神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2018年02月25日 [日々の事]

ヴェーダンタの叡智

〜『はじめてのヴェーダンタ』から抜粋〜
P80〜『すべての宗教には贈り物がある』
 すべての宗教には、人類に対する特有の贈り物があります。つまり、それぞれの宗教は、世界を豊かにするための、独自の主張を持っています。キリスト教は愛と犠牲を…。そしてユダヤ教は精神的な知恵や教訓について強調しました。イスラム教は、普遍的な兄弟愛や、平等性を主張し、仏教は慈悲と注意深さを提唱しました。また、アメリカ先住民の伝承では、人間を取り囲んでいる地球や、自然界を敬う事について、説きました。ヴェーダンタや、ヒンドュ教は、存在の一体性、そして、直接的な神秘体験の必要性を強調しました。
 世界の精神性の伝統とは、巨大なジグゾーパズルのピースのようなものです。それぞれのピースは異なりながら、全体像を完成させるために、すべてのピースが不可欠です。パズルの一枚のピースをしっかりとつかみつつ、それぞれのピースを讃え敬うべきです。他の教えを知る事によって、人は精神性を深め、自分の信仰について学ぶ事ができます。そして同様に重要なのは、自分の信仰を深める事によって、他の教義の真価を認めることができると言う事です。
P81〜『みずからの道を深める』
 世界の様々な宗教や、その信仰者を敬うと同時に、みずからの精神性の道を深め、成長して行く必要があります。それは、どんな精神性の道においても言えます。仏教を少し、キリスト教も少し、そして、次の週は別の組み合わせを…といったように、あれもこれもかじってはなりません。霊性の実践とは、バイキング形式の食事ではないのです。5つの種類のデザートを混ぜ合わせた所で、ひどくまずいものになるだけでしょう。
 ヴェーダンタでは、宗教の調和について主張すると共に、自分が選んだ宗教の教えをより深く、忠実に、そして熱心に学ぶ必要があると強調しています。ラーマクリシュナの言葉を引用すると、「もし、井戸を深く掘ろうとするなら、位置を選び、そして、水が出るまで掘り続けなければならない。浅い穴をいくつ掘っても、何にも役に立たないのだ。」(略)ヴェーダンタは、すべての宗教は、その包装が異なっても、その中に含まれる本質的要素は、同じ真実である…と、述べています。地球上のすべての人は、唯一の存在であります。誰1人として、まったく同じ宗教を実践してはおりません。すべての人の心は異なり、山の頂上に着くためには、それぞれ独自の道が必要です。(略)それぞれの人に合った、様々な方法が必要なのです。
 世界中の宗教の外観は異なっても、その中身は、とても似通っています。それぞれの宗教は、同様のモラルや善徳について説いています。つまり、精神修養が必要であることを…そして、その修養の中で、自分の仲間である人類を敬うように…と、教えています。
 古代サンスクリット語の祈りに、次のような言葉があります。
 「川の源流は、それぞれ違えども、その水は、海の中で混ざり合う。だから神よ、たとえ人々が、別々の道を歩もうとも、それが真っすぐな道であれ、曲がりくねった道であれ、どうか、すべての人が、あなた(神・父・母・光り・愛・宇宙愛・人類愛)へと、至りますように。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の古神道は、もともとは、宗教ではありませんが、似たような思想がありました。日本人が、もとの日本の心を取り戻す事ができ、いつもみんなが心豊かに、幸せに暮らせる世界でありますように…💛
by Shizue



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop