve agendas held by powerful covert interests in both the military-industrial sector and those of a strange collection of religious fanatics, who pine for Armageddon — and the sooner the better.
(UFOやETに関する、そのような不自然な『真実の発表』は、その後、狂信的な宗教家や、奇妙な軍の産業界につながるものであり、彼らはハルマゲドンが来る日を待ち切れず切望しています。)

Lest the reader think such a strange amalgam of militarists and cult-like religious interests are unlikely, remember the weird views of the Third Reich. Or more recently, the views of one US Department of the Interior cabinet secretary during the Reagan years named James Watt. It was he who, not knowing a microphone was still on and recording his comments, stated in the 1980s that we did not need to worry about all these environmental problems since Armageddon was coming soon and the world would be destroyed anyway…This bizarre view, held by a man who shaped and applied policy for the Interior Department of the US Government, was later reported in the general media. At the time a comical footnote perhaps. But what does it say about the degree to which such beliefs may be shaping covert UFO policy. — And specifically disclosure plans? We have found that such views — bizarre as they may seem to most — are heavily represented in covert policy development on the UFO subject.
(軍国主義の奇妙な複合体や、カルトのような宗教的利益がありそうもなく、第三帝国の怪しい兆候があるように、多くの人は考えたり、最近では、レーガンの近くにいた、米国内務省内閣長官、ジェームズ・ワットは、マイクロフォンがオンだった事を知らず、コメントを記録せずに、ハルマゲドンが起こっていた頃から、環境問題について、私たちは悩む必要はないと、1980年代に述べていました。しかし、世界(の環境)は破壊されています。この奇怪な見解(アメリカ政府の内務省で方針を形造り、採用された事)は、主流メディアで、後に報告されました。それはおかしな脚注でした。しかし、そこにあった信念に隠されていたUFO問題について、それは物語っています。そして、それは発表計画だったかのように?私達は、そのような見解を見出しました。)

And most disconcerting of all: This strange mixture of military cosmic saber-rattling and bizarre religious beliefs are the dominant forces shaping both the ‘civilian UFO community’ and the planned eventual ‘spin’ on UFO disclosure. Let the buyer beware.
(そして、大部分の物事を混乱させる。:軍による宇宙武力の脅威と、奇妙な混成、奇怪なカルト的信条は、UFO問題の発表に関して『民間UFOコミュニティ』と、最終的に『解釈』を形造る、支配的な軍隊にあります。関わる時は注意が必要です。)

To the rational and intellectual, such views seem ridiculous. Why, you might ask, would anyone want a cosmic war in space, an Armageddon and the destruction of the Earth? To comprehend this, you have to get inside the head of people who hold such beliefs – people like James Watt. In his case, why worry about a little bit of deforestation, air pollution and areas of dead oceans if the entire world is going to be destroyed in a couple of years anyway?
(理性的で、知的な人にとって、そのような見解は、おかしいと思えるでしょう。そう、あなたはこう尋ねるかもしれない…、誰が宇宙戦争や、ハルマゲドン、そして地球の破壊を望むのか?これを理解するためには、そう言った信念を持つ、ジェイムズ・ワットのような人々などの頭の中(思想)に注目する必要があります。彼のケースでは、全世界が、何故、わずか二年間で、森林伐採や、大気汚染、海洋汚染に悩まされたのか?です。)

But the thinking goes further than this. Because such fanatical thinking has within it the concept that as a result of the Armageddon we will see the return of Christ- and with it the good people’s salvation. Now, people are free to believe what they want. But what we have found is a deliberate influencing of covert policy on UFOs by such beliefs. Some of these people want Armageddon – and they want it ASAP.
(ところで考察はこれより離れ、そのような狂信的思想が、ハルマゲドンの結果、私達がキリストの、そして、その復活を見ると言う狂信的な考えの中には、良心的な民族たちにとっての救済的思考も存在します。現在、人々は、彼らが望むものを信じています。しかし、私たちが発見したものは、UFO問題に関する隠れた政策、それにとても影響する事でした。狂信的な人々の一部は、ハルマゲドンを望んでいます。そして、彼らはそれを待ち切れずにいます。)

Strictly speaking, the militarists and war-mongers, itching to ‘kick some alien butt’ as it was said in the movie Independence Day, may actually only want a pretext to justify their existence and get the world to eventually spend huge sums of money on a perceived (if contrived) threat from space.
(厳密に言えば、軍国主義者と戦争を引き起こす立役者は、映画「インデペンデンスデイ」等で言われているように、「恐ろしいエイリアンのケツを蹴り」たくて、うずうずし、実際にそれを正当化してもらいたくて、世界中の人々に、巨額のお金を費やさせる事をしているわけです。)

But in some cases – high up on the food chain of the covert entity running UFO secrecy – the two views meet. A place where militarism and eschatology merge. Where Star Wars and Armageddon join.
(しかし、場合によっては…隠れている食物連鎖上の高い所にある、UFO問題の秘密の2つの見解は同じです。軍国主義と終末論が合併する所です。スター・ウォーズやハルマゲドンのような考えが一致する所です。)

In tracing the history of both the UFO civilian community and the covert policy-making group concerned with UFOs, we have found a growing penetration of the latter into the former. So much so that at this point there are projects which ostensibly are innocent civilian initiatives but which in reality are totally controlled and financed by ‘cut-outs’ from ultra-secret projects.
(私達はUFO問題に関係する「UFO民間コミュニティ」と、隠されている政策立案グループの両方の歴史を追跡し、前者の中に後者を助長するものを発見しました。この時点で、表面上は、無実に思える純粋な民間団体は、現実において、超秘密プロジェクトから「カットアウト」によって、完全にコントロールされ、資金提供されるプロジェクトが存在します。)

Moreover, our careful penetration of such projects yielded the disturbing finding that deep-cover black project operatives are working closely with alleged civilian researchers, journalists and UFO glitterati. CIA and military intelligence operatives are working with civilian ‘think tank’ heads, alongside very wealthy business people who are eschatologists, and being advised by ‘civilian’ technologists and scientists – who are themselves proponents of bizarre religious belief systems involving the end of the world and ETs…
(さらに、闇のプロジェクトのプロの力は、民間研究者、ジャーナリスト、UFOに関する有名人と、密接に動いていると、私たちは気付き、妨害を受けました。CIAと軍事情報のスパイは、終末論者であり、「民間の」科学技術者と、実際の科学者によって助言される、非常に豊かなビジネスを横に民間の「シンクタンク」頭脳として稼働しています。それ自身は、世界とETの終わりに関係する、奇妙なカルト信仰システムの立案者です…。)

Thus, the new ‘chosen ones’ have been assembled. They are planning your disclosure on the UFO/ET subject. They are owned by the money whores and power brokers doing the bidding of the secret entity which runs UFO projects to begin with. And it all looks like a civilian initiative. So innocent. So well-intended. So ‘scientific’. And by the way, the sky is falling courtesy of ET and we need your money and your souls to defend against it.
(このように、新しく「選ばれた者」は集められました。彼らはUFOやETを課題とする(怪しげな)情報開示を計画しています。まず第一に、UFOプロジェクトを運営する秘密の裏の実体は、売春婦とパワーブローカーによって、所有されています。そして、それは一般人の無実で科学的なイニシアティブのようにも見えるのです。そして、空ではETの好意を利用し、地上では、あなたのお金とあなたの魂に、防御させるのです。)

Do not be deceived. You need to be awake to the darker scenarios which some would like to thrust upon the world. And you need to know that there are alternatives. If a ‘disclosure’ is unleashed on the world which is xenophobic, militaristic and terrifying, know that it comes from the spinmeisters of secrecy- regardless of how respectable the person or group may appear to be.
(騙されないで下さい。あなたは、一部の人々が世界に押しつけている闇のシナリオに気づいている必要があります。そして、あなたは、選択肢があるということを知っている必要があります。宇宙人嫌いで、軍国主義的で、恐ろしい世界へと導かれるなら、それが秘密の「政党や候補者のマイナスの世評を変えるためのスポークスマンたち」から来ていると言う事を知っておいて下さい。)

And remember: Part of this disclosure plan involves the use of UFO look-alike devices made by humans in an attack on Earth or military assets of Earth. This would be a well-orchestrated use of advanced human technologies to hoax an ET attack- all for the purpose of disclosing the truth with the desired military-oriented spin. In such a scenario, most of humanity will be deceived into believing the threat from space has arrived – and that we must fight it at all costs. This is nothing more than long-term social security for the military-industrial complex. There must be people who can expose this fraud.
(そして、覚えておいて下さい。:このディスクロージャーの計画の一部は、地球を攻撃する人によって作られたUFOそっくり装置、あるいは、軍の資産運用が含まれています。これは、軍隊によって、ET攻撃を演出する高度なテクノロジーです。そのようなシナリオにおいて、大部分の人々は、宇宙からの脅威が来た…と信じるでしょう。これは軍産複合体にとっての長期社会保障に過ぎません。そして、この詐欺行為を露出する事の出来る人がいなければなりません。)

But why should we wait for these darker scenarios to be unleashed on an unsuspecting world?
(しかし、なぜ私達は、こう言った闇のシナリオを疑わない状態の世界で、自由になる事が期待出来るのでしょうか?)
※(注訳)つまり、ET問題を扱わずにいる、現状のまま…と言う意味です。

Here is another idea: Why don’t ‘we the people’ unite and launch a disclosure which resembles the first one described above. An honest one. One which leads to peace, not war. To a sustainable and beautiful world, free of pollution and brimming with abundance, of all types. One which reaches out into the unknown, instead of firing particle beam weapons into the darkness of space.
(ここに他の考え方があります。:「私達、人々」は、何故、最初の説明で、ディスクロージャーと交わり、正直にスタートしないのか?戦争ではなく、平和をもたらすもので。あらゆる汚染が消え、豊かさにあふれている、持続可能な美しい世界の中で。粒子ビーム兵器を宇宙へ撃ち込む代わりに、何故、ここへ手を伸ばす事が出来ないのか。)

Additionally, we welcome those who can come forward with firsthand knowledge of the machinations referred to in this paper and who wish to expose such madness to contact us. The one thing the darkness of secrecy cannot tolerate is a spotlight shining right on it. And the more of us holding the light, the better.
(私達は、この論文において、この件に関する、直接的な知識を持つ者として、志願し、私達に上記のような狂気を露出する事を望み、連絡を下さる人々を歓迎します。秘密の闇が容認する事の出来ないものの1つは、輝く光りです。私達の多くは、この光りを自身の中に持っているのです。)

Evil steps in when good people do nothing. This is a lesson taught through thousands of years of human history. We stand at the beginning of a new time, and a new world awaits us. But we must embrace it, and help create it. For if we are passive, others will have their way- at least in the short run.
(善良な人々が何もしないでい続ける間、悪は広がり続けています。これは数千年間、歴史を通して人々に教えられた教訓なのです。私達は新しい時代の始めに立ち、新しい世界は私達を待っています。しかし、私達はそれを抱擁し、受け身ではなく、新しい世界を作るのを、手伝わなければならないのです。)

Steven M. Greer M.D.
スティーブン・M・グレア医学博士より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

For details about False Flag and its implications read: The book "Unacknowledged". The "Unacknowledged" film has lots of testimony and analysis, but the book "Unacknowledged" has even more. Available from our store:
https://sirius-disclosure.myshopify.com/
ETやUFOに関するデマ情報の詳細について読んで下さい。:本「Unacknowledged(非認可)」。映画「Unacknowledged(非認可)」のビデオは、多くの証拠や分析が映像に含まれていますが、本「Unacknowledged(非認可)」は、もっと多くの情報が載っています。私達の店から入手可能です:
https://sirius-disclosure.myshopify.com/
日本語訳付き映画「Unacknowledged(非認可)」が見られるサイトはこちら♪
https://www.netflix.com/jp/




  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop