神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2018年04月17日 [日々の事]

新着情報!スティーブン・グリア博士。「アタカマの隠蔽の概略」について。What’s new! Dr. Steven Greer. About “Brief overview of the Atacama Cover-up”.

Dr. Steven Greer. Brief overview of the Atacama Cover-up.
スティーブン・グリア博士。アタカマについての隠蔽の概略。

The Atacama Cover-up: How Global Disclosure is being hijacked by the Intelligence Community. And Close-Encounters of the 5th Kind: The Ultimate Civil Disobedience Action.
アタカマの隠蔽について:どのように、真実の情報開示が、世界的に、情報機関関係者(スパイたち)によって、ハイジャックされているのか。そして、CE-5コンタクトについて:市民が服従せずに済む究極の行動とは。

Dr. Greer live and in person in Phoenix Announcement:
(フェニックスでの発表におけるグリア博士の生中継:)
Click here to purchase your ticket now!
(ここをクリックしてチケット購入可能です!)
https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/dr-greer-az-phx-workshop-2018-sku

This workshop will cover:
・An update on the Atacama Humanoid.
・Scientific rebuttal of the Nolan report.
・Information on a life-form found in Russia similar to the Atacama Humanoid.
・Corruption by the Intelligence Community of academia and big media.
Close encounters of the 5th Kind.
・How to make contact with ET civilizations and by pass the government and big media.
このワークショップの内容:
・アタカマ人間形ロボットについての更新情報。
・ノーランリポートでの科学の論駁。
・アタカマ人間形ロボットに類似しているロシアで発見された生命体についての情報とCE-5。
・ETとコンタクトする方法とET文明について、そして主流メディアと政府の通過。

You-tube video
スティーブン・グリア博士からのお話し(9:46)
https://www.youtube.com/watch?v=i2iXMr0hI1k&feature=youtu.be
“I think I want to give an overview of what we’re going to be covering. Many of you may have seen the documentary serious that featured. This little creature who was found in the Atacama Desert of Chile in 2003 and by a treasure hunter. And this was then subsequently taken to Spain with no knowledge of ours we were not involved in that it’s become a big controversy that it was taken out of Chile as antiquity. It is estimated to have lived around a hundred to a hundred and thirty years ago in this remote dry desert area. That has a very harsh environment.”
『こちらの概要を伝えたいと思います。多くの人が既にこの重大なニュースであるドキュメンタリー(映画「非認可」、及び映画「シリウス」)を見たと思います。2003年にチリのアタカマ砂漠で発見された小さな生物(ET)の事ですが、この生物(地球外知的生命体)は、チリで大きな議論になったと言う理由で、私たちの意見を聞きもせず、スペインに持っていかれてしまいました。あのETは、およそ100〜130年前、この辺の乾燥した砂漠地帯に住んでいたと推定されます。ここは非常に過酷な環境です。』

“It’s very hot during the day extremely cold at night in the winters called the Atacama Desert. And when I first saw it was in 2009. I was in near Barcelona doing a presentation – about 2,000 people and someone came up to me and said there’s a man here who very much needs to speak to you. And I was shown a photograph of this being. I immediately knew that it was something unusual. And we met I investigated it. I help it personally it fits in my hand at 6 inches long. So I have my big hands nevertheless it fit in the palm of my hand. And I was frankly rather astonished being a medical doctor.”
『アタカマ砂漠と呼ばれている場所は、夜は非常に寒く、昼間はとても熱い場所なのです。私が初めてこの件を知ったのは2009年です。私は当初、バルセロナで約2000人ほどの人を前にして、プレゼンテーションをしていました。その頃、ある男性が私に近づいてきて「あなたにお聞きしたい件があるのですが…。」と話しかけてきました。そして、私はこの生命体(ET)の写真を見せられたのです。私は、それが何であるのか、すぐに理解し、そのET(生物)は、長さ約6インチ(15.24cm)ほどで、私の手で持てるほどの大きさであり、私は、当初、医師として、率直に言えば、驚いていました。』

“I’m an emergency and trauma doctor. I’ve seen personally every kind of human. I’ve delivered a couple of hundred infants. And to see something this small that was so perfect. And yet did not look human. It certainly got my curiosity going. Well… but really weren’t given access to it medically until about 2012 and in September 2012 I principal investigator on this project who went over there and with some assistance. We got some cat scans x-rays which we will also show you. Well, we can’t show the pet cats can’t show those here. But we have them on our website at “Sirius disclosure .com”. So if you want to see those you just go to “Sirius disclosure .com” and look under the evidence part and you’ll see there’s a whole section of the cat scans and x-rays and photographs of this little beam.”
『私は緊急事態に対応できる医師(緊急医)であると共に、精神外科医でもあるので、本当に様々な人々を見てきました。また、2〜300人もの子供たちも見てきました。しかし、これほどまでに小さな存在(生命体)は初めてでしたが、そのETは完璧な存在でした…が、とうてい、人間には見えませんでした。非常に興味を持ったわけですが…。それは2012年9月の頃の事ですが、この件のプロジェクトにおいて、私はどういうわけか、アクセス権を与えてもらっていませんでした。私たちは当初、あなたにもお見せしますが、あの生命体のレントゲン写真を入手する事が出来ました。それは「シリウス・ディスクロージャー」のHPの中でも見る事のできる、とても重要なものです。』

“So you can look at those as we’re speaking today. What happened is that we wanted to get some studies on the DNA. So we clipped the anterior right lateral ribs which by the way this little beam has ten ribs instead of twelve which is unusual it has four skull bones instead of six like humans have all kinds of anomalies with the skeletal structure. Just so you know, it also has some fashion or connective tissue that had dried out. And it was very desiccated. And it had dried out but you could still see where. There was some connective tissue a cartilaginous type material in the skull.”
『あなたも、そのETの写真を見る事が出来ます。その当初、私達は、そのDNAに関する研究データを得たかったのです。そう言うわけで、私達は光を使わない方法で、骨格構造を調べ、人間なら12本あるはずの鋤骨が10本であったこと、そして前側の助骨には、あらゆる例外を考慮したとしても、6個か、4個の骨がありました。あなたもご存知かと思いますが、それは乾燥した結合組織のような感じです。その結合組織は頭蓋骨の中の柔らかい骨(軟骨)のタイプのものでした。』

“We were able to extract some of them and then jeez the lining of the brain and what have you there’s no question. It’s an actual organism. That had lived out in the desert at some point. And we simply didn’t know what it was now for the record. Because it’s been misrepresented in the New York Times in the last week in March 22nd this fraudulent report came out. And I’ll get to that in a moment. But it’s been misrepresented that we were calling it an alien. If you go through everything that’s in the serious documentary and everything that I have ever written and said and we have you-tube video presentation on this.”
『私たちは当初、そのいくらかを取り出す事ができ、脳の裏側、あらの部分など…。特に問題はありませんでした。それは、実際の生物(生きていた存在・有機体)です。その後、私達は砂漠に記録を取りに足を運びましたが、私たちはそれが何のためなのか、わかりませんでした。そして、それは3月22日の最後の週に、ニューヨークタイムズにおいて、歪んだ情報として伝えられ、この不正な詐欺まがいのレポートが出版されたのです。私達は、当初、その生命体について、エイリアン(宇宙人)だと言った事はなかったのですが、誤って報道されていました。どうぞYou-tubeのプレゼンテーション・ビデオをご覧下さい。』

“That’s had 1 million views already. I never called it an alien or ET. I said it’s unusual and we do not know what it is and we need to have it investigated independently and thoroughly. Well… around this time a man named Gary Nolan who is the Harris chair professor at Stanford University with a PhD and his focus is immunology and genetics and what-have-you. And he has dozens of postdocs who work under him. I’ve been in his lab reached out. And he had informed me that he had an ET contact experience personally that Dr. Nolan had contact with ETS.”
『これについては、100万通りの見方がありました。私は決してその生命体をエイリアンとか、ET等と言った事はありませんでした。私はこの件について、異常に感じ、一体、何事であるかを知らず、私達はやむなく、独立し、完全にそれを調査する必要があると思いました。当初、スタンフォード大学の博士科の教授であった、仮にノーランと名付けましょう。彼は免疫学と遺伝学も持っていましたが、あなたもお持ちですよね。彼は彼の下に数十名の医師を抱えています。私は当初、彼の研究室にいました。彼は私に、個人的にETコンタクトの体験をした事を知らせてきました。(ノーラン博士がETたちからコンタクトを受けたのです。)

“And that he was very interested in the subject and that he would be happy to be sort of an honest broker to do the genetic on it many people in the last week have said “How did you get mixed up with Stanford which has SR I and all these other entities. That are connected to covert government contracting didn’t you know that they would submarine this. I said well… ‘I trusted Gary Nolan to do a good job because I felt he was sincere and he had the credentials and he also had the equipment. That’s very very specialized to do the genetic studies on this specimen which we knew was quite unusual.”
『彼は、この課題において、とても興味を持ち「あなたはどのようにSRと、この実体を持つ、スタンフォードと、関わりを持つようになったのか?」と言ってきました。それは隠蔽されている政府につながっているんです。あなたは彼らが潜伏攻撃をする事をご存知だと思います。私は「彼らは誠実で、その証明書も持ち、機器もありますから、あなたは良い仕事が出来ると確信します。」と言いました…。それは、私達が、異変を感じていた遺伝学研究をする深い専門分野です。』

“Well… during this time period, But we of course I under forensic sterile field for example like you would in the emergency department in a rape kit or murder case or stabbing or shooting. We took the evidence, and did it under forensic chain-of-command. It never lost our came out from our control and possession. Until it was handed off to Dr. Nolan and Gary took it then into his lab to do the genetic research. He immediately was very excited about what he found he found that. There was almost 10% of the genetic material not matching to humans now. People go well what does that mean a monkey.”
『さて、この時間にも、検視官が例えば強姦してみたり、銃撃するようなこともあります。そのようなわけで、私達は証拠を取り、博士に渡るまで、法医の指揮の下でそれをおこないました。彼は直ちに、気付き、この件に、とても興奮していました。現在、わかっているのは、この研究において、人間と合わない遺伝形質のものが、約10%あるという事です。多くの人は、それを猿に結び付けるかもしれませんが。』

“If you go to your zoo and go look go look at what a chimpanzee looks like or gorilla. They are 98 to 98 and a half percent identical to humans. So this becomes a very strange now because that is a very low percentage of matching. Because you know, I don’t know. There’s the specifics the specifics but a fruit fly has a large number of their genes the same as humans etc.”
『もし、動物園に行くなら、チンパンジーや、ゴリラを観察してみて下さい。彼らは、人間と98%ほぼ同じです。これは非常に低い%なので変なのです。しかし(あの生命体は)人とほぼ同じ見栄えをしています。』

“And so on a guinea pig has a very large number of genes the same as humans so for it to be less matching. Even if it was 98% matching to a human this would be very very unusual. And so he said well this is something very anomalous. And he had shared this information with a man who has asked to be remaining anonymous at this time because of the academic scandal that this has become now. Let me be very clear the man that I am referring to I have checked his bone fide ease.”
『例えば、モルモットは人と同じ遺伝子を98%も持っていますが、例え、そうだとしても、この件(生命体の件)は、とても変なのです。それで、彼はこの件について、非常に異例のものだ…と、よく言っていました。彼は、この情報を、現在、学究において、匿名者と共に共有しています。私が明らかにしたこの件を国際組織で明らかにさせて欲しいのですが。』

“He is that one of the top geneticists in the world he was asked to actually work with Watson of Watson and Crick who and who discovered the DNA molecule. At Cold Spring harbor in Long Island and at one point his own PhD supervisors were Nobel Prize winners. He has a PhD in genetics from Caltech. And literally invented the crystallography of DNA and has done pioneering research for decades and is a man of enormous stature or the DNA field. He contacted me this past Sunday mornings and said this is an academic scandal of the first order of magnitude.”
『彼は実際、誰がDNAの分子を発見するかについて、世界最高位にいる遺伝学者の1人に尋ねたそうです。その人はロングアイランドのコールド・スプリング・ハーバーにいる、ノーベル賞受賞者でした。彼はカリフォルニア工科大における遺伝学の博士号を持っています。そして、文字通り、DNAの結晶学を発明し、何十年間も、開拓者的な研究をし、莫大な量のDNA研究資料を持っています。彼は過去、日曜日の朝、私に連絡してきて、これが最初の、大きな学究的なスキャンダルだ…と言ってきました。』

“And just to give you an idea of how far off the paper which is in this journal genome research now. This is one of the most prestigious scientific journals in the world. This paper appeared March 22nd. Now that is a peer-reviewed journal now what that means in America is that it’s supposed to have gone through the review of people competent to examine the date and also to reach any conclusions. So that it could be accepted or not accepted. When I spoke to this world-renowned geneticist he said first thing out of his month was any peer review of this paper that Nolan had done would have received a zero ranking zero grade.”
『そして、今あなたに、この遺伝子研究ジャーナルにある概要を伝えようとしています。これは世界で最も名誉ある学術雑誌の1つです。この論文は3月22日に出されました。これは時を経て、あらゆる結論に達する能力のある人々を通して存在しているジャーナルです。この件を受け入れられるかどうかに関わらず…。私がこの世界の名高い遺伝学者と話した時、当初の件は、ノーランが書いた論文のどんな査読でも、0グレード(スーパートップの)0等級(ウルトラトップ)に、ランク付けできるものだと彼は言っていました。』
(※ものすごい発見だ!と言う意味。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Watch the movie “UNACKNOWLEDGED”.♪
映画「非認可」見てね♪
DVD−$19.99 (DVD・英語:約2000円)
https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-dvd-with-free-unacknowledged-book
DOWNLOAD– $9.99 (ダウンロード版・英語:約1000円)
https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-poster
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語バージョン(Netflix)
https://www.netflix.com/jp/title/80171742
(登録後、視聴可能♪視聴後、即退会自由♪)


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop