神奈川県の料理教室ブログ-クリスタルマクロ鶴間 | オーガニック エステ サロン Organic Esthetic salon

トップページ
  • 通学クラス吹盾オ込みはこちら
  • 通信講座吹盾オ込みはこちら
あらゆる病気予防を覚えて資格取得♪
ブログ
2018年06月27日 [日々の事]

★Wonderful story of the CSETI logo.💖★CSETIのロゴの素晴らしいお話し💖

★Wonderful story of the CSETI logo.💖
I was very impressed, too. (T_T)
When you want to begin CE-5, please read this story♪
★CSETIのロゴの素晴らしいお話し💖
私もとても感動しました。(T_T)
CE-5を始めたい時、このお話しを読んでみて下さいね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CE-5 contact training in the MT. SHASTA, CALIFORNIA by Dr. Steven Greer .
This is very precious training for the first time in a while.
July 15 - 21, 2018.
https://sirius-disclosure.myshopify.com/collections/tickets/products/mt-shasta-expedition-july-2018-previous-week-long-attendees-only
↑シャスタ山で直にグレア博士のCE-5を受けたい方のために。
久しぶりのグレア博士直伝によるコンタクトトレーニング。
2018年7月15〜21日開催。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Animation video of the CSETI logo.
https://www.youtube.com/watch?v=Klg5ISIG-6U
↑CSETIのロゴのアニメーションビデオ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Story Behind the CSETI Triangle Logo
Speech by Ms. Shari Adamiak.
(An excellent secretary of Dr. Steven Greer.)
at the 1997 Crestone CSETI Ambassador to the Universe Training.
CSETIの三角形のロゴの背景にある真実のお話し。
シャーリー・アダミークさんによる語りべ。
(スティーブン・グリア博士の優秀な秘書)
1997年、クレストーンCSETI、宇宙大使トレーニングにて。

Some of you, I'm sure, have heard this story, but I know a number of people haven't. It is just a fabulous story; I'd love to share it with you. It was on our first CSETI trip to England, in 1992. We went to England to do research during the summer during crop circle season and our first time to experience the crop circles.
この話しを、何人かの人が聞いた事があるかもしれませんが、その何人かの人々は、それを実行に移さなかったという話しを聞いています。この出来事は本当に素敵な出来事で、それをあなたと共有したいと私は思っています。それは1992年、私達がイギリスへ行った、初めてのCSETIの旅での出来事です。私達はミステリーサークルを体験するために、イギリスへ行き、夏の間にその研究をおこなう予定でした。

We convened our team, a small group, on top of Wood borough Hill. As we've said the grapevine in England is like nothing I ever experienced in my life. There were 50-60 people on top of the hill and we thought it would be just our small team, so after a time most of them drifted apart. We did have Colin Andrews and some of his people there with us and a number of other people visiting us that night, including Peter Russell, the English author.....
私達はウッド・ブラ・ヒル(自治区にある丘)の頂上で、小さなグループを作って集まりました。イギリスのグレープヴァインでの体験は、私の人生において、他と比較する事の出来ない貴重な体験となりました。丘の上には50〜60人の人が集まり、私達のグループは本当に小さなグループなのだと感じ、その後、他の人とは少し距離が出来たような感覚に陥りました。その夜、私達はコリン・アンドリュースや、ピーター・ラッセル(英国の著者)、他の親しい数名の人たちが来るのを待っていました…。

Nothing was preplanned, this all evolved on site. We decided that it would be a good idea to try and connect with the consciousness of whoever may be responsible for creating the crop circles. As an experiment we thought we would try to project a specific pattern to see if it would be manifested in the crops. We bandied around several different ideas of something simple that we could project..........I felt... in fact I sensed from the very beginning and I know Steven did too, that it needed to be something triangular. So then we determined that we would do something with a triangle and circles. We spent a few minutes deciding exactly how, since you can have a lot of different configurations of that, so we decided a triangle with a circle on each apex of the triangle.
そこでは事前に何かを計画していたわけではなかったのですが、その場所では、様々な物事が進展し進みました。ミステリーサークルを作る人(ETI)たちは、何かの役割を果たす場合もあって、誰の意識とも、良い形でつながれるのではないかと、私達は気づき、その事を考えていました。その実験として、私達は、その合図がミステリーサークルで示されるのではないかと思い、それを確かめるため、特定のパターン(形状)が作られて発信されるのではないかと思いました。私達はその何かのパターンについて、様々なアイデアを話し合ってみました。…私はその時、本当に何かを感じ取りました…それは、三角のようなイメージを受け取り、まるで初めから知っていたような感覚で、スティーブン(グレア博士)も、それを感じてとっていました。そして私達は、感じ取った三角形のようなものは、私達をつないでいる事に気づきました。私達はそれが異なる構成を持つものだと正確に理解するまで、数分を費やし、最終的に、三角の角の部分に、丸のようなものが存在していると気づきました。

We went into a CTS (Coherent Thought Sequence) and we projected and connected our minds with the minds of the circle makers and just held that image as long as we could sustain it. I think we did it for at least 20 minutes. When we finished, we used the big lights to also draw that pattern in the sky.
私達はCTS(コヒーレントな思考の連続体制)に入り、みんなと円でつながっているマインド状態に、少なくとも20分は入りました。そして、終了後、私達は先ほど受け取った三角のパターンを、空間に表現するため、ライトを使って空に描いてみました。

Then we went about our way, traipsing about England to other crop circles, doing our research. It wasn't until two mornings later that we were visiting the farm house of the Carsons, who owned a magnificent manor house estate where this ancient sacred hill is,............. to tell her of the incredible events of the night before (which culminated in a 150-ft craft being seen by four members.) In the house with her was visiting Ralph Noyes, a rather elderly white haired gentleman who is a crop circle researcher who has been involved in the UFO thing since the Warminster sightings they had in the mid 1980's. He was there when Steven and I walked in and they were talking about formations. He said, "Oh, we have just come from a wonderful new formation."
その後、私達は、イギリス内の他のミステリーサークルの周辺を歩き、研究をおこないました。私達が、この古代の神聖な丘である壮大なマナーハウスのカーソンズ農場で、前夜、4人のメンバーによって発見された150フィートもの大きさの宇宙船が出現した驚くべき出来事について、彼女に話したのは、2日後の朝でした。彼女の家には、1980年代中頃、ウォーミンスターの目撃以来ずっとUFOの研究に夢中になっていた、ミステリーサークル研究者である年配の白髪の紳士、ラルフ・ノイズがここに訪れていて、スティーブン(グレア博士)と私が中に入った時、彼は偶然そこにいて、ミステリーサークルの形状について話していました。彼(グレア博士)は、「やあ、私達はたった今、新しくできた、素晴らしいサークル構成を知ったんだよ。」と話しかけました。

........ Ralph Noyes .......... said, "We have just come from the most incredible crop formation, the most pristine one that we have yet seen this year. "We said "Oh, wow, really." He said, "It is fairly close to here too and as the crow flies maybe 5-6 miles in a place called Roadway, which is at the foot of an incredible land mass called Oliver's Castle."......
........ ラルフ・ノイズは「私達はね、今年で見た中で最も純粋な驚くべきクロップサークルの場所から今、やって来た所なんだよ。」と答えました。私達は「え!本当に!?」と驚きました。彼は「そのクロップサークルは、ここから、かなり近くて、直線距離で言うなら、約5〜6マイルの車道を挟んだ所で、そこはオリバーの城と呼ばれる、信じられないほど広大な土地にあるんだ。」と言いました。

We said, "What did it look like?" He showed in his notebook a drawing that was the triangle and circles. I think you could have knocked us over with a feather. He said that they had just been in it that day, but when they spoke to the farmer, he said that it had actually appeared two nights ago. This was in a direct line of sight from the top of the hill we were on, not 5-6 miles as the crow flies from where we were.
私達は「そのクロップサークルは、どんな感じに見えたの?」と尋ねました。彼はノートに、三角形と円の図形を描いて教えてくれました。私達は卒倒するほど驚いてしまいました。彼は、そこの農家の人と話した時、そのクロップサークルは実際、2日前に出現したのだと教えてもらっていました。それは私達(グレア博士たち)が、「三角形」の形をキャッチした場所から、直線距離で5〜6マイルほどの場所でした。

Steven and I and another CSETI team member went up there, walked out along this lovely grassy path. It is like you are just walking on air because you are on this beautiful promontory and below is this gorgeous patchwork of farm fields. We were walking out there and suddenly we came to the place were we could see it. There it was, glistening in the sun and it was exactly what we had projected, exactly. I can't tell you the feeling. I have never had a sensation like that in my life. It was the most joyous, wonderful sense of connection and unity consciousness that I had ever experienced up until that point. We were in tears, tears of joy, just beside ourselves. So that has become the CSETI logo.
スティーブン(グレア博士)と私と、もう一人のCSETIのチームのメンバーは、そこへ向かい、この美しい草原の路地に沿って歩いていきました。天にも昇るような心地よさで、空気の上を歩くようにウキウキしながら道を歩きました。足元はまるで豪華なパッチワークのようです。私達は突然、私達がキャッチした「三角形」のクロップサークルを発見しました。それは太陽の光りに照らされ、キラキラと輝いていました。私はその時の感覚を言葉にする事は出来ないでしょう。これまでの人生で一度も感じた事のない素晴らしい感覚です。それは、1つの点でつながっている感覚で、最も感動的な意識の状態でした。私達は涙にむせながら、我を忘れて感動し、本当に喜んでいました。それが、CSETIのロゴになったのです。

When we left England, then we found out that there was a man by the name of Gerald Hawkins, who is a professor, I believe somewhere in the Boston area who had written theories about the crop circles. In fact, in January of 1992, he had an article published in a weekly scientific journal, well respected; peer reviewed where he had published an article on geometrical theorems that he thought related to the crop formations. Unbeknownst to us, in a private letter to Colin Andrews, he said that he went out to see this formation and it proved his third geometrical theorem which he had not published yet -- he said that it was so precise that it did not even need to be surveyed. He said it was within inches or fractions of inches of proving this geometrical theorem.
私達がイギリスを去った後、ジェラルド・ホーキンズという教授というミステリーサークルについての論文を書いた人がいる事を知り、彼がボストンにいる事を知りました。実際、1992年1月、彼は、週刊サイエンス・ジャーナルで紹介された人物で、敬意をしめされている事実があったのです。彼はミステリーサークルの構造には何らかの関連性があると考え、幾何学的な定理に基づく記事を(イギリスの)貴族たちは調査していました。コリン・アンドリューズは、私達に気づかれないように、ミステリーサークルの構造形成を確認するために出かけ、第3の幾何学的定理を証明したのだと、彼は自身の書物の中で綴っています。その構成は非常に精密なものでできていて、調査する必要さえないものだと語っていました。彼は幾何学的定理を証明する何インチ分の1の範囲にそれが存在するのだとも語っています。

Steve chimes in: Interestingly, Dr. Leven Good, who was looking at cellular changes, said that that crop circle had the most pronounced objectively scientific changes consistent with an anomalous energy type field creation of any crop circle of that season. When they came out with this very fancy big money report, about the '92 season, this whole event was purged when they found out that CSETI had been remote viewing, vectoring and projecting it and they did not want it in the data base and it was purged . To this day it is not in any journal anywhere.
スティーブン(グリア博士)は、うなずきました。:興味深いのは、細胞の変化を調べていた、リーヴェン・グッド博士は、そのミステリーサークルが、その時期に発見されたもののなかで、客観的に見て、最も異例なエネルギータイプのフィールドを作っていると語っていた事です。92年頃、CSETIが遠隔透視の働きを知った時、大がかりな嘘(作り物)のミステリーサークルが出現し、この素晴らしい出来事はかき乱され、一掃されるようになりました。現在、どのジャーナルの中でもミステリーサークルについては記載されていません。

What is also interesting about this crop circle is that when it was formed, it was found by the farmer in the wee hours of the morning of the night that we had been in the field. We did not know it until two days later. The morning that we found out that it existed was the morning of the evening after this big 150 foot diameter disk had been observed in a near landing event. So even finding out about this was all an extraordinary series of events.
このミステリーサークルの興味深い点は、そのミステリーサークルが作られた時、私達はそのフィールドの中にいて、翌日の早朝、そこの農家の人に、そのミステリーサークルが発見された事です。私達はその2日後まで、その事を知らなかったのです。大きな150フィートもの円盤型の宇宙船が着陸した出来事も起きたわけですが、私達がその事を知ったのは、明後日の朝だったのです。そのようなわけで、この出来事は、驚異の連続となりました。

From Sirius Technology Advanced Research, LLC.
シリウス高等科学技術研究所より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I hope your trip in the earth will be a wonderful experience for you...
For your happy smile💕
By 🐬
あなたの地球での旅が素晴らしい体験となりますように…。
あなたの幸せな笑顔のために💕
By 🐬
Beauty energy


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop